14957885 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

綾の光時通信: 中今… New! 鹿児島UFOさん

普通の女の子>『ひ… New! ひじゅにさん

Wドラマ コールド… New! はまゆう315さん

天才中学生もお好き? New! YOSHIYU機さん

ワールドレモネード … New! クルマでEco!さん

週刊少年ジャンプ 2… みやさとver.さん

【ひよっこ】第73回(… ショコラ425さん

今日の収穫 (6月… BROOKさん

本を買いました!と… 俵のねずみさん

ニューストピックス

2010年08月12日
XML
カテゴリ:映画感想
先ずは。
『天装戦隊ゴセイジャー エピック ON THE ムービー』

内容
ある日のこと、地球に、2つの隕石がふってきた。
ニュースなどで騒がれる中、アラタ(千葉雄大)は、奇妙な気配を感じる。
向かうと、謎の女性ラシル(磯山さやか)がいた。
“笛”を探していると言うが。。。。そのママ、姿を消してしまう。。。

そんななか、データスが奇妙な反応を検出する。“ウォースター!?”
アラタたちが向かうと、、そこには、
超新星のギョーテンオー、明星のデインバルト、、そして彗星のブレドランが!!
ギョーテンオーたちは、落下した隕石を2つとも強奪し“角笛”を完成させる。

かつて“ラグナロク”という災厄を生み出した“角笛”を使い、
地球を滅ぼそうとしていたのだった!!!!
ギョーテンオー達の追跡を逃れる為、ラシルが角笛を分割していたのだ。。。。。

完成させた角笛の威力は凄まじく、
倒したはずのウォースター軍団も復活し、圧倒されるゴセイジャー達。



敬称略



ヒトコトで言えば、良くも悪くも“ゴセイジャー”そのものである。

ただ、TVと違って、低予算の演出が見えながらも
それなりの戦いを魅せてくれているので、

期待していなかっただけに、意外と満足度は高いかもしれません。

ま、、、比較ですけどね。。比較。

逆に、戦い方自体を、劇場版のこの程度でも、してくれていれば、
TV版も、もう少し満足できるだろうに。。。。ということである。

TVの場合、テキトーに肉弾戦を行っておいて、
オモチャの宣伝を兼ねている巨大化したメカ戦がメインですからね。。。

たしかに、それはそれで、良い部分もあろうが、
やはり、“正義の味方がカッコイイ”と感じるのは、

仮面ライダーではないが、、、本人自身が戦っていることなんですよね。

この映画の場合、肉弾戦、連携などが描かれ
意外と満足度が高い戦いだったと思います。

もちろん、、もう少し出来ることは出来るだろうが、
これ以上求めるのも酷というモノだろう。


物語自体も、地上に被害をもたらしている状態を描いていますし、
TV版よりも、“地球を護っている”というのが見えたのは良いことです。


とまぁ、そんな感じで、
作品としては、ゴセイジャーらしくチープなのですが、
TV版と比較すれば、十分満足できるお話だったと思います。

あ。。。。でもね、“シンケンジャー”の時のように、
“もっと見たい!”“もう、終わり?”
って言う気持ちにはなりませんでした。

ここが、今作の限界でしょう。


次は
『劇場版仮面ライダーダブル FOEVER A to Z/運命のガイアメモリ』

内容
“T2ガイアメモリ”を移送中の財団Xのヘリが、謎の集団の襲撃を受けた。
それと同時に、風都では、ドーパントが頻出し、大暴れする事件が発生する。
翔太郎(桐山漣)フィリップ(菅田将暉)の仮面ライダーW
照井竜(木ノ本嶺浩)の仮面ライダーアクセルが、、メモリブレイクを試みると、
意外な人物が姿を現す。
ウォッチャマン(なすび)サンタちゃん(腹筋善之介)が、ドーパント!?
ふたりの話によると、、空からガイアメモリが降ってきて、
勝手に体内に入り込みドーパントとなってしまったと言うことだった。
と同時に、
国際特務調査機関員のマリア・S・クランベリー(杉本彩)が接触してくる。
“NEVER”という凶悪な組織が、メモリを強奪したというのだ。
大道克己(松岡充)をリーダーとする。
泉京水(須藤元気)羽原レイカ(矢代みなせ)
芦原賢(出合正幸)堂本剛三(中村浩二)の5人組であり、超戦闘集団だった!
奪われたのは“E”エターナルメモリ。。。
残り25本が風都の街にばらまかれていた!!!

