2739237 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

奇  知  外  記

PR

日記/記事の投稿

バックナンバー

コメント新着

甘えん坊@ 大変 失礼しました。 New! 私に誤解があったようで、深く謝罪いたし…
甘えん坊@ 引っ掛け問題で リトマス試験紙 New! tomy4509さんへ あなたが宗教左翼である…
tomy4509@ Re:矛盾はダメです(09/20) 甘えん坊さんへ >今の韓鶴子氏が言う「…
甘えん坊@ 矛盾はダメです 生前の文鮮明教祖は 「韓鶴子氏が第二教…

カレンダー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全185件 (185件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >

ブログ村

2019.09.21
XML
カテゴリ:ブログ村
記事「「原理講論の主人はお母様」否定のH3やH4は講論の主人になれる?」​コメント欄から。
甘えん坊さんコメント「引っ掛け問題で リトマス試験紙」に対して。




甘えん坊さんへ

>見事に「独生『子』」で馬脚を現しましたね。日本の政界の左翼同様に、本筋で語り合えないと、自己の主張の為に「言葉狩り」や「相手のミス」に付け込んだり、「論点ずらし」でその場を取り繕うのが、天から遠いサイドの人間のやる事です。

>あなたの底を見た気がします。

>(文脈で意味は理解したはず)

-----
お母様「独生女」を「独生子」と間違われたのは、甘えん坊さんでしょう。「(文脈で意味は理解したはず)」を訂正した私に、あなたはそれまでも攻められますか。これを「責任転嫁」といいます。間違いには素直になるべきです。
間違ったことをそのままに進んでいかれては「正道」を歩くことは出来ません。間違いにまた、間違った情報を加えて「迷路回路」を右往左往されているのが支流人の方々の姿です。お父様が語られた「独生女」一つでも見られたことがありますか? それさえも「信じる」ことが出来ないでいるのではないですか。

今回の本記事「原理講論の主人はお母様」​もお父様のみ言です。印刷物ですので、どなたの目にも確認が出来るものです(信仰とはまったく無縁、目で確認が出来るものです)。


>韓鶴子氏は、「誰からの教育も受けていない」 と言っているのです。つまり、第一教祖を自称しているのです。それなら、ご自分で開拓伝道され、独自の教団を造られたらいいのです。
-----
お母様の「誰からの教育も受けていない」は具体的にどのような状況下でのことを語られていたものでしょうか?
言葉尻だけを拾っては;
>本筋で語り合えないと、自己の主張の為に「言葉狩り」や「相手のミス」に付け込んだり、「論点ずらし」でその場を取り繕うのが、天から遠いサイドの人間のやる事です。
をそのまま甘えん坊さんへお返しします。
時間があれば探してあげられるのですが、私の記憶からは1960年の聖婚式、お父様の相対として立つときの心境を語られていたものだったと思います。誰にも相談することなく、お母様御自身で決定されていかれた、と。

>あなたが守りたいのは、天ですか?、人類の今後ですか?、第一教祖ですか?、組織ですか?、何らかの権益ですか?、あなたは統一ブログ村で、何をやりたい人ですか?。

>人類の為にならない論調なら、迷惑なんですけど?。

-----
自称ルポライタイーtomy4509は、ブログ村で「真実を求めて」書いています。

今回記事からも、お父様に長年寄り添って来られたお母様のお姿を発見することが出来たと思います。そして、お父様聖和直後すぐに、「中断なき前進」のお父様の言葉を受けてバトンを継がれたのがお母様でした。「2020年までに7ヶ国を必ず復帰する」も7年前のお母様の決意です。今回のサントメプリンシペがその国家復帰第1号になりました(拍手)。

それを誰が信じていたでしょうか? 
今回、秋夕節で行かれた教区長からの特別報告会が昨晩私の教会でもありました。「お母様だけがそれを信じてきたのでは!」ということでした。
サントメは人口20万の小さな島国ですが、天一国第1号となりました。それに続く第2号、第3号、……。このように指で数えられていくのが、こんにちの家庭連合の現状です。
支流人の方々はそれを知らないでしょう!!

