21559205 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ご訪問 ありがとうございます。
しろくろ、シンプル、すくないモノで暮らす 
すずひのブログです。3人家族。ミニマリスト。

人生のさいごには、
葛籠(つづら)ひとつにおさまるだけ、の 
少ない持ちモノになっていたい。


 *** 読者のみなさまの おかげで ***

* すずひのブログが 1冊の本に なりました *


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村






























ほしいものリスト

カレンダー

カテゴリ

楽天カード

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

靴は 4足→5足

2019.04.16
XML
カテゴリ:靴は 4足→5足
自分の靴が。  

きちんとしていて美しいのか。 それとも 実はもう、まあまあ「汚らしい」と化しているのか。

客観的に見て この靴は、大丈夫なのか。
はたまた、気づいていないか or 見慣れてしまっているだけで すでに アウトなのか。 

それを、見極める時。 見極めたいとき。

自分の目だけ、だと どうしてもどうしても ひいき目がでて、判断がぬるくなるから。

自分の靴を、定期的に「写真」に撮っています。






先日この画像を撮った時に、気づいた。 どちらの靴も「大丈夫」&「合格」な はずだった。




わたしのスマホ画像フォルダには、謎に「靴の写真」がいっぱいありますが、
それはそういうわけなのです。

新しかった頃の写真を残しておくことって意外と大事なのです。
徐々に古くなってゆくものって、その段階、段階、で 見慣れてしまいます。
服でも、靴でも、自転車でも、それこそ「家の外壁」とかでも・・・
自分のものって、ほんと、古くなっても許せてしまうというか・・・甘くなります。
汚いものが、それほど汚くは見えないことがあるのです。

見て見ぬ振り、とも違う。  見てるのに、汚さを、なぜか妙に容認できてしまう。

よその家の外構の傷みや 窓周りの雨染みとかは すごく目につくのに、ね(笑)
ほんと余計なお世話だと自分でもわかっているのに、目につくんだから 仕方ない。

「隣の芝生が青い」というのは、たいそう有名な話ですが。 
よく見えることばかりじゃないってこと。 逆もちゃんとあるってこと。
「隣の外壁は汚い」「隣のウッドデッキは汚い」 「隣の玄関ドアは汚い」って、ね(笑)

お家の周りが美しいと、きっとお家の中も整っているんだろうな、って思う。

これは 理屈抜きに、単純にそう思う。 

わたしは集合住宅の住人ですけれど、それでも そういうのってわかります。
ドアやスペース、間取り、その他の全ての条件が同じだからこそ、むしろ余計にわかる。

ベランダが いつもめちゃくちゃだったり、
共用通路や駐車場の空きスペースに平気でモノを置いていたり・・・

全く同じ築年数の、全く同じ生活空間なのに、住む人によってこうも違ってしまうのか!って。



おっと 話がそれました。 戻します。  



靴の写真を撮るのなら。明るい日中に撮ることをお勧めします。 
自分の持っている全ての靴の状態を把握しておくことは、大人の心得のように思います。







ちゃんと明るいところで撮って記録してました。まだ大丈夫。 オッケーだ、と。



時間のある時に 余裕を持って 冷静に向き合う。

大切なお出かけの差し迫った時や、それこそ「当日の朝」に慌ててしまうことのないように。
自分の靴が汚らしくて、出先で恥ずかしい気持ちになる羽目になったり、
よそさまの玄関やお座敷の飲食店で、脱ぐのを躊躇したり引け目を感じることのないように。


自分のため、ってことですね ( ´▽`)ノ


履こうと思った朝に「カビが生えていた!」とか「接着剤がどうにかなってヌルヌルになっていた!」とか 
ものすごく焦ってしまうと思うし、ちょっとあまりにも 悲しすぎやしませんか?ヽ(;▽;)ノ





先代の「スタンスミス」はもっと汚くなるまで履いちゃったから。
あれを基準とすれば、この「golden goose」なら、まだまだ 全っ然 大丈夫!! って。




が!


こんなわかったようなことを申し上げなから。
何が起こるかわからないのが人生なのであります。「靴人生」なのであります。


わたしは。 ブロガーゆえ。  少ない服系・ミニマリストブロガーゆえ。
自分の服やら バッグやら 靴やらを 写真に撮る頻度、というのが
ブロガーではない方と比べた時、明らかに高いという自信があります。 自負できます。


それでも。  こういうことが 起こるのです  (;_;)









ああああああああー。  というか ええええええええええーっ!?  です。






こっ・・・・ これ  (;_;)  こんな風に逝くの、初めて。 未知との遭遇。



こんなことに、いつなった!?
わたし、一体いつからこのまま履いていた!?

