1142009 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

my chatterbox

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Comments

和活喜@ Re:10日の日記(07/10) New!  お早うございます。福岡宗像は晴れです…
大好きゆずるくん@ Re:10日の日記(07/10) New! 確かに スクール水着は厚地で大変でした…
歩世亜@ Re:10日の日記(07/10) New! お早う御座います。 暑い時は冷房が効い…
ただのデブ0208@ Re:9日の日記(07/09) New!  おはようございます。ハリス氏、表明後1…
ありんこbatan@ おはようございます。 New! 今日も笑顔で過ごされますように

Calendar

Favorite Blog

バイト 7月24日 New! ララキャットさん

経験は大事! New! 元お蝶夫人さん

慌ただしく New! 大好きゆずるくんさん

自慢! New! 韓国の達人!さん

札幌日本大学高校野… New! 人間辛抱さん

Headline News

Profile

harmonica.

harmonica.

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

設定されていません。
2024年05月30日
XML
カテゴリ:暮らしを楽しむ




月末を控えて久しぶりに映画鑑賞。ウィンク


(いよいよ20作目です)OK





ポスター画像


​ミッシング​​​




「空白」「ヒメアノ~ル」の吉田恵輔監督が、
石原さとみを主演に迎えて
オリジナル脚本で撮りあげたヒューマンドラマ。

幼女失踪事件を軸に、
失ってしまった大切なものを取り戻していく人々の姿を
リアルかつ繊細に描き出す。


愛する娘の失踪により徐々に心を失くしていく沙織里を
石原が体当たりで熱演し、
記者・砂田を中村倫也、沙織里の夫・豊を青木崇高、
沙織里の弟・圭吾を森優作が演じる。

(作品紹介文より)



前触れの多い作品の一つで、

石原さとみが母親役になり切って熱演するも

逆にマスコミに悲劇のヒロインを煽られてしまう儚さ。



マスコミの在り方、報道の仕方など

社会に投げ掛ける問題を掲げながらも、

結局は解決まで至らない、

終わり方にも違和感を感じた作品です。^/^











お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024年06月12日 13時51分58秒
コメント(7) | コメントを書く
[暮らしを楽しむ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.
X