1679636 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ママチャリライフ

PR

プロフィール


tama@sanuki

楽天カード

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

バックナンバー

ランキング市場

ニューストピックス

全90件 (90件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

読んだ本

2019.06.15
XML
カテゴリ:読んだ本
本年度の登録販売者の試験を受験予定の方は
ぼちぼち本腰入れて勉強に打ち込まなくてはいけない時期に
なってきました。

私はテキスト2冊+問題集1冊をネット購入し
4ヶ月ほど本腰入れて取り組み、合格しました。

受験料とテキスト代を含め、
資格取得にかかった費用は2万円強…といったところ。
(受験費用は都道府県ごとに多少違います。香川は15000円でした)

なお実際に登録販売者として働く際には
人体薬・動物薬の従事登録申請が必要になり、
戸籍謄本、医師の診断書、申請費用(都道府県により多少差あり)など
諸々込みでさらに2万円ほど必要になります。

独学で取得を目指す方のご参考になればと思い
一人での勉強方法や利用したアプリ、HPなどを
ご紹介していこうと思います。

今回は利用した書籍とその書評。


私の購入したのは旧版。レビューはこちら

一応2019年度版を掲載しておきます


7日間でうかる! 登録販売者 テキスト&問題集 2019年度版 [ 堀 美智子 ]


うかる! 登録販売者 過去問題集 2019年度版 [ 堀 美智子 ]


ユーキャンの登録販売者 速習テキスト&重要過去問題集 第2版 (ユーキャンの資格試験シリーズ) [ ユーキャン 登録販売者試験研究会 ]

私はたまたまこれを買った、というだけで
これがめっちゃ良かった!とオススメしてるわけではありません。
(世話になっておきながら何を言う)

ユーキャンのテキストは「出題範囲」を正確にまとめてくれており、まさに教科書。
1章、4章はわかりやすく良かったです。
が、悪く言うとだらだら羅列してるだけで暗記向けではなく、
特に重要な3章が非常に頭に入りづらかったです。
読んでるだけで睡魔が襲ってきます。(ちょww)

暗記用に、赤字印刷で赤シートがついていますが、
赤字の伏せ字部分が長すぎてイマイチ使いづらいなと感じました。

シートかぶせたらどっさり消えすぎて戸惑う事多数。

「○○や○○などの特定」の○○部分が伏せ字なら
よし考えようって気になるけど
「○○○○○○○○〇〇」が全部伏せ字だと
「ファッ???」ってなるでしょ。そういう感じ。

この本にマーカー引いてると、
なんとなーく覚えた気になるからコワイ。
この本をベースに、
新たにノートに箇条書きで内容を書き起こし、
成分は完結に自分で表にしてまとめたらきっと頭に入るんじゃないかな、と思います。

(※個人の感想です。最新版は読んでないのでわかりません)


私の選んだ本はどれも
「7日間でうかる」とか「30日間で~」とか
耳障りのいい表紙タイトルがついてますが
それに騙されて一ヶ月前に購入したりしないでください…。

到底7日間やそこらで読破し、理解し、暗記できるような内容ではありません。

ネット注文だと届くまでわかりませんが
書店で実物を手に取れば
「え、これを7日間で読めと…?ウソやろ?」な分厚さです。

余裕もって最新版をできるだけ早めに購入しましょう。
早く買わなきゃ…と焦って最新版発売前に旧年度版を入手しちゃった方も
別に買い直さなくていいと思います。

改訂内容だけ確認し、自分で加筆・削除すれば
そのままのテキストで勉強して全然問題ないと思います。
(私がそうでした)

内容を理解し、覚えながら読み進めようとすると膨大な時間がかかります。
最初から全部覚えながら…とか意気込まずに、
(最後まで目を通すだけでも一週間はかかるんじゃないかな…)
テキストはとりあえずさーっと一読し、
日々こつこつと暗記項目を攻略しつつ(漢方は最後でいい)、
ひたすら過去問→間違う→解説読む、その箇所のテキスト確認…を繰り返し、
問題の傾向に慣れる。

