3426074 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 殿上人日記

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

全て | カテゴリ未分類 | 馬籠より | 中津川より | 恵那より | 木曽より | 美濃の旅 | 飛騨の旅 | 名古屋より | 愛知、三重の旅 | 滋賀、奈良の旅 | 京都の旅 | 大阪、兵庫、岡山の旅 | 長野、山梨の旅 | 静岡の旅 | 神奈川の旅 | 東京の旅 | 温泉 | 韓国旅行 | ヨーロッパ、ハワイ旅行 | 旅のいろいろ | 歴史、伝統 | 行事、地域 | 四季の移ろい | 夕焼け | 花、植物 | 自然 | ペット、動物 | グルメ | 喫茶 | 菓子 | 食べ物いろいろ | 行楽、遊び | 中日ドラゴンズ | スポーツ | 芸術、文化 | テレビ、映画、音楽 | ニュース、時事 | ヒューマン | 懸賞 | ブログ、リンクス、ネット | パソコン、電化品、車 | 買い物、主婦業 | 子ども | 家族 | 日々の暮らし

木曽より

2015年02月22日
XML
カテゴリ:木曽より


さて2月半ばに旦那の車で家族と娘のアパートに出かけた時
私だけが娘の所に数日、残ってたが、そろそろ歯医者の予約も
あるし帰りは電車にしようっと




金券ショップでお得な切符を購入し、乗車直前にスタバで
ラテを購入して・・・。そのパッケージはもう春だけど




木曽路はまだまだ冬本番、雪降りとなった




毎1時間に1本ある割高な特急しなのではなくって、2時間に
1本しかない鈍行普通電車は、塩尻からはワンマン運転だ




今年の木曽は雪降りが多く、しっかり昨年末から積もったまま




なんじゃこりゃ~~~。しなのなどは通過だしとても短い編成の
普通電車しか止まらないので利用しないホームなどは雪かきも
されないので


      

駅ホームだって、ご覧の通り




使うホームも広ければ、歩く部分だけが雪かきされて
ご覧の通り




どこの駅じゃ~~~、ご覧の通り




木曽と言えば日野製薬の百草丸。ウィキペディアによると

>長野県西部で主に製造されている黒色丸剤の胃腸薬・
>苦味健胃薬でである。 古来から製造されていた、
>キハダ樹皮から抽出されたオウバクエキスのみを
>配合した黒色板状の苦味健胃薬(胃腸薬)「百草」を
>より飲みやすくするために丸状にしたもの




>百草(板)はオウバクエキスのみで出来ているが、
>百草丸は製造元で異なってはいるものの、ほかの
>生薬が処方・配合されているが、主成分をミカン科の
>落葉高木「キハダ」の内皮から抽出されるオウバク
>エキスとしている。




>御岳百草丸(長野県製薬)、御嶽日野百草丸(日野製薬)など

なるほどね。同様の薬は奈良県の 陀羅尼助丸、フジイ陀羅尼助丸
愛媛県の石鎚山陀羅尼丸、鳥取県の大山煉熊丸などもあるそうだ




それにしても線路まで、雪に埋もれる様な勢いだし
やっぱ鳥居峠の付近が一番、雪が多いような




国道19号クラスは除雪もしっかりしているが、地域の道は
ご覧の通り




木曽の山や川も寒そうだ




朝日将軍、木曽義仲公の旗揚げ地の日野も雪の中




電車旅もそろそろ半分だ




木曽福島駅のD51も雪の向こう


 

窓の外も真っ白、雪の中。上松駅のホームの椅子は木曽ヒノキ




このあたりになると積雪もなくなった。眼下に浦島太郎が
目覚めたという寝覚ノ床




ギャオスの超音波から ガメラが傷つきながら人間を守った木曽の
吊り橋ってここかなぁ?




それともこっち? 他にも吊り橋あったっけ。国道19号からの車
からだと見辛い吊り橋も、上部通過の電車なら見やすい




ロケ地と言えば映画「キツツキと雨」で役所広司、小栗旬が入った
日帰り温泉の南木曽温泉「木曽路館」が営業をやめた。団体客の
利用が主だってただけに、昨年の御嶽山噴火での観光客減の
影響もあったのかもしれない




役所広司は裏木曽(中津川市北部)で林業を生業にする方を
演じていたが、木曽といえばやっぱ木曽ヒノキ。とか言って
いる間に終点の中津川駅に到着




私は松本からだったから時間通り到着出来たけど、名古屋方面は
人身事故の影響で3時間位電車が動いていなかったらしく、都会の
ように代替路線もないし、電車から降りてきたお客さんがブチ切れ
してるよ~~~。駅員さん怒鳴っても仕方ないとは思うけど・・・




駅前には巨人が着る学生服? ここからはバスで帰宅をする
つもりだったけど旦那が息子が休みだから迎えに来させたら?
というので聞いたら快くOK貰ったので、近くのスーパーで
待ち合わせ




息子が自分用のお菓子とかカゴに入れてたんで、車で迎えに来て
貰ったし息子も誕生日を迎えたばかりなので、おごるわ~~☆と
レジに行って、えっ? 菓子の袋の下からはリポビタンD1箱が
しかも店員さんがバーコードをピッと読み取ると1280円って
それって高くない~~?




でもでもココでキャンセルとかもめると、気分を概して次に迎えに
来てもらえないかも~~と思い泣く泣く購入したが、後日別の店で
980円。こっちは2箱でおまけの袋も付いて1580円だよ~
うっ1280円ってヤッパすんごく高かったし。とかぼやいてたら




日曜日の某スーパーでリポビタンDが680円!! リポビタンDを
含まず税抜千円以上のお買い上げのみと条件があり、私、旦那と別に
千円以上を購入して2つゲット。これで1280円+680円×2で
2640円÷3すると、一箱当たりの単価が880円位となった




ふ~っ、1280円の高値で買った痛手はこれによって癒えたのだ

                 平成27年2月18日に木曽で撮影






最終更新日  2015年02月22日 21時43分29秒
コメント(28) | コメントを書く
2015年02月16日
カテゴリ:木曽より


先日紹介をした姥捨駅からの絶景ではなく、これは
2月になって先週の朝、昨秋に開通したばかりの
山の上にある馬籠から坂下方面に抜ける椿街道から
見た坂下の景色だ




本当に今年は雪の日が多くて



だいたい、いつもこれ位は積もってます


      

