000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ワインの部屋&ダイエット、そして愛すべき写真たち

全54件 (54件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

サッカー

2014/06/20
XML
カテゴリ:サッカー
2014ブラジルワールドカップ、日本が二試合終わった所で一敗一分け、勝ち点1。

結果は終わった事だから仕方ないと思うけど、こんなはずではなかったと言うのが本当のところです。

何度も言うけど、結果は仕方ないです。
でも、びびったコートジボワール戦、思い切れなかったギリシャ戦。
コートジボワールには、ドログバ一発。
本田が点を取ったあとが試合にならない。
守って勝てないからのこのメンバーって言う事に対して、反対はしなかったけど、結局攻め達磨にはなれない。
ノーガードの打ち合いを望んだんだろう、2点取られたら3点取るって決めたんだろう、守るなよ。

ギリシャ戦のMOMには本田が選ばれたらしいけど、どうもなー。
お前は前でタメを作るんではなかったのか。
内田の守備は仕方ないし、いくらか攻撃参加も出来ていたので、結局は中の奴らが何も出来てないって事です。


コンフェデレーションズカップの時のイタリア戦が見たかった。
それなら、この成績も許す。
今出来る事をすべてやって、日本の出来る最高のサッカーで負けるのなら許さざろう得ないと思う。
まだまだ出来るはず。

ロンドンオリンピックの時、対スペイン戦でやったU22のササッカーは、あの一戦が全てと言う戦いだった。
今回は、そういう試合が1試合も無いのが悲しい。
対コロンビア戦で、3-0で勝てるなら何とかなるかも知れないけど。
上に行けなくても、最後にやはりこういうサッカーを目指していたと言うサッカーを見せて欲しい。

因みに、ザッケローニはやはり使えない指揮官だったと思う。
決断は遅いしブレる、本番でブレるなんて思わなかった。

この次の監督は誰がなるんだろう。

本田は28歳、次は無いかな?
CBの強化と、ワントップの強化をしっかりしないといけないと思う。
次までにあと4年あります。
もっとプレッシャーのかかる戦いをしてこないといけないのでしょう。
アジア予選は結局緩すぎる。
出られるのは嬉しいけど、日本、韓国、オーストラリアと中東からと言う図式は暫く変わらないと思う。
ヨーロッパや南米みたいにギリギリの戦いをどこまで経験できるのか、と言う話しです。
本番になったら手足が竦んで動けないのでは意味が無い。
香川がリーグ戦で出られないのにも、ちゃんと理由があるのです。

でも、やっぱり応援するのは日本であることには変わりありません。

四年に一度の楽しみが3試合で終わるのは悲しい。

次の本番はAFCアジアカップ2015。
日本は、ヨルダン、イラク、パレスチナとのグループリーグ。
場所はオーストラリアだから時差も少なく楽しく見られるでしょう。

来年の事を言うと鬼が笑う?






Last updated  2014/06/21 07:44:35 AM
コメント(0) | コメントを書く


2014/03/13
テーマ:太陽光発電(1070)
カテゴリ:サッカー
いや、私の怠慢はいつものことですが、今回は営業君。

増税前の3月中に太陽光発電を設置する予定だったのが、パナソニックのバタバタで納品が遅れています。
増税後の導入になると、増税分の20万前後多く払わねばなりません。

それを今になって言って来る営業、パナに増税分持たせろって交渉中←二ヶ月以上前の注文を、今になって言って来る神経が解りません。

結構怒りました。

さて、どうなることやら。






Last updated  2014/03/13 04:45:12 PM
コメント(0) | コメントを書く
2010/07/03
カテゴリ:サッカー
三点目で決まりかな。

ここに、日本の目指すサッカーがある気がします。

ドイツと同じサッカーは出来ないと思いますが、模倣は出来ます。
でも、アルゼンチンのサッカーは出来ません。
物凄い天才が個人で出てくれば、メッシの代わりが出てくるかもしれませんが、マア期待するのは無理。
物凄い天才が、神に愛された時、マラドーナが生まれます。

日本は、全てを捧げて、日本代表の為に体を投げ出せば、何か起こるかもしれない。


見事、クローゼ。
今、ドイツ四点目。

決まりだね。


4-0









日本に神に愛される才能が生まれる時が来るのでしょうか。






Last updated  2010/07/04 12:49:30 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:サッカー
前半終了。
1-0でドイツが勝ってます。
’82のワールドカップで本当のサッカーを見た私は、ドイツを応援します。
サッカーとして好きなのは、アルゼンチンですが、’82のフランス-西ドイツでワールドカップの楽しさ&厳しさを教えてもらった私としては、やはり、ドイツを応援してしまいます。

でも、楽しいのは、どう考えてもアルゼンチン。

ワールドカップは、強い国が勝つのではなく、勝った国が強い。

それを教えてもらったのも、’82ワールドカップ。

今回のワールドカップは何を教えてくれるのでしょう。

某、有名作家が、

「何事にも教訓がある」

何て事を書いていましたが、教訓を見つけられるかは、それもまた自分にかかっています。

スポーツは、やっても観ても色々な事がわかります。
若い時同じスポーツをやった奴らは、ある意味一生の友人。
良いことも悪いことも含めて。

さあ、ここからは、死力を尽くす戦い。

アルゼンチンが、カメラを避けて自分たちの結束を高める。
対するドイツは…。


阿刀田さんが、日経に書いてるサッカー解説好きです。

ここまで前半と後半の間に…。






Last updated  2010/07/04 12:03:03 AM
コメント(0) | コメントを書く
2010/06/25
カテゴリ:サッカー
日本、二勝一敗勝ち点6の文句の無い成績でグループリーグ突破