サントメの大会が終わり、ユ・ヨンホ事務総長は直接帰国せずに今年11月、セネガルでの大会の打ち合わせがあってマッキーサル大統領とお会いしてきた話もありました。来年2月の基元節参加をすでに表明されておられる大統領は(「セネガル・マッキーサル大統領、来年2月に訪韓か?」)、ムン大統領と席を共にしたおりに「KINTEXで会いましょう」と声をかけられたそうです。ムン大統領自身はまだそこに参加するとも決めていないのですが(びっくり)。
お母様と一つとなれば、奇跡のようなことが次々と起こっています。

日韓トンネルの今後についても一つの良い例でしょう。

甘えん坊さん、「引っ掛け問題で リトマス試験紙」は(間違いに対しての)照れ隠しですかネ。


一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓







最終更新日  2019.09.21 12:07:46
コメント(1) | コメントを書く
2019.09.16
カテゴリ:ブログ村
これまでの記事にて記載された氏名に間違いがありました。

以下に訂正し関係者皆様には謝罪申し上げます。

​兄・櫻井正上氏 → 弟・櫻井正美氏​

なお、これまで記載分に関しては既に訂正させていただきました。


2019.09.16 by tomy4509






最終更新日  2019.09.16 17:49:34
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.01
カテゴリ:ブログ村
​自称ルポライタイーtomy4509がブログ村から「真理を求めて」ルポします。



ヨンギ氏、コスモスさんが取り上げていた「天聖経の改ざん」について:
​​​お父様の「最後の祈祷文」なのですが、
すっぽりゴッソリ抜けていたということです。
家庭連合の天一国編纂委員会にて、
満場一致で議決され?正しく直されました。
(韓国版、日本版の月刊誌に乗せられているそうな)


……

ここに最後の抜け落ちた部分を出しておきますので、
改めて見ておいてほしいものです。
​赤字のところが抜けていた部分です​
(ここの文でお父様とは神様のこと)

『 きょう、最終的完成・完結を成し遂げて、
お父様のみ前にお返しし、今までの一生を、
お父様にお捧げすることを知っておりますので、
そのみ旨のままに、今は、精誠を捧げて、
すべての生を終了する時間を迎え、
堕落のなかった本然のエデンの園に帰り、
エバが過ちを犯し、アダムが引っ掛かった責任分担を、
すべて超越できるようになりました。
あらゆることに対する解放・釈放の権限をもち、
誰であっても父母様のあとに従いさえすれば、
四次元においても十四次元においても、
地獄に行く者を天国に入籍させることができ、
四次元の入籍と十四次元の息子・娘たちを中心として
氏族的メシヤが国家を代表する名称となって、
​387の国々(アベル国連圏194ヵ国、カイン国連圏193ヵ国)さえ復帰できれば、​
すべてが終わることを宣布します 』​​​
天一国・天聖経が編纂・出版されるまでは「改ざん」だと騒いでいた支流人らだが、この天聖経でスッポリ抜けていたものが元に戻ったのだからそれで「善し」とされるべきである。
それ以上に何が言いたいのだろうか?



さて、櫻井正美氏はこれを以って何が言いたいのだろうか?
抜け落ちていた祈祷文からは、
堕落のなかった本然のエデンの園に帰り、
エバが過ちを犯し、アダムが引っ掛かった責任分担を、
すべて超越できるようになりました。
あらゆることに対する解放・釈放の権限をもち、
誰であっても父母様のあとに従いさえすれば、
​の前提のもとに、
四次元の入籍と十四人の息子・娘たちを中心として
​であるということなのだが。
彼はビデオでは直系の子女様方の14支派(12支派)のほうを強調されていたようだ。

あくまでも「誰であっても父母様のあとに従いさえすれば、」であって、その根(真の父母様)からの支派編成を過去にも語られていたものだ。真の父母の指令は、神経を介して手足に伝達されることで正常な働きが出来るのであって、14支派(12支派)がバラバラに命令を出していては決してまとまらない。
「神主義」「頭翼思想」「父母主義」、これらは言葉は違うが意味するところは同じである。
「12支派」もまた、その根が一つということだ。

櫻井氏がこのようなみ言を出されてくるからには、「ONE TRUTH」。
真の父母様へ帰る方向を模索されてのことだろう。

彼の「第四次アダム圏」ビデオにも虚偽が隠されていることに支流人の方々も気付かれては、早く真の父母様の元へ帰られることを願う。

彼が挙げていた説明は「第4次アダム圏」というながらも「三大王権」についてであった。



これは、太田講師が挙げていた「第4次アダム圏」の図とは異なる。上図からは4代の「孫」まではでてこない。



原理講論「創造原理」の以下を見ても

(三) 正分合作用による三対象目的を完成した四位基台

① 正 分 合 作 用

万有原力によって、神自体内の二性性相が相対基準を造成して授受作用をするようになれば、その授受作用の力は繁殖作用を起こし、神を中心として二性性相の実体対象に分立される。このように分立された主体と対象が、再び万有原力により、相対基準を造成して授受作用をすれば、これらは再び、合性一体化して、神のまた一つの対象となる。このように、神を正として、それより分立して、再び合性一体化する作用を正分合作用と称する。