これを何度も繰り返すうち、次第に解答速度がUPし、
自信に繋がります。

即答できる問題が増えると、当然時間に余裕がうまれます。
難問にぶつかったとしても、
あとで再度ゆっくり考える時間が確保できるので焦らずに済みます。


※ちなみに出題範囲と過去問ですが、
県のHPにちゃんとリンクがあります。
(もしリンクのない県とかあればすみません。香川県はちゃんとあった)

PDF形式ですが全部閲覧可能なので
「ネット環境はあるけど、テキスト買うお金はもったいない」という方は
一度目を通してみられるといいかもしれません。(膨大な量ですが)

この「出題範囲」を全部プリントアウトするだけで300枚を超えてたんじゃないかな?

私は日経のテキストメインで勉強し始めたんですが、
「7日間でうかる」とか恐ろしいことを謳ってる本だけあって
出題傾向の低い場所なんかはがっぽり省略してるんですよねー…。

あと誤植や間違いの多いとこも非常に困った点でした。
(最新版は知らないですが)

過去問やってて「????知らん…何これ?」ってことがちょくちょく出てきたので、そういう時は正確さで勝るユーキャンのテキストで調べたり、
それでもわからないことは「出題範囲」のPDFを調べたりしていました。

そのうち「出題範囲」もプリントアウトして手元に置いといた方が便利かな?と次第に思うようになり、ちょっと印刷しとこう、となったわけです。

ただこれ全部プリントアウトすると枚数ハンパないし
ジャマすぎる。

どうにか縮小できないかなーと
Photoshopのコンタクトシート機能※を使い、4枚のPDFをA4一枚に入るように処理してプリントアウトしました。
(これ以上入れると、縮小した文字が潰れて読めない)

  ※ファイル→自動処理→コンタクトシート
  ドキュメント ダウンロードしたデータの入ったフォルダを指定
     ドキュメントはA4サイズになる数値 全てのレイヤーを統合
     サムネイル 列数行数をそれぞれ2

                          だったかな。

大きさは四分の一になってしまうため
非常に文字は読みにくく(ギリギリ判読可能レベル)、
メインテキストにするには不向きですが、
プリントアウトする枚数がぐっと減るので
(自分に必要な項目だけプリントアウトしたけど100枚弱に収まったと思う)
たまにテキストではわからない部分が出てきて参考にしたい、という程度なら、
こんなんでも十分かなーと思います。

こちらの「出題範囲」をテキストにして
YouTubeで解説してる登録販売者講座とかもあったと思います。
(登録販売者 YouTube で検索したらすぐ出てくる)

味気ないテキストじゃ
最近なーんか頭に入ってこなくって…という時など
要点を上手に説明してくれる動画を見て
ちょっと気分転換するのもいいかと思います。

暗記法は多くの方が多数ネットにアップされておられるので
その中から自分にあったものを探すといいでしょう。
(語呂合わせでもしないと覚えづらい)

イラスト、語呂合わせ、替え歌、いろいろあります。

他の方のそういうたのしい暗記法を拝見してるだけでも
わりといい気分転換になります。

めっちゃ強引な語呂合わせにクスッと笑ったり
(お世話になっておきながらすみません…)、
ああ~他の人もここを覚えるのに苦労してるんだなぁ~
私も頑張らなきゃーと励まされたり。

それと独学でやってると読み方を間違って覚えてて気づかないことがあるんですよね。

「グリチルリチン酸二カリウム」を最初の頃は
「グリチルリチンさんカリウム」と読んでいましたが
「グリチルリチンさんカリウム」が正解だと動画を見てから知りました。

登録販売者だけでなく、
薬剤師や看護師を目指す方の成分暗記語呂合わせとかの中にも
使えそうなものがたくさんありましたよ。

成分名 語呂合わせ とかで検索するといろいろ出てきて面白いです。

検索しすぎて、勉強ほったらかしにならないよう気をつけてくださいねw



★紙の本 VS 電子書籍

買う時、どっちにしようか結構悩みました。
長距離移動が多く
ジェットスターも頻繁に利用するという事情もあり、
荷物はなるべく軽くしたいからです。

結局紙の本を購入しました。
各冊500gを超えます(汗)。
表紙カバーはジャマなので外しました。
汚れが気になる人はつけててもいいけど
どっちみちボロボロになります。

