2460208 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本の教育は、これでよいのかな

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


今日9729

カテゴリ

中学の漢字指導

(48)

学力向上対策

(29)

自己肯定感

(17)

学校・教育原理・教育全般

(283)

自発性・内言

(17)

九歳の壁・落ちこぼし

(3)

論理的思考・・・学習論理語・教育基本語い

(49)

A漢字は手首化

(2)

漢字の意味の変転

(5)

・漢字指導

(339)

・・・抽象漢字の指導

(23)

・・・文作り

(4)

・・取立て指導(1セット5過程の指導)

(41)

・・・テストの工夫

(14)

・・・手首化(見ないで書ける)

(15)

・・・漢字の許容(止め・払い)など

(8)

・・・筆順

(14)

・カタカナ・ひらがな指導

(25)

送りがな

(4)

言語分析(文学言語理論言語日常言語)

(14)

文化審議会・品川区のカリキュラム

(5)

実態調査(品川・学力調査)白石・甲斐実態

(10)

教育全般・・・漢字から

(39)

先生と保護者

(19)

いじめ・学級崩壊・自殺

(19)

読解力

(22)

文学文の読解

(53)

・・・物語を書く

(8)

説明文の読解

(17)

・・・説明文を書く

(17)

誰もが書ける作文教育(文ちゃん人形)

(77)

・・・作文・三大ニュース

(6)

・・・作文・書きなれノート(日記)

(21)

読みきかせ・表現よみ(音読・朗読)の工夫

(117)

・・表現よみ(音読・朗読)指導の実際

(64)

・・読み聞かせ

(37)

文法

(36)

聞く・話す

(17)

算数・数学・理科

(33)

国語科目標・構造・計画・言語意識直結観

(18)

体育・健康・食事・音楽

(20)

学習指導要領・指導書

(15)

教科課程・指導計画

(14)

能力観

(6)

大脳生理と教育

(4)

教育再生会議・教育基本法

(23)

・・・フィンランドの教育

(11)

教育基本法改訂・三浦朱門・学力テスト

(32)

教師の勤務条件・その他海花センター蝋梅

(27)

Y氏

(3)

原発

(52)

お気に入りブログ

^-^◆ いたずら辞書… New! 和活喜さん

市川新婦人コーラス… New! ドレミ・どれみさん

「刑事フォイル」 まろ0301さん

韓国の光州民主化運… hiryu4398さん

1766. ラプンテッェ… カズ姫1さん

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:書く・読む・聞く・話すに役立つ作文教育(06/14) cialis soft overnight us deliveryque es…
http://buycialisky.com/@ Re:あやふや漢字を身につけない(01/04) order generic cialis softtabs onlineche…
http://buycialisky.com/@ Re:心臓語と恋語・子どもが、勉強を進んでするには(9)(04/29) comprar cialis por internet es segurowh…
http://viagraiy.com/@ Re:書く・読む・聞く・話すに役立つ作文教育(06/14) supplements that enhance viagra <a …
http://viagraky.com/@ Re:あやふや漢字を身につけない(01/04) viagra et amour <a href="http:…
http://viagravonline.com/@ Re:心臓語と恋語・子どもが、勉強を進んでするには(9)(04/29) viagra online pharmacy ratings <a h…
太田泰人@ Re:スベリヒユの退治と理科教育(09/18) 「それを抜いて、そのままにして、そこに…
テツです。@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) ご来訪ありがとうございました・・・って…
2匹の猫0927@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) 私の好きな偉人の言葉 ・私達はいわば二…
2匹の猫0927@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) 私の好きな偉人の言葉 ・何もかも失われ…

フリーページ

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

・・取立て指導(1セット5過程の指導)

2014.10.07
XML

 

熟語(漢字語)のブラックボックス。
下の画像をご覧下さい。


ブラックボックス 

「兄と弟」の「と」を抜いてしまって、兄弟という漢字語(熟語)をこの
漢字変身マシンは、作ってしまいました。






ブラックボックス

これは、「雨が降ってたまった水」のように長いコトバで言う事を、
「雨水」という漢字語にしてしまいました。
漢字語(熟語)では、短く言える例ですね。

子どもは、このようなことを、やりながら、
漢字語が身近なものにまりますね。
そして、 漢字語(熟語)の特性を、知っていきますね。

これを指導しておくと教え込まなくても、類推して行く力が付きますね。
子ども(人間)は、このような、学習が、好きですね。

考える学習ですからね。

 

