2976434 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月

カレンダー

お気に入りブログ

監察医 朝顔 第2話 New! MAGI☆さん

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2011年09月27日
XML
テーマ:『BLEACH』(574)
カテゴリ:アニメ
原作ストック待ちの長~いオリジナルストーリーも今週が最終回みたいなものなので、感想でも。


あらすじは公式HPから。

死神と霊骸たちの戦いは激しさを増していた。だが、霊骸たちに思いもよらぬ変化が現れる。
そして、一護と影狼佐はついに最終決戦の時を迎えていた!



ウダウダとしまらない話を続けていたくせに、最終回だけは高速ですっ飛ばす。
だから説明足らず、描写足らずになってしまうのですよ。


最終回のストーリーは・・・。

「こんな時に一緒に戦わないでどうするんだ。」と言うコンの言葉に、加勢に出るルキアたち。
それが因幡の隙を作り、一護、攻撃。
しかし執念の因幡、尸魂界の霊子を吸収する仕掛けを作り、尸魂界を破壊すべく攻撃する。
これを見たモッドソウルたちは急に尸魂界に里心がついたのか、自身を犠牲にして仕掛けに挑む。
まだ諦めない因幡はボロボロの状態でも一護に攻撃。
しかし一護、一閃。
因幡は望と分離、消えていく因幡。
そして望も消えていく。

・・・って感じでしょうか。


ジャンプ本誌の感想でも書いたんですけど、死神さえ出しておけばOKでしょ?と言うファンをなめきったオリジナルだったと今も思ってますよ、えぇ。

死神 vs 偽死神で、決着のつかない戦いを延々と繰り返す。
私は確かに死神さん達が好きですが、作画の不出来なバトル、いつ見ても同じ様なバトルには楽しめないですよ。

で、何が驚いたって

モッドソウルがいきなり味方!!。大笑い

これをやりたいなら、前にちゃんとオリジナルが持っている尸魂界に対する思いを、コピーであるモッドソウルもまた持っていると言う描写を入れとかなきゃ。
尸魂界への思いを描かなきゃ。

誠実な浮竹が言えば説得力があるとでも思いましたか?。
まぁ・・・その判断は間違ってなくはないかも。←うーん、私も甘い


最終回の話ですが、やっぱり最終回、丁寧な作画で楽しめました。
あ、でも雨竜の横顔、変だったぞ。

バトルは見ごたえありました。
昔は「アクションのぴえろ」と言われていたのですよね。
それが復活するかも知れないと言う期待を持たせる作画でした。

でも頑張った後で煙とかでごまかす癖はやめようね。スマイル

最近のぴえろは心情表現が上手かったりするのですよ、最終回でもそう言うシーンが見られました。
だからこそ、それが生きる話作り、構成をして欲しかったです。

原作でもすっかりご無沙汰のコンをちゃんと活躍?スマイルさせてくれたのは嬉しかったですね。
同様に、現世組にも見せ場を作ってくれたのも嬉しかったです。

原作でもお願いしたいですわ。


EDはギンと藍染。
久しぶりに見てもやっぱり...orz...になる藍染の最終形態。

次回予告には笑ったです。
うん、今のうちにいっぱい言っておくと良いよ、一護。

死神図鑑。
コンの死神代行証が可愛くって、もらっておけば良いのにとチラッと思った。
でもストラップの方が“証”なのですよね。



TB用URLはhttp://madamon.blog54.fc2.com/tb.php/580-0d819989です。



http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/68e67f38517cfc02c57a7d2b7f5f9985/bb







最終更新日  2011年09月27日 22時29分24秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.