19655900 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

錦織圭 世界ランキン… New! クルマでEco!さん

HERO 第2シリーズ… New! はまゆう315さん

秋ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

一人前になるまでは… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

台風19号に想う 災害… 鹿児島UFOさん

劇場鑑賞「フッド:… BROOKさん

来年の鳴尾浜にワク… YOSHIYU機さん

いろいろの巻 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

2008年03月23日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
江戸への旅立つ日が決まった篤姫
そこで、家中の主だった面々を城に招き宴が開かれることに。
その中には、実父・忠剛、実母・お幸、忠冬、忠敬。。。
そして、、尚五郎も。だが皆、形式的なあいさつのみ。
幾島から直前に注意されてはいても、ついに涙を。。。。
数日後、斉彬のはからいで、
家族との最後の別れの時が設けられるのだった。

そして、旅立ちの日の朝。





『別れ』ですね。
とはいっても

『さらば桜島』は。。。。ちょっとね。


だって、、
今までもずっとでしたが、
『薩摩』という言葉を出すことはあっても
『桜島』は、、、、かなり少ない。
たしかに、映っているシーンをたくさんありましたけどね。



それはさておき。
今回は、家族との別れ、尚五郎ら友人との別れ
ですね。


そこに『身分』というモノをハッキリさせながら、
幾島をポイントで出し、
全体を引き締めた感じだ。

篤姫『忠剛殿。お幸殿 
   忠冬殿、忠敬殿
   お心ありがたく頂戴つかまつりまする

実の家族とは言え、身分は、
『そうしなければならない』。

現状での悲しさ、つらさだけでなく、
これからのことも含めて表現したと言って良いだろう。


まぁ、それだけでは
この手のドラマは成立しませんので『殿のはからい』

篤姫『私は、どこにいようとも、父上様、母上様のお子にございまする
お幸『もう雲の上のお方
   あなたがなんと思おうとも、あなたは磨かれ
   変わられました。
   さぞかし苦労したのでしょう
   江戸に行ってもあなたらしさだけは忘れずに
   元気でいてくれれば、他に申すことはありませぬ

見ていて楽しいだけでなく、
悲しさ、切なさ、そして面白さ(忠敬限定)

家族との良い感じの別れだったと思います。


そのあとの、出発の日の
今和泉家の家の前。。。は。
別の意味での緊張感もあり、
次の盛り上げのための、1つのステップですね。

そして、。
そのあとの桜島の見える場所。。。は、
仕方ありませんよね。
この手のドラマですから。

でも
身分だけでなく、西郷、大久保の気持ちも分かり
これもまた良い感じの別れだったと思います。



最後の幾島への言葉も
『薩摩を思うて泣くのは、これが最後じゃ

決意ですね。。。


と、、
『別れシーン三昧』でした。

特にあれこれいう感じでもなく
こんなトコロでしょう。

ある程度感動もしているし、満足と言えば満足。


ただ
これからの展開を考えれば、
よっぽどのことがない限り、
篤姫の楽しい笑顔は、最後かもしれませんね


これから先は、一本道の『茨の道』でしょうから。


わたし的に
1つおもしろかったのは
篤姫の前に、みんな勢揃いの部分。
忠剛、お幸、忠敬、尚五郎
この4人の表情が、皆違いましたよね。

それぞれの立場での『気持ち』を最も表現した部分でしょう。



2度見しての追記
ほとんど同じような印象ですね。

1つ気になったのは、
これで篤姫は薩摩に登場することはなくなるわけです。
で、、、京都、江戸。
それぞれにあれこれあるだろうが、

ココで、大きな疑問。
薩摩キャラの内、これから先登場させる人物は
どれだけいるのだろうか??

きっと『うわさ話』とかで聞くというパターンなのだろうが、
だからといって、薩摩のことをやらないわけにもいかないわけだ。
『事件』もたくさん発生するしね。
となると、、、
これからが、バランスが大変と言うことですね。
どれだけ、篤姫を出して、そして出さずに表現していくか。

ホントに、正念場を迎えたと言うべきでしょうね。


これまでの感想
第11回 
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回 
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回








最終更新日  2008年03月23日 20時57分56秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.