51204074 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

暇人主婦の家庭菜園

PR

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >

自然薯・長芋・ヤマイモ

2018年09月25日
XML
​​おはようございます。

プランター菜園&畑による家庭菜園を楽しんでいます♬
我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

​☆~ムカゴ(むかご・零余子)~☆​
<ヤマノイモ科>

季節は~徐々に葉秋めいて・・
野山の植物たちにとっても実りの時期のころとなりました。

ふと、山の木を見上げると~木に絡まったつるには、
アケビなどの果実や、ヤマノイモのムカゴが付いている頃です♬

写真: むかご3

<むかご とは>
山芋の葉の付け根にできる球芽で、いわば山芋のあかちゃん?!
自然薯や山芋などのヤマノイモ属の蔓になる肉芽(小さな実みたいなもの)の事で、
秋になる頃、ヤマノイモ科の蔓の葉の付け根部分に沢山つき、
貴重な山の幸として食べることができるんです。


O(≧▽≦)O ワーイ♪

写真: むかご5

でも・・ヾ(°∇°*) オイオイ ・・
どれどれ??むかごって、どこ?・・

写真: むかご栽培2

コロコロ~とかわいい「むかご」 。
山芋の葉のつけ根あたりにできる、
直径1センチくらいの大きさの球芽のことです。

写真: むかご1

Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!これが?むかご?
もっと、可愛い姿だと思ったわ!

じつは・・これは、山芋(やまいも)のむかご。
他にも~長芋、大和芋、自然薯など、山芋の品種はたくさんあります。
見た目はほぼ皆同じような姿ですが・・
お母さん山芋が違えば~味も形も様々☆

現代社会では「幻の山菜”むかご”」とまで称されるほど?!
是非、いろいろな「むかご」の味を楽しんでみてくださいね(^^♪



☆~ヤマイモの種類を知ろう~☆

一般的には「自然薯」や「長芋」のタネイモが
春ころHCにて、販売されるので~それを入手しよう~!

写真: 長いも1

<栽培ポイント>
・土を選ばず栽培できます。園芸土はもちろん、お庭の土でもOK♪
・ツル性の多年草です。
・真夏時には、葉が茂り「緑のカーテン」としても楽しめます。
・晩夏~初秋頃には「むかご」を食べることができます。
・晩秋には「芋」を楽しめ、翌年も収穫が楽しめます

写真: 長いも2

<植えつけ時期>
3月下旬~5月上旬
種イモを用意します。

写真: 長いも6

<植え付け方法>
種芋の先が細い方を上にして~、やや縦に植え込みます。
その後、土をかぶせます。
*プランターの場合、深さ30センチ以上のものや袋栽培でもOK。

長いも発芽

<支柱立て・ネット張り>
5月頃にはツルが伸び始めます。
ツル性の植物で生育旺盛のため、支柱やネットがあれば
4~5メートルは伸びますので早目に支柱立てやネット張りをしておきましょう。

写真: ヤマイモ栽培

<追肥時期>
追肥は7~8月中旬までに1~2回。
*7月頃になると~一気に葉が生い茂り、立てた支柱は全く見えなくなります。
まるで~緑のカーテンのよう~!

ヤマイモ2ヤマイモ3

<開花時期>
7月~9月頃
花を咲かせ始めます

ヤマイモ4

早ければ~8月上旬頃から小さなムカゴが着き始めます

<要注意!>
しかし~ここで慌てて収穫しては、いけません!


ムカゴ2

じつは~この時期のムカゴの中身は、まだ未熟で硬く苦いんです。
(*ノω<*) アチャー

でも、初秋の9月ごろになれば~一回り以上ムカゴも大きくなり・・

写真: むかご

中身は真っ白?(クリーム色)になっていれば~OK!
山芋などと同じネバネバした芋になるんです!
まさに~山芋や自然薯の赤ちゃんのようですね♪
☆(ゝω・)vブイッ!!

写真: ムカゴ収穫時期3

<ムカゴの収穫時期>
一般的に9月中旬から11月初旬頃。
葉の色が黄色くなり始め、
指で軽く触っただけでぽろっと取れる位になったら完熟です。

安心して収穫が楽しめますよ☆

むかご収穫2

口の中に含み噛むと、ちょっと苦めな外皮を感じますが、
中からトロッとした山芋が出てきます。上品でコクのある逸品ですよ!!
しかもクセのない味はどんな料理にもあうんです♬


☆ムカゴ・秋限定旬の味!レシピ☆

むかごご飯

コロコロと転がった?落ちたむかごを拾って、
ささっとすすいで、ご飯に入れて 一緒に炊くだけで、
美味しい「旬の味」が食べられるんです。
(v^ー°) ヤッタネ ☆

四つ葉ムカゴの胡麻味噌和え四つ葉
ムカゴの胡麻味噌和え
食事詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

むかごの栄養は山芋とほぼ同じで、
じつは山芋よりも高い栄養価を持っているです!
日本人に不足しがちな~鉄分やカリウム、マグネシウムなどが
豊富に含まれています。 さらに皮ごと食べることができるので、
繊維も摂取することができますよ☆

写真: ヤマイモ・ながいも1

ムカゴをた~っぷり楽しんだ後は・・・・

写真: ヤマイモ栽培8

​ヤタ───ヽ(〃∀〃)ノ───♪​
本番の山芋の収穫が待ってるぞ~!!

写真: むかご苗1

<補足>
*小さなむかごからも栽培可能ですが、
むかごや芋を収穫するのは数年かかります。


気長に栽培できる方は、是非「むかご」から栽培してみても・・
楽しいかもね☆
ウィンクバイバイ
またまた雨雨だ・・。


「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
毎日のブログ更新の励みとなっています


人気ブログランキング


にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪


花   花   花   花   花





















Last updated  2018年09月25日 10時00分08秒
コメント(9) | コメントを書く


2017年08月21日
おはようございます。

プランター菜園&畑による家庭菜園を楽しんでいます♬
我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこムカゴ(むかご・零余子ひよこ
<ヤマノイモ科>

季節は~そろそろ秋めいて?
野山の植物たちにとっても、
実りの時期となる頃です。

ふと、見ると~野山の木に絡まったつるには、
小さな小さなムカゴが付いている頃となりましたよ☆

写真: 山芋1

<むかご とは>
山芋の葉の付け根にできる球芽で、いわば山芋のあかちゃん?!
自然薯や山芋などのヤマノイモ属の蔓になる
肉芽(小さな実みたいなもの)の事で、
秋になる頃、ヤマノイモ科の蔓の葉の付け根部分に沢山つき、
貴重な山の幸として食べることができるんです。


O(≧▽≦)O ワーイ♪実りの秋なのね~!

写真: むかご5

ヾ(°∇°*) オイオイ ・・
どれどれ??むかごって、どこどこ?・・

写真: むかご栽培2

コロコロ~とかわいい「むかご」 。
山芋の葉のつけ根あたりにできる、
直径1センチくらいの大きさの球芽のことです。

写真: むかご1

Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!これが?むかご?
もっと、可愛い姿だと思ったわ!