なんて嬉しい朝を迎える事が出来たのでしょう。
日韓ワールドカップみたいに、地の利が無くてもグループリーグを突破できる日が来るなんて。
しかも、今までの代表の中でも、一番期待していなかった代表チームが。

デンマーク相手に、日本が考えうる最高の勝ち方。
先制、中押し。これが、セットプレーからってのが日本らしい。
一点取られても、PKをきっちり読んで一回は止めてます。
で、最後に駄目押しの一点。
本田の最後のパスは、いらないような気もしますが、岡崎で点が入ったと言う事で満足しましょう。

遠藤と長友にでたイエローカードは、遅延行為を認めないと言う、審判の意思表示でしょうが、少し早すぎた気もします。
PK取られた長谷川も、実はもう一本ハンドがありましたが、最初のPKでもイエローは出ないし、二回目のハンドも審判は取らなかった所をみると、一本目が厳しすぎたと言う審判の自己反省でしょう。

何はともあれ3-1で日本が勝つなんて、いまだに信じられません。



次はF組一位のパラグアイとの戦い。
イタリアが上がってくるかと思っていましたが、グループリーグ敗退とは…。

強いのはわかっていますが、お互いあまり知らない相手。
ここまで来れば、次の試合は、気楽に楽しみましょう←無理に決まってる 苦笑。


とりあえずは、今夜、ビデオを見ながら、祝杯を上げましょう。






Last updated  2010/06/25 07:18:35 AM
コメント(2) | コメントを書く
2010/06/19
カテゴリ:サッカー
予定通りと思わなければいけない試合。
負けは事実ですが、この点差で負けたのは仕方ないとおもわざろう得ない。
オランダはこの後カメルーンには勝てると思います。
てか、勝たなきゃいけない。
と言うことで、カメルーンは落ちます。
一勝一敗の日本は、デンマークが引き分けてきて欲しいと切に願います。

この次は、シャンパニュ呑まずに真剣に応援します。

切れのある中村俊輔なら欲しいけど、今の俊輔はいらない。



この次に、カメルーンがオランダに負ければ…。



いや、やめましょう。


でも、言いたいことは一つ。


この失点は、キーパーのせいではない。
キーパーは、悪くない(キーパー経験者は語る)


等と言いながら、NHKに巻が出てるのに吃驚。






Last updated  2010/06/19 10:35:37 PM
コメント(2) | コメントを書く
2010/06/14
カテゴリ:サッカー
二点取られなけりゃ、勝ち点1。


後40分無いぞー






Last updated  2010/06/15 12:14:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:サッカー
先制点を取ったら、ほとんど勝ちと言われる一次リーグ。
大和魂見せてくれ。

頑張るのはハヤブサだけでは無いと信じている。






Last updated  2010/06/14 11:51:07 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:サッカー
完全フリーからの一点。

このままいってくれ。






Last updated  2010/06/14 11:40:09 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:サッカー
ちゃんと見た、最初の試合のような気がします、オランダーデンマーク。
とっても面白い試合でした、大人の試合ですよね。
皆が、ちゃんとやることがわかっていて、共通理解がしっかりしているチームでした。

日本は、共通理解をするために必要な理念を監督が作っていない。
歴史が浅い日本は、本当はバレーのようにキチキチにロボットの様にした方が、勝つチャンスがあるような気がしますが…、絶対にそれはサッカーファンとして許せない。

サッカーは自由だ。

自由には、責任がついてくる。

楽しんでやることが自由ではない。

その、責任が自分にかかわってくると言うことが、まだ理解されていない。

世界は、ここでの活躍にちゃんと報酬を用意している、現役の選手にとって、そんなに酷い世界ではないと思う。
ここで、最高のパフォーマンスを出来れば、それなりの報酬もある。
次は四年後、トゥーリオだって次は無い、もう29才だ(確かそのくらい)。

日本はドイツから四年、何か積み上げてきたものはあるのだろうか?

日本人は、アイデンティティがないといわれる。
個人の立脚点が個人に帰属しないで集団に帰属するからだとか。

なんて、聞きかじりで書いてると怒られそうなのでこの辺で…。

そんなことより、このあまりに少ない観客にがっかり。



昔、サッカーをやってた頃は野球が目の仇。
あんな坊主の奴らは自由ではない。
なんて言ってたけど、一応メジャーリーグとも試合になる日本。

サッカーは、まだ世界は遠いかなー。


まぁ、日本に生まれた日本人、ここは変えようがない。
応援しますよー。

これ呑んでます。

ご好評につき再入荷です♪フィリップ・ラマリエ グラン・レゼルヴ 【750ML】






Last updated  2010/06/14 10:54:59 PM
コメント(0) | コメントを書く

全54件 (54件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.