北日本はもちろん同じ岐阜県の飛騨とか、奥美濃のように山ほど
積る事はないので雪下ろしの必要もないし、まだ恵まれているの
かもしれませんが




冬のキンキンに晴れた日の放射冷却が無い分、こんな雪の
日の方が逆に暖かなので過ごしやすいのですが




問題は道路状況ですね。車を運転しなきゃ仕事も買い物も
病院も行けないし、バスだってこんな日は運行が遅れるし
第一がバス停まで歩いて行かなきゃいけない



まだね~、雪の方がいいかも。雪が踏みしめられ圧縮されたり
一度溶けたものが、凍結でもしたら天然スケートリンク




ひょえ~~~、スリップ~~!となります。看板にも雪道とは
書いてありませんが、雪が結構、積もってくると急な坂道とか
登れなくなってしまいますが




こんな山の上に住んでいるんだもんなぁ~。都会の人が別荘とか
作る地域ですよ、中津川。中古不動産でも別荘が幾つも格安で
売っているし




実際に住んでみたら制約の多い田舎暮らしは不便な事も多い中
信州へ移住されたブログ友達のぢんこさんやまっちさん、よく
順応されて田舎暮らしを楽しまれているもんだと感服




さて今日は建国記念日の祝日で、娘が平日休みになってしまって
土日休みの旦那と合わなくなっていたけど、今日ならどちらも
休みだからと




天気予報も晴れてくるし、ネットで木曽の国道19号の路面情報
調べたら積もっていなかったし、日帰りで旦那の運転で舅や姑も
連れて出かける事にした




そういった訳で以前の藤沢線の道より、椿街道によって少しは
早く国道19号に合流して、木曽を北上。まずは南木曽手前の
発電所。奥の山が昨夏に土石流を引き起こした山だ




その当時、土石流を引き起こした川の他にも国道19号沿いの
斜面も崩れたが




青シートがかかったままで補修はされてないまま




道沿いの石屋さんの石像も雪景色




木曽川に沿うように国道19号と、JR中央本線の線路が並走して
いるので、時には列車と競争だ。この貨物はやたら遅かったけど
普通電車とか駅の停車時間もあり、車と同じ位の事も多い




トイレタイムで立ち寄った道の駅の駐車場には




除雪した雪山があちらこちらに。ホント、今年の木曽は雪だらけ




屋根の雪ものったまま、日当たりの良い南側はとけて少な目だ
うちのあたりより多めの雪に、舅や姑もすごい、すごいを連発
でも大昔に、冬場の親戚のご不幸で出かけた信州飯山の大雪は
半端なかったそうだ




溶けた雪が凍ったのか、氷の壁が出来ていた




さて、ここ最近見た映画。といっても映画館で上映中のは思う
ものがないし、今回は私の車がないので(↑旦那の車で来て置き
去り。帰りは電車)レンタルで借りてきた映画。2つは図書館の
無料貸し出しによるものだ




「マダム・イン・ニューヨーク」

娘が見たいと言って借りてきた映画だけど、この女優さん
インドの吉永小百合なんだって~。長いブランクを経た
50歳直前の(撮影時)女優さんは、どうみても10歳は
若く見える。旅行で訪れたのに毎日、毎日違うサリーを
纏う主人公に水戸黄門を見習え~と突っ込み(笑)




「最強のふたり」

一気に時間を忘れて見た映画。最初に後半のシーンを持って
きたのも良かったかも。男版アニー? 実話だそうだけど
金持ちだから幸せでもないし、過去を引きずり怖気づいて
いちゃ、チャンスも訪れない。誰もがポジティブに人生に
挑戦をしていけば、きっと今とは違った人生が訪れるのかも




「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」

メリル・ストリープが老いというものを上手に演じて
いたけど、現在、過去が交互に出てきたりで少し混乱も
したし、政治とギャングものの映画はやっぱ苦手だ




「ラブ・アクチュアリー」

大昔、見ようとしたけど途中で断念した映画だけど
今回は最後まで見れた。今思うと、ホントすんごい
大物俳優さんがいっぱい出てて驚きですわ!↑の
鉄の女の首相と大違いのキュートなハンサム首相
イギリス男はアメリカでモテモテらしいです(笑)




                   平成27年2月に木曽で撮影






最終更新日  2015年02月16日 22時55分49秒
コメント(30) | コメントを書く
2014年06月10日
カテゴリ:木曽より



梅雨になったのに前線は南の海にあり、日本列島に
向かって南からの暖かな湿った空気がやってきて
北からの寒気がぶつかっての不安定な天気により
ゲリラ豪雨や、落雷や。うちのあたりも一昨日の
夕刻の雷雨は、近くに雷も落ちて怖かった~




そんな梅雨らしからぬ積乱雲沸き立つ6月ですけど
皆さんのところは大丈夫でしょうか? ブログ友の
からもご指摘があったが、ホント5月って我が家は
出歩いてるなぁ~~と、つくづく実感




田んぼが終わって一息ついて、まだまだこちらでは
山の新緑も綺麗だし、お天気も安定していて青空も
遠くの山も綺麗だし。暑くもなく寒くもなく格好の
行楽シーズン


      

こちらでは旧暦に準じて6月5日が端午の節句である
ので、こいのぼりの青空にはためいている、その日は
5月11日ゴールデンウィーク明けの朝が、またまた
お天気が良かった




このブログでも前に紹介をした長野県内の温泉施設を
格安で利用が出来る「信州物味湯産手形」は毎年4月
新しいバージョンになり、温泉施設の入れ替えなども
たまにあり




昨年(3月末日まで販売分、購入日から1年間有効)の
手形では、別の温泉施設が国道19号近くに出来る前に
利用をしていた、開田高原の御岳明神温泉やまゆり荘が
新規で登場したのに、4月からの新しいのでは既に無い



しかも手形2冊(昨年版)の有効期限は5月中旬と7月
中旬。今日、5月11日を逃したら二人で手形でお安く
「やまゆり荘」を利用出来なくなってしまうので、幸い
お天気も良いので、旦那の運転で国道19号を北上して
開田高原へGO!