じつは・・これは、山芋(やまいも)のむかご。
他にも~長芋、大和芋、自然薯など、山芋の品種はたくさんあります。
見た目はほぼ皆同じような姿ですが・・
お母さん山芋が違えば~味も形も様々☆

現代社会では「幻の山菜”むかご”」とまで称されるほど?!
是非、いろいろな「むかご」の味を楽しんでみてくださいね(^^♪


☆~ヤマイモの種類を知ろう~☆

一般的には「自然薯」や「長芋」のタネイモが
春ころHCにて、販売されるので~それを入手しよう~!
*小さなむかごからも栽培可能ですが、
むかごや芋を収穫するのは数年かかります。



<栽培ポイント>
・土を選ばず栽培できます。園芸土はもちろん、お庭の土でもOK♪
・ツル性の多年草です。
・真夏時には、葉が茂り「緑のカーテン」としても楽しめます。
・晩夏~初秋頃には「むかご」を食べることができます。
・晩秋には「芋」を楽しめ、翌年も収穫が楽しめます

写真: 長いも2

<植えつけ時期>
3月下旬~5月上旬
種イモを用意します。

写真: 長いも6

<植え付け方法>
種芋の先が細い方を上にして~、やや縦に植え込みます。
その後、土をかぶせます。
*プランターの場合、深さ30センチ以上のものや袋栽培でもOK。

長いも発芽

<支柱立て・ネット張り>
5月頃にはツルが伸び始めます。
ツル性の植物で生育旺盛のため、支柱やネットがあれば
4~5メートルは伸びますので
早目に支柱立てやネット張りをしておきましょう。

写真: ヤマイモ栽培

<追肥時期>
追肥は7~8月中旬までに1~2回。
*7月頃になると~一気に葉が生い茂り、立てた支柱は
全く見えなくなります。
まるで~緑のカーテンのよう~!

ヤマイモ2ヤマイモ3

<開花時期>
7月~9月頃
花を咲かせ始めます

ヤマイモ4

早ければ~8月上旬頃から小さなムカゴが着き始めます

<要注意!>
しかし~ここで慌てて・・
収穫しては、いけません!


ムカゴ2

じつは~この時期のムカゴの中身は、
まだ未熟で硬く、ちょっと苦いんです。
(*ノω<*) アチャー

でも、初秋の9月ごろになれば~
一回り以上ムカゴも大きくなり・・食べ頃に☆

写真: むかご

中身は真っ白?(クリーム色)になっていれば~OK!
山芋などと同じネバネバした芋になるんです!
まさに~山芋や自然薯の赤ちゃんのようですね♪
☆(ゝω・)vブイッ!!

写真: ムカゴ収穫時期3

<ムカゴの収穫時期>
一般的に9月中旬から11月初旬頃。
葉の色が黄色くなり始め、
指で軽く触っただけでぽろっと取れる位になったら完熟です。

安心して収穫が楽しめますよ☆

むかご収穫2

口の中に含み噛むと、ちょっと苦めな外皮を感じますが、
中からトロッとした山芋が出てきます。
上品でコクのある逸品ですよ!!
しかもクセのない味はどんな料理にもあうんです♬


☆ムカゴ・秋限定旬の味!レシピ☆

むかごご飯

コロコロと転がった?落ちたむかごを拾って、
ささっとすすいで、ご飯に入れて 一緒に炊くだけで、
美味しい「旬の味」が食べられるんです。
(v^ー°) ヤッタネ ☆

四つ葉ムカゴの胡麻味噌和え四つ葉
ムカゴの胡麻味噌和え
食事詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

むかごの栄養は山芋とほぼ同じで、
じつは山芋よりも高い栄養価を持っているです!
日本人に不足しがちな~鉄分やカリウム、マグネシウムなどが
豊富に含まれています。 さらに皮ごと食べることができるので、
繊維も摂取することができますよ☆

写真: とろろ すり流し
<とろろの すり流し>
のど越しのよい汁もの「とろろのすり流し汁」
長芋とオクラをミキサーにかけて、
1番だしで割って冷たく冷やして~召し上がれ(^^♪



☆~むかごとヘクソカズラ~☆

今年・・初めて気が付いたぁ~!
我が家の山芋の移転先プランターに、
ヤマイモに似た毒草、オニドコロという草を発見?
オニドコロは別名~ヘクソカズラ。

写真: ヘクソカズラ

まさか・・今まで間違って食べていた?っと
ちょっと気になったので調べてみました。

<山芋と鬼野老の見分け方>

1. 山芋にはムカゴができるが、オニドコロにはムカゴはできない。
2.山芋の葉は細長めで、オニドコロの葉は丸め。
3.山芋の葉を透かすと横に走る細かい葉脈がはっきり見えるが、
 オニドコロの葉を透かしても見えない。
4.山芋の葉は対生で、オニドコロの葉は互生。
5. 山芋とオニドコロでは、蔓の巻き方が逆。


いやー゚。(*^▽^*)ゞ
そもそもムカゴはできないらしいので
安心して食べられそうです。
ぺろりバイバイ



「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
毎日のブログ更新の励みとなっています


人気ブログランキング


にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村


レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花
















Last updated  2017年08月21日 10時00分10秒
コメント(16) | コメントを書く
2017年02月24日
おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこヤマイモひよこ
<ヤマノイモ科>

山芋は種子から栽培するのではなく・・
ジャガイモ栽培のように、タネイモと言うものから栽培します。

日本での山芋の歴史は古く~
なんと!縄文時代から食用にされ、 お米よりも長く・・
食べられている食材と言われています。

ミネラル成分やビタミンも豊富で、
漢方では山芋のことを ”山薬”というほど
スタミナ食材として愛されているんです。

w(゜o゜*)wマジ!?

写真: ヤマイモ5

一般に「ヤマイモ」と呼ばれるものには、大きく分けて、
「自然薯(ヤマノイモ種)」と「長芋(ナガイモ種」に分かれています。

☆ヤマノイモ種☆
日本原産種の希少な植物の1つでもあり、古くから日本で栽培されており
自然に生え、山野に自生している貴重な山の宝物です。

☆ナガイモ種☆
・ナガイモ群・・・「長芋」・「ねばりイモ」・「姫神芋」
・ツクネイモ群・・・「山の芋」など
・イチョウイモ群・・「イチョウ芋」など

<山芋の分類>
里芋の育て方

ヤマイモといってもいろんな種類があり、
形や粘りが異なります。
日本で栽培されている山芋は自然薯の他、
ナガイモ群、ツクネイモ群、イチョウイモ群に分類されます。


☆~ヤマイモの種類を知ろう~☆

念質系の里芋
水分が多く粘りは少なめ、
生のままで短冊切りにするとサクサクとした食感が楽しめます。
すりおろして「とろろ」にした場合は
サラサラとして粘りも少なめなのが特長です。


<ねばり芋>
ねばりと甘みが強い!
根重40~60cm位の首部が短く、
尻部の太い栽培の容易な短型とろろ芋。
(従来のナガイモより2~3割短型になります)



<姫神芋>
滋養強壮に!!
ねばりが大変強く、トロロ汁に最適です。
50cm程の短形なので、耕土の深さを必要としないので、作りやすい品種。
肉質は緻密でねばり強い。



<とっくり型長芋>
普通のナガイモをしのぐ粘り、サクサクとした歯ごたえも楽しめる
首部が短く、掘り取りが簡単。耐病性が強く水分が多い。




とろろにすると粘りが強く味も濃厚です。
関西で「ヤマト芋」という場合、
この丸っこいツクネイモ群を指すようです。


<伊勢芋>
大和芋の仲間です。
ヤマイモの中でも特に粘り気が強く、アクが少ないです。
すりおろした後もに変色しにくく、料理にも使いやすいです



<丹波山の芋>
「つくねいも」と呼ばれる丸芋の一種
一般に「つくねいも」と呼ばれる丸芋の一種です。
大和芋の一種とも言われています。
肉質がしまり水分が少なくて、大変粘りがあります。
あくが少ないのが特長です。




