2237019 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日常を楽しく、ここちよく。

PR

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

Rakuten Card

2020.10.27
XML
カテゴリ:子供の習い事
先日、

息子の珠算検定、暗算検定がありました。


珠算検定は2級を。

暗算検定は3度目の日珠連段位認定試験でした。(現在、総合段位は準初)


暗算は段位になると、問題は1種類で、

何点取れたかで取得できる段位が変わり、

かけ算・わり算・見取り算全てで取れた段位が認定される仕組みです。


とにかくスピード勝負で、

頭の中でいかに素早く正確にそろばんの玉を弾くか。

それはもう素人の私にとっては、異次元の早さであり、神業としか思えません。

そろばんという、特殊能力の凄さを改めて実感します。


年3回ほどある検定試験の良いところは、


◆短期的な目標になり、成長できるところ。

◆商工会議所での試験で受験の緊張感を味わえるところ。

◆ライバルでもあるお友達に会えて刺激になるところ。


コロナ禍での検定試験は例年通りとは行かず、こうやって受験できるのもそろばん教室の先生方のおかげです。


ここからは鬼滅の刃ネタ 笑


練習では、「水の呼吸で!」「雷の呼吸で!」「ヒノカミ神楽で!」とか、

鬼滅の刃の言葉をつかって、

本人のモチベーションをうまーく上げて取り組んできましたうっしっし



どうやら、どの家庭でも考えることは一緒のようで雫

試験会場ではあちらこちらで、

「全集中、常駐!」


なんて言葉が聞こえてきた泣き笑い



これだけ子供たちの士気を高め、

頑張る力を与えてくれる「鬼滅の刃」はやっぱりすごい!


練習がマンネリ化しつつあった息子の新しい原動力になってます。


炭治郎、ありがとう‼︎ スマイル




結果はどうであれ、

頑張ったご褒美もまた鬼滅の刃であります。


我が家は現在10巻まで。





母は、早く続きが読みたくてうずうずしています。










息子が描いた善逸




















にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村






Last updated  2020.10.28 11:35:01



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.