移動時には他の荷物を削減することで
なんとか乗り切りました。

暗記用マーカーを使うのはもちろん、
いろいろと弱点を書き込んだり、メモしたりする事もめっちゃあるので
紙の本で正解だったと思います。

見出しのフセンの数はどえらい事になりますが
瞬時に探したい項目に飛べるので、これは必須です。
紙のフセンとか速攻でボロボロになるので
丈夫なフィルムインデックスがオススメ。

こういうタイプ

3M ポストイット フィルムインデックス 34×40mm イエローローズ
私はこれに似たダイソーのフィルムインデックス買いました。

ボールペンや鉛筆だと
本を使いこむうちにインデックスに書いた文字もかすれてくるので
最初から濃い極細の油性マジックで書いておくと
いつまでも文字が鮮明です。

項目ごとにインデックスつけていくだけで
(やべえ…なんて量だよ…)ってなります。

膨大すぎてどんなにずらしてもインデックスが重なりまくってしまい
他人が見ると何がなんだかわからん状態の本になりました。

移動が多くて、余裕がある方なら
紙の本と電子書籍と両方購入すると
移動時に重い本を持ち歩かず
タブレットでテキストを読み進められるので
いいのではないかな、と思います。

この手の本は
重要項目を赤字で印刷し、赤シート付属で暗記できるようになっていますが
赤字以外の所でも覚えなくてはならない事が多々あります。

マーカーでアンダーライン引けば
なんとなく覚えたような気になりますが
その時は覚えててもすぐに忘れていきますよね。
緑の暗記マーカーなども使い
覚えにくいところは何度もしっかり頭に叩き込みながら先に進みましょう。

登録販売者の資格を独学で(その2)






最終更新日  2019.10.17 14:21:20
コメント(0) | コメントを書く


2018.09.17
カテゴリ:読んだ本
登録販売者のテキストを数冊購入した感想など。

最初に買ったのがこちら。買った当時は2018年度版が出てなくて2017年度版でした。

U-CANの登録販売者速習テキスト&重要過去問題集[本/雑誌] / ユーキャン登録販売者試験研究会/編

30年度版の改正箇所を自分で書き加えれば2017年度版でも特に問題ないかと。
(書き加える箇所もあれば、リゾチーム塩酸塩など削除する箇所もある)


2章まではわりとわかりやすいと思ってたんですが、
薬の成分名がズラーっと出てくる3章に入った途端、
一気に見づらく感じるようになりました。

ちなみに30日で一発合格とか帯に書いてますが、
一日に覚える分量がハンパないです(笑)。
普通30日でこれを脳みそに叩き込むのは難しいかと。

で、2018年度版がほしかったこともあり
次に買ってみたのが日経新聞出版社の出してるこちらのテキスト。

7日間でうかる!登録販売者テキスト & 問題集 2018年度版 / 堀美智子 【本】

こちらは30日どころか7日間でうかるとか帯で豪語してますが、
上のU-CANテキストと変わらぬ分厚さの本です。
7日とか無謀w

薬の成分が表形式でまとまっているため、ぱっとひと目でわかりやすいのが長所。
ダラダラした長文の中の重要箇所が赤文字になってるU-CANのテキストよりは
見やすく頭に入りやすいです。

が、コンパクトにまとめたせいなのか、
U-CANテキストには記載があるのに、日経テキストにはない!…という成分や項目が多数あります。

最初は誤植なのかな?と不安になったりして日経の​正誤表詳細​とか見てみましたが
どうやらそうではないらしい。
過去問とかで出題傾向の低いものは
著者の判断でカットしてあるんだな~という印象です。これが第一の短所。