良く見る大型物流トラックに交じって、行楽シーズンには
普段は見慣れないような高級車、スポーツカーなどもおり
同じグループなんだろうか。トンネル入るとエンジン音が
まるでサーキット場




木曽福島から国道19号を外れて、開田高原へと向かう道に
入ると木曽の新緑よりも、更に春が浅いという感じになって
芽吹いたばかりの山々




山桜なども咲いていて、5月半ばにお花見が楽しめてしまう
とは思わなかった




毎年のように南木曽から峠道を越え飯田へ向かう「清内路」の
「花桃」を見に出かけているけど、今年は行けなかった・・・




なんてガッカリしてたけど、ここでも花桃が楽しめるんだ!




トンネルを抜けると、そこは白樺林だった。すませんね~
走行中の助手席から撮影でぶれてしまって




開田高原にとうちゃこ! 木曽の御嶽山も雲一つなく
綺麗に見えた




苗木城山の桜でも紹介をした、宿り木がここにも




着いて早々に温泉もなんなので観光なんかもしてみようと
出かけた先は開田高原ではずせない木曽馬を見れる牧場の
「木曽馬の里」へ




こういった木の柵があるだけでも絵になるなぁ




御嶽山と馬を入れたかったけど、この馬くらいしか見れず


      

下記、木曽馬についてウィキペディアより

>木曽馬(きそうま)とは長野県木曽地域(木曽郡)を
>中心に飼育されている日本在来種の馬である。岐阜県
>飛騨地方でも飼育されている




>起源ははっきりしていないが、元々は蒙古の大陸系の
>馬である。一説では紀元前1世紀の漢で改良された「蒙古
>草原馬」が2~3世紀、朝鮮半島経由で渡来したという。
>この馬が木曽地域という山岳地帯で飼育された影響で、
>木曽馬となったとされる




>飛鳥時代(6世紀頃)美濃国恵那郡(岐阜県中津川市)にて、
>馬の放牧が始まる(注:木曽地域は中世以前は美濃国
>恵那郡の一部である)。




>平安時代~江戸時代:武士の馬、農耕馬、荷馬として重宝
>される

時代劇とかではサラブレッドなどかっこいい馬が使われる
けれど、木曽馬のような短足胴長で体幅が広い馬に乗って
いたようだ




さて「やまゆり荘」へ向かうが、その道の途中の柳又集落の
手前のあたりからの御嶽山の絶景。走行中の車の助手席から
撮影したものだけど手軽に楽しめる絶景だ(最初の写真は
柳又付近で撮影)




枝垂れ桜も咲いてるし~~




山桜の向こうには御嶽山!




やまゆり荘の駐車場には、染井吉野かな? 満開だった




そして「やまゆり荘」に到着。このように国道19号から
少し距離があるので、温泉目的だとせせらぎの四季に行く
ようになってしまったが、湯舟からも御嶽山を眺められる
ロケーションも泉質同様に良い温泉だ


      

お風呂も楽しんでお腹も空いたし、開田蕎麦を食べに行くと




駐車場に高級車が並んでいたが、国道19号で見たの? そう
言えば昨日のニュースで五箇山付近の道で、木が倒れて運転手は
軽い怪我だったが、乗っていた名車のトヨタ2000GT!が
ぺしゃんこになってしまったそうで気の毒すぎる




ではでは、お蕎麦をいただきましょうか




ひじり茸の天ぷらも食べてみた




木曽森林鉄道で使われた、C4型ディーゼル機関車と
C型客車




開田高原を後にして木曽福島へ向かうと、桜の向こうに
中央アルプス




こちらが国道近くの「せせらぎの四季」だが、湯舟からの
景色はイマイチ。朝、お天気も良いし御嶽も綺麗じゃないかと
期待をしてはいたけど、想像以上に綺麗な御嶽が見る事も
お花見も出来て大満足な開田高原ドライブだった




                写真は2014年5月11日に信州木曽で撮影






最終更新日  2014年06月10日 23時02分48秒
コメント(29) | コメントを書く
2013年01月14日
カテゴリ:木曽より



2013年の「成人の日」。こんな(写真)もんじゃ
なく雪が降ってます。お正月に来たばかりだけど
松本あめ市に行きたくて、今週末も娘のところに
来ています。娘の新年会の送迎のついででもある
けれどもね・・・・




昨日の松本あめ市は晴天で寒くもなくって、楽し
かったんだけど、今朝は雪。かなりの積もりようで
家に帰ることも出来そうにないです。娘は朝から
仕事に行きましたが、ちゃんと帰ってこれるかな
そして明日の朝、雪、どうなってんだろう? 

なんて不安いっぱいな雪の一日ですが。。。


              

さて今回の日記のお題は。お正月に娘のところに
旦那の運転で遊びに来た時に1月4日の自宅への
帰路は木曽の国道19号を利用。よく晴れた日で
放射冷却でとても寒い日で、奈良井宿の観光は道に
残雪もあるだろうし寒い中、歩きたくないので却下


        

そんな感じで国道19号をするすると南下し、あの
トンネル事故と同じ構造の鳥居トンネルで、天井を
見上げたりしてしまう。どきどき


              

お昼にはすこし早い時間だけど、よく利用をする
道の駅「日義木曽駒高原ささりんどう館」のお食事
処「巴」に「すんき汁無料サービス」(期間限定)と
貼り紙があったので、これは寄らねば

ちなみに「すんき漬け」とは木曽地方ですんき菜と
呼ばれるカブナを材料とし、無塩乳酸発酵を行った
漬物である


        

お食事をした人は、お目当てのすんき汁の他にも
漬物バイキングで、漬物も好きなだけ食べれて
このピンクのカブ、おいしいのでおかわり。更に
「ご自由に」と、みかんも置いてあったので1つ
デザートに貰った


        

肝心のお食事の方は旦那の方はお蕎麦だ。前にも
一度、ここで紹介をした事があったけど、むかし
塩尻市神谷で生まれた古畑権兵衛は、牛を使って
物資の輸送をしていたのだが、木曽は交通の便が
悪く、物資の輸送も困難であったそうだ


              

そこで山はあれど、距離の短い伊那谷への峠道を
改良しようと考えた権兵衛は、地元の人達に働き
かけて街道の整備を行い、木曽谷と伊那谷の間で
米などの物流が活発化し、権兵衛峠と名付けられた


        

そんな権兵衛峠にも平成の世に立派なトンネルが
出来たので更に木曽と伊那は身近になった。この
権兵衛さん、蕎麦の大食いが自慢であったとか

私の方は「そばがき」を。添え物がすんき漬♪


        

さて腹ごしらえもした事だし、次の目的地に行って
みよう~! 木曽福島で国道19号から右折して
開田方面へと向かう。この道をそのまま行けば
高山に抜けるようだが試した事はない


        

数分程すすむと、普段からよく利用をする日帰り
温泉「せせらぎの四季(とき)」へ。温泉施設の
向こうには中央アルプス!!