アッパーや 靴底は そんなに汚くなってないということにどこか安心してしまっていて、
ちょっとスニーカーの確認だけ、少し日数の間が空いていたのです。 その隙か。

がっくりしながら。 途方に暮れながら。 でも、「なんでもない日」に気づいたことに感謝。
調べてみれば、もうこのスニーカー 2年を軽く超えて履いている。
スニーカーを。 しかも「白いスニーカー」を。 こんなにも長く履くことができた。

ここがざっくり裂ける、という まさかの逝き方に遭遇してしまったけれど・・・ 
ソールもレザーの風合いも、どこもかしこも充分きれいなままで、最期を迎えることができた。


白いスニーカーは、わたしにとって「黒いスカート」と同じくらいの必須アイテムです。
少ない靴の中でも、他での代替のもっともきかない、超・必須アイテム。
これ無しでは、数日だって暮らせないわけです。


速攻で買い直します。  


迷いなどないです。  「欲しい」 のではなく 「必要」なのですから。












いちばんベーシックで万能なのが やはりこのタイプ。
けっこう傷ついていた「おばはんのシルバーぶっ込み」なるものも・・・晴れてこの度 卒業だっ!(笑)








ああ、美しい。 新しいものにしか出せないオーラ&エネルギー発してるのが わかる。









履き込んだ味が素敵な場合もありますが。わたしは 自分の靴には それを求めてないです。
長年履き込んで素敵になってゆく靴って、8万円、10万円か それ以上クラスの上等な靴でしか、その貫禄って、実際、叶えられない。(ふつうの靴は、履けば ふつうにボロくなる)
そこまでのレベルの高価な靴を わたしが買うことは おそらくないです。 


わたしの靴は・・・「2年めやす」のようです。  このスニーカーで、確信した。

履く回数が、すごいですからね(笑)  ミニマルライフあるある、ですね ( ´▽`)ノ







このスニーカーのどこが好きかと問われたら、ここ。ずっと見ていられる。こういうの大好物!




改めて 思うのです。  なんでもない時に気づけて ほんとよかった、と。
これ、例えばもしも書籍の「モノ撮り」の直前だったりしたら、もうブラックアウトするし、
お出かけ先で気づいたり、どなたかから指摘されて気づいたりしたら、
その時のショックって 計り知れない。

ミニマリストだからと言って ボロっこいものは ぜったい着ていたくない! とか。 
ものすごくここで言い放ちまくって、敵をこしらえてばかりいるくせに、ね!!(恥)



だから。 



なんでもない普通の日に、ちゃんと自分で気づき、
買い直しの商品は秒で決定し、そのサイズの在庫がちゃんとあり、「あす楽」で届く。

ひごろ無駄なもの買っていないから、予定外の出費が平気。 ちゃんと、お金が、ある。
スニーカーを3足も5足も買うことをしないから、1足に注げる資金が、昔の自分とは異なる。


翌日届き、そのまま、何もなかったかのように これまで通りの暮らしが続く。


これまで通りの暮らしが続く。







新品と並ぶと、傷み感は やはり否めないですね。わたしのスニーカーは2年が寿命なんだ。
                   ( 左:エネルギー弱々  右:エネルギー強!)




そう。 何もなかったように。

今回は、この一連の流れに、感動したのです。 こんな迷いのない買い物ってあるだろうか。

愛用品がダメになると、かつては 何も手につかなくなるくらい 慌てていました。

うわ、買い直さなければ! 今度はどんなの買ったらいいんだ! 少ない服に合うだろうか!


