31006632 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

レベル999のマニアな講義

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

レベル999

レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


21年01月期


21年04月期


21年07月期


21年10月期


22年01月期


22年04月期


22年07月期


22年10月期


23年01月期


23年04月期


23年07月期


23年10月期


24年01月期


24年04月期


NHKドラマなど


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


NHKドラマ2021年


NHKドラマ2022年


NHKドラマ2023年


NHKドラマ2024


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


SPドラマなど2021~


映画感想


お気に入りブログ

Believe 第5話 君に… New! はまゆう315さん

白峰先生、新作「DVD… New! 鹿児島UFOさん

佐藤義則「ポイント… New! 虎党団塊ジュニアさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

最近興味を持った音… 俵のねずみさん

結婚>『虎に翼​​』… ひじゅにさん

【回顧】30年経って… クルマでEco!さん

【虎に翼】第8週(5/2… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2024年04月22日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
第4週「屈み女に反り男?」
内容
昭和10年、女子部を卒業。明律大学法学部へ進学した寅子(伊藤沙莉)
昭和8年に弁護士法が改正されたこともあり、女性も弁護士が出来ることに。
早速、涼子(桜井ユキ)ら仲間達と教室に入ると、ひとりの学生がいた。
花岡悟(岩田剛典)たちが待っていた。
気合いが入っていた寅子たちだが、男女平等を口にし、温かく迎え入れてくれる。
轟(戸塚純貴)だけは違ったが。小橋(名村辰)も寅子たちに謝罪。
戸惑いを覚えながらも、安心する寅子たち。寅子も自身の偏見を反省する。
だが、よね(土居志央梨)は。。。

敬称略


作、吉田恵里香さん

演出、梛川善郎さん


《ザ・平和》


。。。。間違いなく、今後、何かが起きるのだろうけど。

その展開のためにも、必要な描写でしょうね。よねでさえ、小ネタの状態だ。

言って見れば。

 嵐の前の静けさ

そんなところなのでしょう。


最後は。。。“スン”だしね。

きっと、これが、今週のネタなんだろうね。

騒動になるだろう思わせぶりなネタフリが多すぎて。

どんな風に組み合わせていくかに注目だ。


描くだろうコトは、今までも、これからも、あまり変わらないだろうし。

それを感じさせてしまうかどうかが、

今作の今後のポイントのひとつでしょう。



TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-8638.html






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024年04月22日 07時48分30秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.