② 三 対 象 目 的

正分合作用により、正を中心として二性の実体対象に分立された主体と対象と、そしてその合性体が、各自主体の立場をとるときには、各々残りのものを対象として立たせて、三対象基準を造成する。そうして、それらがお互いに授受作用をするようになれば、ここで、その主体を中心として、各々三対象目的を完成するようになる。

③ 四 位 基 台

このように、正分合作用により、正を中心として、二性の実体対象に立たされた主体と対象と、またその合性体が各々三対象目的を完成すれば、四位基台を造成するようになる。

四位基台は四数の根本であり、またそれは、三対象目的を完成した結果であるので、三数の根本でもある。四位基台は正分合作用によって、神、夫婦、子女の三段階をもって完成されるのであるから、三段階原則の根本となるのである。四位基台は、その各位を中心として、各々三対象となるので、これらを総合すれば十二対象となる。ゆえに、十二数の根本ともなるのである。また、四位基台は、創造目的を完成した善の根本的な基台でもあるので、神が運行できるすべての存在と、またそれらが存在するための、すべての力の根本的な基台ともなる。したがって、四位基台は、神の永遠なる創造目的となるのである。

H3、H4共に三対象目的が確立していない以上は、四位基台もなく「真の家庭」に非ずだ。





一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓







最終更新日  2019.08.01 01:52:35
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.16
カテゴリ:ブログ村
​​シムソン氏の以下記事は「天の父母様(神様)」を冒涜するものであり、クリスチャンはじめ多くの宗教者等は受け入れることが出来ないものです。

即時の記事削除を要求します。​

​「天の父母様」はアダムとエバが神様の自慰行為の為の玩具に過ぎないという結論になる理論です!​
https://simuson.muragon.com/entry/26.html


これは真の父母様のみ言からも大きく外れており、

それがあたかも真の父母様から、といった大きな誤解をも生じる結果となります。

何らの確証もなくみ言を歪曲してのものであり、今後はシムソン氏自身が想像で書かれているものであることを明記されての記事更新をお願いするものです。



天の父母様が自己の欲望を充足させるために被造万物、人間を創造されたという話はお父様はされておられません。天の父母様はすべてを忘れて投入されて創造されたのでした。
神様お一人でも唯一絶対不変の神様であられますが、お一人だけでは愛を感じることは出来ませんし、「愛の神様」ともなることができません。対象を通してそれが感じられるものです。

シムソン氏のそれは明らかにお父様のみ言を歪曲して書かれているものであることにH3,H4に属される方々も抗議すべきと考えます。



一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓

​​






最終更新日  2019.03.16 14:23:22
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.13
カテゴリ:ブログ村
​​



<真のお父様のみ言>
内的な神様と外的な神様が分かれた起源を
完全に一つにした位置で
今や真の父母様として立っている文鮮明・韓鶴子の二人は
堕落がなかったエデンの園において
善悪の果を取って食べれば死ぬであろうと言われた
その前の位置に返り
一双ではなく万国万双が恩讐になった
この息子娘を教育して一つにし
統一的な家庭に一中心一体圏を成し
天の勝利の覇権的主権と天国を完成した
このすべてを喜びで歓迎しながら
お母様をその時から始め父母様をその時から始め
始めた二人のアダム家庭の父母として
子孫万代に一つになり
夜の神様・昼の神様が分かれる前
本然の創造主として侍ることのできる
韓国の伝統の歴史にある沈清と春香と李舜臣将軍の
国家のすべての忠孝の道の完全・完成・完覇を
記念することのできるこの場に私がなることにより
すべてを父が苦労し成されたものを感謝する意味で
ここにお母様とお父様がこのみ旨に従い
苦労したものを感謝しながら
すべての手続きを天の前にこの時間きれいに
整理して捧げる記念の時間を受け止め
天に奉献・敬拝することのできるこの時間を持ちましたので
お父様喜びでこの時間お受けくださいますことを願いながら
お母様ご苦労だったね
二人は一つの血統に結ばれた一人として
上下の前後左右の天の柱を支えて立てる基礎になり
支えた環境に対して天地の真の父母完成の祝福を
創造理想の夜の神様、昼の神様がこれを養育し
完成の位置に育ててあげた恩賜を感謝するこの時間を
父母様が本然の創造絶対父母に誓う思いで
二人が手を握って敬拝しますので
天の玉座でお受けください
創造主の権限を再び回復した神様の
絶対愛・絶対信仰・絶対服従の基準とし
天地人真の父母定着み言宣布と
天宙大会に最終的完了完結を成したことを
父の前に奉献しますのでお受けください
今や真の父母はエデンの園を越えて
本然の故郷の地の中心に立ち
一つの伝統に従って一つの血統と
一つの似姿の永遠不変の一族の
理想覇権の主人を永遠に完全に治めることができる
絶対主義の神様の祝福が共にあることを誓い宣言します
永遠なる勝利の覇権的一つの統一の愛完結の
理想天国を完結するよう共に備えてくださるよう
お祈り申し上げます
お父様お受けください
あなたが許されたみ旨を知り私たちも受け絶対頂上の
正午定着の場を守るように進むように
共にいらっしゃってください
お祈り申し上げます
天地人父母よ
神様万歳、真の父母様万歳、天一国統一世界
永遠に勝利の覇権が完成するだろう
アージュ ありがとうございます

