9259314 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

凍りの梨

凍りの梨

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

お気に入りブログ

梅干し 紀州産南高梅… New! スパスタ2001さん

カニ部長と鬼太郎に… カニ部長さん
オレンジ色の日々 ezopoohさん
めしブログ。 秀っち1966さん
男40歳174cm9… あみぴー0419さん
みほピカのピカピカ… みほピカさん
やりゆうかよ!! hikky_sanさん
いろんなヨーグルト… きらきら村さん
オッサンのブログ たろ88さん
まつやまんぼう♪ BENIKARAKUSAさん

コメント新着

 maito3377@ Re[1]:ソビエトT-39多砲塔戦車  完成(04/05) T-Kさんへ コメントありがとうございます…
 T-K@ Re[2]:ファインモールドの履帯も切れる(05/01) maito3377さんへ どうもです。 やはりプラ…
 maito3377@ Re[1]:ファインモールドの履帯も切れる(05/01) T-Kさんへ 接着可能履帯で切れるものには…
 T-K@ Re:ファインモールドの履帯も切れる(05/01) やっぱり切れるんですね。接着可能履帯。 …
 T-K@ Re:ソビエトT-39多砲塔戦車  完成(04/05) 初めまして。T-39、まさかスクラッチする…

フリーページ

April 5, 2021
XML
カテゴリ:模型
本年13個目のプラモ というか、スクラッチビルドの

ソビエトT-39多砲塔戦車

(T-39 Soviet Super-heavy Breakthrough Tank)


4月4日、完成としました。
4チャンネルリモコンで走行、前部超壕用履帯可動、主砲塔・後部副砲塔旋回となっています。



リモコンのコードは取り外し可能にしてあります。

T-39戦車は、様々なタイプが計画されたようですが、実車が作られることはなかったということです。
いろいろ考えられたプランの中で、プラン7とプラン8については、当時、模型が作られ、その画像が「労農赤軍の多砲塔戦車」という本にも載っています。


労農赤軍の多砲塔戦車 T-35、SMK、T-100 (独ソ戦車戦シリーズ) [ マクシム・コロミーエツ ]

今回のT-39は、プラン8を基本として、ネットで探してきた側面図や模型の画像を基にディティールなど全てデッチアップしたものです。
設定としては、SMK多砲塔戦車と同じキーロフ工場で1937年頃に製造され、
全長は12,500mm、
全幅はSMK多砲塔戦車やT-100多砲塔戦車と同じ3,400mm、
全高は4,400mm、
砲塔前面の装甲厚は最大で100㎜、その他50㎜、

鉄道輸送の際に、低床貨車に乗せて車両限界に収まるよう、車体上部と主砲の側面は斜めになっています。
排気管は後部の駆動輪上部に排気口があり、このままで水深1,500mmまで走行可能という設定です。

武装は、主砲が152mm榴弾砲で、3基の副砲は45㎜対戦車砲です。
前部副砲塔には45㎜砲と同軸に7.63mmDT機銃を装備し、後部副砲塔は、砲とは独立して7.62mmDT機銃を装備しています。




















主砲等と後部副砲塔のキューポラのハッチは開閉可動にしてあります。




タミヤの戦車兵等のフィギュアを置いてみました。







大きさの比較のため、他の戦車と並べてみました。
左から、今回のT-39、T-100、SMK、KVー2、BT=7です。



スターリンと側近を置いてみました。
ウィキペディアのT-35多砲塔戦車の記述には、1940年頃に、多砲塔戦車については、その運用上の問題もあって、スターリンは、『君たちは何故戦車の中にミュール・アンド・メリリズ(モスクワの百貨店。)など作ろうとするのかね』と皮肉をこぼし、以後ソ連で多砲塔戦車の開発は打ち切られたということですが、1938年頃にこの車両をみたとしたら、何と言ったか・・・。





​​





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  April 6, 2021 09:04:10 PM
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:ソビエトT-39多砲塔戦車  完成(04/05)   T-K さん
初めまして。T-39、まさかスクラッチする方がいるとは……!
迫力のある力作ですね。
改めてみると超堤用補助サスと機関室から生えた副砲塔が個性的です。
107mm連装砲x2の案も面白いですね。
ミュールとメリリズ発言については(実話なら)1938年の会議でSMKの三砲塔案についてのようです。この発言を受けてSMKやT-100の後部砲塔が無くなったとのことですが、単に重量制限に引っかかったので軽量化のために廃止されたという説もあります。
どちらにせよ、どんな意図の発言だったにせよ、この発言が切欠で多砲塔戦車の開発や生産が打ち切られた事実は確認できません。SMKもT-100も多砲塔のまま通っていますし、T-28もT-35も39年の生産が最多ですし、T-26の双砲塔はとっくに生産終了してますし。
仮に40年の発言だとしても、41年に砲塔1+銃塔2のKV-5の試作が承認されています。
ちなみにT-39、最近の「多砲塔神教」というゲームに実装されるようです。
https://store.steampowered.com/news/app/1869270/view/4179979397380169990?l=japanese (May 1, 2024 10:27:40 PM)

 Re[1]:ソビエトT-39多砲塔戦車  完成(04/05)   maito3377 さん
T-Kさんへ
コメントありがとうございます。
たまたまKV-1の転輪が多数入手できたので、自分なりの解釈でスクラッチしたのですが、今見ると、部分的に見苦しいところもあります。
時間があれば、主砲等の砲身とリベットを作り直して、後部のエンジングリルに装甲板を取り付けたいと思っています。
スクラッチした時に引いた図面のコピーは残っているので、いつかは107mm連装砲x2の形も作ってみたいと思っています。
(May 6, 2024 07:44:19 PM)


© Rakuten Group, Inc.