017987 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

随筆の樺の木

随筆の樺の木

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2008.06.26
XML
カテゴリ:映画
モノクロの映像に、音楽が追いつかないような印象を受けました。
考えてみたら、今までにみた白黒映画の声や音楽って映像とは異なる時間で響いている感じがします。あくまでも、印象なんですが……。やっぱりアフレコとかの差なんですかね。
でも色のない世界に音楽は覆いかぶさるような働きを持つのではないか。たとえばノルシュテインのきわめて色を意識的につかいながらも、基本的には白黒で構成されるようなアニメにもそれは顕著かもしれない。
ミュージッククリップのような映像では、カラフルな色彩がおしだされる場合がある。
色彩感の豊かな映像に、リズム豊かな音楽が使われるということは、逆にいえば、白黒の映像ではリズム豊かな音楽とズレが生じてしまうんじゃないか。

でもルノワールの映画もしくはノルシュテインの映画にも共通すると思うんだけど、白黒の映像にかぶさっていくような音楽はまるで映像を小箱の中にそっとしまいこむような感じがする。それは一瞬のひらめきにかけるミュージッククリップにない物語を持つ映像が積み重ねてきたものかもしれない。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2008.06.26 21:58:19
[映画] カテゴリの最新記事


PR

Profile

藤田朋文

藤田朋文

Category

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

藤田朋文@ ネットってすごい! どうも、はじめまして。緊張しています、…
やずや・やずや@ はじめまして はじめまして。突然失礼いたします。 ゼ…
藤田朋文@ ただいまをもちまして 青野聰『人生の日付を求めて』を読むこと…
藤田朋文@ 光栄です。 ようこそ、木戸さん!マイブログへの投稿…
木戸善時朗@ 論じてほしいもの こんにちは、初めて投稿します。木戸善時…

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.