1137573 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2022.07.03
XML



プロのつぶやき1166「独立・自営で40年になりました」

カード払い用ネットショップ ​http://sakamotocoffee.shop/​ おかげさまで毎日常連のお客さまにご利用頂いています、PayPay払い、Amazon pay払いも使えるようになりました。

梅雨明けが7月終わりの年もあったのに、今年は6月なんて!・・・真夏の猛暑な今週でしたが、今朝は少し和らいでいる千葉です。

達郎のコンサートのチケットが秋まで取れていないので・・・ツアーパンフレットを通販で取り寄せてしまいました。いつもは開場と同時に入って、会場いっぱいに流れるドゥーワップを聴きながらパンフレットをゆっくりと捲るのが楽しみなんですが、待ちきれませんでした。

そのパンフレットに志の輔師が文章を寄せていて、おーそんな仲だったのかと驚きました。昔文化放送の志の輔ラジオに達郎がゲストで出た時は聴いてましたね。今度は鰻で一杯やりましょうとすっかり爺爺同士の会話です。

まぁ、達郎の落語好きはファンの間では有名で・・・コンサートのMCでも、寝るときは志ん生師を聴いてるとか、談志師、談春師と話題に出ました。談笑師の出囃子は野球拳で、お題によってはディープパープルの「スモークオンザウォーター」を三味線でするんですが、それも言っていたんで、おー談笑師も行ったのかと受けますね。

志の輔師の新PARCO劇場柿落としの時終演後の客出しで、達郎のアカペラの「ラヴィアンローズ」が流れたのが印象的で・・・志の輔PARCOの初期は渡辺香津美さんの「おやつ」に入っている「上を向いて歩こう」桑名晴子でしたし、スタレビの「シュガーはお年頃」も流れたり、ご機嫌に帰ります。

先日、息子二人と若いコーヒーマンと4人でサンクオピエさんで初夏のコースに行って、30代のコーヒーマン3人と色々話しました。

サンクの初夏の名物「自家菜園の新玉ねぎの甘いポタージュ“新型”、フォアグラのソテー添え」は新たまの甘さがフォアグラを引き立て、ひと口ひと口のキレが良いし、合わせたワインもぴったりでした。

デザートはパッションフルーツのソルベ、ヴァローナのブロンドショコラオレリスと黒糖のクレームブリュレ、シェフ風フィナンシェでこのデザート用のブレンドと持ち込んだケニアがうまく合ってました。

坂本は6月末で紅茶の店テ・カーマリーで独立して40周年になりました。独立して40年を振り返るようになっちゃったのかと思いますね。

テ・カーマリー時代にスリランカカレーしたり、パスタ出したり、夜の営業すれば今でも続いていたかもしれませんが、紅茶とスコーン、サンドイッチ、ケーキだけでした。

スコーンランチが人気で、お昼の12時にスコーン焼き上がるようにオーブンに入れて、ポットサービスの紅茶とスコーンには手作りのジャムとマーマレード、それにサラダ、ランチにケーキをつけるとセット価格でケーキもよく出て、テイクアウトもあったので家庭用の電気オーブン2台で、21cmのホールを毎日6台7台焼いてました、35年40年前でした。

今だったら、SNSあるし、あの頃よりもう少し繁盛したかもしれません・・・まぁ、いつもやることが30年早いようです。

で、さかもとこーひーになったらコーヒーとその他が少し・・・その辺に性格が出ているような感じです。

子供の頃から不味いものが嫌いで、職人が周りにいて、おばあちゃん家は商売していて、組織では働けないと中高校生の頃自覚して、受験で現役浪人と失敗して・・・最初の独立、紅茶の店テ・カーマリーが1982年、26才の終わり、27才の直前で

1993年さかもとこーひー開店して、ホームページ開設したのが1999年だったので開店6年と割と早いタイミングでしたね。

スペシャルティコーヒーに出会ったのが2000年なので開店7年とこれも良いタイミングで今思えばラッキーでした。法人化が2003年なので、来年の11月で法人化20年になります。

飢え死にしないだけで苦しい時代が結構長かったのですが、それでも安易に売りに走らず、なんとか食べて、子供を学校に行かせて、アメリカや産地にも毎年のように行けました。

元々組織に馴染めない性格なので、業界内の組織にも入らず、息子二人が後を継いで、なんとか普通に暮らしているのはお客様に恵まれたからでしょう。

金銭欲や拡大意欲に欠けているのに商売して、今も儲けには縁がありませんが、ライブ行ったり、好きなもの食べたりは不自由してません。まぁ、物欲もないですし。

元々紅茶とかコーヒーとかの暮らしの中のお茶の楽しみに興味があったので、そのままこれて幸運でした。これからも5年10年15年と楽しめそうです。

最近ではぬれ煎餅とか高級なショコラとか・・・焼肉店の締めのコーヒーとか焼き芋スイーツのカフェのブレンドとか・・・スペシャルティコーヒーの可能性が広がっています。

そうそう、ブラウンサウンドコーヒーさんの7周年イベントが冷やしエスプレッソラーメンで、チャーシューの脂や出汁にスペシャルティコーヒーの上質な酸味が脇役でいい活躍してました。

若い頃は人生振り返るようになったらお終いだと思っていましたが、そんな年になってしまいました(笑)面白かった40年50年でしたが・・・まだまだ楽しめそうです。

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。







Last updated  2022.07.03 08:37:13
コメント(0) | コメントを書く
[スペシャルティコーヒー] カテゴリの最新記事


PR

Calendar

Category

Comments

はじまりの春@ Re:「はじまりの春」(03/23) はじまりの春の知りたいことは、089624445…
ハンサムクン3714@ Re:プロのつぶやき1040「技術と成熟」(02/02) はじめまして。勝手に訪問させて頂いて、…
Mikye 市右衛門@ Re:プロのつぶやき896「ターナーのペアリングレポート」(04/23) ブログ読ませて頂きました。今度お伺いし…

© Rakuten Group, Inc.