000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

どないなってますの?… New! 鹿児島UFOさん

NHKのど自慢チャンピ… New! はまゆう315さん

試写会「メアリと魔… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

SPEAK ENGLISH WITH … New! クルマでEco!さん

ばらかもん 15巻 ド… New! みやさとver.さん

アプレ娘登場>『ひ… New! ひじゅにさん

春ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

スマホから先に画像… 俵のねずみさん

アイドルと観覧車 YOSHIYU機さん

ニューストピックス

2008年02月17日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
島津本家、斉彬の養女となるコトが決まった於一。
だが、その陰で菊本は逝った。
衝撃を受けた失意の於一ではあったが、
父・忠剛は屋敷を血で汚した不届きモノと菊本をなじり、
菊本のことは忘れろと、於一に命じる。
納得のいかない於一ではあったが、その夜。
母・お幸から、菊本の遺書の内容が伝えられる。
『本家の姫を身分の低い自分に育てられた。』
その事実をすべて消去するために、選んだ道だった。
尚五郎からも、菊本の覚悟を理解し、前を向いて生きて行けと。。
やっと覚悟が決まった於一だった。

そのころ、長崎の出島より、江戸に驚くべき知らせが伝えられる。
日本との通商のため、アメリカの軍艦が向かっていると。
幕閣達は、対処に悩むが、
そんなとき、島津斉彬の江戸入りにあわせ
水戸の徳川斉昭が、老中阿部達に攘夷論を展開。
島津の力を借り、砲台設置や軍艦建造が決定される。
大仕事となることを考えた斉彬は、
於一の城入りを早める決断をするのだった。






先ずはヒトコト。

なんだか、今回は『大河ドラマ』のようですよ!!!

そう言いたくなる感じでしょうか。
事件などは発生していないけどね。



さて今回。
菊本と於一の関係や気持ちは、
死んでしまったと言うこともあり、かなりアッサリ気味だったが。


そのかわりに。
親友・肝付尚五郎と父・島津忠剛そして、母・お幸

この3人との関係を詳細に描いた感じだ。


おかしな言い方だが、
『輿入れ前夜』とでもいう感じだろうか。


結婚ではありませんがね。


そのため、
尚五郎だけでなく、忠剛、お幸が、
しゃべる、しゃべる!!


尚五郎はともかく、両親は次回以降出ないのでしょうか????
と、勘ぐりたくなるくらいですね。
それくらい、しゃべりまくってました!!
いくつかの部分なんて、
どう見ても、後付けで詰めこんだカットもありましたし。


と、、、、、そう言うことは無視して(^_^;

なかなか、良い感じの『輿入れ話』だったと思います。



尚五郎とは親友として、
『あなたは覚悟を分かっていない
 菊本殿は、あなたを思い、あなたのために死んだ
 それを理解し、前を向いて生きていくことだ。
 あなたのすべきことはそれしかありません!!
と、、、菊本のことで、覚悟を決めよと言われ。
そして、

於一の発案で、
異国の習慣で、友の証として
大事な物を交換する

ということで、
ついに『運命を感じるお守り』の交換です!!!

意外と、これだけでもジーンと来るモノで。


立て続けに、兄たちとの最後の晩餐や。


母から、『自分を信じて、感じるがままに任せる
と、生き方を伝えられたりと。

それぞれに思い出として残るような役割があった感じですね

当然『父』は、、、会話を拒絶するわけです。
コレもまた『父』の威厳を感じる部分だろう。


そして。。
於一『父上、一はこの家に生まれて
   誠に幸せでございました
忠剛『わしもそなたの父で、何というか、、、、愉快であった。
於一『父上、私はどこに行っても
   父上、母上の娘であったことを誇りの思い、
   生きて参ります。
   今日までのご恩、誠にありがとうございました

と、、、、別れの言葉ですね。

最後ひとり口を押さえて泣く、忠剛が印象的でした(^_^)b
もちろん、
道中で見送る尚五郎も



と、、、
コレまでの話では、ほとんどされなかった
『人間関係』や『キャラの感情』を
良い感じで描ききったと思います。

もう、脚本の勝利と言うより
俳優さんの演技力の勝利ですね。

やっと、ドラマらしいドラマになった感じだ。




まぁ、城入りだけなのですが、それでも面白かったと思います。


2度見して追記
長塚京三さんと、樋口可南子さんばかり見てしまいましたm(__)m

そう言えば、冷静になってみていると
細かいところまで『身分』と言うことを、
キッチリと描いていましたね。

その『落差』のようなモノを感じる部分や、
それを利用し活用する部分など、
両親から見た於一もあわせて、
良い感じでしたね。

と、、別のモノを見ていました。




これまでの感想

第6回 
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回






最終更新日  2008年02月17日 21時08分18秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.