2012年4月14日 訓読会


2012年4月14日、ハワイでの特別宣布式での祝祷映像。
ここでもご父母様のそれぞれの右手が上で組まれていた。
サンクの間違った情報に終止符を打つべきである。

さて、祝祷の黄マーカーから特には「二人は一つの血統に結ばれた一人として」。
「ワンファミリー・アンダー・ゴッド」とは何か。
「ゴッディズム」「頭翼思想」「父母主義」、言葉は違うがその意味するところは同じである。

人間始祖アダムエバは神様の「独り子」「独り娘」として創造され、神様(天の父母様)を親とした兄妹であった。兄妹ということは、二人の親が同じ、血統が一つということになる。
ところが、彼らがサタンの誘惑によって堕落したことで血統が分かれてしまった。
アベルとカイン。それぞれが善悪の表示体といっても、天の父母様の血統ではない。
偽りの父母から生まれて分かれた血統、誤って生まれた故に再び生まれなければならない、はイエス様がニコデモに語られたものだ。
こんにち、真の父母様によってなされている祝福式(重生)はそのことを説いている。

訪韓女性修練会のみ言から​。



全人類が真の父母様(母の腹)を通過していかなければならない。
30000双からは代表家庭が壇上で、ほかは舞台下で「聖水儀式」が行われているが、6000双・6500双までは「祝福の門」(父母様の間)を通過する形式で成されていたものだ。上図の「真の父母」で交わる一点を通過して(外的に)再び生まれたことを象徴していたように思う。
全人類が一つの血統で再び生まれることで「地上天国」(一家族世界)が実現されていくということだ。

ここで、H4独自の教義「精子神学論」からの原罪清算を考えて見た時に、また、お父様に「六マリヤ」があったという。ところが、この時点で血統が六つに分かれてしまうことになり、本来の天の血統、一つの血統とは成り得ないという矛盾が生じてくる。

もちろん、父母様は「精子神学論」は語っていなかったし、「六マリヤ」も否定されていた。




一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓







最終更新日  2019.03.13 00:01:51
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.12
カテゴリ:ブログ村
​​​​前回記事「サンクの大チョンボ、アベルカインも無しに「二代王」? 」からは一つのビデオを見るだけで、サンクが犯していた二つの改ざんが見られた。

一つは「画像の改ざん」

ニセ情報でもってお母様がお父様に不従順であるかのようなイメージを与えようとしたこと。
また、一つは「み言の改ざん」。
実際の映像とサンクが挙げていた一文に大きな違いが見られた。

このような改ざんによって父母様や家庭連合を貶めるような行為、明らかな間違いの指摘に対してサンクはどなたが責任を持たれるのか?

別資料からは、

http://spfjpn.com/moon/pdf/truesecondmaster.pdf
​まず初めに結論ありきで、その結論を正当化するために、いろいろな理屈を作り出してしまいます。​




さらには、
また自分の最初に抱いた結論を正当化するために、原理用語を駆使し、自己正当化の理論を作りあげ、周りの人たちまで巻き込んでしまいます。同時に他人の意見に一切耳を貸すことなく、頭ごなしに否定し、何が真実なのかを客観的に見つめようとしません。そんな人たちには、原理で人を正しく導くことはできないし、理想世界を作ることもできるはずがありません。

多くの場合、最初に導き出した結論は、自分にとって心地よい、都合の良い結論であり、その結論を否定することは、多大なる犠牲を払うことになってしまうのです。ですから自分を否定することが出来ず、自己犠牲の道を行くこともできないため、最初の結論に執着し、真理を受入れることもできなくなるのです。

​しかしその道は、真理を否定する道であり、神を裏切る道であり、自己愛の結果としてサタンの元へと向かう、破滅の道です。そのことに気づくためには、まずは自分が導き出した結論を一旦捨ててしまわなければいけません。そして自分の損得を忘れ、どこまでも客観的な立場に立て、真理に従う謙虚な姿勢が要求されます。ただ神の願いに生き、神の願いを果たすために、100%自分を捨てることができれば、必ず正しい答えが見えてくるはずです。​
とも書かれていた。サンクの方々はこの一文を見ておられるはずだ。
ロードさんの場合も、実際の映像よりは「メモ書き」を信じるといった「初めに結論ありき」の意志を押し通された。

