320046 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

猫のおきて

PR

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


蔦谷K

Recent Posts

Comments

馨歩@ お引越しの先輩! たつもとちまきさん、楽天からお引越しの…
たつもとちまき@ 書き込めるかな? RSSに楽天の広告が混ざる様になって、何か…
馨歩@ ご指摘を受けて ふらんさん、 >あの一行でこれだけ観…
ふらん@ えへへ あの一行でこれだけ観察なさるとは流石馨…
馨歩@ 毎度おなじみの ごましおさん、 >考察するなんて、ケ…

Calendar

Archives

2017.12
2017.11
2017.10
2017.09
2017.08

Category

2007.10.03
XML
カテゴリ:猫作品
 先日来ご案内していました「箱の中の豆本たち ~小さな豆本の小さな展覧会~」が無事終了しました。ご覧いただいた方、ワークショップにご参加いただいた方、大変大変ありがとうございました!

 今回は、現場をご覧になっていない皆様のために、ブログ上で展示の様子をご紹介します。

 さて、これが今回のポスター。豆本が詰まった本棚のオブジェです。会場にはこの現物も展示されました。

ポスター

 会場に入ると、こんなふうに箱が積み上げられ、それぞれの中に一人一人の作品が展示されています。展示された豆本は、自由に立ち読み、座り読みができます。

「箱の中の豆本たち」展示

 当方の箱はこちら。
 箱の中に豆本の入ったひきだしを据え、自由に抜き出して、中をご覧いただく方式です。

豆本ひきだし

 今回、猫的新作は、豆本漢詩詩集「まめかん」の、『詩人と猫』というもの。今回のメールマガジン「猫のおきて」では、そのことを書いています。

 ガラスケース内の展示物もあります。

ガラスケース

 当方はこの中に、『驚異の猫たわけの秘密函』という作品を展示しました。

秘密函

 陶器で作った猫の体のパーツのオブジェとそれを解説した豆本を、木製の箱におさめて一つの作品としたものです。オブジェや豆本の内容のベースは、実はこれまでにメールマガジン「猫のおきて」や、サイト「盆猫」で個別にご覧いただいています。
 興味おありでしたら、サイトメルマガのバックナンバーを仔細に探すとご覧になれますよ~。

 さて、販売コーナーではお気に入りの豆本を買うこともできます。

販売豆本

 当方も、手元にあった何種類かを販売。『文豪まちぞうの私生活』も売りました。
 ほんの数週間世話しただけのコネコ町蔵に、今でも飲みしろを稼がせてもらっていて、まさに「猫は身を助く」、感謝しないと~! (ちなみに町蔵の近況を飼い主Y岡さんから頂いていたのですが、手が回らずアップできずにおりました。近々ご披露しますね)

 お買い上げいただいた皆様、大変ありがとうございました!!

 ところで、今さら弁明なのですが、実は会期の頃の当方は、仕事はてんぱっているし、パソコンはダウンするし、風邪はひくし、という三重苦でモーローとしており、行き届いたおもてなし(?)ができず、大変恐縮でございました…。これに懲りませず、また何かありますときには、ぜひおいで下さいますよう。

そんなわけで次は、来週8日(月・祝)からの「猫楽百貨」で、皆様のおこしをお待ちしています!






Last updated  2007.10.03 17:58:02


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.