お馴染みの1050円の「南信州物味湯産手形」は
10湯利用が出来るのだが、同じ施設を2度、3度と
利用は出来ない。1回こっきりだ


        

この「せせらぎの四季」は利用済みで、利用期限が
来夏までの2冊も、あと3施設を残すところなので
思い切って、また新たに2冊を購入する事にした

まっ、3つも利用したら元が取れてしまうし、4冊
あれば娘と3人で利用もできる。あっ息子もかっ!


        

息子と言えば、お正月は3年連続で東京へ遊びに
行っていたのに、さすがに行き飽きたのか今年は
飛騨へスキーに出かけたようだ。メディアなども
取り上げているがスキーとか、少し復興の兆し?


        

うちは幼稚園の時に、木曽のスキー場へ雪すべり
地域でもスキーに行くイベントもあるので、今回
初滑りの友達に、少しは基本を教える事が出来た
みたいだ

こんな高いシャンパンはいらんとか、こうゆう酒が
いいとか言われ「もう酒は買ってこん」とか言って
いた息子だが


        

なにやら、また日本酒を買ってきたみたいだ。どうも
新潟の酒らしい。何かなぁ~~自分では飲めないのに
親孝行のつもりかな??

てな訳で、途中にスキー場も見ながらやってきた
のは「開田高原」で、白樺林が出迎えてくれる
お~、風が吹いて雪が舞いあがっているよ




すんごく晴れていたので真っ白な御岳山が見れる
かもしれないなぁ~と思いまして。二車線の道も
綺麗に除雪されてるし、快適なドライブで寄り道
って感じだ。せせらぎの四季が出来る前にはよく
開田高原の日帰り温泉に出かけていた事も・・・


               

車から降りて歩いてみる。すんごいさらさらした雪
いわゆるパウダースノー。これってスキーをするのに
最適の雪だが、気温が低く空気が乾燥している事が
降雪条件なのだとか




開田高原へやってくると必ず立ち寄る「木曽馬の里」
からの御岳山や景色が綺麗なのでやってきた訳だが
来て正解だった




話は大雪の今日へと戻る。こうやって娘のところに
気軽に来れるのも、家から距離が短くなったのも
あるけど、娘のアパートに無料の駐車場が2台分
付いているので♪

伊那の時は管理人さんに言えば、来客用のところに
止めさせて貰えたが、他は数キロ先の有料駐車場に
車を持っていったりとかで大変だった




もっと早い時間に日記をアップしたかったが、積雪が
ひどく私の車が埋まってるし・・。目測25センチ位?

その雪を落として、仕事に行ってる娘の方の駐車場の
雪かきで体も冷えきって、コタツにもぐりこんでいる
うちに、昼寝で暗くなってきてしまった


       

              平成25年1月4日に木曽で撮影






最終更新日  2013年01月15日 22時11分47秒
コメント(67) | コメントを書く
2012年07月12日
カテゴリ:木曽より
 
       

  梅雨の末期の特有の強い雨であるのか、今朝も
  かなりな雨音が、TVの音声をかきけしている
  昨日は、朝から大リーグのオールスター中継を
  見てたがダルビッシュ出ず。おかげでお出かけ
  予定も億劫になり、今日のこんな雨の中を行く
  事になってしまった


       

  そんな梅雨の貴重な晴れ間であった日曜日には
  頭の上には青空が広がって、これはドライブに
  でも行くしかないと、旦那の運転で出かけた先は
  最初の写真でも判るように、蕎麦の花咲く信州の
  高原!

                

  我が家から車で1時間半弱!! まぁ、のどかな
  農村風景って事で、高校時代の部活の合宿でも
  やってきたココは、開田(かいだ)高原だ。あっ
  部活は美術部でした


       

  まぁ、御嶽山(おんたけさん)がキレイって・・・
  ・・・・雲で、すっぽり隠れていたし。まっ今回の
  目的は御岳山じゃないからいいけど。ちと残念!

  木曽節でも歌われる御嶽山は、乗鞍火山帯の最南部に
  位置をする独立峰で、標高は3067メートルであり
  富士山、白山と並ぶ日本三霊山のひとつだ


                     

  そんな訳でお昼にも近いので、開田高原に来た目的1
  開田蕎麦でも食べようか。行くたびに違うお店を利用
  しているので、これで5軒目になるかな。今回の店は
  中心地から少し離れた温泉のやまゆり荘の近くにある


                 

  何やら蕎麦の他にも岩魚丼も有名なようで、それとの
  セットがおススメのようだが、ざる蕎麦700円の他
  500円の野菜の盛合わせ(二人で1つ)を注文した


       

  信州でも有名な蕎麦処である開田高原は、1年を通じ
  冷涼で、朝霧や夕霧が発生をする気候により、蕎麦の
  生育に適しており、古くから蕎麦やヒエ・アワなどの
  栽培もされてきた




  お蕎麦がくるまで・・・なにやら背後からの視線が!!