ただ「テキスト」と銘打つからには
厚生労働省の​「試験問題作成に関する手引き」​に載ってる成分とかは
出題傾向にかかわらず一応ちゃんと載せといてほしかった。

2つ目の短所

U-CANテキストは、上記の手引きどおりに1章、2章…となってるんですが
日経テキストは、重要な3章を何度も勉強させるべく、あちこちに散りばめてあるという特殊構成です。
それがいい、という人もいるでしょう。

しかし上で述べたように日経テキストは、やや端折ってる箇所があるため
手引きや他のテキストと見比べながら勉強する際、
対応してる章がバラバラだと、目的の項目を探すのがちょっと面倒だと感じました。

3つ目の短所

表でスッキリ見やすく表記しているのはいいんですが
長い成分名を他と同サイズのフォントで小さなスペースに無理に入れてるので、
一つの成分名が三行にわたってたり、どこで区切られてるのかわかりにくく
非常に見づらい。

たとえば

チョウトウコ
ウ、サンソウ
ニン、カノコ
ソウ、チャボ
トケイソウ、
ホップ等

と書かれてるわけです。どこが区切りかわかりづらい。
ぱっと見、カノコってなに?チャボって何?って感じませんか。
ここに成分が5つある、ということ自体わかりづらい。

フォントを小さくしてもいいからなんとか一行に一つの成分名を見やすくまとめてほしい。
(切実)

あと、表の分類がちょくちょく間違ってるっぽいところがあるので
他のテキストや手引きと照らし合わせる事が大事だなと感じました。

胃腸薬でロートエキスやピレンゼピン塩酸塩が制酸成分に分類されてたりします。
(本来は胃液分泌抑制成分のはず)

と、短所ばかりあげつらいましたが、
正確さで軍配の上がるU-CANテキストよりも
いろいろツッコミどころの多い日経テキストの方がなんでか頭には入りやすいので
日経テキストにちまちまと端折られた部分を書き込み
メインの教材として使ってます。


で、今から買うなら?

本屋で実際の本に目をとおしてみたほうがいいかと思います。



どちらの本も結構重く、
電車とかに持ち込んで勉強しようとすると結構な荷物になります。
電子書籍にすべきだったかな~と買う時にちょっと悩みましたが、
なんやかんや書き込んだり、調べなおしたりしてるうちに
やっぱり紙の本でよかったなと思ってます。

無料アプリでもそこそこ復習できるようなのがあるので
本を持ち歩けない時はスマホで問題を解いたりしてます。

購入した過去問はこちら

うかる! 登録販売者 過去問題集 2017年度版 [ 堀 美智子 ]

これは日経のですが使いやすい。特に文句のつけどころなし。
解答と解説が取り外せて便利でした。






最終更新日  2018.09.17 21:43:14
コメント(0) | コメントを書く
2017.09.12
カテゴリ:読んだ本

■商品名:GLOW (グロー) 2017年 11月号 [雑誌]
■レビュアー:otama@sanuki ※投稿時

※現時点では楽天ブックスの表紙画像が出ないので詳細が知りたい方は
GLOW次号予告​を御覧ください。

■レビュー内容

2016年12月号GLOW付録のマナーバッグは本当に使いやすくてよい品で、冠婚葬祭で大活躍しました。
今回のマナーバッグはA4サイズの書類も収まるしっかりした横長タイプ。なおかつ仕事にも使い回せるシンプルで無難なデザインで袱紗つき。
紳士服店の冠婚葬祭コーナーでいざ買おうとすると仏事でも使用可能なサブバッグは3000円前後します。日傘やら上着やら小さなフォーマルバッグには収まりきらないものがスマ… もっと詳しく見る






最終更新日  2017.09.12 13:51:45
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:読んだ本

