21665693 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

綾の光時通信・・・… New! 鹿児島UFOさん

『太陽の子』に三浦… New! ショコラ425さん

かくれんぼ  第2… New! はまゆう315さん

カフェで42>『エー… New! ひじゅにさん

渡哲也さん 涙っす New! クルマでEco!さん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

ノーデータ野球 虎党団塊ジュニアさん

明日は8/8で思い出し… 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2008年10月13日
XML
『剣神立つ~味は甘いかしょっぱいか?~』

内容
異端の魔女アラクネは、組織『アラクノフォビア』を復活させ。
モスキートらを使い、魔道具『道徳操作機』を開発しようとしていた
そして『剣神』とよばれるあの男を助っ人として迎え入れ。。。。。

そのころ、死武専のシドは1つの情報を得ていた。
史上最大の発明家と言われる大魔道士エイボン
その技術が用いられ、魔道具をアラクノフォビアが作っていることが判明。
魔道具の目的の調査と破壊。
シド、ナイグス、そしてデスサイズ梓が
アラクノフォビアの研究施設へと潜入するのだった!!

梓の協力を得て、シドたちは潜入していると
突如、警報が鳴り響く!!!
梓は『千里眼』で確かめると、、、そこには、、ブラック☆スターがいた!!!
マカの敵討ちのために、乗り込んできたのだった。
だが、そのブラック☆スターの前にあらわれたのは、、、
魔女アンジェラの保護を条件にアラクノフォビアに力を貸すことにした
用心棒・ミフネだった!!

一方、シュタインは、自らの恐怖心、、狂気と戦っていた。。





新しくはじまった戦いの序章と言うところですね。

とりあえず、
ブラック☆スターvsミフネ

なかなか、良い感じの魅せる闘いで
圧倒的なミフネの力を表現しながら、
ブラック☆スターもまた、、、スピード感のある
『らしさ』を表現した闘いだったと思います。

結果的に、力の差は歴然ですので、
完敗と言って良い状態なのですが、

それでも、魅せきるのが、この番組の素晴らしさだろう。


その一方で、
意外と素早い動きで、潜入を得意とするシド、ナイグス
そのうえ、
デスサイズ、弓梓の『千里眼』だけでなく『狙撃』という『能力』も披露。

死武専サイドもまた、力のあるキャラがいるのを
それとなく表現しているのが、面白い部分。

ま、、、、モスキートも、、だけどね(^_^)b


様々な要素をキッチリ入れ込みながら、
『次の闘い』を予感させるネタフリなど、
なかなか面白いお話だったと思います。
ミフネ、アンジェラの過去を知るだけでなく
『優しさ』もキッチリ表現したし!

前半の、緊張感のない病室があるからこそ
後半の、闘いのテンションも上がるというモノです。

このアタリの構成もまた、らしさがあり面白い部分でしょう。


ただ、、1つ気になるのは。
今回だけで、かなりの原作の話を費やしてしまったことだろう。

これ。。。。どうする?
まさか、、オリジナル、てんこ盛り攻撃??

少し、不安も見え始めたお話であったと思います。


ちなみに。。。
わたし的には、今回のラストのオチは、
原作の方が、好きだけどね。。。余韻が残る感じで
ブラック☆スターの気持ちだけでなく、ミフネの気持ちも分かるから!



これまでの感想
第27話 第26話 
第25話 第24話 第23話 第22話 第21話 
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話 
第15話 第14話 第13話 第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話








最終更新日  2008年10月13日 18時37分25秒
[アニメ特撮系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.