1705070 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

能登の手染め日記

能登の手染め日記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
Mar 4, 2024
XML
カテゴリ:絵・美術について
色鉛筆絵というのをテレビ番組で何度か見ていたが、藍染めで知り合った女性が《カリスマカラー》の色鉛筆で多彩な絵を描いているのを知り、そういえば若いころ12色を使っていたのを思い出してセットを買い足した。地震で水を使えない生活の中、私もリアルな色鉛筆の絵を描こうとした(^^)

丘に咲くヤブツバキの散り落ちた花を三輪


以前は、この程度の使い方で終わっていた


描き始めは、こんな感じで終わることも多かった


カリスマカラー色鉛筆のセットは洗わなくても良いのが楽(笑)


私にとって色鉛筆の使い方は、着物の図案描きにアイディアを描いて彩色のイメージを確認するためのラフスケッチの道具だった。20歳代に暮らした京都の6畳一間のアパートのコタツの上に出しっぱなしのスケッチブックと色鉛筆。枕元に置いた紙に目覚めると描き散らかしていた。何種類もの色鉛筆を買い揃えたが、50歳前後で着物の図案をパソコンで描くようになってからは使わなくなった。やがて子供絵画教室で活用して、最近は義母の塗り絵用に使われて、孫が来ると一緒にお絵描きで楽しむ道具になった。

だが、今回の私には、最大の失敗があった。・・・気軽に描き始めた私が使ったのは、身近にあったA4のコピー紙(笑) 描き進めるごとに紙は歪み、仕上げに使う切り出しナイフで色を削るとコピー紙に穴が開きそうでヤバイ!!

めっちゃ神経を使わないと紙自体が破れてしまうではないか(-_-;)
次回はケント紙か画用紙か・・・どんな紙が良いのかさえも考えないで描いた私であった(^^; このシロウトがぁーっ!(笑)

ウルシチップが手に入らない場合・・・ウルシチップの作成と販売も行っています。先ず試し染めをしてみたい方はチップ200g送料込み1,100円で販売しています。ご希望の方はshigunaru16@gmail.comまで。染め方のプリントも同封します。チップ200gで繊維200g以上染めることが出来ます。

能登の手の日々
カテゴリー
●全て

●日々

●街中ギャラリー

●染色

●能登、そして、この町

●絵・美術について

●CG

●食べもの

能登の手の作品集
(写真・CG)

リンク
●ようこそNotoNote

オリジナルのデザイン・あつらえの着物。染色・草木染めの専門ページです。


お気に入り
ブログ・その他
Water-Colour
 ひろろdecさん
●​草木染め・Yukiの手絞り
 羽根っこ
MoMo太郎日記
 MoMo太郎009さん
Kleine Erfrischung
 kamoppieさん
考え事ほか
 vissel-篤胤さん
地元力向上委員会
 hanami73さん
今日の空
 つるまる5さん
Que sera sera
 五右衛門0563さん
染工房えむ
 koubou-mさん
バンブーおじさん奮闘記
 幸達さん
てんてん日記
 もえぎさん

ブログランキング・にほんブログ村へ

能登草木の染め研究室
染色の専門サイト

能登の手へのメール

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 能登情報へ にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へ 






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  Mar 4, 2024 04:15:25 PM
コメント(1) | コメントを書く
[絵・美術について] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.