私、自称ルポライターtomy4509もブログ村で「真理を求めて」記事を書いている。
サンクの改ざんの指摘に対して、サンク資料に書かれたそれが適用されてしかるべきと思われるが……・


最初に導き出した結論は、
自分にとって心地よい、
都合の良い結論であっても、
最初の結論に執着し、
真理を受入れることもできなければ、
真理を否定する道であり、
神を裏切る道であり、
自己愛の結果として
サタンの元へと向かう、破滅の道です。

真理に従う謙虚な姿勢で
ただ神の願いに生き、
神の願いを果たすために、
100%自分を捨てることができれば、
必ず正しい答えが見えてくるはずです。​

「サンク」、並べ替えて一画を加えれば……とならないように。




一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓


​以下のとうごま氏紹介の「霊界メッセージ」シリーズ、これも「初めに結論ありき」のH4を立てるための贋作ということだ。
性懲りもなく、続けられるとは!?
清平摂理の真実!「私は謝罪します」(文興進様・大母様が自ら語ります)
https://www.kateirengou.jp/entry/2019/03/12/000406

とうごま氏には金栄輝先生の偽文章の前科もある。






最終更新日  2019.03.12 00:41:45
コメント(3) | コメントを書く
2019.03.11
カテゴリ:ブログ村
​​​サンクは誤った情報を元に誤った方向へ導き、また、さらなる誤った情報を足されては天の摂理(夢)から遠ざかっている。

過去記事​で指摘していたお父様とお母様の祝祷での手の組み方一つで、お父様にお母様が不従順であったかのようなデマ情報を流されていた。
ところが、

(過去記事引用、以下)
https://plaza.rakuten.co.jp/peace3world/diary/201902150000/


​​​​

オンマ、そのために左手で正しく掴んで下さい。分かりますか?
​アボジの手を左右とも上にしオモニの手を左右とも下にされた。​​お母様は主体でなく相対として正しく従いなさいの意』​​
​PeaceTVの映像を確認したところ、サンクは間違ったことを教えておられるようだ。



父母様のお互いの右手が上であった。このような間違いを平気でサンク人に教えておられるのか。

名を挙げてサンクの看板を出されておられる方(森一郎さん)ともなれば、この間違いに対しても無視するわけにはいかないだろう。一つの間違ったことから、別の間違いを導き出しているのだから。

終わりの時、誰の言葉を信じるべきか。
お父様か?​ H3、H4か?
以下も森一郎さんのコメントから。
「精子神学(?)」これはH4の教えか。​

(引用終わり)


実際のビデオ映像(PeaceTVホームページから)は以下から確認のこと。
http://www.ipeacetv.com/vod/vod_view.asp?vId=1153&mId=A01&page=24

さらには、同じビデオからだが。

私からは、仲良しクラブのアベルカインの勝利にも疑問を投げかけていた。
2008年4月18日のH4世界会長就任式でのKの祝辞をもってアベルカインの一体化だと主張することもあれば、2012年6月5日の訓読(ビデオ映像)での祝祷をもってそうだと言っていた。以下に一部を引用したが、実際の映像とではかなりの違いが見られた。特には、青線部分をあげてH4とKのアベルカインの一体化と見ているようだが、映像からはH4とKの名でのそれはなかった故に、これもインチキ大魔王だ。



信便(シンピョン)と信主(シンジュ)の権限
國進兄弟の真の父・真の母の血筋だけが永遠に
勝利の覇権になりますように
アジュ!(アジュ!)拍手で歓迎してください。

……

あの家は 信便と信主は 先生の思い通りです
自動的に私が地獄から 引いてくることができます
それは天使長と関係のない人たちです
先生の息子娘が 何の罪を犯したとしても

あなたたちは批判することはできません
それをもってああだこうだと
言わないでください 言えないのです
(本然の)エデンの園にそのようなものが なかったのですから
原理原則を中心として 父母様についてきたので 
真の父母様
天地人真の父母定着 何ですか?
実体 真の父母実体み言宣布を
天宙大会の最後までするのです
……

ここでの「​真の父・真の母の血筋だけが」は真の父母様の血筋を指してのものであり、
原理原則を中心として父母様についてきたので、「真の父母様天地人真の父母定着実体み言宣布」を最後までするのです。

こんにち真の父母様に従わない男子子女様方が(天使長の立場で)様々な問題を起している。ところが、
あの家は 信便と信主は 先生の思い通りです
自動的に私が地獄から 引いてくることができます
それは天使長と関係のない人たちです
​は、見方によっては未来を預言して語られたようにも感じられる。
天使長と関係しなければ、孫の信便と信主は地獄に行ったとしても、
父母様は本然のエデンの園に引っ張ってくることができる、と。