 

下記、クリックしていただけますとありがたいです。

にほんブログ村

*上記のことは、下記の本に出ています。

2年生の配当漢字1字・1字の指導の練習帖です。

僕らが、作成したものです。
1セット5過程にたのしくみにつく!!漢字の力(小学校2年)基づいた展開になっています。
1~6年生まで揃っています。元・A教科書編集部長・現場教師が作ったものです。

A教科書編集部長さんは、長年、国語教科書の編集にあたっていて、

漢字指導のあるべき姿を追及していました。

その中で、僕らの考えに共鳴してくださいました。

ただ、楽天では売り切れです。アマゾンにはあります。


 

この研究会の基本になる本が下記です。僕らの研究会が、作ったもので、教室での実践をもとに、理論的にまとめてものです。ただし、本書は、楽天では売り切れです。アマゾンの中古であります。

【送料無料】たのしく学ぼう漢字 [ 田村利樹 ]








最終更新日  2014.10.07 05:53:53
コメント(2) | コメントを書く
2014.10.05

 漢字指導で成り立ちに触れることがよくあります。

このことは、大切なことですが、下記のようなことがありますので、

一つの考え(説)を子どもに押し付けないようにしたいものです。

押し付けられれると、人間は、そのことがいやになりますよね。

 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 下記からの引用です。

『石』は、象形文字か?漢字の成り立ち指導の目的を考える(紺屋冨夫)           

 

多くの漢字教育のグロブで、漢字教育に漢字の成り立ち(字源)を取り入れた指導が、

報告されています。


 僕等の漢字指導法研究会でも、その積極的な面は、大切にしています。

けれど、ここで、ちょっと、整理しておきたいことがあります。それは、

漢字指導の目的は、漢字が読めて・書けて・使えるようにする

ということではないでしょうか。

ところが、漢字の成り立ちの指導が中心であったり、

漢字は、すべて象形文字というような認識があったり、・・・・、・・・・。
気になりましたので、これに触れてみました。

僕らの研究会では、

漢字の成り立ちは、子どもが、漢字に興味を持ち、漢字には意味があるのだ、・・・・・、

などを指導することを位置づけてきました。このことは、おもに低学年になりますね。

ですから、高学年の指導の中では、それほど、重点を置いていないのです。
それに、高学年の漢字になるほど、その成り立ちの説明がむずかしくなるのです。

低学年の漢字『石』でも、次のような漢字の成り立ちについて学者の説があります。


1『藤堂明保編 学研漢和大辞典』(学研)・・・・・象形文字

2『字統 白河静』(平凡社)・・・・・・・・・・・会意文字

3『例会小学漢字字典』(三省堂・林四郎ら編)・・・会意文字

4『漢和学習辞典』(日本標準・山田勝美ら編)・・・形声文字

5『小学漢字新字典』(旺文社・尾上兼英監修)・・・形声文字

6『小学漢字辞典』(文英堂・鎌田正監修)・・・・・象形文字

そして、1年生、80字のうち、上記の1の藤堂 明保と2の白川 静の説が一致したのは、53字であります
27字、一致しないのですね。

 

 

下記、クリックしていただけますとありがたいです。

にほんブログ村

* こちらは、1字・1字の指導の練習帖です。僕らが、作成したものです。
1セット5過程にたのしくみにつく!!漢字の力(小学校2年)基づいた展開になっています。
1~6年生まで揃っています。元・A教科書編集部長・現場教師が作ったものです。

A教科書編集部長さんは、長年、国語教科書の編集にあたっていて、

漢字指導のあるべき姿を追及していました。

その中で、僕らの考えに共鳴してくださいました。

ただ、楽天では売り切れです。アマゾンにはあります。




この研究会の基本になる本が下記です。僕らの研究会が、作ったもので、教室での実践をもとに、理論的にまとめてものです。ただし、本書は、楽天では売り切れです。アマゾンの中古であります。
【送料無料】たのしく学ぼう漢字 [ 田村利樹 ]







