3599059 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

潮騒の唄を聴きながら…

PR

X

プロフィール


磯トンボ

サイド自由欄

=管理人からのお知らせ(お願い)=

現在はコロナ禍のおり、感染に対する南房磯地元の方々への気持ちを考え、毎週釣行は勿論のこと釣行も極力控えております。南房をホームとされる籠釣り師の方々もご協力のほど宜しくお願いいたします。

尚、「MENU」内の「釣り場(南房)」及び「釣果」の写真掲載についても、諸般の事情(NET功罪)を鑑みて公開を取りやめております。ご了承ください m(__)m

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

2006年01月28日
XML
today diary

今日は三週間ぶりの午前中から車中の人となる。
京葉道路~館山道路~久留里~千倉のコースで房総半島に出かけました。
勿論、トランクには簡単な釣り道具は積み込みました。


 
ロマンス街道(R410)に入り暫くすると、ご覧のような状況です。
とてもこれから房総半島に向かうとは思えない途中の風景です。


 
一週間も過ぎてこうですから、先週は大変だったでしょうね。
林の中はどこぞの雪国の春先に見られる雪解けの途中~の感じそのもの。
その辺の木のクボミから野ウサギが飛び出して来そうな雰囲気です。


 
ところが里山を抜け太平洋側に出て、千倉にさしかかると辺りは一変します。
潮風の中で育った色鮮やかな路地物の花達が迎えてくれます。


 
何十年とこちら方面を訪れていますが…
太平洋の黒潮に近い海辺はもう春。
車外に出ると潮騒の香りと甘い花の香りが漂い年間で一番好きな季節。

白間津港で漁師をしてると言う、お婆さんの花畑で写真を撮らせてもらいました。
本業は漁業&農家でお花畑はお婆さんの趣味でやってるそうです。
この花が終わる頃には稲を作るとか…。
<我々勤め人は年間通して同一業種であり、羨ましく思う>

簡易小屋(一応売店)に入りお茶まで頂き一時間は話し込む。
何気に小屋の中はいい香りがする。
それはストーブの上で焼かれていたサザエのつぼ焼きで、お茶うけに頂きました。
何だか今回は釣りをする気がなくなってしまうほどのんびりムード。


 
帰り間際に我が家用に”畑からは花””海からはサザエ”を少しわけてもらった。
長居をしてしまい、後ろ髪が引かれる思いで白間津を後にしました。
車は一路南下~~~
すみません、ページが足りず肝心な釣りの事は何にも書いてません(-_-;)

次回に続く~


  ブログランキングに参加中!   当hpも掲載中!



thank you






最終更新日  2006年01月29日 08時42分04秒
コメント(8) | コメントを書く
[潮騒釣行日記(実釣編)] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.