とにかく過去記事からだが、サンクは間違った情報を訂正修正していかない限りにおいてはとんでもない方向を目指していることだけは明らかだ。

終わりの時、誰の言葉を信じるべきか。
お父様か?​ H3、H4か?
「精子神学」「六マリヤ」はお父様は教えていない。
これはH4の教えだ。
「独生子」×「独生女」=「真の父母様」​がお母様の不従順で失敗したというのであれば、
H4が語ることろが正しければ、「六マリヤ」でもって堕落エバを復帰することでリヨナさんも原罪清算された「王妃」となることができるというものだ。

お母様はペンシルバニア教会で「三年待ちなさい」と言われていた。この三年がお母様の御聖婚後の3年にも匹敵するものであったことをもう一度記憶にとどめていただきたい。
その3年間、お母様は様々な中傷や「六マリヤ」どころではないうわさも耳にされていたはずだ。ところが、「絶対信仰」でそれを乗り越えられたものだ。
H4、というよりはリヨナさんに問題ありではなかったか。ペンシルバニアの田舎教会で3年間も忍耐することができなかったのでは。
私の所属する教会も田舎教会だが、前・教会長は離任式、また、教区に返っての就任式でもそのことを話されていた。
2年前、分刻みの教会からこの田舎教会へ。日曜礼拝以外は寂しいもので、訪ねてくるのは郵便屋さんくらいだったと。




一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。






↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓

​​​






最終更新日  2019.03.11 05:51:33
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.10
カテゴリ:ブログ村
​​とうごま氏紹介の贋作「霊界メッセージ」、今日もまたUPされていたが信ぴょう性がゼロ。
霊界メッセージだからすべてが正しい、などと思う人はいない。

なぜ「康賢実先生」は「真のお母様」になったのか。「金永雲先生」が解説します。
https://www.kateirengou.jp/entry/2019/03/10/064027

サンクが紹介するお父様のそれが一つの例であった。お父様のメッセージからはお父様を感じることはまったく出来なかったし、そのシリーズの「霊界メッセージ」も○○先生と次から次へと挙げたところで、贋作であると考えるのが常識である。

視る価値無し、読む価値無し。




一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓

​​






最終更新日  2019.03.10 08:40:11
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ブログ村
これまでもお断りとして、記事は自称ルポライターtomy4509の私見として書いているものです。
初級原理講師資格程度のサンデー食口の私であり、もしも記述に間違いがあれば、その根拠を挙げて指摘していただければ幸いです。



まずは、以下2017年8月の過去記事を参照願いたい。
ここで取り上げたいことはといえば、三男派、七男派といった分派問題の背景を掘り下げていけば、三男さんや七男さんの相対者(女性)の信仰心がクローズアップされてくると思うのである。

三男さんが世界副会長の立場でその相対者の父(義父)が会長職であったのが、突然に父が会長職から降ろされ七男さんが世界会長となった。誇らしげな父の急変に娘としてある種の寂しさを覚えたのではなかっただろうか?
さらには、七男さんの相対者との関係でも会長夫人と副会長夫人、位置が逆転したなか嫉妬心もわいてきたはずだ。
このように兄弟(息子)間だけでなく、夫人(娘)間でのアベルカインがあったことはいうまでもないことだ。


アベルカインといえば、男性だけではない。2008年4月H3とH4の相対者間にも壮絶なバトルが展開されたのではないかというものだ。

また、過去記事『​「独生女」考(4)-- 「信仰の祖」はアブラハムの妻サラ​』からは、
家庭連合からの「独生女」に関するあるビデオでは、聖書・原理講論は男性(アダム復帰)中心に書かれたものであり、女性に対する記述が少ない、との説明があった。神様はアダム復帰だけでエバの救いなどまったく考えておられなかったのか?

実際に聖書をみれば、女性の氏名を挙げての記載が少ない。
人間始祖のエバから最初に氏名が出てくるのはアブラハムの妻サライ(のちにサラ)であった。
ノア家庭の奥さんは名も知られず、文総裁のみ言からは悪妻として紹介されていたと思う。神様からの啓示で山頂に箱舟を120年かけて作り始めたノアであったが、奥さんが作る毎日の弁当の量が次第に減っていったという話だ。

