2056036 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

狂躁的非日常と日常

全155件 (155件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

お酒な話(その他地域)

2021年04月30日
XML


実は今、成田空港のマクドにいるんですけど、今から釧路に向けて旅立つ予定。
なんですけど〜。
天候不良で飛行機が1時間遅れでやんの。

この投稿が公開される頃にはそろそろ着陸って感じなのかなぁ。

とか言いながら変なフラグが立ってたらどうしよう。

〜これがあきらっくの最後の投稿であった〜

的な。

なので、たまった画像の処理をするのです。

ここんところあんまりワインを飲んでいなかったら在庫が全然なくなってしまいまして、どうしたらいいのやら状態。
とはいえ、あんまり飲んでいないので、買うのもなぁ。
というかねぇ、蝋封しているワインを開けるのがめんどくさい!(2本そんなのがある)
で、開けたのがこの2本というか、飲み終わった後に写真をとっていないことに気がついた。


左側は赤ワイン。
ラ・キウヴァのアルナッド・モンショヴェ スペリオール 2014というワイン。
ワインメーカー「のラ・キウヴァ」はイタリア ヴァッレ・ダオスタ州。アルプスにあるヴァッレ・ダオスタの小規模の協同組合ですって。
昔から伝わる様々な農業ルールに基づき、組合のチームワークによる最良のブドウ栽培技術で主にネッビオーロ(現地ではピコテンドロと呼ばれる)が栽培されています。
標高380m~ 500mにある石垣造りの段々畑で、一時期は半分放置されていた垣根仕立て、合計でもわずか15ha の畑です。土壌は氷河時代に形成され、主にアルカリの砂地です。ワインは長期熟成させるため、非常に大きな収納スペースが必要となります。そのため、新しいセラーを建てるのではなく、アルナッド村にある多くの歴史的建造物が選ばれ新しい命を吹き込まれました。

ブドウ品種は70%ピコテンドロ(ネッビオーロ)その他グロス・ヴェイン、ネイレット、コルナリン、フミンです。
ネッビオーロ以外わからん。

28-30℃で15-20 日間醸し発酵。225Lの古樽で約12 か月間熟成。

印象としてはイタリアだなってワイン。
アルプスだから冷涼なところのはずなんだけど、ラテンなゆるさがある。
とらえどころがイマイチないかなーって思ったけど、これはこれで良いかな?


右は「なかじまや」さんに売ってもらった白ワイン。
カリテラのシャルドネ。ビンテージが1996!
チリワインです。

元々はそんな高いワインでもないんですけど、なかじまやさんの蔵に眠っていたので楽しい。
だって1000円くらいのワインっしょ。
そんなのの20年以上前のワインが飲めるって、私にはできない。
だって飲んじゃうもん。
ちょっと降ってきてたけど十分楽しめました。

ちなみに1996年ビンテージってカリテラさんのファーストビンテージ?
まあ、だからどうってことはないんだけど。






最終更新日  2021年04月30日 18時14分29秒
コメント(0) | コメントを書く


2021年04月04日
テーマ:Barへ行こう(31)




今回の京都では「Hayasakaba」さんに2回行ってまして、元々は前回行った時が時短で1杯しか飲めなかったので、今回は時短要請もないからちゃんといけるぜ!って思ったら1回目が眠いまま行ったので、リベンジ。

と思ったら、またもや関西方面に時短要請が!

また21時までとかの営業自粛なんすかねぇ。

いまいちそれで解決するとは思えないですけど。

そんなわけで、ちょっと落ち着いて飲んだのが、あきらっく定番のジンライムと、なんかロックグラスで飲めるやつっていう感じでだしてもらったのです。

なんだったか忘れたけど、甘みの中に苦味もあって結果さっぱりする感じのカクテルでございました。

うまうま?






最終更新日  2021年04月06日 12時15分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年12月29日
テーマ:Barへ行こう(31)




2020年年末の京都は営業自粛の嵐でございました。
木屋町先斗町あたりもほとんどが休業されてて、開いているところは人がいっぱい。
いっぱいだけどいいんかねぇ。
まあ、私は行かないけど。

とはいえ21時までなら飲めるなら飲んだろうと思って急いでhayasakabaさんに行きました。

hayasakabaさんは烏丸御池からちょっと東に行って上に上がったところにあるBARです。
年数回しか通えませんけど、できる限り顔を出すのでした。

とはいえついたのが20時半過ぎだったので2杯だけね。

1杯目はビール。

2杯目をブルーラグーンでしたっけ?

ブルーラグーンはウォッカベースのカクテルです。
1960年、パリのハリーズ・バーのアンディ・マッケルホルン氏の作品。
ブルーラグーンとは“青い湖”のこと。
ブルーキュラソーの鮮やかな色合い、さっぱりとした味わいに心地よく酔いしれる。

ってことらしいです。

うまうま。

ブルーラグーンがあるということはブラックラグーンがあってもいいんじゃね?

