19638363 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

シカゴ・メッド2 … New! はまゆう315さん

歴代GT-Rテールラン… New! クルマでEco!さん

令和最初の『紅白』… New! ショコラ425さん

失われた20年? 先進… New! 鹿児島UFOさん

劇場鑑賞「マレフィ… New! BROOKさん

ストッキング>『ス… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

初めての海ほたる 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2008年03月09日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
篤姫の嫁ぎ先が、次期将軍・徳川家祥であることを、
斉彬から聞かされた幾島。
御台所として、幾島の教育は熱を帯びる。
箸の使い方にはじまり、琴、鼓、書道。。。
何をやっても前向きにならない篤姫。
仕方なく幾島は
『覚悟』を決めさせるため、全てを話すべきと斉彬に進言。
まだ早いという斉彬だったが、
現在の姫の状態などを考え、斉彬はついに決断する。

将軍家に嫁ぐことを告げられ動揺した篤姫は、翌日。。。。。






途中、ナゼか、尚五郎たちのことを入れていましたが。。。
それは無視するとして。ってか、、、
『御台所への決心』に、なんの関係もないやん!!



それはさておき

全般的に、
何も知らない篤姫から、
幾島の進言、斉彬の決断
篤姫の動揺からそして決断と

良い感じの流れで面白かったと思います。
『ブレがない』という感じでしょうか。

それに連動するように、
幾島もある意味動揺から、
篤姫の覚悟を聞き、今まで以上に決意するまで。

幾島の話も、良い感じ。

完全に2つの車輪が回っていく感じで、
それを斉彬という軸で連結している。


まぁ、、、、、
ホームドラマ風なのは、仕方ありませんが
時代背景から『そういう縁組みもあった』と
そんな感じで『大河らしさ』を表現したと言うべきでしょうね。


細かい部分も、前回よりは『教育』をしている感じでしたし。
江戸のドタバタも、それほど詳細にすることをせず
薩摩中心で動き、分かり易かったと思います。



父・斉彬との囲碁の件は、
今までのことがあるため、そういうのもアリでしょう。


ただ。
そこから
篤姫『私はおのれの意思で参りとうございます

と来るのは、少しやりすぎな気もしますがね。
だって。。。直前まで脱走しようとしていたのに。。。

篤姫『母上様に会いたい』
って、、、、
心の中にある『ふるさとへの思い』を無視しちゃってますからね。。。


せめて、、、
幾島、斉彬が、『逃げる』コトをいろいろ言っていさめるとか。
本来ならば、、、、ココが『女の道は一本道』なんでしょうけどね。

どうも、囲碁への流れに見えにくさはあります



とはいえ、
今回ラストで変化した篤姫ですので。
今回と、次回の両方で、変化を楽しみ、
そして、、、、『ふるさと』のこともまとめると見るべきかな。



2度見して、追記。

書き忘れていたので。ヒトコトだけ。

『勘』ですか???

意外と衝撃的な言葉ですよね。
大きな決断をする主人公が、表舞台に出るきっかけが。。。

まるで『偶然にヒーローになった』みたいですよね。
大河ドラマなんだから、もう少し納得するようなモノが。。。。。
ま、、、いいです



これまでの感想
第9回 第8回 第7回 第6回 
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回







最終更新日  2008年03月09日 20時55分32秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.