  どど~~~んと、真後ろにいたのはツキノワグマだぁ
  といっても剥製だぁ~


                          

  胸部に三日月形や、アルファベットのV字っぽい白い
  斑紋が入っている事から、月輪熊(つきのわぐま)と
  呼ばれており、哺乳綱ネコ目(食肉目)クマ科クマ属に
  分類される食肉類で、別名をアジアクロクマ、ヒマラヤ
  グマというようにアジア各地でも生息しているそうだ


       

  最近は様々な要因から、人家の近くまで出没をしており
  うちのあたりでも時折は目撃例もあって、遭遇をしたくは
  ない野生動物だ。そんな訳でクマの視線を感じながらも
  蕎麦も食べたし、開田高原へ来た目的2に行ってみようか


       

  やってきたのは平成17年に源泉を掘り下げ、更に効能の
  良い温泉が楽しめるようになったという、ホテル木曽温泉
  前に来た時は内湯だけだったのに、確かに露天風呂も出来
  かけ流しの温泉で、風呂のふちが結晶化されていい感じだ

  泉質はナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩
  塩化物泉だそうで茶色いにごり湯


                        

  開田高原の中心地区から離れており、近くのやまゆり荘に
  行く人が多いので、いわゆる穴場的存在でのんびりできる

  今回は1050円で南信州(伊那谷、木曽、諏訪、蓼科他)
  30ケ所以上の温泉から10ケ所が無料で利用が出来ると
  いう「物味湯産手形」(購入日より1年間有効)を利用を
  したので、10回使うと思えば利用料105円♪で温泉が
  楽しめる

           詳しい事は、HPで


       

  そんな訳で蕎麦に温泉ときたら、その次は観光って訳で
  やってきたのは、お蕎麦の花も満開の「木曽馬の里」で
  何やら観光バスで、スケッチ等をしにやってきた中高年の
  団体さんもおり、あちらこちらで写生を楽しんでいた

  私が高校の時に来た時は、別にうちのあたりと変わらない
  風景じゃん~~と思ってもみたが・・・星空は天の川が
  ぎらついて、とても綺麗だった覚えがある




  目的3の観光は、開田高原の見所はやっぱり木曽馬で
  間近で見学(無料)が出来るし。もし、雲が無ければ
  ここからも御嶽山が眺められるのになぁ~~

  てな訳で木曽馬の説明は、外出時間も迫ったので
  得意の「ウィキペディア」様にお願いをする事にしよう


               

  >木曽馬(きそうま)とは長野県木曽地域(木曽郡)を
  >中心に飼育されている日本在来種の馬である。岐阜県
  >飛騨地方でも飼育されている。

  >日本在来種は他に北海道和種(北海道、俗称:道産子)
  >野間馬(愛媛県今治市野間)、対州馬(長崎県対馬市)
  >御崎馬(宮崎県都井岬)、トカラ馬(鹿児島県トカラ
  >列島)、宮古馬(沖縄県宮古諸島)、与那国馬(沖縄県
  >八重山諸島)がいるが、本州の在来種は木曽馬のみである。


        

  >一時絶滅寸前であったが木曽馬保存会が中心に活動が行な
  >われた結果、飼育数は増加した。しかし以前のような乗用
  >農耕を目的とした需要はなく、現在は200頭以下という。

  >平安時代~江戸時代、武士の馬として使用された。


               

  >起源ははっきりしていないが、元々は蒙古の大陸系の
  >馬である。一説では紀元前1世紀の漢で改良された
  >「蒙古草原馬」が2~3世紀、朝鮮半島経由で渡来した
  >という。この馬が木曽地域という山岳地帯で飼育された
  >影響で、木曽馬となったとされる。

  との事で「ウィキペディア」様、何かと感謝です!


       

  いやぁ~。木曽馬の事が5分で判った(つもり)けども
  ほんと足が短いし。義仲とか武将らがこのような和馬に
  乗っていた訳か




  飼い主のリードで、それ以上は馬に近付かないようには
  されたワンコが木曽馬に接近。時折、後ずさりまでして
  かなりビビっているみたいだし


                  

  しまった~目的4の開田高原の名物のアイスクリーム店で
  「とうもろこしソフトクリーム」を食べたのに、その写真と
  開田高原の入り口の道沿いの白樺林の写真を、カメラから
  PCに取り込む作業のミスで、ご紹介出来ないしっ!


        

                        平成24年7月8日に開田高原で撮影






最終更新日  2012年07月12日 18時43分11秒
コメント(65) | コメントを書く
2010年11月04日
カテゴリ:木曽より

      信州の秋の空

  先日は娘の内定式だった。半年ぶりにリクルート
  スーツをクリーニングに出して、黒い靴を磨いて
  黒いカバンにと持ち出して。あと半年もしたら
  社会人としてのスタートだ 


      木曽駒を望む午前の空 

  大学の学費や、(私の別荘兼)娘の住まいや生活費  
  4年間で月々10万円を超える出費があり、その間に
  娘と息子の自動車学校で数十万弱、娘の就活なんかも
  スーツとかに交通費、ホテル代などなど・・・貯金も
  目減りするばかり(しみじみ・・・・)
  

      権兵衛峠の正午の空 

  来年の春からは家計が楽になる~。あとは娘が新生活で
  なんとか、スムーズに社会に溶け込んでくれたらなぁ~
  総合職だから、結婚しても仕事は続けて欲しいって念を
  押されたそうだが、姪とか甥にしてもホント30代って
  未婚率が高いし、既婚者は6名中1名のみだ。うちの娘も
  一人でも食べていけるようにと、高学歴つけたのだけど
  

      伊那からの午後の空

  国も子供手当とかいって、結婚が出来て子供を作れる
  家庭を補助しても仕方ないです。というか子供の小さな
  時って本来はお金の貯め時で、それを浪費癖つけさせて
  ど~するんですかぁ。姪のとこの子供なんてウニ~!好き
  なんですもん。カッパ食わせておけよ!とか思いましたし
  それどころか来年は増額?


      権兵衛峠の紅葉 

  今春の卒業に続いて、来春卒業の学生も秋になっても
  内定が8割にも満たず、就職留年や院進学をする事も
  なく、就職しないまま卒業される学生も多くなるよう
  だけど、不況時の大手安定志向からか、会社の規模や
  職種によっては求人に応募者がなく、人手不足なままで
  いるようだ


      カラマツも間もなく?
 