ブラックラグーンといえば


こんなやつなのでウォッカベースでパンチが効きすぎて第三次世界大戦クラスも大丈夫?なカクテルになるといいかな。

ブルーキュラソーでブルーを出しているということは、ブラックを出せるのがあればいいんだよねぇ。けど黒くなるカクテルベースのリキュールとかあるんかなぁ。
ぱっと見なさそうだけど。






最終更新日  2021年01月07日 12時21分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年07月30日




伊豆天城にある「なかじまや」さんという酒屋さん。

国道沿いのお店ですが、伊豆縦貫道ができて交通量が減った・・・。

ワインメインで販売されているお店で、楽天市場にもお店を出してらっしゃいます。
そもそもは楽天市場でお店を見つけて、実店舗に通うようになったって感じ。

品揃えはボルドー・ブルゴーニュっていうよりも、ローヌとかイタリアとかだったけど、最近はスペイン、ポルトガルって感じかな?
とはいえ古いボルドーとかブルゴーニュもあったりして。

こちらのお店では最近のインポーターさん事情や、天城エリアのお店情報なんかも交換しております。

ま、当たり前だけどワインも買ってるよ!

前回バックビンテージ祭りだったんですけど、今回は新しいの+バックビンテージって感じですね。
そもそもインポーターさんの試飲会とかがまともにできない状態だし、ヨーロッパ中がロックアウトしている状態でしたからワインも、ワインの情報も入ってこない感じだと思います。
そういう意味ではバックビンテージ祭りも良いな。

あとはゆったり飲む時間があればなぁ。






最終更新日  2020年08月02日 14時09分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年05月13日




伊豆市というか天城あたりで振られ続けたあきらっく。

某カフェ行こうかと思ったらやってなかったし・・・。

ただでは転びません。

長野に行こうかと思って用意していたお金を握りしめて「なかじまや」さんに行きました。

ここが営業されているのはFBとかでみててわかってたのでね。

で、何行きましょうかー?って言われてノープランだったのですけど、

そういえば蔵に眠っているバックビンテージを先日飲んでらっしゃったのでそのお話をしたら6本ばかり出してくれました。

93年のイタリアワイン2本(1本はブルネロ)
96年のサンテミリオン
97年の白ワイン2本
00年のアリゴテ

という感じです。
お値段はひみちゅ


ブルの裾物やアリゴテで97年とか00年って基本的に買っても残ってないのでこういうのが出てくると楽しい。

そりゃハズレもあるかもしれないけどそれも含めてのバックビンテージ遊びってやつっすな。

ちょっと寝かしてから順次開けていう予定w






最終更新日  2020年05月19日 12時01分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年03月05日




三条でご飯を食べた後、1杯くらいは飲みたいなと思いまして烏丸御池近くにある「HAYASAKABA」さんに行きました。ちなみに宿泊施設までタクシーを使わないで帰れる終電は11時?分です。

まずはいつものごとくジンライムをいただきつつ、2杯目にどうしようかなって思いましてご相談させていただいてダークラムをいただきました。

フロールデカーニャ 18年です。
なんと作っているの蒸留所はニカラグア。
ニカラグアはパナマのちょっと上にある中米の国です。
パナマとニカラグアの間にはコスタリカがあって、「水曜どうでしょう」で大泉さんがケツァールを激写しにいったところですね。

フロールデカーニャ蒸留所は1890年にニカラグアのチチガルパで創業。
以来、高品質のラムをつくり続けてきたそうです。
18年はバニラなどの甘い香りの中に熟成に使われたホワイト・オークの樽香やコーヒーのような
香ばしさが感じられるラムですって。

普通ラムっていうと透明ですけどダークラムっていうエルフの黒い版みたいなラムなのでウィスキーとかそういう系の樽の効いた見た目になっています。
普通ウィスキーとかって内側を焦がした樽のフレーバーで色がつくんですけどこれもそういうことなんでしょうね。単に色をつけているだけの奴もあるらしいですけど・・・。

うーん、うまうま。

結構面白いです。






最終更新日  2020年03月18日 12時14分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年08月06日




「鉄板28号」さんは京都の四条大宮にあるたこ焼き屋さん。
たこ焼きも買えるけどワインも飲めます。

というかワインを飲むと、たこ焼き以外を食べることができるそうです。

というわけで、二条駅近くで映画を見た帰りに寄ってみました。

グラスで泡と白を飲んで、適当に前菜とかたこ焼きとかいただきました。

が、写真がこれしかない。

感想をあえていうと、カウンターが良かったなぁ。

かな?






最終更新日  2019年08月06日 13時19分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年07月01日




どんなのか忘れちゃった。
けど写真あり。
なのでアップ






最終更新日  2019年07月13日 11時13分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月21日
テーマ:京都。(5558)




先日、泣きながら京都行ったのですけど写真がちょっと残っていたので掲載。
朝まで仕事して、大阪行って仕事して、午後お休みいただいて、ホテルに戻るのもめんどくさかったので京都市内をうろうろして、結果としてHayasakabaさんに行きました。

Hayasakabaさんは京都は高倉御池あたりにあるBarです。

結構早い目からやっているんですけど早い目に行ったことはないという・・・。

写真のはラムを使ってというかトニックウォーター系でなんかお願いって言ったらラムで出していただきました。SAINT JAMESですけど見かけないボトル??

もう一杯は、後ろにいちごがあったので、せっかくなのでいちごでちょうだいって言ったら作ってくださいました。

長い!!





うまうま。

寝不足なので2杯でもうダメーって感じでホテルに戻ったとさ。






最終更新日  2019年05月21日 12時10分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年04月22日




金沢はひがし茶屋町にある「ひがしやま酒楽」さんは立ち飲みができるお店。

そこで金沢の地酒であるところの「福正宗」なにごりをいただきました。

つまみはホタルイカを干したやつ。

うまうま。






最終更新日  2019年08月13日 15時12分43秒
コメント(0) | コメントを書く

全155件 (155件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >


© Rakuten Group, Inc.