いちょうの葉のような形やばちの形をしていて、肉が厚く、
粘りはナガイモより強く、一般にやまといもの名で知られています。
ながいもより草勢が弱く、乾燥・病気に弱く収量が劣りますが、
水分が少なく粘質で、品質はとても優れています。
晩秋から初冬になると、葉のつけ根に「むかご」という、
でんぷんの養分が蓄えられ球状になったものができます。
この仏掌形のいちょういもをつくねいもと呼ぶ所もあります。



<イチョウ芋>
肉が厚く粘りが強い!
いちょういもは、いちょうの葉のような形やばちの形をしていて、
肉が厚く、粘りはナガイモより強く、一般にやまといもの名で知られています。
ながいもより草勢が弱く、乾燥・病気に弱く収量が劣りますが、
水分が少なく粘質で、品質はとても優れています。
晩秋から初冬になると、葉のつけ根にむかごという、
でんぷんの養分が蓄えられ球状になったものができます。
この仏掌形のいちょういもをつくねいもと呼ぶ所もあります。




中国など外国から伝わった山芋などとは異なり、自然薯は日本の在来品種です。
ねばりは山芋とは比べ物にならないほど。
とろろの場合は出汁などで薄めながらいただきます。
昔は山奥までとりにいかなければならなかったので、
めったに口にすることができない高級品だったそうです。
「山のうなぎ」といわれるほど滋養強壮に優れています。

その働きのもとは、豊富に含まれる消化酵素。
皮をむいたときのヌルヌルした粘りには、アミラーゼ、
ジアスターゼなどの消化酵素がダイコンの3倍も含まれています。
これらの成分はでんぷんの消化吸収を助け、胃腸の働きを活発にするので、
病後や虚弱体質にも向いていると言われています。
また粘り成分のムチンは胃の粘膜を保護し、
体内でたんぱく質を効率よく活用させる作用があるので、
滋養強壮や疲労回復に有効に働きます。
血糖値を下げる作用もあり、糖尿病や高脂血症予防にも良いと言われ、
健康野菜としても重宝されています



<ウィルスフリー自然薯>
病害虫への抵抗性をもったウィルスフリー品種
病害虫への抵抗性をもったウィルスフリー品種です。
初心者でも育てやすい




<短形自然薯>
別名「とっくり芋」
自然薯の高い栄養価はそのままに、
粘りとアクを少なめにして食べやすくしました!
その形から別名とっくり芋とも呼ばれます。
また短めなので収穫も容易で多収。プロにも初心者にも向きます。



☆~ちょっと変わった山芋~☆


<ムラサキヤマイモ >
流通量の少ない希少な南国野菜!
ポリフェノールを豊富に含む色鮮やかな紫ヤマイモ。
粘りが強く、とろろ料理や揚げ物などに好適。春先は葉も紫色になる。




<宇宙芋(ソライモ)=エアーポテト>
東南アジア原産とされるヤマノイモ科の一種で、その蔓にできるムカゴを指します。
形や大きさは不規則で、表面はカカオのような黒っぽい焦げ茶色で斑点があります。
3面が交わる角が見られ、岩のような形をしています。
表皮を少し削るとその下には緑色の地が出てきますが、中の果肉は黄色いです。
一般的な山芋と同じように蔓を伸ばし、葉は一般的な山芋類よりもずっと大きく、
青々と茂るので、緑のカーテンに適しています




☆~栽培スケジュールを知ろう~☆

里芋の栽培スケジュール

HCや園芸店では、2月下旬~4月頃に
タネイモが販売されます。
期間が短いので、栽培したい方は早めにゲットしておきましょう。



☆~タネイモをうえつけてみよう~☆

写真: 長いも2

<芽出し作業>
種芋を段ボールなどに籾殻を詰めその中に軽く埋めておきます。
そして、室内の暖かい所に置いておくだけでOK♪
先端から芽が伸び始めます。
芽が出始めたら軽く霧吹きして籾殻を少しだけ湿らせておきます。
*寒さには弱いので温度管理には、注意を。
一ヶ月ぐらいで芽がかなり伸びてきます。
定植の適期は4月下旬頃、葉桜の頃が目安です。
*寒さに弱いので早植えは禁物。

写真: 長いも6

<植えつけ時期>
3月下旬~5月上旬
(霜が降りなくなってから植えつけて下さい)
*平均気温13~14℃となる葉桜のころが植え付け適期です。

写真: 長いも7

<植え付けポイント>
横幅が広いプランターやトロ箱(発砲スチロール)などでも
栽培可能ですが、土量が多く支柱の立てやすい「袋栽培」がおススメ!
*プランターの場合は高さが30センチ以上あるものを選びましょう。
*畑なら横向きの植え付けてもOK。

<植え付け方法>
種芋の先が細い方を上にして~、やや縦に植え込みます。
その後、土をかぶせます。
*無事、発芽するまでは水は控えましょう。
基本・・放任栽培でOKです♪

長いも発芽

<支柱立て(ネット張り)>
5月頃にはツルが伸び始めます。
ツル性の植物で生育旺盛のため、支柱やネットがあれば
4~5メートルは伸びますので、
早目に支柱立てやネット張りをしておきましょう。

*1個の種芋から2~3本の芽が伸びている場合は、
芋の肥大が悪くなるので、生育のよい1本を残して他の芽は摘み取る。

写真: ヤマイモ・ながいも1

*大きなヤマイモを収穫するコツは、
ツルを旺盛に伸ばさせ、葉の光合成を促してあげるのがポイント!

写真: ヤマイモ・ナガイモ

収穫時期は、11月~翌3月頃

食べたいときに食べる分だけ~収穫できるのも魅力ですね☆
放任栽培って~本当に、楽ちんです♪
大笑いバイバイ
皆さんはお好みの山芋って、ありますか?



「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています

<カテゴリー変更いたしました!>


家庭菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花













Last updated  2017年02月24日 10時00分05秒
コメント(24) | コメントを書く
2016年11月15日
おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこヤマイモ(山芋)ひよこ
<ヤマノイモ科>

一般にヤマノイモ(山芋)と呼ばれるものには、
大きく分けて~
ヤマノイモ、ジネンジョ、ダイジョの3つの種類に分かれます。
また、 ヤマノイモはさらに・・・
よくスーパーで見かける長いナガイモ群、
関東で大和芋として売られていることもある
イチョウのような形のイチョウイモ(銀杏芋)群、
塊状のヤマトイモ群の3つに分けられます。
(旬の野菜百科 - FoodsLink.jp より)

写真: ヤマイモ6

ここでは、文字通り長い棒状のナガイモです。

滋養強壮~健胃、整腸作用があり、
血圧・糖尿病・便秘などにも良いと言われている山芋です。


☆~タネイモを入手してみよう~☆

写真: 長いも1

<タネイモ入手>
3月~4月頃
*HCの園芸コーナーに、並びます。
まずは~それを購入。

写真: 長いも2

<種イモの植え付け時期>
3月中旬~5月中旬
(霜が降りなくなってから植えつけて下さい)
*平均気温13~14℃となる葉桜のころが植え付け適期です。

写真: 長いも6

<植え付けポイント>
横幅が広いプランターやトロ箱(発砲スチロール)などでも栽培可能ですが、
土量が多く支柱の立てやすい「袋栽培」がおススメ!
*プランターの場合は高さが30センチ以上あるものを選びましょう。
*畑なら横向きの植え付けてもOK。

写真: 長いも7

<支柱立て(ネット張り)>
5月頃にはツルが伸び始めます。
ツル性の植物で生育旺盛のため、支柱やネットがあれば
4~5メートルは伸びますので早目に支柱立てやネット張りをしておきましょう。

*1個の種芋から2~3本の芽が伸びている場合は、
芋の肥大が悪くなるので、生育のよい1本を残して他の芽は摘み取る

写真: ヤマイモ・ながいも1

*大きなヤマイモを収穫するコツは、
ツルを旺盛に伸ばさせ、葉の光合成を促してあげるのがポイント!

