23173506 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


21年01月期


21年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


NHKドラマ2021年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


SPドラマなど2021


映画感想


お気に入りブログ

僕の中のあいつ New! はまゆう315さん

劇場鑑賞「パーム・… New! BROOKさん

【春の珍事】犯珍1… New! 虎党団塊ジュニアさん

今日こんなものが見… 俵のねずみさん

シン・エヴァ お知ら… 鹿児島UFOさん

【おちょやん】第19… ショコラ425さん

るるぶ宇宙 クルマでEco!さん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

ブログ、お休みします ひじゅにさん

制作中です シュージローさん

2009年03月07日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『悪は静かに死んでやるズラ』

内容
茜(木南晴夏)が自殺した。
風太郎(松山ケンイチ)のことを愛したための決断だった。
その事を語り、風太郎を責め立てる緑(ミムラ)
そんな緑を誘い、風太郎は母・桃子(奥貫薫)との思い出の場所へと向かう。
父・健蔵(椎名桔平)から、酷い扱いを受けた母子の最後の場所だった。

そんななか由香(石橋杏奈)に呼ばれた風太郎は、
そこにあったモノが崩壊している事実を知る。
そして、『伊豆屋』へと向かうと、
祥子(りょう)から金を貸して欲しいと言われる。
拒否をする風太郎は、
真一(松山ケンイチ・二役)を雇ったことを告白すると。
祥子だけでなく、保彦(光石研)まで、包丁を手に取り。。。。
そこには、最も風太郎が見たくない、
そして、、風太郎が思い描く『人間の姿』があった。。。。。

そんなとき、健蔵が三國家にやってくる。

敬称略




今回は、いつもとは違うパターンで


緑『1つだけお礼を言うわ
 茜は私に幸せだっていった
 あの子の幸せそうな顔を初めて見た
 その幸せを失いたくなくて死んだんだと思う
 茜に幸せを感じさせくれてありがとう
 残念ね。世界でたったひとりの理解者を失って
 どう?少しは心が痛んだ?

緑の存在。。それは、、
風太郎にとっては
『死んでいようが生きていようが関係ない。興味もない』

存在のハズだった。
だが、
ある意味、、金と持った者の行き着く先を見てしまった風太郎。

それは、風太郎にとって『答え』だったはず。
もしかしたら、、、『愛』いや、、、『心』

だからこそ
風太郎はある『賭』に出ていた。。

そこに『本当の答え』があるのかもしれない。

子供の頃
“金持ちになって幸せになってやる”
その思いを超える、、母の気持ちの行き着く先が。。。

そう伊豆屋に賭けていたのに。。。やはり、ヤツらも人間だった。
結局“金”でしかなく、、、そのために、刃物まで手にする。。

“心が大切”と言っていたのに。。


祥子『お金2000万貸してください
風太郎『あいつなら、返せる当てのない借金作っても
  別に困らないだろうと..そう言うことですか
  そう言うことですよね
祥子『そうです。その通りです
風太郎『この間も言ってたじゃないですか
  大事なのは心だって 
  そう言う計算するのも心なんですか
  お断りします
  笑顔で受け入れればいいじゃないですか
  どんなことがあろうとも

保彦『金であんな事やらしたんだろ
  警察には黙っていてやる。かねよこせ
風太郎『そこまでやりますか
祥子『家族をみんなを守るためだったら何だってやるわよ
風太郎『大丈夫なら僕ならこそしても、そんなにたいした罪には問われない
  どこ行っちゃったんですかあれだけ大事だって言ってた心は?
  ガッカリだ
  僕、賭をしていたんですよ
  あなたたちが僕にどういう風にするのか
  最悪の結果が出ちゃいましたけどね
  くだらないって事ですよね。人間なんて

風太郎『あんたらみたいなのがいるから、この世界は腐るんだよ

伊豆屋にあったのは、『母』に重なるもの。。。『希望』だったのに。。。

やはり、、金、金、金。。。。



そんなとき、、、父・健蔵がやってくる
最も嫌う父。。。そして、苦しめた父が。

風太郎と同じ『心』を持つ健蔵も、『金』に悩んでいた。

『10億持ってフラフラしてると
 なんかむなしくなっちゃってさ
 オレはフラフラしたいだけなんだよ
 お前だって、そうだろ
 大金持ちになってなにかいいことあったか?
 お前が死んでくれって言うなら死んでやるよ
 でもどんなろくでなしであろうがさ、オレの人生だ
 金と心中なんてごめんだ』

それは、、あれだけのことをやって来た父の、、本当の姿
いや、、母の言っていたとおりの父だった。

風太郎『どうぞ、生きてください
  さようなら、お父さん



そして、、、
出かけようとする風太郎を呼び止める緑

緑『罪の重さが辛くなった?
風太郎『僕が間違ってなかったって、分かったからですよ
緑『私が見届けてあげるわ、約束通り






いつもとは違うパターンで、書いてみました。
ま。。あらすじ、、ってやつです。


実際、流れとしては、

母への想い、貧乏への憎しみ
その気持ちがある状態で、

本当に幸せと思っていた『金持ち』になったとき、
何をして良いかが分からなくなっていく様を

今まで以上に描いたと言えるだろう。

そして、
その気持ちの補強をするように、
荻野、伊豆屋、、そして、健蔵である。

ココまで描くと、

おみごと!!

と言うしかない状態だ。

決して、追い詰められているわけじゃないからね、、

全てを同じ方向で表現しているのだ。
だからこそ、流れに無理が無く感じられると言う事ですよね





ということで、風太郎がたどり着いた答え。ですね。
少し気になる行動もしていますので。。。

そこらアタリも期待して、、、次回ですね。


これまでの感想

第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話






最終更新日  2009年03月07日 22時24分18秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.