32478806 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

暇人主婦の家庭菜園

PR

Calendar

Free Space


献立に困ったら 楽天レシピ



写真: 栽培士免許
☆美味安全野菜栽培士☆
日本園芸協会


問い合わせ先★


ご覧頂きまして、
ありがとうございます。
ランキングに参加しております。
ご訪問の際には、
是非ポチっ♪と
応援をお願い致します。
毎日の更新の励みになります。




家庭菜園ランキング

にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村





初めてさん歓迎!「ベランダガーデニング」を楽しむための10のQ&A
pacoma

菜園ナビ|家庭菜園SNSの菜園ナビ























ただ今調整中~!
ご迷惑をおかけいたしております。
すみません。

QLOOKアクセス解析

Wishlist

Rakuten Card

Archives

Recent Posts

Category

お話

(110)

収穫祭(料理・一品おかず)

(349)

小さな菜園(8坪農園)

(13)

畑栽培:ホームファーマー

(103)

農園主のつぶやき

(386)

ハーブ(ルッコラ・バジル・紫蘇)

(132)

水耕栽培/スプラウト栽培

(45)

干し野菜・野菜の保存方法

(25)

勝手に食べログ

(80)

トマト(アイコ・ミニ・大玉)

(79)

とうもろこし

(52)

サツマイモ・安納芋

(47)

ブロッコリー(茎・カリフラワー)

(122)

ニンジン・ゴボウ

(68)

さといも

(41)

落花生・枝豆・ささげ

(68)

ピーマン・ししとう・トウガラシ

(72)

ハクサイ

(33)

ナス・米なす・白なす

(42)

きゅうり

(37)

キャベツ(芽・赤)・プチヴェール

(97)

オクラ・花オクラ

(36)

スイカ・メロン・ペピーノ

(45)

春菊・菜の花

(33)

ほうれん草・スイスチャード・ビーツ

(50)

かぶ・コールラビ

(68)

にら

(21)

大根(ラディッシュ・聖護院・コウシン)

(70)

じゃがいも

(58)

たまねぎ・ネギ

(98)

いちご

(56)

ツルムラサキ・オカワカメ

(13)

サヤインゲン・モロッコ・シカクマメ

(57)

ズッキーニ・そうめんカボチャ

(50)

アスパラガス

(11)

かぼちゃ・コリンキー

(50)

ゴーヤ・キワーノ

(23)

他(アシタバ・モロヘイヤ・ワカメ)

(10)

小松菜・チンゲン菜・からし菜

(60)

レタス

(67)

菜園計画・土のリサイクル・自然農薬

(20)

ソラマメ・ヒヨコ豆

(54)

サヤエンドウ・スナップエンドウ

(58)

自然薯・長芋・ヤマイモ

(27)

健康野菜

(304)

果実(ブルーベリーなど)

(89)

葉もの野菜(ミズナ・タアサイ)

(66)

イタリア野菜

(2)

ベランダ

(16)

モニター

(143)

畑の虫タチ・敵タチ

(8)

Rakuten Ranking

Freepage List

2017年10月18日
XML
おはようございます。

プランター菜園&畑による家庭菜園を楽しんでいます♬
我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこ芽キャベツひよこ
<アブラナ科>

芽キャベツは、キャベツの変種のひとつと言われています。

寒さには強いですが、キャベツより暑さに弱く、
芽球が形成されるためには、
12~13℃以下(適温は5~10℃)の気温が必要なため、
高温期の栽培は難しく、
夏に種をまいて秋から冬にかけて収穫をするのが一般的です。

写真: 芽キャベツ6

和名は、子持ち甘藍(コモチカンラン)。
読んで字の如く、芽キャベツは大変な子だくさんな野菜なんです♪

上手に育てると1株から・・
80~100個ほど収穫できるとも言われています。
できるだけ~たくさん、実をつけてほしいですね☆



芽キャベツの失敗例で多いのが~
「大きく育たなかった」や「実が着かなかった」など・・
でも~ポイントさえ掴めば、簡単に栽培できるのが芽キャベツなんです。

写真: 芽キャベツ栽培4



☆~種類を知ろう~☆

芽キャベツは他の野菜に比べて品種があまり多くありません。
代表的なものは「早生子持」「中生子持」「増田子持」などですが・・
大きく分けて、緑種と赤紫種があります。


早生子持(芽キャベツ)苗芽キャベツブリュッセルスプラウツRUBINE苗




☆~苗を植え付けてみよう~☆

写真: 芽キャベツ1

<植え付け時期>
*本葉5~6枚になった頃、植え付けをします
*プランター・鉢植えの場合は、大型プランターで1株が目安。
栽培期間も長いので、深さが25~30cm以上のものがあればよいです。