  出生率も減って大学全入時代で、誰もかれもが大学卒で
  しかも残業もなくデスクワークで楽して、お金儲けが
  したい。といっても限りがあるだろうし、第一、世の中
  そんな楽な仕事って、ごろごろと転がっているようにも
  思えないし


 権兵衛峠の秋景色

  このままではノイローゼになるからと、国家公務員を
  やめての田舎での農業。子供に気に入られたいからと
  ウケるような、一般常識から逸脱をした授業をして
  新聞にも取り上げられる勘違い教員だっているんだし


      木曽義仲の日義の空

  危険な仕事や、辛い仕事、儲からない仕事。それでも
  それらをしないと社会は動かず、われわれの生活だって
  たちゆかない。センセイなどと立派な肩書や、高月収だと
  おごる事なかれ。あなたたちの今があるのも、名もなく
  黙々と働く人たちがあってこそ


      急斜面での仕事人

  日本はそんな人たちにこそ、支えられている。ちなみに
  今年の勤労感謝の日は、11月23日である



 馬籠十曲峠よりの夕暮れ景色

  秋になって空が美しい。夕焼けも空もドラマチックだ
  そんな空の写真を集めてみた。木曽路も紅葉が始まり
  山々は錦のようで、娘の運転で私は助手席に乗り込んで
  寒いと言われながらも、助手席の窓を開けてカメラを
  山々に向けた


      決闘の場に、今まさに日が沈む刻 

            平成22年10月に信州、岐阜で撮影








最終更新日  2010年11月04日 19時56分14秒
コメント(62) | コメントを書く
2010年05月19日
カテゴリ:木曽より

 木曽をゆく8

  勢いで平成19年の初夏の日記を掲載。あ~
  そんな事もあったんだなぁ・・・などとしみじみ
  当時の事を思い出したりもする。そんな訳で
  再びのタイムスリップ!! 


      木曽をゆく11

  ここは、平成18年に国の重要伝統的建造物群
  保存地区に選定もされた、漆器店が軒を連ねる
  信州は木曽平沢(きそひらさわ)の街並みだ


 木曽をゆく12

  海抜900メートル程の高地に位置し、夏は涼しく
  冬は厳寒という独特な気候が、漆(うるし)を塗る
  作業環境に適しており、豊かな木曽の森林を持ち
  中山道と交通の面でも恵まれ、4百年程の歴史を持つ
  伝統工芸木曽漆器の生産地である


 木曽をゆく10

  現在も漆器生産量は日本有数で、駅前には約50軒の
  漆器店が並んでおり、長野冬季オリンピックでの漆を
  使ってのシックなメダルを作った


      木曽をゆく16

  宿場のはずれには、貞享5(1688)年に松尾芭蕉が
  木曽を訪れたときに詠んだと言われる句碑があった

      送られつをくりつはては木曽の秋


 木曽をゆく15

  更には崩れかけた、中山道に面した石垣も


      木曽をゆく14

  天正10(1582)年に武田勝頼と木曽義昌の合戦で
  焼失した後に、享保17(1732)年に再建をされた
  平沢の諏訪神社の本殿。ここの御柱祭が木曽谷における
  南限地であるそうだ


 木曽をゆく4

  そしてこちらは、中山道33番目の宿場にあたる贄川宿
  (にえかわじゅく) 以前には温泉があった為に「熱川」と
  なったのが、温泉が枯れてからは現在の漢字になったとか  


 木曽をゆく3

  木曽の福島関所の補助的役割として、宿場には贄川関所が
  あって、女改めや木材・木製品などの監視をしていた


      木曽をゆく7

 木曽をゆく5

  深澤家(屋号・加納屋)住宅は、行商を中心とする贄川きっての
  商人で、主屋は嘉永7(1854)年の建築で切妻造りで国の
  重要文化財に指定をされている


 木曽をゆく6

  宿場の中ほどには、大きな水場
  

      木曽の道祖神6

  そしてトラックの行きかう、国道19号桜沢橋南詰
  本山宿と贄川宿の間にあるのが「是より南木曽路」の
  石碑で、馬籠宿と落合宿間の「是より北木曽路」の
  碑と対を成している


 木曽をゆく1

  木曽路を離れて信濃路の最初にあたるのが、中山道の
  32番目の本山宿であるが、慶長19(1614)年の
  中山道のルート変更によって、塩尻宿や洗馬宿と共に
  新設された宿場だ


 木曽をゆく2

  宝永3(1706)年に、芭蕉の門人である森川許六の
  「風俗文選」の中で、「蕎麦切といっぱ(いうのは)、
  もと信濃ノ国、本山宿より出て、あまねく国々にもてはや
  されける」と紹介をしたそうだ


 本山のそば

  蕎麦粉を練った蕎麦掻き(そばがき、蕎麦練り)と区別を
  する為に、蕎麦切り(そばきり)と呼ばれたものが、今では
  省略して「蕎麦」となった

  そんな訳で、先日も紹介をしたけど地元の奥さんたちが
  やっている「本山そばの里」で舌鼓~


       木曽をゆく13

             平成19年初夏に中山道で撮影








最終更新日  2010年05月20日 09時59分30秒
コメント(43) | コメントを書く
2009年08月12日
カテゴリ:木曽より

      妻籠1

  お盆休暇も真っ最中、皆さん山へ、海へ、故郷へと
  楽しい日々をおくられているものと思います。我が
  家は100円レンタルの恩恵を享受すべく、息子が
  「相棒の最初のが見たい」と、前々から話していた
  事もあり・・・


 妻籠4

  夏休みの前半は家族みんなで、刑事ドラマ「相棒」
  初期シリーズのを90分で一挙に5本! 

  「暇か?」「特命係の亀やまぁ~~」「はい~ん?」と
  いった決まり文句の始まりや、「携帯が二つ折りに
  なった」などと、出演者の微妙な変化を見逃さずに
  のんびり楽しんでいた


      妻籠24

  あと個人的に、前から気になっていた映画なども鑑賞を
  した中で、2004年10月に起きた新潟県中越地震で
  大きな被害を受けた、山古志村(現・長岡市)を舞台に
  被災した人々やわんこ親子を描く「マリと小犬の物語」を
  見ながら、やはり箪笥は転倒防止をしなきゃ、怖いなぁ~


 妻籠3

  などと危険な断層の近辺に住み、東海地震の「地震防災
  対策強化地域」及び、東南海・南海地震の「地震防災対策
  推進地域」にも指定をされる中津川市民が、明日はわが身と
  思ったほんの2日後の早朝に、阪神・淡路大震災をも思い
  出させるような、比較的に大きな長い時間の地震・・・・