最終更新日  2014.10.05 16:37:40
コメント(5) | コメントを書く
2009.09.11

 

 速く走るカラクリを知って、練習したら、中学時代、100Mを17秒5で走った今日(さん)は、11秒台で走れるようになりました。以前は、僕の年齢で、しかも、中距離選手が、11秒台というのは、立派な方だったのです。800Mでは、K市の記録を持っていたこともあるのですよ。

ホウレンソウを作るカラクリを知ると、難しいと言われるホウレンソウの栽培が、簡単にできます。

声を出すカラクリを知って、練習をすると、立派な声が出るようになります。芸大を首席で卒業し、かつて、日本のオペラ界でバリトンで主役をやって来たY氏は、現在、スクワットを1000回やるそうです。発声に必要なのは、筋力だからだそうです。今は、世界的なバリトン歌手になったと言ってもいいと見ています。

癌もそれができるカラクリ(メカニズム)を知ってこそ、治療法が発見できるわけですね。

漢字も身につけるには、カラクリを知るといいのでしょうね。そのことの最終回です。

よろしくお願いいたします。

 にほんブログ村 教育ブログへ 

人気blogランキングへ   左記の2つのマークをクリックして応援して くださるとうれしいです。

これも、以前のブログを反省して書いてみます。

漢字の80パーセントを占める形声文字、このことについて、

もっと、認識を深めて、肉体化しておくと、漢字学習・漢字書きが

たのしく、積極的になれるのではないでしょうか。

そこで、次のような問題を作ってみました。(『たのしく みにつく 漢字の力』ルックより)


6年漢字取立て指導


上の先生の指示は、活字が小さくて、読みにくいので、
次に、拡大してみました。


6年、漢字(1)先生の話の拡大

漢字には、(象形文字)(指事文字)(会意文字)
がありましたね

それと、形文字(けいせいもじ)ですね。
(形ですよ、形と書いてしまう事があります。
声(音・オト)なのですね。)

この声(セイ)が、大きな意味を持つのですね。
そのことは、前回、書きましたね。


さて、『同じ部分を持つ漢字めぐり』をすると、
何が、分かるのでしょうか。


その同じ部分を持つ漢字の意味を探る事が出来るのですね。

だから、漢字の構造
漢字は積み木・漢字の組み立て)を学習すると、意味を類推する力がつくのですね。
このような問題は、高学年になると、
学習漢字数が多くなっていますので、子どもたちでも、作れますね。
問題作りをすると、、漢字の認識をさらに深めていけますね。


* この構造的な学習(カラクリの学習)は、
全ての学習・仕事でも取り入れると
一生、役に立つことを最初に見てきました。
* コメントをお寄せ下さい。(時間の関係で、返信は、していませんが、勉強させて戴いて、次に生かします。感謝です。)それから、下のマークをクリックして応援して、下さると有り難いです。
にほんブログ村 教育ブログへ 

人気blogランキングへ

 

下記で、以前に書いたブログが、紹介されました。

みんなでつくる教育WEB辞典 EDUPEDIA

漢字の学習

 

* 
下記の本は、僕らがまとめた漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。アマゾンで

 たのしく学ぼう漢字

 

 は、漢字教育の部で、売れ行きが本日は、1位です。

基本的なことが、書いてあります。この基本は、重要です。漢字指導の羅針盤のようなものです。

それをもとにした実践は、本書に書かれているより、かなり進んでいますが・・・・・・。

国字問題研究会・漢字指導法研究会

http://members.jcom.home.ne.jp/kotoba/kokuziken-index.html

 

 

こちらは、1字・1字の指導の練習帳です。僕らが、作成したものです。

学年ごとにあります。

たのしくみにつく!!漢字の力(小学校2年)  

 






最終更新日  2009.10.18 08:25:40
コメント(10) | コメントを書く
2009.09.05

 