■商品名:弱虫ペダル(52) (少年チャンピオンコミックス) [ 渡辺航 ]
■レビュアー:otama@sanuki ※投稿時

■レビュー内容

センサーチップを賭けた広島呉南の浦久保と手嶋の死闘がこの巻で決着をむかえます。その前に浦久保と庭妻、手嶋と青八木、それぞれが出会うまでの過去エピソードや熱い友情がしっかりと描かれているおかげで、クライマックスでの感動はひとしおです。レビュータイトルは、自分の限界を超えて走る青八木を見た鏑木の台詞ですが、読んでいるこちらも青八木の姿に心がふるえて泣いてしまいそうになりました。熱いわ〜! もっと詳しく見る






最終更新日  2017.09.12 13:18:19
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.24
カテゴリ:読んだ本

炭水化物を食べてもやせる!レジスタントスターチ式ダイエット [ 池谷敏郎 ]

糖質制限&MEC食を開始してそろそろ一ヶ月。
昨年秋から一気に6kg増えた体重を、一ヶ月で5.5kg落とすことに成功しました。
明後日のフルマラソン、これで膝壊さずに完走できるかな。

ただ体重は無事に落ちたけど、走ると以前ほどのスピードが出ません。
体重計で計ると、筋肉量が落ちたわけじゃない。
でもパワーが落ちたのは否めない。

そしてこの完全糖質制限を、生涯続けられるかと言われると…厳しいよな~というのが本音。
もともと白いご飯やパンやうどんといった炭水化物大好き人間ですしね。

そこでタイトルが気になり上記の本を読んでみました。

端的に言うと
「冷めた炭水化物を食事の最後に控えめに食べよう」を推奨している本です。

読み終えた時
「かけうどんはダメやけど、冷やしぶっかけうどんなら食べていいんだ…」と嬉しくなりました(笑)。

そういえば先週はベルトなしでふつうに履けていたズボンが、
今日はくと、ゆるくてベルトが必要になっていました。

わあ痩せたんだ!嬉しい!

感激のあまり、思わず若い頃のスカートを箪笥から引っ張り出し履いてみましたが
残念ながらパツンパツンでした…。

もうちょい糖質制限&MEC食メインで頑張りつつ、
炭水化物をとる機会がある時は冷やすことで
ダイエット生活を乗り切っていこうと思います。






最終更新日  2017.03.24 19:40:02
コメント(0) | コメントを書く
2017.02.01
カテゴリ:読んだ本
新春アニメ「ACCA13区監察課」を2話まで視聴しました。

これは面白い!
どこか欧州っぽい世界観、風景、料理、ACCA制服、登場人物、
そのどれもが素敵ですっかり魅了されてしまいました。

(個人的に大好きな声優さんがいっぱい出演されててめっちゃ嬉しい。耳福)

ほんわかあったかい癒し系の絵柄とは裏腹に
内容はいたって硬派。

平和な日常を過ごしていた監察課ジーンの周囲にたちのぼり始めたクーデターの噂。
その真偽を探るACCA上層部の中にもなんだか不穏な陰謀の臭いがプンプンします。

さらにジーンの古くからの友人であるジャーナリストのニーノが
実はACCAの覆面局員で(衝撃)
クーデターの件で要注意人物と認定されたジーンを監視する事になり……

ええええ!?
友人だと思ってたのに…(呆然)

五長官の中では
今のところグロッシュラーが一番黒幕っぽい雰囲気ですが
ぶっちゃけみんな怪しい。

中でも妙な色気をかもしだすリーリウム長官が気になるわ…(遊佐さんだし)。

本部長は美人で凛々しくてかっこよくて素敵で目が離せない。
もしかして彼女も怪しいの??

さらに親友のニーノが実はジーノを監視してるっていうのもめっちゃ気になる。
長年友人だったのになんで?
裏切りなの?
だったらホントの黒幕一体誰?
そもそもクーデターって何?
ジーンは実は悪い奴なの??…いろいろ気になる…気になって仕方ない!