すぐさま回収に乗り出す、翔太郎達だったのだが、
フィリップは、マリアに、、、、母・シュラウドを重ね。。。。。

そんななか、翔太郎達に襲いかかるルナ、ヒート、トリガー、メタルドーパント!
そして大堂の策略により回収されたメモリが奪われ、
そのうえエターナルメモリの能力により、
Wおよびアクセルのメモリが無効化されてしまうのだった。

やがて大堂は、5人の仲間とともに風都タワーからメッセージが発表される。
最後の1つのメモリを持ってきた者に。。。。。



敬称略



仮面ライダーの世界には、1つの鉄則がある。
ライダーになるには条件、、、いや、資格があるのだ。
それは、同類である敵もまた同じ。
もちろん、一部には、イレギュラー的な者も存在するが、
ライダーは、その変身する資格のある人物しかなれないのである。

だが、ガイアメモリという設定を盛り込んだ瞬間、
誰しもが資格者であり、誰しもが敵になる可能性があると言うことなのだ。

そう、その設定を、大きく拡大し
悪意により風都全体に広げた時、、、どうなるのか?

そのために、ドーパントが頻出させた。

そしてその瞬間、もう一つの問題が浮かび上がってくる。
誰しもに可能性があるという“システム”があるならば、
“システム”であるがゆえ、封印がなされる可能性があると言うことなのだ。

そのために、ライダーシステムが使えなくなってしまった。

そうなのだ。設定を十二分に利用しきった今作。
ある意味、“仮面ライダーW”の究極の世界と言っても過言ではない物語である。



さて、物語。。。そんな仮面ライダーWの世界観を突き詰めた物語である。

そのなかに、フィリップの、、、、母への気持ちを描きながら、
それをまた物語にフィードバックさせるなど、

なかなか、凝った仕掛けになっている。

一方で、仮面ライダーといえば、、、戦闘シーンであるが、
ラストの戦いも含め、

“W”の能力を最大限に利用した戦いである。

特に、バイクのシーンなどは、、、、“ライダー”なんだなぁ。。。と
良い感じの戦いで魅せてくれています。

そう、、いろいろな意味で、大満足といって良い作品なのだが、

どうしても、気になってしまったことが1つある。

それは、、なぜ、風都が狙われたのか?である。


途中で、風都タワーの占拠で犯行声明らしきモノが出される時
刃野“何が目的なんだ”という、、、警察としては定番の言葉が。。。

ここなんですよね。最大の問題は。

実を言うと、戦いなどを魅せてくれているし、物語も魅せているのだが、
どうしても、、、“動機”が曖昧。

確かに、ミュージアムとの因縁も描かれているし
財団Xとのことも描かれている
だからといって、、、メモリを移送していると言うことはあるが、

風都を破壊する必要性はないわけである。

そら、、“アレ”があるからなどというのは、後付けの解釈の1つ。

本来は、ここにこそ、ミュージアムとの因縁を深く描くべきだったんじゃ?

メモリさえ奪えば、風都以外の場所から風都を攻めることも出来るわけだし。。

と、、、いろいろな疑問が浮かんでくるわけである。

どうもこのあたり、フィリップのことを取り上げている為か
物語としては中途半端で、かなり曖昧。
“死”を彷彿とさせる発言にしても、
“NEVER”なのだからホントは、もっと意味があるわけなワケだし。。

詰めの甘さが見えたところですね。

ま、楽しめたので、これはこれで良いかな。

仮面ライダージョーカーが、、、良い感じだったし!







最終更新日  2010年08月12日 22時12分23秒

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.