      妻籠26

  この周辺は震度4程度に揺れただけだけど、震源に近い
  静岡県は、西日本にも多大な被害を与えた台風の雨の
  影響もあって、東名高速の道路が崩れるような被害まで
  もがおきてしまった


 妻籠25

  本来ならば楽しい夏休みであるというのに、台風と
  地震で尊い命が失われ、家屋損壊など多大な被害を
  受けてしまった被災地の皆さん

  深く、深くお見舞い申し上げます


      妻籠27

  そんな訳で、新しい旅写真も来週までお預けで、今回も
  真夏には似つかわしくないような、まだブログで紹介を
  していなかった「蔵出し写真」を使った旅日記で、春浅き
  3年前の3月に娘とぶらりと出かけた、近くの木曽路の
  妻籠(つまご)宿を紹介したい


 妻籠23

  江戸から中山道42番目の宿場で、蘭(あららぎ)川の
  東岸に位置をする山の谷間の妻籠宿から、お隣の山の上の
  馬籠(まごめ)宿にかけては木曽路を代表する観光名所だ


      妻籠21

  戦後の経済成長に伴って、古くからの町並みが次々と
  姿を消してゆく中、地域住民が中心となって景観保全を
  取り組んだ先駆けとして、 国の「重要伝統的建造物群
  保存地区」の最初の選定地の一つにも選ばれた


 妻籠8
   
      妻籠7

  参勤交代の大名も宿泊をした妻籠宿本陣は、庄屋も兼ね
  島崎氏が任命され、馬籠宿出身の島崎藤村の母の生家だ

  最後の当主は、伯父の所へ養子にきた広助(藤村の兄)で
  福沢桃介が木曽川に発電所を作ろうとした際に、反対
  運動を先導した地元の有力者だ


 妻籠6

  本陣は島崎家が東京に引っ越した、明治期に取り壊され
  御料局妻籠出張所が建設されたが、その建物も南木曽町に
  移築保存がされ、島崎家所蔵の江戸後期の絵図をもとに
  平成7年4月に本陣が復元をされている


      妻籠12

       まだあげ初(そ)めし前髪の
       林檎のもとに見えしとき
       前にさしたる花櫛(はなぐし)の
       花ある君と思ひけり

       やさしく白き手をのべて
       林檎をわれにあたえしは
       薄紅(うすくれなゐ)の秋の実に
       人こひ初めしはじめなり


      妻籠11

       わがこゝろなきためいきの
       その髪の毛にかゝるとき
       たのしき恋の盃を
       君が情けに酌みしかな

       林檎畠の樹(こ)の下に
       おのづからなる細道は
       誰(た)が踏みそめしかたみとぞ
       問ひたまふこそこいしけれ


 妻籠9

      妻籠18

  島崎藤村の歌集「若菜集」に収録をされている「初恋」に
  描かれたと思われる馬籠の大黒屋の「おゆふ」さんの嫁ぎ
  先であるのが、妻籠宿の脇本陣と庄屋を勤めた林家である


 妻籠10

      妻籠20

  脇本陣は、大きな藩などで本陣だけでは泊まりきれない
  場合や、藩同士が鉢合わせになった際に、格式の低い藩の
  宿として利用されるなど本陣に準じたもので、上段の間
  などもあり、本陣と同様に宿場の有力者が勤めた


      妻籠13

  脇本陣奥谷と呼ばれるが、奥谷とは林家の屋号だそうで
  江戸中期からの農家で、10代目を数える私の実家でも
  ○○屋という屋号の和傘なども残されていたが、大部分の
  人は苗字を伝承していながら、氏(苗字)を名乗る事を
  許されてはいなかった士農工商の身分の人たちが、それ
  ぞれを、わかりやすいように呼んだのが「屋号」であった



 妻籠16

      妻籠17

  幕末期に公武合体の象徴として、孝明天皇の妹である
  皇女和宮が将軍徳川家茂に御降嫁した際に、小休止を
  されたそうで、その御拝領品も残されている


      妻籠19

  明治10年に、木曽五木の御禁制が解かれたばかりの
  桧をふんだんに使い、当時の粋を集めて建て替えられ
  檜の壁や柱は、囲炉裏の煤に燻され、磨きあげられて
  黒光りしており、国の重要文化財に指定をされている


     妻籠14

  明治天皇は全国各地を御巡幸されたが、明治13年に
  木曽にお出ましになった際に、ここで休憩をされたそうで
  明治天皇がお使いになった机があったが、意外にシンプルだ


 妻籠15

  明治天皇の為に用意された雪隠は、使われる事がなかったようだ


 妻籠22

  このレトロな木造校舎は、廃校となった旧妻籠小学校で
  南木曽町の委託を受けて、(財)妻籠を愛する会で管理を
  行っているそうだ


 妻籠28

  昼にはやはり、五平餅で一服


      妻籠2

     平成18年3月1日に信州木曽路「妻籠宿」で撮影









最終更新日  2009年08月12日 16時04分47秒
コメント(57) | コメントを書く
2009年04月22日
カテゴリ:木曽より

 IMG_2899

  木曽路の妻籠宿にも近い、長野県木曽郡南木曽町読書
  (よみかき)にある木曽川河畔にある「天白公園」には
  春になると6種類約400株の三葉躑躅(ミツバツツジ)が
  鮮やかな花を咲かせている


 IMG_2907

  ツツジ科ツツジ属の落葉低木であるミツバツツジは
  関東から近畿の太平洋側に分布をしており、やせた
  尾根や岩場や、里山の雑木林などに生育するそうで
  うちの近所の山などでも、よく見かける身近な花だ


 IMG_2898

  週末、姑のお使い&買い物に旦那と出かけたついでに
  少し足を伸ばして、花見に出かけたのだが少しばかり
  盛りを過ぎていたようだ


 IMG_2945

  木曽川の水力発電開発に力を注いだ実業家で、福沢諭吉家の
  婿でありながら、川上貞奴の恋人ともいわれた福沢桃介が
  読書発電所の建設の為に架けた木橋吊橋 の通称「桃介橋」