<追肥時期>
追肥はツルが伸び始めてから約1か月に1回の割合でスタートさせます。

7月頃になると~一気に葉が生い茂り、立てた支柱は全く見えなくなります。
まるで~緑のカーテンのよう~!O(≧▽≦)O ワーイ♪

ヤマイモ4

<むかごの収穫時期とタイミング>
9月下旬~10月頃。
初秋ころになると~葉のつけ根にわき芽(ムカゴ)が着き始めます。
*葉の色が黄色くなり始め、
指で軽く触っただけでぽろっと取れる位になったら完熟期です。

むかご収穫2

<むかごの調理方法>
一般的に「むかごご飯」が有名です。
ほかにも、炒ったり擦ったり炒めたりしても美味しく食べられます

むかごご飯

「むかごご飯」をたっぷりと楽しんだ後は~
いよいよ~本番の収穫です!!

写真: ムカゴ収穫時期2

<収穫時期>
11月~翌3月頃
*秋に葉っぱが黄色く紅葉したころでは、まだ収穫はできません。
この時期は収穫時期ではなく、成長期に当たります。

写真: ヤマイモ栽培4

晩秋に蔓が完全に枯れた後からが、収穫時期で食べごろになります。

写真: ヤマイモ1



☆長芋の収穫はじつは1年で2回あった~?☆

本来、長芋の旬と言われるのが晩秋に収穫する「秋掘り」ですが、
そこで収穫せず、土中で熟成後に掘り出される「春掘り」があるんです。
(*□*)ビックリ!!知ってた~?
じつは。。1年に2回、美味しい山芋の収穫時期があったんです☆
ちゃ~~んと理由もあるようですよ(^^♪


<食感重視!の秋掘り(11月下旬~12月)>
写真: ヤマイモ5

掘りたての新物、秋堀り長芋は皮が薄く、とてもみずみずしいのが特長です。
葉が自然に枯れてから掘り出される完熟長芋はアクが無くとてもジューシーです。
秋堀りの長芋は、真っ白な切り口と食感が活きる
”長芋短冊”や”浅漬け”等がおすすめです。




*また、秋堀りの長芋は
インフルエンザ対策に期待ができると言われる
ディオスコリンが多く含まれると言われています。



<コクと甘さ重視!の春掘り(4月~5月)>
写真: ヤマイモ・ナガイモ

本来秋堀りするところを、掘り出さずにそのまま越冬します。
1~2度の低温の土中で休眠状態になった長芋は、旨みや各成分が凝縮され
濃厚な食味となり、ねばりも強めになります




春掘りの長芋は、熟成された甘みやコクを味わえる食べ方がおすすめです。
すりおろしてお出汁を混ぜて食べる”とろろ”などで味わってみてください。



四つ葉みたらし☆長芋♪四つ葉
みたらし☆長芋♪
食事詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…


(>▽<;; アセアセ・・とはいえ、
温暖な気候の地域だと冬でも地熱が温度が高く、長芋が休眠しないため
追熟することができません。そして、凍ってしまう程寒い地域だと
土中での熟成保存ができません。

長芋にとって良い条件をもたらす気候、風土の地域だけが
年2回の収穫タイミングを産み、
それぞれに特長のある長芋が収穫できるようです。

今年の冬は~寒いようだから?
関東でも「春掘り」できるかしらん?!
味の違い~比べてみたいわ~♪
しょんぼりバイバイ





「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花

















Last updated  2016年11月15日 10時02分01秒
コメント(21) | コメントを書く
2016年09月21日
おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこムカゴ(むかご・零余子ひよこ
<ヤマノイモ科>

皆さんは「むかご」と聞いてどんなものを思い浮かべますか?
o(〃'▽'〃)oあははっ♪

季節は~すっかり秋めいて・・
野山の植物たちにとっても実りの時期のころとなりました。

ふと、見ると~木に絡まったつるには、
アケビなどの果実や、ヤマノイモのムカゴが付いている頃ですね♬

<むかご とは>
山芋の葉の付け根にできる球芽で、いわば山芋のあかちゃん?!
自然薯や山芋などのヤマノイモ属の蔓になる肉芽(小さな実みたいなもの)の事で、
秋になる頃、ヤマノイモ科の蔓の葉の付け根部分に沢山つき、
貴重な山の幸として食べることができるんです。


O(≧▽≦)O ワーイ♪実りの秋なのね~!

写真: むかご5

ヾ(°∇°*) オイオイ ・・
どれどれ??むかごって、どこどこ?・・

写真: むかご栽培2

コロコロ~とかわいい「むかご」 。
山芋の葉のつけ根あたりにできる、
直径1センチくらいの大きさの球芽のことです。

写真: むかご1

Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!これが?むかご?
もっと、可愛い姿だと思ったわ!

じつは・・これは、山芋(やまいも)のむかご。
他にも~長芋、大和芋、自然薯など、山芋の品種はたくさんあります。
見た目はほぼ皆同じような姿ですが・・
お母さん山芋が違えば~味も形も様々☆

現代社会では「幻の山菜”むかご”」とまで称されるほど?!
是非、いろいろな「むかご」の味を楽しんでみてくださいね(^^♪


☆~ヤマイモの種類を知ろう~☆

一般的には「自然薯」や「長芋」のタネイモが
春ころHCにて、販売されるので~それを入手しよう~!
*小さなむかごからも栽培可能ですが、むかごや芋を収穫するのは数年かかります。

短形自然薯(3本)【種芋】【イモ】【ジネンジョ】【アタリヤ農園】長いも(5本)【種芋】【イモ】【ナガイモ】【アタリヤ農園】

<栽培ポイント>
・土を選ばず栽培できます。園芸土はもちろん、お庭の土でもOK♪
・ツル性の多年草です。
・真夏時には、葉が茂り「緑のカーテン」としても楽しめます。
・晩夏~初秋頃には「むかご」を食べることができます。
・晩秋には「芋」を楽しめ、翌年も収穫が楽しめます

写真: 長いも2

<植えつけ時期>
3月下旬~5月上旬
種イモを用意します。

写真: 長いも6

<植え付け方法>
種芋の先が細い方を上にして~、やや縦に植え込みます。
その後、土をかぶせます。
*プランターの場合、深さ30センチ以上のものや袋栽培でもOK。

長いも発芽

<支柱立て・ネット張り>
5月頃にはツルが伸び始めます。
ツル性の植物で生育旺盛のため、支柱やネットがあれば
4~5メートルは伸びますので早目に支柱立てやネット張りをしておきましょう。

写真: ヤマイモ栽培

<追肥時期>
追肥は7~8月中旬までに1~2回。
*7月頃になると~一気に葉が生い茂り、立てた支柱は全く見えなくなります。
まるで~緑のカーテンのよう~!