もう早く知りたい謎が多すぎてついに我慢できず
原作1~6巻を一気読みしてしまいました。

めっちゃ面白かった!(アニメ途中だけど後悔はしてない)


ACCA13区監察課(1) [ オノ・ナツメ ]


ACCA13区監察課(2) [ オノ・ナツメ ]


ACCA13区監察課(3) [ オノ・ナツメ ]

一つずつ謎が明らかになるたびに衝撃でした。

・13区それぞれが持つ特殊な事情(これがかなり重要)
・オータス兄妹の秘密
・クーデターの内容とその真実
・ニーノの過去
・もらい煙草の謎
・真の黒幕!!!(5巻で判明)

(ネタバレ避けて衝撃の要点だけ書くとこんな感じ)

おおおおお
全ての謎が解けてめっちゃスッキリした~~~~

…とホッと安堵しながらラストのページをめくってたら
6巻の一番最後の最後で、最大の衝撃が待ってました。


あなたでしたかーー!!!



なるほど、後から考えるといろいろ腑に落ちる。
でも最後まで気づかなかったわ…。



普通はあらすじとか結末がわかってしまった作品は
もうアニメはあまり見ないんですが
今回は原作読んだあとにアニメ3話を見てみました。

結末わかっちゃうとアニメをこれまでのように楽しめなくなるんじゃないかな…と
心配してましたが、意外にも問題なく楽しめました。

なんとな~く意味深なシーンや、登場人物の謎めいた言動なんかも
あらすじを知っているからこそ
(なるほど、そうか!これってそういう意味だったのかー!)
と新たな発見に感動したり、
作品をより深く理解できたりするので
(また新たな謎がああああ!どうなるの!次週気になるううう!)と悶々とするより
むしろ原作読んで良かったかも(笑)?
いやわりとマジで。
(組織とか人間関係とか結構複雑だしねー)

アニメを楽しみたい、でも多すぎる謎が気になって気になって仕方ない…
という方は
4巻ぐらいまでなら原作読んでしまってもいいかもしれません。
いろいろ謎は解けて全体像がだんだん把握できるんだけど
一体どう転ぶのか先が全然予測できないのが4巻。


ACCA13区監察課(4) [ オノ・ナツメ ]

ちなみに5巻まで読むとほんとの黒幕が誰かほぼわかってしまうので
最終的なネタバレを避けたい人は注意。

ACCA13区監察課(5) [ オノ・ナツメ ]



6巻は「もうダメ、このままじゃ我慢できない。ラストまで全部知りたい!」ってなったらぜひ。
当たり前ですが、めっちゃスッキリしますw

ACCA13区監察課(6) [ オノ・ナツメ ]



アニメ3話でドレスを着た本部長の美貌に
ジーンが感動して赤面して座り込む可愛いシーンがありましたが
アニメで優雅に動く本部長は艶っぽくてほんっと美しかったですね!
見惚れました~。

どの声優さんもイメージにぴったりで
ACCAの魅力的なキャラクターがいきいきと動き回るアニメも
これからますます楽しみです。


ACCA13区監察課 Blu-ray BOX 1【Blu-ray】 [ オノ・ナツメ ]


ACCA13区監察課 Blu-ray BOX 2【Blu-ray】 [ オノ・ナツメ ]






最終更新日  2017.02.01 12:00:11
コメント(0) | コメントを書く
2017.01.02
カテゴリ:読んだ本

■商品名:進撃の巨人(21) [ 諫山 創 ]
■レビュアー:otama@sanuki ※投稿時

■レビュー内容

巨人の力を奪う方法が明らかに。
多くの仲間を失う中、
究極の選択を迫られ葛藤する調査兵団。

彼らが最終的に選んだのは──

そしてエレン達はついに地下室に隠された秘密にたどりつく。
そこに記されていた衝撃の事実。

いろいろ明らかになることが、どれもこれも衝撃的な巻です。

地下室の秘密の内容に関する章は、
1ページに詰め込まれた情報量が多く、
内容の整理と理解をしながら読み進むのに結構時間を要しま… もっと詳しく見る






最終更新日  2017.01.02 11:05:23
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.07
カテゴリ:読んだ本
付録付きの雑誌は普段あまりまめにチェックしてないのですが
たまたまこれは最近美容院で手に取る機会がありました。

40代向け女性ファッション誌、ってところかな。

GLOW (グロー) 2016年 12月号

GLOW (グロウ) 2016年12月号 【付録】 IENA LA BOUCLE (イエナ ラブークル) 大人のマナーバッグ&巾着[本/雑誌] (雑誌) / 宝島社

もちろん雑誌の内容も良かったんですが、
冠婚葬祭に重宝しそうな付録のマナーバッグが特にいい!