教育に喜びを。

今の学校は、ベテラン教師が辞めていってしまうほど、厳しいです。新しい政治は、教育を良くしようとするなら、まず、このことの改善が、急務です。

本来、教育は、楽しいものなのですね。

僕は、新卒で就職した頃は、喜々として学校に行ったものです。

かつては、保護者は、子どもが学校へやったら、子どもが楽しく過ごせる・勉強してくる・体を鍛えてくる・・・・・ということで、安心して学校に送ったものです。

政治が新しくなりそうです。漢字教育も詰め込みではなく、楽しく 力の付くものにしていきたいですね。 お読みくださった方、本日もよろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 教育ブログへ 

人気blogランキングへ   左記の2つのマークをクリックして応援して くださるとうれしいです。

漢字語(熟語)の構成のです。


漢字語長針(上から下へ) 

 (『たのしくみにつく 漢字の力』6年・ルック)

ここまでの学習をしてくると、これを見て、子どもは、
「これは、<漢字を上から下に読むと、その漢字語の意味が分かる2字熟語だ>」
と言い出すでしょう。
この本は、全国の先生方が、漢字指導で苦労されているので、
(僕らも苦労してきました)参考資料として出そうと考え、
児童の言語研究、50年以上の研究に学び、漢字については、20数年の僕らの研究をまとめたものです。





DSCN5370.JPG

これも、いきなりさせてみると良いでしょう。
子どもたちは、
下から上に読むと意味が分かる漢字語だ。」
と、言い出しますね。

中に、下から上に読まない漢字語がありますね。
それは、今までの分類のどれに入るか、考えれば分かるでしょうね。

ここで、以上の学習のまとめが必要ですね。

それは、子どもにさせると良いですね。
漢字語の4種類のからくり・構成とでもまとまるでしょうか。

このまとめも子どもにさせるようにするのが教育ですね。
発見・発明・工夫の喜び、これをさせるのが教育ですね。



この記事に対するコメントなどお寄せください。

そして、下のマークをクリックして応援して、下さると有り難いです。
にほんブログ村 教育ブログへ 

人気blogランキングへ

下記の本は、僕らがまとめた漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。アマゾンでは、漢字教育の部で、売れ行きが本日も、1位です。たのしく学ぼう漢字

 

国字問題研究会・漢字指導法研究会

http://members.jcom.home.ne.jp/kotoba/kokuziken-index.html

 

こちらは、1字・1字の指導の練習帖です。僕らが、作成したものです。
1セット5過程たのしくみにつく!!漢字の力(小学校2年)基づいた展開になっています。
1~6年生まで揃っています。

元・A教科書編集部長・現場教師が作ったものです。A教科書編集部長さんは、長年、国語教科書の編集にあたっていて、漢字指導のあるべき姿を追及していました。

その中で、僕らの考えに共鳴してくださいました。

下記で、以前に書いたブログが、紹介されました。

みんなでつくる教育WEB辞典 EDUPEDIA

漢字の学習







最終更新日  2009.09.08 22:58:34
コメント(21) | コメントを書く
2009.04.10

 

昨日は、漢字語作りマシンについて、書きました。

本日は、以前のブログを編集して、漢字語を分解して、そのカラクリを考えてみます。

いつも、応援ありがとうございます。

本日も、下記の応援のマークをクリックして、戴けますとうれしいです。
にほんブログ村 教育ブログへ 

人気blogランキングへ

 

 

 

下の画像うをご覧下さい。



漢字語・反対 


ここでは、先生の指示が、読みにくいので下にアップしてみました。




漢字語・説明

例として、長短が、上げられていますね。
子どもは、この漢字語を構成する『長』と『短』の関係は、見つけられますね。

「長いと短いは、はんたいだ。」と。


この時も、教え込むのではなく、子どもに発見させるようにすると良いですね。

教育は、すべて子供を先頭にですね。
発見の喜び、これが学習好きを作るのですね。

2つの漢字語の関係が見つかったら、書いてある問題をやらせて見ましょう。
やる中で、それぞれの漢字語が、
どのような構成になっているか、よくわかりますね。

同じ漢字を20字書く学習は、好まないが、このような学習は、大好きでですね。





漢字語・=

これも、漢字語を構成(カラクリ)する各漢字の関係を考える学習ですね。


ここでは、上の漢字と下の漢字の意味が、同じようですね。
これも教え込むのではなく、子どもに発見させるようにすると良いですね。


漢字語長針(上から下へ) 