ヤマイモ2ヤマイモ3

<開花時期>
7月~9月頃
花を咲かせ始めます

ヤマイモ4

早ければ~8月上旬頃から小さなムカゴが着き始めます

<要注意!>
しかし~ここで慌てて収穫しては、いけません!


ムカゴ2

じつは~この時期のムカゴの中身は、まだ未熟で硬く苦いんです。
(*ノω<*) アチャー

でも、初秋の9月ごろになれば~一回り以上ムカゴも大きくなり・・

写真: むかご

中身は真っ白?(クリーム色)になっていれば~OK!
山芋などと同じネバネバした芋になるんです!
まさに~山芋や自然薯の赤ちゃんのようですね♪
☆(ゝω・)vブイッ!!

写真: ムカゴ収穫時期3

<ムカゴの収穫時期>
一般的に9月中旬から11月初旬頃。
葉の色が黄色くなり始め、
指で軽く触っただけでぽろっと取れる位になったら完熟です。

安心して収穫が楽しめますよ☆

むかご収穫2

口の中に含み噛むと、ちょっと苦めな外皮を感じますが、
中からトロッとした山芋が出てきます。上品でコクのある逸品ですよ!!
しかもクセのない味はどんな料理にもあうんです♬

☆ムカゴ・秋限定旬の味!レシピ☆

むかごご飯

コロコロと転がった?落ちたむかごを拾って、
ささっとすすいで、ご飯に入れて 一緒に炊くだけで、
美味しい「旬の味」が食べられるんです。
(v^ー°) ヤッタネ ☆

四つ葉ムカゴの胡麻味噌和え四つ葉
ムカゴの胡麻味噌和え
食事詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

むかごの栄養は山芋とほぼ同じで、
じつは山芋よりも高い栄養価を持っているです!
日本人に不足しがちな~鉄分やカリウム、マグネシウムなどが
豊富に含まれています。 さらに皮ごと食べることができるので、
繊維も摂取することができますよ☆

写真: ヤマイモ・ながいも1





☆~台風16号~☆

雨雲の予想
台風16号は20日午後9時ごろ、静岡県沖で温帯低気圧に変わった。

<今年6つ目の上陸>

台風16号は20日0時すぎに鹿児島県大隅半島に上陸し、
今年6つ目の上陸台風となった。1年に6つの台風上陸は12年ぶりの多さで、
1951年の統計開始以来2番目の多さとなる。
また、非常に強い勢力で台風が上陸したのは1993年台風13号以来、23年ぶりだ。


昨日は全国的に台風の影響による、
局地的な大雨が降り怖かったですね。
皆さんのところでは、大丈夫でしたか?
しょんぼりバイバイ




「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花

☆~畑で栽培する場合は~☆
こ~んな、ものがあると便利!
ま~すぐな山芋ができちゃいます。
しかも・・収穫も楽ちん(^^♪









Last updated  2016年09月21日 09時51分05秒
コメント(18) | コメントを書く
2016年03月09日

おはようございます
プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこコンニャク芋ひよこ
<サトイモ科>

ノンカロリーで食物繊維が豊富でヘルシー、
ダイエットの食材でも人気のあるこんにゃく。
スーパーでも安定した価格でお財布にも優しのが嬉しい~♪

昔から、「お腹の土砂を下ろす」と呼ばれ、
大掃除の後や冬至、節分などに、毒をさらい体内を清めることを目的に
食べられていた健康食材でもあります。

ところで・・こんにゃくの原料はなんだと思いますか?
結構、海藻だと思っている人が多いですが、
じつは・・原料はじゃがいも、さつまいもと同じ芋類で、
サトイモ科の「こんにゃく芋」の球茎なんです!

それが~コレだぁ~!!

写真: コンニャク芋3

Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!なんじゃコレ?
とても食用のコンニャクからは想像ができませんね。

コンニャクの原産は マレーシア、インドなどの東南アジアといわれています。
日本に渡来したのは縄文時代といわれ、はじめは薬として用いられていたようです。
東南アジアから渡来したこんにゃく芋ですが、
たべものとして常食しているのは日本だけのようです。
(*ノω<*) アチャー

ところが~どっこい!最近は、日本では鍋物などでおなじみの
「しらたき」が海外でブームになっているんだって♪

こんにゃく芋で作られた「しらたき」は、
炭水化物が含まれず食物繊維が豊富なノンカロリーの健康食品で、
低炭水化物ダイエットに向いていることが主な理由のようです。

ダイエット目的の海外では、パスタの代用品として使われることが多く、
実際のパスタに似せて白く作られた・・
「Tofu Shirataki」という製品まで存在しているようです。
(*≧m≦*)プププw なんだか~嬉しいですね♪

写真: 生子写真: 生こんにゃく芋1写真: 生こんにゃく芋3

(生子(きご))⇒(1年生玉)⇒(2年生玉)

海外でも注目を浴びている?原料のこんにゃく芋は、
じつは、栽培し収穫するまでには~なんと!2~3年もの年月がかかるんです!

(*□*)ビックリ!!

コンニャク芋の種芋的存在の「生子(きご」を
春の4~5月頃に植え付け、同年の秋の11月頃に掘り起こします。
低温に弱いこんにゃく芋は、
風通しがよく最低気温が13度以下にならない場所に保存します。
それを翌年の5月にまた植え(2年生)、秋になると3年生になり
やっと収穫できるようになるんです。

写真: コンニャク芋2

ヾ(°∇°*) オイオイ
ちょっと家庭菜園で栽培するのは~無理じゃない?

安心して下さい!
ちゃ~~~んと「種芋」が販売されているんです。
(3月~4月頃にHCにて入手できます)


<こんにゃく種芋(生子)>
生子は「きご」と読みます。
4~5月頃に植え付け、同年の11月頃に掘り起こします。
それを翌年の5月にまた植え(2年生)、
秋になると3年生になり収穫できます。
収穫まで約18ヶ月かかります

<こんにゃく種芋(2年生)「Mサイズ」>
1玉60g前後の種芋です。通常サイズとお考え下さい。
環境にもよりますが、冬の収穫時には300g~350g前後の芋に育つと思います。
4~5月ごろに植え付け、同年の11月頃に収穫となります。
(3年生)それを翌年の5月に植え、4年生に育てる事もできます。

<こんにゃく種芋(2年生)「大」>
1玉100g前後の大きい種芋です。
育ちが特に良かった良質の芋なので、
環境によっては冬の収穫時には500g~700g位まで育つのではないでしょうか。
4~5月ごろに植え付け、同年の11月頃に収穫となります。
(3年生)それを翌年の5月に植え、4年生に育てる事もできます。

写真: こんにゃく芋2

HCでは、こんな種芋が販売されます。
これなら~植え付けた年の秋ごろには~
「こんにゃく芋」として収穫ができ、自家製こんにゃくも作れちゃうんですよ♪

☆~種芋を植え付けてみよう~☆

コンニャク芋の栽培は~とっても簡単!
ただ・・植え付けて~「追肥・水やり」だけで秋には収穫できちゃうんです。

写真: 生こんにゃく芋2

<種イモの植え付け時期>
4月中旬~5月下旬
*HCなどでは3月頃から販売されています。

・日当たりの良い場所で水はけの良い土に植え付けます。
・植え付け前は土を良く耕し、堆肥を加えます。
・畑の場合は、畝幅50~60センチ、株間は15センチくらいが目安です。
・プランターの場合は、10号以上のものを使用します。

写真: こんにゃく芋3

<種イモの植え付け方法>
・種イモは切らずに、そのまま約5~6センチくらいの深さに植え付けます。
・種イモのくぼみの部分に水がたまると腐る場合があるので、
  やや傾けて(45℃)植え付けるのが、ポイント!