写真: 芽キャベツ2

<害虫予防対策>
芽キャベツは1枚の葉に対し、芽球が1個つくと言われています
大切な成長期の葉に被害があっては~大変!
植え付け後、すぐにネットをかけましょう。(。>0<。)ビェェン

写真: 芽キャベツ1

<追肥と土寄せ時期>
苗を植え付けてから1か月後からスタート!
2週間に1回の目安で行いましょう。
1回目追肥時期:本葉が10枚程度に成長したら、株元に軽く土寄せし、
液体肥料や化成肥料をあたえましょう。
2回目以降も同様に土寄せ・追肥をします。

*大きな芽キャベツを育てるポイントは、
結球が始まるまでにできるだけ外葉を大きく育てることです!!


写真: 芽キャベツ1

<植え付けから、約2ヶ月後>
10月中旬頃以降に低温にあたると、
葉のつけ根に小さな芽球ができ始めてきます!

芽キャベツ3.jpg

ココからが~芽キャベツを
上手に結球させる重要ポイント!


<芽かき作業>
葉の付け根に球が見えてきたら、球を拡大させるために
葉を折りとる作業をします。

写真: 芽キャベツ2写真: 芽キャベツ3

<摘葉(下葉かき)・わき芽かきの方法>
地際から10センチまでの下葉を手やハサミなどで切り取ります。

写真: 芽キャベツ3写真: 芽キャベツ4

葉の軸が少し残っていてもOK。
あとで自然に枯れて落ちてしまいます。
*この頃に、地際から10センチまでの葉と育ちの悪い芽球を取り除きます。

写真: 芽キャベツ4

*芽キャベツは下から順に芽が大きくなるため、
この部分(地際から10センチ)は大きく育たないので
早めに取り除くのことが上部の芽球が早く大きくなるポイントです。
(栄養が上部へ集中するため育ちがいい)

写真: 芽キャベツ8

その後は成長に合わせて、下から少しずつ葉をかきとります。
(上部には常に20枚以上の葉を残すようにしましょう。)
*芽かき後は株元に土寄せします。

写真: 芽キャベツ5

こうすることで~
球に日が当たり、養分が集中し大きくなるんです。

あとは~このまま実(芽球)が大きくなるまで
2週間に1回程度の追肥をして見守ります。
*あまり早く葉をとりすぎてしまうと、実つきが悪くなるので注意が必要です。

写真: メキャベツ2

以後、地際から10センチ以上は、芽球が徐々に大きくなりはじめます。
直径が1センチほどになったものを見つけたら、
葉の軸(茎)で芽球が圧迫して潰れないよう、
下葉をハサミなどで切り取りましょう。

*この作業を、芽キャベツ栽培で必要な「摘葉(芽かき)」作業といいます。

写真: 芽キャベツ4

このひと手間で、芽球によく日が当たり成長を良くする効果があります。
しかし、いっぺんに「葉かき」作業をするのではなく、
少しずつ・・成長を見ながらやっていきます。
必ず、上部の葉は常に20枚程度残すようにしましょう。

写真: 芽キャベツ2

<収穫時期>
寒冷地:8月下旬~12月
中間地:11月上旬~翌3月
暖地:11月上旬~翌3月

写真: 芽キャベツ3

<収穫のタイミング>
芽球が直径2~3センチほどの成長し、
固く結球したものから順に収穫します

写真: 芽キャベツ4

<収穫方法>
固く結球した芽球を傷つけないよう手でつけ根をねじるように~
1個1個収穫します。

写真: 芽キャベツ栽培6

芽キャベツは、収穫できる期間が長いので~
収穫中は、「2週間に1回の追肥」をし、「肥料切れしないよう」にしましょう!
収穫時期は空気が乾燥しているので、水やりも忘れずに行いましょう。

写真: 芽キャベツ収穫6

丁寧に育てていけば~
こんな芽キャベツの姿が見られますよ☆アハハヾ(≧∪≦*)ノ〃

写真: 芽キャベツ1

今年は日照不足や気温の変化が激しいので
成長がゆっくりなようですが、「芽かき」のタイミングを
逃さないようにしたいですね☆



久しぶりの晴れ間、
気持ちのいい1日にしたいですね☆
ぽっバイバイ



「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
毎日のブログ更新の励みとなっています


人気ブログランキング

にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村


レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花














Last updated  2017年10月18日 10時00分12秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.