さて、元来は、ノアが第1の「信仰の祖」となるはずであったがハムの過ちによって、それはアブラハムへと移された(原理講論、P.303)。
ところが、よくよく聖書を読めば、アブラハムの妻サラこそが真っ先に神への信仰、夫アブラハムへの信仰を全うしたのではないか! と私は考えている。原理講論でもさりげなく書かれている一文だが(P.318)
(省略)
聖書や原理講論には詳しくは書かれていないが、たぶん、神様・夫アブラハムへの絶対信仰を貫いたゆえの結果ではなかったかと思うのである。よって、私自身の意見として、「信仰の祖」の称号は妻サラにあげたい。
「イサク献祭」の成功もまた「母子協助」、妻サラの夫アブラハムに対する絶対信仰の姿がアブラハムとイサクの一体化につながったと思われる。
イサクの妻リベカは、ヤコブを「母子協助」でもって長子権復帰に導いた。また、原理講論では21年のハラン苦役となっているが、すべてはヤコブの相対者選びに関与したのも、このリベカであった。ハランの地ヤコブは、リベカの兄ラバンの娘レアとラケルを得てカナンへ帰る。彼女たちはヤコブを殺そうとする兄エサウの前に先んじて行き敬拝を捧げていったのであった。



モーセの妻チッポラもまた、女性を代表する信仰者であった(原理講論P.364)。

聖書では双子を出産した女性タマル、イエス様の母親マリヤもまた、生死を覚悟した信仰者であった。
このように聖書に出てくる女性たちには不可思議なものがある。

​さて、エデンの園には生命の木と善悪知るの木があって、善悪知るの木は完成したエバを象徴していた。
「取って食べるな」は神様は何を戒められていたのだろうか?
性欲の主管といった未熟期における問題ではない。「(天の)血統を汚すな」というものだったはずだ。ところが、その血統がサタンによって汚されてしまった。故に聖書に出てくる女性らを見れば、神様への「絶対信仰」をかけて真剣に血統問題で闘ってきた姿を見ることができる。独り子イエス様が生まれた背景にはこれら女性らの流された涙が重なったものだった。アベルカインの血肉だけではなかった。

H4の「精子神学論」のDNAが何?

「六マリヤ」を突き付けられてリヨナさんの涙を見なければ、H4はその正しさ(間違い)が分からないのか?

お父様も否定していた「六マリヤ」ではあったが
​H4はそれでお父様を辱しめるどころか、
お母様も「六マリヤ」で行かれた女性の涙(?) 
それでも失敗者だというH4。

H4自身がリヨナさんで試されたらよいだろう。

「六マリヤ」で原罪清算が出来るかどうかを!!​
リヨナさんがその試練を超えられるかを、だ。




一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓







最終更新日  2019.03.10 04:25:19
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.09
カテゴリ:ブログ村
​​​​​​​​とうごま氏の霊界メッセージ映像から別の映像「お父様の霊界メッセージ」を発見したので、自称ルポライターとして調べてみた(以下)。




ビデオの文字起こしをしたものが以下、サンクのブロガーがUPしていたのでその一部を引用(文全体はリンク先から)。

自動書記による霊界メッセージ 文鮮明師その9 (2016年2月11日)
http://h2fanclub.blogspot.com/2016/05/blog-post_9.html



… 略 …
しかし、​彼女は私の願いと私が2010年6月5日に私自身の手で書いた宣言​に実にひどく反逆しました。それゆえに、彼女は彼女自身と彼女に仕える全ての人と、このすべての地上に対して審判をもたらしました。地上で失敗がなされてしまったのです。​
… 略 …

私は良い選択をすることができなかったことを申し訳なく思っています。お母様の前に、私には2人の妻がいましたが、2人共サタンから激しく攻撃されました。エバの位置はとても恐るべきものなのです。なぜならそれは両刃の剣のようなものだからです。その人の運命は2つの道があるのです。善の道と、裏切りをもたらす悲劇の道です。最後にお母様は裏切りの道を選びました。​​お母様は私の使命を完全に理解することができませんでした。お母様はお母様の責任を完全に消化することもできませんでした。​お母様の責任には、神様が復帰摂理の一部として必要としていた六マリアの摂理的な女性たちと私との関係を理解することも含んでいました。​お母様はそれに失敗しました。お母様はそれに恨みを持ちました。私はイーストガーデンに「恨みを乗り越えて勝利しよう」というサインを掲げさえしました。それはお母様のためのサインでした。
… 略 …
恨みを超えて勝利することがお母様の運命でした。お母様は地上の全ての女性の歴史的な恨みを乗り越える必要がありました。​お母様は悲劇的に、最後にそれに失敗しました。そして今、全ての女性と男性と子供たちが、お母様の失敗の結果を受けなければなりません。エデンの園でエバが失敗した結果を全ての人が受けなければならなかったように。​
しかし今日、私は歴史的な宣言をします。
​地上における1万人以上の信仰的な人たちの信仰によって、地上におけるより小さな審判が起こる条件が立てられました。しかしながら、審判を免れることはできません。お母様がお母様の失敗によって人類にもたらした最後の審判を逃れることは、個人的に誰もできません。私は全ての人に、来るべき困難な時に対する準備をすることを願います。​
… 略 …
​このようなことが再び起こる必要はありません。他の道は残されていません。私が指名した真の父母の代表であり、私の後継者を中心とした1万人の信仰によって、亨進は地上に神の王国を設立するキリスト教の新しい未来をもたらしました。
… 略 …
最も信仰的なキリスト教徒の子供たちには罪があるでしょうか。私たちは罪から解放されているでしょうか。最も重要なことは、私たちはルーシェルによって汚された堕落の血統から本当に解放されているかということです。このことはわかりにくいかもしれませんが、​アダムとエバのDNAは、堕落によって影響を受けたのです。​この、堕落によってDNAが影響を受けたということは、今、現代科学によってさえ支持されています。​しかし、最も重要なことは、地上で行われた失敗は、地上の全ての人が個人的に、そして肉身によって誤りを正さなければならないということです。それゆえに、霊的な救いだけではなく、肉的救いは絶対に必要なのです。​
… 略 …​