(最近では~芽だし苗も販売しているので、超楽ちん!)

写真: こんにゃく芋

<発芽>
植え付けから、約1か月後。

コンニャク1

<追肥・土寄せ>
7月中旬~8月上旬頃
葉が茂り始めたら~追肥をします。その後、株元に土寄せをしましょう。

<乾燥・雑草対策>
敷きわらなどを土の表面が見えなくなるくらいまで、株元に敷く。

写真: コンニャク3

<水の管理のポイント>
こんにゃく芋の原産は、インドまたはインドシナ半島(ベトナム付近)とされているので
夏には強いですが・・土が乾燥していたら、水はたっぷり与えましょう。

コンニャク芋

<収穫時期>
10月中旬~11月中旬
葉が黄色く枯れて、倒状したら収穫します。


☆~手作りこんにゃくを作ってみよう♪~☆


写真: 生こんにゃく作り方3写真: 生こんにゃく作り方7


1.こんにゃく芋を綺麗に洗い、皮をむく
2.芋を一口大に切り、茹でます。

写真: 生こんにゃく作り方9

3.芋と水を入れミキサーにかけます

写真: 生こんにゃく作り方11写真: こんにゃく1


4.擦り終わったら、タネを混ぜ混ぜ、凝固剤を入れます
5.お好みの形や型にいれて形成します。

写真: 生こんにゃく作り方22

6.ゆで上げたら~出来上がり

写真: こんにゃく5

c(>ω<)ゞ イヤァ~あの格安なこんにゃくが、
こんなにも作るの大変だなんて~!!
でも、自家製~生こんにゃくの味は・・最高なんです☆

コンニャクの蕾1

ちなみに・・
こんにゃく芋を収穫しないで、3~4年以上育てると・・
世にも珍しい、「こんにゃくの花」も鑑賞できますよ♪
(*≧m≦*)プププw

写真: コンニャク花4

世界で最も臭い花、
「スマトラオオコンニャク」ほどではないとは思いますが・・
是非・・臭いを嗅いでもらいたい!!
大笑いバイバイ
昨日のポカポカ暖かな日差しがどこへ?
今日はどんより~曇り空。
そしてさらに午後には冷たい雨の予報。。
寒暖の差に注意して、体調を崩さないよう過ごしたいですね☆





「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花





詳しいこんにゃくの作り方は専門HPへ★コチラ★










Last updated  2016年03月09日 10時14分37秒
コメント(20) | コメントを書く
2016年02月23日

おはようございます
プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこヤマイモひよこ
<ヤマノイモ科>

ネバネバ野菜の王様~ヤマイモ!!

昔から滋養強壮の野菜としても有名ですが・・

生ですりおろせば~トロロと呼ばれ、ふわふわ~な食感なのに、
切れば~シャキシャキとした食感が楽しめ、
熱を加えれば~ホクホクとした食感が楽しめるなど、
一つの野菜で、3つ以上の味わいが楽しめるのも魅力ですね☆

一般に「ヤマイモ」と呼ばれるものには、大きく分けて、
「自然薯(ヤマノイモ種)」と「長芋(ナガイモ種」に分かれています。

<自然薯(ヤマノイモ種)>
日本原産種の希少な植物の1つでもあり、古くから日本で栽培されており
自然に生え、山野に自生している貴重な山の宝物です。

<長芋(ナガイモ種)>
・ナガイモ属・・・「長芋」・「ねばりイモ」・「姫神芋」
・ツクネイモ群・・・「山の芋」など
・イチョウイモ群・・「イチョウ芋」など

写真: ヤマイモ5

まずは~ヤマイモの種類を比べてみよう~♪

<自然薯>おススメ度★★★☆☆


<特長>
中国など外国から伝わった山芋などとは異なり、自然薯は日本の在来品種です。
ねばりは山芋とは比べ物にならないほど。
昔は山奥までとりにいかなければならなかったので、
めったに口にすることができない高級品だったそうです。

「山のうなぎ」といわれるほど滋養強壮に優れています。
その働きのもとは、豊富に含まれる消化酵素。
皮をむいたときのヌルヌルした粘りには、
アミラーゼ、ジアスターゼなどの消化酵素がダイコンの3倍も含まれています。
これらの成分はでんぷんの消化吸収を助け、胃腸の働きを活発にするので、
病後や虚弱体質にも向いていると言われています。

また粘り成分のムチンは胃の粘膜を保護し、体内でたんぱく質を効率よく
活用させる作用があるので、滋養強壮や疲労回復に有効に働きます。
血糖値を下げる作用もあり、糖尿病や高脂血症予防にも良いと言われ、
健康野菜としても重宝されています。


<短形自然薯>


<特長>
上の自然薯説明の同じ
* 短めなので収穫も容易


<長芋(ナガイモ種ナガイモ属)>


<特長>
ナガイモ種の中では一番ポピュラーなタイプ。
市販の食用でも「長芋」と言えばコレ。


<ねばり芋(ナガイモ種ナガイモ属)>


<特長>
ねばりと甘みが強い!
根重40~60cm位の首部が短く、尻部の太い栽培の容易な短型とろろ芋。
(従来のナガイモより2~3割短型になります)


<姫神芋(ナガイモ種ナガイモ属)>


<特長>
岩手産の山芋!
岩手産の山芋で50cmほどの短径種です。
短めで家庭でも作りやすい


<丹波山の芋(ナガイモ種ツクネイモ群)>


<特長>
「つくねいも」と呼ばれる丸芋の一種
一般に「つくねいも」と呼ばれる丸芋の一種です。
関西では、大和芋とも呼ばれる。
肉質がしまり水分が少なくて、大変粘りがあります。あくが少ないのが特長です


<イチョウ芋(ナガイモ種イチョウイモ属)>


<特長>
イチョウのような形をした芋。
長芋よりも灰汁が少なくねばりが強いのが特長。
関東では「大和芋」と呼ばれることも。。


☆ちょっと変わったヤマイモ品種☆

<紫ヤマイモ>


<特長>
ポリフェノールを含む、色鮮やかな山芋!


<宇宙芋>


<特長>
東南アジア原産のヤマノイモ科の植物です。
うまく育てると赤ちゃんの頭くらいの巨大なムカゴがたくさんできます。
それはまるで宙に浮いた隕石のよう・・・・・
地中には、ピンポン玉からソフトボール大の球形の芋が出来ます。
地上のムカゴは炊き込みご飯やけんちん汁、地下の芋は、
とろろや磯部揚げなどにして食べられます。

芋もムカゴも越冬させれば、また来年楽しく育てることが出来ます。
ムカゴ狩り、サンシェードプランツとしても、おすすめの品種です。





☆種芋を植え付けてみよう~♪☆

<一般的なナガイモ種>
写真: 長いも2

<植えつけ時期>
3月下旬~5月上旬
(霜が降りなくなってから植えつけて下さい)
*平均気温13~14℃となる葉桜のころが植え付け適期です。

写真: 長いも6

<植え付けポイント>
横幅が広いプランターやトロ箱(発砲スチロール)などでも栽培可能ですが、
土量が多く支柱の立てやすい「袋栽培」がおススメ!
*プランターの場合は高さが30センチ以上あるものを選びましょう。
*畑なら横向きの植え付けてもOK。

写真: 長いも7

<植え付け方法>
種芋の先が細い方を上にして~、やや縦に植え込みます。
その後、土をかぶせます。
*無事、発芽するまでは水は控えましょう。
基本・・放任栽培でOKです♪

長いも発芽

<支柱立て(ネット張り)>
5月頃にはツルが伸び始めます。
ツル性の植物で生育旺盛のため、支柱やネットがあれば
4~5メートルは伸びますので早目に支柱立てやネット張りをしておきましょう。

*1個の種芋から2~3本の芽が伸びている場合は、
芋の肥大が悪くなるので、生育のよい1本を残して他の芽は摘み取る

写真: ヤマイモ・ながいも1

*大きなヤマイモを収穫するコツは、
ツルを旺盛に伸ばさせ、葉の光合成を促してあげるのがポイント!