 IMG_2901

  南木曽の町の彼方に中央アルプスも望む事が出来た

  公園整備の為にと、駐車料金として三百円を徴収して
  いたのでケチな旦那はおかんむり。同じく南木曽町の
  妻籠宿にしても駐車場料金がいるので、家から近いが
  私は3、4回くらいしか出かけた事がないのが実情だ


 IMG_2912

  娘などは妻籠宿に出かけて、気軽に食事をしたいと
  いつも言っているけど、この駐車場料金が足かせに
  なっていたりもする。それが古い町並みの保存に
  使われているのだからと思っていても、地元民が
  観光ではなく、食事が目当てに出かけるのに有料?
  って感じで、結局は近隣の駐車場完備の道の駅とか
  駐車場が無料の馬籠宿で食べ歩き~


 IMG_2925

  昨日の新聞でも、このブログでも紹介をした事も
  ある、名古屋近郊の国営木曽三川公園の入場者が
  過去最高になっているそうだ。何せ、ここは無料で
  あるし、花は綺麗で子供の遊ぶ遊具も多いのだから


 IMG_2935

  車産業で成り立っている東海地方では、泣いているのは
  派遣社員だけではない。正社員も休日出勤も残業も無く
  生産調整の為に金曜日なども休みとされて、給与も減り

  お金がないのに、休みだけは多い状況下で、このような
  無料で楽しめる近郊の施設は大人気だ


      IMG_2938

  我が家の場合は、ETC本体が無いようでは高速料千円の
  夢は破れ果て、遠方の観光もままならず。ネット検索を
  したら「新車を買えばETCが、直ぐ手に入ります」との
  妙案なども(笑) そっかぁ~ その手があったか!って
  買えるかぁ~~!


      IMG_2927

  高速料金千円だけでも良かったのに、直前の期間限定の
  ETC購入の助成があったから余計に、このような混乱を
  招いたのだし、購入予約をして入荷待ちをしている人達に
  ETCが手に入る時期までの期間分は、千円の終了時期を
  延ばすくらいの配慮があればいいのに


      IMG_2913

  脱線しました。ついつい気がつくとETCの恨み節になって
  しまいまして。それだけ我が家では、普段は我慢して国道を
  ちんたらと走っているだけに、期待が大きかったのですよ

  一般道の道の駅ではなく、サービスエリアの高速グルメも
  食べ歩きをしてみたいし。それでなくても、↑のような
  ケチな旦那を遠方まで連れ出すには、期間限定の高速料金
  千円は、格好のエサだったのになぁ~


 IMG_2928

  しかし旅番組などを見ていると、ETCが無いといっても
  春の行楽を旦那は諦めていないようで、「最近は奈良に
  出かけていないなぁ」と言ってるよ、お~、無料ながらも
  高速並の快適な名阪国道を使う手があったか。でもね~
  私はせっかくだし出来たばかりの第二名神も走ってみたい

  その日は何時になるのだろうか? 夏?(泣)
 
  さてメインのミツバツツジの群生の他に、八重桜などの
  時期の遅い桜の花も、同時に楽しむ事が出来た


 IMG_2917

  花弁に葉緑体を持ち、黄色の花を咲かせているのは
  鬱金(うこん)の桜で、その名の由来はショウガ科の
  ウコンの根を染料に用いた鬱金色からだとか


      IMG_2902

  伊豆諸島に多く、伊豆半島、房総半島にも咲く大島桜も
  とても可憐な花だった。産毛がないこの葉を塩漬けに
  して、桜餅の材料とされる場合が多いそうである


      IMG_2936

      平成21年4月18日に長野県木曽郡南木曽町で撮影







最終更新日  2009年04月23日 09時29分54秒
コメント(50) | コメントを書く
2008年08月05日
カテゴリ:木曽より

 木曽福島9

 木曽福島3

  娘が大学の夏休みで、家に引き上げてくると
  いうので、仕事が終わって帰宅をした旦那の
  車で前日の夜には駆けつけて、次の日は朝から
  上高地か美ヶ原にでも出かける予定でいたが
  娘のレポート提出がはかどらず結局は、お昼


 木曽福島4

      木曽福島12

  仕方がないから木曽福島の町並みでも、のんびり
  歩いてみるか~という事になった 江戸時代の
  五街道の一つであり、本州中部の内陸側を経由を
  する「中山道(なかせんどう)」は、東海道についで
  江戸幕府にとって重要な道であった


 木曽福島1

      木曽福島2

  江戸の日本橋を出発をし、琵琶湖の草津宿で
  東海道に合流をし、京都の三条大橋が終着地で
  江戸から草津まで129里、69箇所の宿場が
  置かれていた


      木曽福島18

             木曽の地酒、七笑

 木曽福島16

  山越えの多い道ではあったが、東海道に比べて
  川止めが無いのが利点とされ、女性は中山道を
  利用することが多いといわれ、「姫街道」と
  呼ばれたりもした


 木曽福島11

            足湯も楽しむことができる
             
      木曽福島7

  大河ドラマでもいよいよ登場をする、幕末に
  和宮親子内親王が、徳川将軍へ御降嫁をされる
  際にも中山道を使われて、そのゆかりの品々が
  各宿場などに残されている


 木曽福島10

      木曽福島5

            こうゆう細い路をあてどなく

  木曽路はすべて山の中である。あるところは
  岨づたいに行く崖の道であり、あるところは
  数十間の深さに臨む木曽川の岸であり、 ある
  ところは山の尾をめぐる谷の入り口である
  一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた。
  と、島崎藤村の夜明け前の書き出しにある


 木曽福島17

      木曽福島14

  木曽路は長らく、木曽義仲の子孫ともいわれる
  木曽氏の支配下にあり、江戸時代ともなると
  徳川御三家の尾張藩の支配下におかれ、その
  代官所は、現在の木曽福島宿に設けられていた


 木曽福島8

      木曽福島6

  また東海道の箱根と新居、中山道の碓氷と共に
  天下の四大関所にあたる、福島関所が置かれる
  木曽の行政中心地で、霊山である木曽の御嶽山の
  玄関口であり、民謡「木曽節」の町でもある


 木曽福島15

           平成20年8月1日に木曽町で撮影


      木曽福島19

            ここのポストは、せいめいくん
 






最終更新日  2008年08月05日 21時19分50秒
コメント(130) | コメントを書く

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.