「買わねば…まだ在庫あるかな(汗)」

帰宅してアマゾン、楽天、ヨドバシ等々
本の通販でよく利用する送料無料のところをあちこち探したけど全部売り切れ。

近所の書店を探したところ、あと3冊残っていたので無事ゲットしてきました。

シンプルなデザインで容量たっぷり。
しっかりしたつくりのバッグで、口はマグネットでちゃんと閉じる仕様になってます。
上部についたリボンがかわいらしく、あんまりババくささを感じない点もGOOD。
ふくさの入れられる内ポケット付きで、中の色も上品。高級感あります。

お揃いカラーの巾着袋のほうの素材はペラペラでぱっと見安っぽさは否めませんが
マナーバッグの中身を整理したり靴入れたりするためのものだから
こんなところかな。

ただメインのマナーバッグはとてもこのお値段には見えません。コスパすばらしい。
冠婚葬祭や学校行事に重宝しそうです。

バッグは小さく折りたたまれているので、広げた際に折りじわがありますが、
アイロンで折りじわを取る方法が写真入りで丁寧に解説してあります。

付録のとじこみ冊子「大人のお作法BOOK」の内容も良かった。
内容は
1…葬儀のマナーQ&A
2…学校行事のマナーQ&A
3…仕事のマナーQ&A
4…一筆箋のマナーQ&A

葬儀・学校行事でのNGファッション、メイク、
仕事メールの文例や
一筆箋冒頭に入れる月ごとの挨拶文例集など。
薄い冊子なのに役立つ情報が多くためになります。

本誌の内容でよかった記事は
「ストール上手の【巻き方】と【まとめ髪】」

着る服やコートごとに、
似合うストールの巻き方、まとめ髪&旬のヘアアクセのコーデがまとめて紹介。
ロングヘアでストールをよく使う私には、とっても役立つ内容でした。

冠婚葬祭用のかっちりしたバッグは一応あるけど
荷物増えた時用の黒いマナーバッグもひとつほしいなぁ…
と思ってる方には、この付録、めっちゃオススメです。






最終更新日  2016.11.07 12:11:47
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.04
カテゴリ:読んだ本
タイトルは一見なかなか過激ですが、内容はそう過激ではありません。

著者はただ淡々と正しい歴史的事実を年代順に並べていくだけなのですが、
それを読んでいくと
このタイトル(結論)に至った理由が、ああなるほど~…と理解できます。


韓民族こそ歴史の加害者である [ 石平 ]


「告げ口外交」「コウモリ外交」と揶揄されたパククネ大統領の政治手法。
実はこれ、特に目新しいものではなく
古来から韓民族のDNAに深く刻まれた「事大主義」によるものだということを
この本では朝鮮半島の歴史を順に辿りながら明らかにしていきます。

強大な大国と陸続きだった朝鮮半島の歴代王朝は
古来より周辺国の中で今後最も頼りになりそうな強国をかぎ分ける能力に長けており、
いち早くその国に服従して忠誠を誓い、その権威を利用することで存続してきました。

たとえば王朝内で勢力争いが起き、ライバルに負けそうになった場合。

自力でライバルを倒そう、とか
地道に勢力をのばして再起をはかろう…なんていう考えにはなぜか至らず
まず強大な他国に泣きついて
ライバル打倒のための協力を乞う。

さらに国内のライバルを追い落とすためなら
他国の敵兵を領内に引き入れ、自国民を攻撃させてしまう。

普通、自分とこの民を守ってこその領主じゃないのかな…って思うんですが。


常に周辺国の勢力の動向には敏感で、より強い国が現れればすぐ乗り換える。
とにかく一番強い国を宗主国とし、
その中でも「特に可愛がられる子分」である、という事が重要。