<追肥時期>
追肥はツルが伸び始めてから約1か月に1回の割合でスタートさせます。

7月頃になると~一気に葉が生い茂り、立てた支柱は全く見えなくなります。
まるで~緑のカーテンのよう~!O(≧▽≦)O ワーイ♪

ヤマイモ4

<むかごの収穫時期とタイミング>
9月下旬~10月頃。
初秋ころになると~葉のつけ根にわき芽(ムカゴ)が着き始めます。
*葉の色が黄色くなり始め、
指で軽く触っただけでぽろっと取れる位になったら完熟期です。

むかご収穫2

<むかごの調理方法>
一般的に「むかごご飯」が有名です。
ほかにも、炒ったり擦ったり炒めたりしても美味しく食べられます

写真: ヤマイモ栽培4

<収穫時期>
11月~翌3月頃
*秋に葉っぱが黄色く紅葉したころでは、まだ収穫はできません。
この時期は収穫時期ではなく、成長期に当たります。
晩秋に蔓が完全に枯れた後からが、収穫時期で食べごろになります。

写真: ヤマイモ・ナガイモ

イモを傷つけないよう注意しながら、周囲の土をほぐし
丁寧に掘りあげましょう♪


ほぼ放任でOKなのに~
健康野菜が収穫できちゃうなんて、嬉しいですよね☆
ウィンクバイバイ
どうです?今年栽培にチャレンジしてみませんか~?





「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花








Last updated  2016年02月23日 10時15分25秒
コメント(24) | コメントを書く
2015年11月17日

おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこ自然薯ひよこ
<ヤマモイモ科>

秋の旬の1つでもありる自然薯(じねんじょ)。
日本原産種の希少な植物の1つでもあり、古くから日本で栽培されており
「天然の自然薯」なんて~自然の生命の力を感じますね♪

自然薯は、その名の通り・・・・
自然に生え、山野に自生している貴重な山の宝物なのです。

本来は自然の山野で自生している植物ですが~
収穫するために芋を掘るのは大変な作業が必要なので・・
我が家では大きなプランターにて、栽培を楽しんでいます。

写真: やまいも1

自然薯の魅力は、何といっても・・
「滋養・強壮・強精」の効能で有名です!

栄養価が高く、独特のネバリと味があり、すりおろして作るトロロ汁は消化が良く、
トロロの食べ方も色々とバラエティに富んでいます。

生で食べても、煮て食べてもおいしい自然薯は、
「山のウナギ」とも呼ばれ、栄養に富み、漢名では「山薬」といいます。

ナガイモに比べ粘りが強く、ダシや卵で伸ばして・・
麦飯にかけて食べる麦飯トロロは味も栄養も最高!です。
又、ムカゴも蒸かしたり炒めたり、炊き込みご飯に入れたり、おいしく食べられます。



<植えつけ時期>
3月下旬~5月上旬
(霜が降りなくなってから植えつけます)

<おススメポイント>
・土を選ばず栽培できます。園芸土はもちろん、お庭の土でもOK♪
・ツル性の多年草です。
・真夏時には、葉が茂り「緑のカーテン」としても楽しめます。
・晩夏~初秋頃には「むかご」を食べることができます。
・晩秋には「芋」を楽しめ、翌年も収穫が楽しめます。

写真: 長いも6

<植え付け方法>
種芋の先が細い方を上にして~、やや縦に植え込みます。
その後、土をかぶせます。
*プランターの場合は高さが30センチ以上あるものを選びましょう
*袋栽培も可能です。

写真: ヤマイモ・ながいも1

<追肥時期>
追肥は7~8月中旬までに1~2回。
7月頃になると~一気に葉が生い茂り、立てた支柱は全く見えなくなります。
あ~~っという間に「緑のカーテン」に?

我が家では、他にも山芋や長芋などと一緒に栽培しているのですが・・
自然薯との区別は~葉の形がハート形で、つるは右巻きに伸びるのが特徴です。

写真: ヤマイモ3

<開花時期>
7月~9月頃
花を咲かせ始めます

写真: むかご栽培2

その後、自然薯や山芋には~子孫を効率的に少しでも多く増やす目的で、
つるの途中(葉の付け根)に「ムカゴ」という5~10ミリ程度の小さなイモをつけはじめます。

生ならシャキシャキとした歯ごたえを楽しむことが出来、
炒ったり塩茹でにしても美味しいんです。(これが~たまらなく美味しい!)

写真: ムカゴ収穫時期3

<むかごの収穫時期とタイミング>
9月下旬~10月頃。
*葉の色が黄色くなり始め、
指で軽く触っただけでぽろっと取れる位になったら完熟期です。

定番の「むかごご飯」はまさに、旬の味☆

むかご収穫2

この「ムカゴ」。。ポロポロと勝手にツルから土へと落ちてしまうのですが・・
これも種を残すための自然薯の知恵なのです。

写真: むかご苗1

「天狗の鼻(山芋の種)」などと呼ばれる種で、
落ちると風に飛ばされ~~~~遠いところへ着地し、
少しでも多く子孫を残しているようです。(*≧m≦*)プププw

写真: 山芋1

<自然薯の収穫時期>
11月~翌3月頃
*秋に葉っぱが黄色く紅葉したころでは、まだ収穫はできません。
この時期は収穫時期ではなく、成長期に当たります。
晩秋に蔓が完全に枯れた後からが、収穫時期で食べごろになります。


写真: ヤマイモ・ナガイモ

<自然薯の下処理方法>
自然薯は皮をむかずに食べるのが、風味を生かすコツです。
ヒゲ根はあぶり焼きをし、20分~30分水にひたし、タワシで洗い、
布巾で水気を切ってから調理します。
すりおろすときは、すり鉢の底に擦り付けておろします。
これは、自然薯特有のコクを出すためです。

すりおろした時にアクがでることがありますが、
空気に触れ酸化して褐変するためで、味や品質に変わりはありません。

写真: ヤマイモ5


秋のネバネバを思いっきり楽しみましょう♪
ウィンクバイバイ


「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花








Last updated  2015年11月17日 10時08分06秒
コメント(35) | コメントを書く
2015年09月12日

おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこ自然薯・山芋ひよこ
<ヤマノイモ科>

皆さんは、秋限定の旬の味! 「むかご」ってご存知ですか~?