 これまでの学習をしてくると、これを見て、
「これは、<漢字を上から下に読むと、その漢字語の意味が分かる2字熟語だ。>」
と言い出すでしょう。



* これは、本ブログでご紹介しています『たのしくみにつく漢字の力』(6年)
に載っています。

この本は、全国の先生方が、漢字指導で苦労されているので、
(僕らも苦労してきました)参考資料として出そうと考え、児童の言語研究、50年以上の研究に学び、漢字については、20数年の僕らの研究をまとめたものです。





DSCN5370.JPG

これも、いきなりさせてみると良いでしょう。
子どもたちからは、
下から上に読むと意味が分かる漢字語だ。」
と、言い出しますね。

中に、下から上に読まない漢字語がありますね。
それは、今までの分類のどれに入るか、考えれば分けるでしょうね。

ここで、以上のまとめが必要ですね。

それは、子どもにさせると良いですね。
漢字語の4種類のからくりとでもまとまるでしょうか。

このまとめも子どもに発見させるようにするのが教育ですね。
発見・発明・工夫の喜び、これをさせるのが教育ですね。

その事がいじめをなくす土台ですね。

この記事に対するコメントなどお寄せください。

そして、下のマークをクリックして応援して、下さると有り難いです。


にほんブログ村 教育ブログへ 

人気blogランキングへ

下記の本は、僕らがまとめた漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。アマゾンでは、漢字教育の部で、売れ行きが本日も、1位です。たのしく学ぼう漢字

 

国字問題研究会・漢字指導法研究会

http://members.jcom.home.ne.jp/kotoba/kokuziken-index.html

 

 

 

こちらは、1字・1字の指導の練習帖です。僕らが、作成したものです。
1セット5過程にたのしくみにつく!!漢字の力(小学校2年)基づいた展開になっています。
1~6年生まで揃っています。元・A教科書編集部長・現場教師が作ったものです。A教科書編集部長さんは、長年、国語教科書の編集にあたっていて、漢字指導のあるべき姿を追及していました。その中で、僕らの考えに共鳴してくださいました。






最終更新日  2009.04.10 07:52:44
コメント(14) | コメントを書く
2009.04.08

 

漢字学習が面白くないと思っている子供も、結構、いますね。それは、機械的な詰め込みが、中心になった指導が、影響することもあります。

ここでは、以前のブログを編集し、漢字と仲良くなり、漢字学習を喜んでやる方法を、ご一緒に考えてみたいと思います。

いつも、応援ありがとうございます。

本日も、下記の応援のマークをクリックして、戴けますとうれしいです。
にほんブログ村 教育ブログへ 

人気blogランキングへ

低学年で、あれだけ漢字に夢中だった子が、漢字アレルギーになり、

漢字学習というと、気持ちがひいてしまう子が出てきてしまいます。

これは、指導法を改善していく必要があるのではないでしょうか。(根本は、学習指導要領を変えることですが)

そのことをこのシリーズで、考え合っています。

 