国内でゴタゴタしたお家騒動やらちょっとしたトラブルがおこるたび
宗主国に泣きつき、その強大な力を利用して
自分の一族だけピンチを乗り切れればそれでいい──

何かあるたびにいちいち他国を引っ張り込むという国民性は
かなり特殊ですね。

でもこの本で古代から現代に至るまで延々と続く「特殊すぎる歴史」を順に見ていくと
私たち日本人にはいまひとつ理解しづらかった
パククネ大統領の「告げ口外交」や「コウモリ外交」といったものも
あ、なるほど、これは韓民族特有の政治姿勢なのだな、と深く納得できました。

あと島国で海外からの侵略がほとんどなかった日本人には
いまいちピンとこない「事大主義」。

なんで韓国が(というかパククネ大統領が)
あそこまで中国に媚びへつらうのか?反日仲間だから?
てな感じで、
事大主義と言われても、ぶっちゃけいまひとつよくわかってませんでした。

その「事大主義」、どれほど韓民族のDNAに刻まれた思想なのかが
この本を読むことで非常によく理解できた気がします。

本来ならすぐ終了し、少ない犠牲で済むはずだった朝鮮戦争が、
ああも長引き多くの犠牲を出してしまったのは一体誰のせいなのか。
そのあたりは詳しく記されており、非常に読み応えがありました。


私は最初このタイトル見た時
「当時は日本人だったことを棚に上げて被害者ぶり、
国をあげて日本バッシングに全力を注ぐ攻撃的な民族って意味なのかな?」と勝手に思ってました。
読んでみるとそうじゃない。

タイトルの「歴史の加害者」とは
朝鮮半島歴代王朝が、
自国でのトラブルや、宗主国から重用されたい等の小さな理由で
いちいち他国を巻き込んでは、必要なかった戦争をいくつも引き起こし、
結果的に多くの無駄な犠牲を生んだ事を指しています。

パククネ大統領が就任時に
「1000年経っても日本は加害者であることに変わりはない」という内容の演説をしましたが
筆者は元寇を計画、進言、実行した当時の朝鮮王朝の話や、
元寇で対馬の日本人が手の甲にあけられた穴に縄を繋がれ全員連れ去られたという話を挙げ、
だったら元寇からまだ1000年経っていないが、
その件についてはどうするのだと問うています。

正論すぎるw






最終更新日  2016.10.04 03:48:22
コメント(0) | コメントを書く
2016.09.17
カテゴリ:読んだ本
9月に入ってめっきり涼しくなりましたね。

何食べてもおいしく感じる季節♪
太らないよう気をつけないと…


中国バブル崩壊の全内幕 [ 宮崎正弘 ]

昨日読んだのがコレ。

石平氏の他の本を読んだあと
このタイトルも気になったので
図書館で借りてみました。

カバー折り返し部分の紹介文

「中国の経済崩壊は
 誰の目にも明らかになっている。
 しかし、その崩壊ぶりは
 大方の予想を超える規模になりつつある。
 経済崩壊のハードランディングのシナリオは
 どのようなものになるのか、
 それを契機として
 中国共産党体制はいつ崩壊するのか──
 本書では中国に詳しい3人の専門家が、
 経済・外交・政治など、あらゆる側面から
 中国のこれからについて精緻に分析する!」


これまでの経済失速やら
政治や外交面での失態やらで
2017年に中国バブルが崩壊する、と予想する内容。

三人の筆者がそれぞれの章を担当し、
ラストに三者のトークが収録されてます。

歴代の中国共産党のトップが築き上げてきた遺産(経済面でも外交面でも)を
裸の王様である習近平が着々と食いつぶし、
崩壊へと突き進んでいる…という内容。

後半部分の中国共産党内部の権力闘争の話がなかなか興味深かった。






最終更新日  2016.09.17 16:45:56
コメント(0) | コメントを書く

全90件 (90件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.