真っ先に思い浮かべるのは~
自然薯や山芋になる小さな実?ではないでしょうか。

<ムカゴとは>
自然薯や山芋などのヤマノイモ属の蔓になる肉芽(小さな実みたいなもの)の事で、
秋になる頃、ヤマノイモ科の蔓の葉の付け根部分に沢山つき、
貴重な山の幸として食べることができるんです。

O(≧▽≦)O ワーイ♪

写真: ヤマイモ・ながいも1

ヾ(°∇°*) オイオイ ・・
どれどれ??どこどこ?・・

写真: むかご栽培2

こんな感じ!(v^ー°) ヤッタネ ☆


☆~栽培ポイント~☆

・土を選ばず栽培できます。園芸土はもちろん、お庭の土でもOK♪
・ツル性の多年草です。
・真夏時には、葉が茂り「緑のカーテン」としても楽しめます。
・晩夏~初秋頃には「むかご」を食べることができます。
・晩秋には「芋」を楽しめ、翌年も収穫が楽しめます

写真: 長いも2

<植えつけ時期>
種イモを用意します。
(市販の食用イモの場合でもOK)
3月下旬~5月上旬

写真: 長いも6

<植え付け方法>
種芋の先が細い方を上にして~、やや縦に植え込みます。
その後、土をかぶせます。
*プランターの場合、深さ30センチ以上のものや袋栽培でもOK。

長いも発芽

<支柱立て・ネット張り>
5月頃にはツルが伸び始めます。
ツル性の植物で生育旺盛のため、支柱やネットがあれば
4~5メートルは伸びますので早目に支柱立てやネット張りをしておきましょう。

写真: ヤマイモ栽培

<追肥時期>
追肥は7~8月中旬までに1~2回。

7月頃になると~一気に葉が生い茂り、立てた支柱は全く見えなくなります。
まるで~緑のカーテンのよう~!

ヤマイモ2ヤマイモ3


<開花時期>
7月~9月頃
花を咲かせ始めます

ヤマイモ4

早ければ~8月上旬頃から小さなムカゴが着き始めます

<注>でも~ここで慌てて収穫しては、いけません!

じつは~この時期のムカゴの中身は、まだ青く硬く苦いんです。

ムカゴ2

(*≧m≦*)プププw ねっ♪

でも、初秋の9月ごろになれば~一回り以上ムカゴも大きくなり・・

写真: むかご

中身は真っ白?(クリーム色)になって、
山芋などと同じネバネバした芋になるんです!
まさに~山芋や自然薯の赤ちゃんのようですよ♪

写真: ムカゴ収穫時期3

<ムカゴの収穫時期>
一般的に9月中旬から11月初旬頃。

葉の色が黄色くなり始め、
指で軽く触っただけでぽろっと取れる位になったら完熟です。


むかご収穫2

口の中に含み噛むと、ちょっと苦めな外皮を感じますが、
中からトロッとした山芋が出てきます。上品でコクのある逸品ですよ!!

☆ムカゴ・秋限定旬の味!レシピ☆

むかごご飯

一般的には、「むかごご飯」が定番ですが~
塩茹やバター炒め、煮物に天ぷら、茶碗蒸しにも入れることも。。

四つ葉むかごの塩炒り 四つ葉
むかごの塩炒り
食事詳細を楽天レシピで見る


四つ葉ムカゴの胡麻味噌和え四つ葉
ムカゴの胡麻味噌和え
食事詳細を楽天レシピで見る


是非、色々なレシピで美味しく食べてみてね☆
ぺろりバイバイ




「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花







Last updated  2015年09月12日 09時56分58秒
コメント(32) | コメントを書く
2015年03月18日

おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこ自然薯(じねんじょ)ひよこ
<ヤマモイモ科>

自然薯は、日本原産種の希少な植物の1つで、古くから日本で栽培されており~
漢方薬としても珍重され、日本人と関わりの深い植物です。

本来は自然の山野で自生している植物ですが~
収穫するために芋を掘るのは大変な作業が必要で、
そんな自然薯を栽培するなんて、難しそう~って思われがちですが~
成長する様子を知っていれば、意外に簡単なんです!!

(v^ー°) ヤッタネ ☆

ヤマイモ5

自然薯と聞けば~滋養強壮!

栄養価が高く、独特のネバリと味があり、すりおろして作るトロロ汁は消化が良く、
トロロの食べ方も色々とバラエティに富んでいます。

生で食べても、煮て食べてもおいしい自然薯は、
「山のウナギ」とも呼ばれ、栄養に富み、漢名では「山薬」といいます。

ナガイモに比べ粘りが強く、ダシや卵で伸ばして・・
麦飯にかけて食べる麦飯トロロは味も栄養も最高!です。
又、ムカゴも蒸かしたり炒めたり、炊き込みご飯に入れたり、おいしく食べられます。




<植えつけ時期>
3月下旬~5月上旬
(霜が降りなくなってから植えつけて下さい)

写真: 長いも2

<長いもの栽培ポイント>
・土を選ばず栽培できます。園芸土はもちろん、お庭の土でもOK♪
・ツル性の多年草です。
・真夏時には、葉が茂り「緑のカーテン」としても楽しめます。
・晩夏~初秋頃には「むかご」を食べることができます。
・晩秋には「芋」を楽しめ、翌年も収穫が楽しめます。

長いも4長いも5


横幅が広いプランターやトロ箱(発砲スチロール)などでも栽培可能ですが、
土量が多く支柱の立てやすい「袋栽培」がおススメ!

*プランターの場合は高さが30センチ以上あるものを選びましょう。

写真: 長いも6

<植え付け方法>
種芋の先が細い方を上にして~、やや縦に植え込みます。
その後、土をかぶせます。

写真: 長いも7

無事、発芽するまでは水は控えましょう。
基本・・放任栽培でOKです♪

長いも発芽

<支柱立て・ネット張り>
5月頃にはツルが伸び始めます。
ツル性の植物で生育旺盛のため、支柱やネットがあれば
4~5メートルは伸びますので早目に支柱立てやネット張りをしておきましょう。

*1個の種芋から2~3本の芽が伸びている場合は、
芋の肥大が悪くなるので、生育のよい1本を残して他の芽は摘み取る

写真: ヤマイモ・ながいも1

<追肥時期>
追肥は7~8月中旬までに1~2回。

7月頃になると~一気に葉が生い茂り、立てた支柱は全く見えなくなります。
まるで~緑のカーテンのよう~!O(≧▽≦)O ワーイ♪

写真: ヤマイモ3

<開花時期>
7月~9月頃
花を咲かせ始めます。

ヤマイモ4

<むかごの収穫時期とタイミング>
9月下旬~10月頃。

*葉の色が黄色くなり始め、
指で軽く触っただけでぽろっと取れる位になったら完熟期です。


むかご収穫2

<むかごの調理方法>
一般的に「むかごご飯」が有名です。
ほかにも、炒ったり擦ったり炒めたりしても美味しく食べられます。

写真: ヤマイモ栽培4

<自然薯の収穫時期>
11月~翌3月頃
*秋に葉っぱが黄色く紅葉したころでは、まだ収穫はできません。
この時期は収穫時期ではなく、成長期に当たります。
晩秋に蔓が完全に枯れた後からが、収穫時期で食べごろになります。


写真: ヤマイモ・ナガイモ

スーパーなどに並んでいる自然薯や山芋などは、
土壌消毒しているものが多く、最近は漂白剤の使用が禁止されたそうですが、
少しでも自然に近いままで食べる方が、健康のためにいいですよね♪
ならば~自家栽培が1番☆

<自然薯の効果>
滋養強壮・強精・整腸・コレステロール低下・美容・ダイエット
・抗インフルエンザなどの様々な効果が!!


毎日食べて~元気に過ごしたいですね♪
ぺろりバイバイ






「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花








Last updated  2015年03月18日 09時32分05秒
コメント(32) | コメントを書く

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.