今回は、熟語(『漢字語』))の構造の指導について考え合ってみたいと思います。

 今までは、「塾語(漢字語)とは、これこれ、こういうものですよ」という説明から入ることが多かったのではないでしょうか。

ここでは、そうではなくて、まず、子供に漢字語を作らせてしまう。その後、漢字語の性質などを考える指導をしてみたいと考えました。

それが下記の画像です。

この画像は、このブログの最後でご紹介しています僕らが作った

たのしくみにつく漢字の力』(ルック出版・2年生)の中ににあります。

この学習、小学校の2年生で、始めたいですね。それをするだけの漢字数を学習していますし、漢字語も出てきますからね。


ブラックボックス


「兄と弟」の「と」を抜いてしまって、兄弟という漢字語をこの
漢字変身マシンで、作ってしまいましたね。






ブラックボックス

これは、「雨が降ってたまった水」のように長いコトバで言う事を、
「雨水」という漢字語にしてしまいました。
漢字語では、短い言葉で言える例を学習できますね。


子どもは、このようなことを、やりながら、
漢字語は、人間がつくったものだと、漢字語を身近に感じますね。

これで、漢字への親しみを持つようになるのではないでしょうか。そのことで、漢字学習が、嫌いだという気持ちより、好きだという方になるのではないでしょうか。

このあと、漢字語について感じた事わかったことなど話し合うと

これを指導しておくと、教え込まなくても、漢字語の意味(概念)を類推して行く力が付くのではないでようか。


子ども(人間)は、このような、学習が、好きですね。

こどもの考える力が発揮できるからですね。

やらされる学習ではなく、自分からやる学習ですからね。( 田村 利樹)

 

この記事に対するコメントなどお寄せください。

そして、下のマークをクリックして応援して、下さると有り難いです。


にほんブログ村 教育ブログへ 

人気blogランキングへ

下記の本は、僕らがまとめた漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。アマゾンでは、漢字教育の部で、売れ行きが本日も、1位です。たのしく学ぼう漢字

 

国字問題研究会・漢字指導法研究会

http://members.jcom.home.ne.jp/kotoba/kokuziken-index.html

 

 

こちらは、1字・1字の指導の練習帖です。僕らが、作成したものです。
1セット5過程にたのしくみにつく!!漢字の力(小学校2年)基づいた展開になっています。
1~6年生まで揃っています。元・A教科書編集部長・現場教師が作ったものです。A教科書編集部長さんは、長年、国語教科書の編集にあたっていて、漢字指導のあるべき姿を追及していました。その中で、僕らの考えに共鳴してくださいました。






最終更新日  2009.04.09 04:28:29
コメント(12) | コメントを書く
2008.02.15

 

叫びのような訴えを昨日、臨時に入れました。

たくさんのコメント、ありがとうございます。うれしかったです。でも、子どもたちは、このような中に今でも入っているのですから、ぼくは、気持が、落ち着きません。ご意見は、昨日のこのブログの方にお書きくださるとありがたいです。

 

本日は、このことではなく、漢字語の構造のからくりについて、続けます。今回は、高学年です。このカラクリを頭に入れておくと、漢字語を解釈する時、応用できますね。

では、実際、見てみましょう。
下の画像うをご覧下さい。

漢字語・反対

これは、漢字語を構成する漢字の関係を考える学習です。

ここでは、先生の指示が、読みにくいので下にアップしてみました。




漢字語・説明

例として、長短が、上げられています。
子どもは、この漢字語を構成する『長』と『短』の関係は、見つけます。


この時も、教え込むのではなく、子どもに発見させるようにすると良いですね。教育は、すべて子供を先頭にですね。
発見の喜び、これが学習好きを作るのですね。

2つの漢字語の関係が見つかったら、問題をやって見ましょう。
やる中で、それぞれの漢字語が、
どのような構成になっているか、よくわかりますね。

同じ漢字を20字書く学習は、好まないが、このような学習は、大好きでですね。





漢字語・=

これも、漢字語を構成する各漢字の関係を考える学習ですね。


ここでは、上の漢字と下の漢字の意味が、同じようですね。
これも教え込むのではなく、子どもに発見させるようにすると良いですね。


漢字語長針(上から下へ) 

 これまでの学習をしてくると、これを見て、
「これは、<漢字を上から下に読むと、その漢字語の意味が分かる2字熟語だ。>」
と言い出すでしょう。



* これは、本ブログでご紹介しています『たのしくみにつく漢字の力』(1~6年)
に載っています。


この本は、全国の先生方が、漢字指導で苦労されているので、
(僕らも苦労してきました)参考資料として出そうと考え、児童の言語研究、50年以上の研究に学び、漢字については、20数年の僕らの研究をまとめたものです。