私がしなければならなかった最も難しいことは、女性を復帰することでした。
私は部分的にそれに失敗しました。私はより良い人を選ぶべきでした。韓国はより良い人を私に与えるべきでした。しかし、私は神様が私に与えた人たちと共に歩まなければなりませんでした。
… 略 …
イエス様と私は亨進とヨナ、国進と彼の妻の信仰に感謝します。。
… 略 …​​



文全体を見る限りにおいては、イエス様や新約聖書程度の知識しか持ち合わせていない人物か、あるいは、クリスチャン向けの内容で、お母様を貶めるために書いた「贋作メッセージ​」。H4の説教をお父様の名を借りて代弁させたものであることが手に取るようだ。
一つとってみてもそうなのだから、ほかメッセージ一つ一つを見るまでもない。

ただ気になることは、H4の「精子神学論」と「六マリヤ」の行方である。

このお父様のメッセージが本当であると仮定して考えて見よう。
​​お母様は悲劇的に、最後にそれに失敗しました。そして今、全ての女性と男性と子供たちが、お母様の失敗の結果を受けなければなりません。エデンの園でエバが失敗した結果を全ての人が受けなければならなかったように。​​​
この一文からくみ取れることは、人間始祖アダム・エバの失楽園での失敗がこんにちも起こってしまったということになる。「独生子」×「独生女」=「真の父母様」の失敗はお母様だけでなく、お父様もその失敗者だと自らが告白したものとなる。祝福家庭といえども原罪清算がされていない。
女性(エバ)の選定に失敗した故にお父様もそのようになった、と。サンクの方々が、お父様だけはと頑張ってみても世間は甘くない。これまでの世論も追い討ちをかけるのが関の山。
お父様メッセージ全文を見れば、イエス様の小羊の婚宴まで書かれいた。「小羊の婚宴」の失敗はクリスチャンから見れば、再臨主の失墜を意味することとなる。

よって、二代王を名乗る方がその再臨主(お父様)の遺志を継ぐとすれば、お父様の使命である「女性を復帰すること」が最重要課題となる。

では、どのように?
それは間違いなく、H4自身が説かれたところの「精子神学論」に則って「六マリヤ」儀式しかない。お父様メッセージでも語られていたように、
​お母様の責任には、神様が復帰摂理の一部として必要としていた六マリアの摂理的な女性たちと私との関係を理解することも含んでいました。​
これをH4の家庭で、リヨナさんがお母様の失敗を蕩減しなければならないだろう?!
原理講論でもそのようになっている。中心人物が失敗した場合、蕩減を誰かがしなければならない。

H4が蒔かれた種(精子神学論)だ。その実を刈り取らなければならない。

上記これらはあくまでもお父様メッセージが本物だと仮定してのものであり、実際には原理の三数原則からも外れている。神様は三数的な方であるから、復帰摂理の延長も三段階までである。アダム、イエス様、再臨主が三番目。この再臨主・真の父母様が失敗したともなれば、神様も無能な神様だとお父様メッセージは証言したものである。
今後は姜女史の「贋作メッセージ」も考えられるので、くれぐれもご用心を!!

間違いを認められ時点で「直短」で「真の父母様」に帰る道もある。
左に左にと360度回ってからでは「時すでに遅し」である。



一休さんのような機知(トンチ)ではありません。

奇知=人とは異なる知恵
すなわち神様の知恵

世界平和を願う奇知の外の凡人が徒然なるがままに書く日記です。
↓↓ にほんブログ村ランキング参加中。応援クリックお願いします。↓↓


​​​






最終更新日  2019.03.09 17:46:57
コメント(0) | コメントを書く

全185件 (185件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.