DSCN5370.JPG

これも、いきなりさせてみると良いでしょう。
子どもたちからは、
「下から上に読むと意味が分かる漢字語だ。」
と、言い出しますね。

中に、下から上に読まない漢字語がありますね。
それは、今までの分類のどれに入るか、考えれば分けるでしょうね。

ここで、以上のまとめが必要ですね。

それは、子どもにさせると良いですね。
漢字語の4種類とでもまとまるでしょうか。

このまとめも子どもに発見させるようにするのが教育ですね。
発見・発明・工夫の喜び、これをさせるのが教育ですね。

その事がいじめをなくす土台ですね。




次回は、3~4字熟語についてです。
また、続けてお付き合いくださると、うれしいです。

本日のこのブログ、賛同された方は、
下のマークのクリックして下さると、うれしいです。

にほんブログ村 教育ブログへ 



下記の本は、漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。 上記のことをを詳しく書いています。

たのしく学ぼう漢字



たのしくみにつく!!漢字の力(小学校2年)

* こちらは、1字・1字の指導の練習帖です。
1セット5過程に基づいた展開になっています。
1~6年生まで揃っています。


若菜摘む指先き白く陽の光。

寒林や続く細道昼の月。

冬木立厄除地蔵の大のぼり。

 


http://pareo94.ddo.jp/mikiko/
『奥の細道 』より    




 







最終更新日  2008.02.15 09:43:53
コメント(16) | コメントを書く
2008.02.14

 

 低学年で、あれだけ漢字に夢中だった子が、漢字アレルギーになり、

漢字書きの練習というと、気持ちがひいてしまう子が出てきてしまいます。

これは、指導法を改善していく必要があるのではないでしょうか。(根本は、学習指導要領を変えることですが

そのことをこのシリーズで、考え合っています。

 

今回は、熟語(『漢字語』という方が、意味が、はっきりすると言語研究者から言われました。漢字で作った語だから、そうですね。の構造の指導について考え合ってみたいと思います。

 今までは、「漢字語とは、これこれ、こういうものですよ」という説明から入ることが多かったのではないでしょうか。

ここでは、そうではなくて、まず、子供に漢字語を作らせてしまう。その後、漢字語の性質などを考えるような指導をしてみたいと考えました。

それが下記の画像です。(僕らが作った『漢字の力』ルック出版・2年生より)

この学習、小学校の2年生で、始めたいですね。それをするだけの漢字数を学習していますし、

漢字語も出てきますからね。


ブラックボックス


「兄と弟」の「と」を抜いてしまって、兄弟という漢字語をこの
漢字変身マシンで、作ってしまいました。






ブラックボックス

これは、「雨が降ってたまった水」のように長いコトバで言う事を、
「雨水」という漢字語にしてしまいました。
漢字語では、短く言える例を認識しますね。


子どもは、このようなことを、やりながら、
漢字語の特性を、知っていきますね。

 

この後、漢字語について感じた事、わかったことなど話し合うと、

これを指導しておくと、教え込まなくても、漢字語の意味(概念)を類推して行く力が付くのではないでようか。


子ども(人間)は、このような、学習が、好きですね。

こどもの考える力が発揮できるからですね。

やらされる学習ではなく、自分からやる学習ですからね。( 田村 利樹)

本日のこのブログ、賛同された方は、
下のマークのクリックして下さると、うれしいです。

にほんブログ村 教育ブログへ 



下記の本は、漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。

 上記のことをを詳しく書いています。

たのしく学ぼう漢字



たのしくみにつく!!漢字の力(小学校2年)

* こちらは、1字・1字の指導の練習帖です。
1セット5過程に基づいた展開になっています。
1~6年生まで揃っています。


若菜摘む指先き白く陽の光。

寒林や続く細道昼の月。

冬木立厄除地蔵の大のぼり。

 


http://pareo94.ddo.jp/mikiko/
『奥の細道 』より    







最終更新日  2008.02.14 10:13:17
コメント(11) | コメントを書く
2008.02.13

 

 

 


漢字の80パーセントを占める形声文字、このことについて、

もっと、認識を深めて、肉体化しておくと、漢字学習・漢字書きに

子どもたちは、積極的になるのではないでしょうか。

そこで、次のような問題も考えてみました。(『漢字の力』ルックより)


6年漢字取立て指導


おこたつにでも入って、ご家族でやってみたら如何ですか。
上の先生の指示は、活字が小さくて、読みにくいので、
次に、拡大しておきました。


6年、漢字(1)先生の話の拡大

漢字には、象形文字(・・・・・・・)(・・・・・・・)
がありましたね

そして、後は形声文字(けいせいもじ)ですね。
(形ですよ、形と書いてしまう事があります。
声(音・オン)なのですね。)

このが、大きな意味を持つのですね。
そのことは、前回、書きまたね。


さて、『同じ部分を持つ漢字めぐり』をすると、
何が、分かるのでしょうか。


その同じ部分を持つ漢字の意味を探る事が出来るのですね。
だから、漢字の構造
漢字は積み木・漢字の組み立て)を学習する事が出来るのですね。
このような問題は、高学年になると、
学習漢字数が多くなっていますので、子どもたちも、作れますね。
問題作りをすると、、形声文字の認識をさらに深めていけますね。


* この構造的に学習をすると言う事は、
全ての学習・仕事でも取り入れると
一生、役に立ちますね。



本日のこのブログ、賛同された方は、
下のマークのクリックして下さると、うれしいです。

にほんブログ村 教育ブログへ 



下記の本は、漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。

 上記のことをを詳しく書いています。

たのしく学ぼう漢字



たのしくみにつく!!漢字の力(小学校2年)

* こちらは、1字・1字の指導の練習帖です。
1セット5過程に基づいた展開になっています。
1~6年生まで揃っています。


若菜摘む指先き白く陽の光。


http://pareo94.ddo.jp/mikiko/
奥の細道 より    








最終更新日  2008.02.13 12:04:49
コメント(14) | コメントを書く
2008.02.12
漢字を書きたい欲求の持続には、
成り立ち構成(漢字は、積み木)の指導
をするといいですね。
その2回目です。本日は、それの高学年です。

高学年では、形声文字の学習をします。
この形声文字は、漢字の80パーセンを占めています。
ですから、この形声文字の構成(組立て)を学習しておくと、
漢字書きが、少し、気楽になるでしょうね。


次のようにして、形声文字の構成・仕組みを理解させます。

形声文字説明



形声文字作り(1)

さらに、指示のようにして、形声文字作りをして見ます。










形成文字つくり(2)

これも
形声文字つくりですね。







次は、形声文字の分解です。

形声文字の分解


このような学習は、休み時間になっても、
もっと続けようと、子どもが言い出します。


いじめのことなども、このように、
楽しい授業をして、そこに興味をもっていった生活をする事が大切であるということに、
国民の目が行くと良いですね。



上の資料は、<『楽しく学ぼう漢字』
『たのしくみにつく漢字の力』(1~6年)>のコピーです。

* この副読本、ある教科書会社の国語教科書編集部長さんが
僕らの研究会の理論・実践に賛同して協力してくださってできたのものです。




以上のような学習をした後、この学習で、感じた事・
知ったことなどを発表させます。

すると、次のような意見が出ます。


「漢字のある部分(ヘン・つくり・かんむりなど)は、同じような意味を持っている事が分かりました。
例えば、胸の月は、体をあらわしているように。」

「漢字のある部分は、を表していることが分かりました。
例えば、精・清い・晴れ・静・精・・・・・の青のように。」
 ・・・・・・ ここで、形文字の「声」の意味が、見えてくるのですね。

などの意見がでてきます。

このことによって、形声文字の認識が深くなりますね。







本日のこのブログ、賛同された方は、
下のマークのクリックして下さると、うれしいです。

にほんブログ村 教育ブログへ 

下記の本は、漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。

 

上の意見を詳しく書いています。

たのしく学ぼう漢字

たのしくみにつく!!漢字の力(小学校2年)

* こちらは、1字・1字の指導の練習帖です。
1セット5過程に基づいた展開になっています。
1~6年生まで揃っています。

 

 

 















最終更新日  2008.02.14 09:42:53
コメント(16) | コメントを書く

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.