そういう動揺や迷いや、無駄な時間を費やすことが、一切なかったのです。

このスニーカー、本当に好きだから。 本当に 大好きで、素敵だから。 
2年超えて履いても全く飽きることがないですし、まだまだずっと 履くつもりでいました。


「STARTER」以外のスニーカーに買い直す気なんて 1ミリもなかった。





もうここに「new balance」とか「コンバース」とか、わたしには考えられないのです。
やってみたい、とも思わない。 わたしのワードローブに最も似合うのが、この1足なのです。




まだまだ ずっと着ていたい!というものが ある日、ダメになる。  
この先も、ずっと履いていたい!と寵愛しているものが 何年目かに、ダメになる。


これって、悲しいことではありますけれど、
ミニマリストになって、初めて味わうことのできた 嬉しく幸せな感覚なのです。


自分の買ったものを。  ちゃんと、納得ゆくところまで 使い尽くす。


それでも、まだ それが好き。 同じものを必要としている、この感覚。


なんでもかんでも すぐに飽きて 要らなくなって 好みも趣味もコロコロ変わって
誰かの真似して 見たもの見たもの飛びついて、 お披露目したら、もうそれで満足。


そういうモノの買い方しかできなかったから。


ほんと嬉しいな、って 思うのです。


はき心地も、履いた時の満足感も、サイズも、わかっている。

2年経ってもくたびれ果てることなく 充分キレイに履けることも 実証済み。


そういうことわかっているから・・・ 安心して 自信持って買い直すことができる。

2年前に買った時には、高いよぉ とか ちゃんと履きこなせるのかな、という不安があった。

 
履きこなせるどころか、1年中「履きまくる」ことも もう わかっている。
高くても、それをあっさり超えるほどの価値が自分にとってあることがわかっているから
この価格のスニーカーを買うことが 怖くなかった。 


その 2年前とは違う「心の持ちよう」が 嬉しかった。

  
このスニーカーにはそれだけの価値があり、
              これを履く価値もまた わたしには、ある、と。




同じものを買い直すことが つまらなくないのって、嬉しいのって、すごい。

目新しいものにばっかり釣られなくなったことって・・・ わたしには、すごいこと。

そのものよさをわかった上で買うのって、こんなに自信持って買えるんだな。



色々わかった中で。  もっとも価値ある わたしの発見は。


 「この頻度で履いた場合、2年経った頃に、ここが裂ける」 ということ。


誰も教えてはくれなかったこと。 自分で履いて、知ったこと。


1代目で こうして学ぶことができましたからね。 これからは 履く時も、脱ぐ時も。


もう、すずひ、 金輪際、スニーカーのここは・・・絶対に 引っぱりません!!


スニーカーも。 靴べら使って、これからは お上品に履こうと思う(笑)






                                      おわり







坂道の多い京都も、このスニーカーだからこそ いっぱい歩けた! 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
↑ いつもぽちっと応援を、読者さま、本当にありがとう。


この色の「ミニマリスト」しか貼れなくなった 新しいバナーの仕組みに絶望している。
前の仕組みに、あの色合いに、戻して (;_;)  

大型連休のお出かけ前に・・・どうかみなさま お履きになる予定の「靴」のチェックを!
おぅ!やってみよう! と、靴と向き合って下さる方がいらしてくださったら、嬉しいな。













最終更新日  2019.04.17 19:01:09
2018.08.22
カテゴリ:靴は 4足→5足
こういうたぐいの話を信じない人にとっては、ちょっと薄気味の悪い話をしようと思います。

わたし、ここ最近「願いを叶えるチカラ」が、ものすごく加速していることを実感しています。


昨日の朝のことです。 


いつも楽しみにしている くらためちゃんの「くらため帖」(今更ながらではございますが、
この 暮らしの手帖、みたいなブログタイトルが素敵だ)で、

GRAMERCY NEWYORK の「ピーチティアラ」なる まばゆき お菓子を拝見し、
わー、わー、すごい、美味しそう *・゜゚・*:.。..。.:*・' ( *´∀` )'・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!って
いいなー、グラマシーニューヨークのお菓子、なんでもいいから すずひもウチで食べたいなーって、そう思ったのです。


その。  わずか20分後に。  









全く身に覚えのない宅配のピンポンに 疑惑に満ち満ちた表情で対応。
                (自分の注文したものしか滅多に届かない家なので)

届いた小包。 これ さっき くらためちゃんのところで見たロゴに よく似てるな。
そう思ったら・・・本当に そうだった!  ヽ(;▽;)ノ OH! グラマシー!








さすがに まばゆき 桃の冠「ピーチティアラ」は届きませんでしたが(笑) 
GRAMERCY NEWYORK 看板商品 素敵チーズケーキの詰め合わせー ヽ(;▽;)ノ

ずばり「食べたい」と思ったものが その20分後、手元に・・・
「残暑お見舞い」として、古き知人から思いがけず我が家に贈って頂けた この幸運を・・・
この「願いの叶うまでのレスポンスの速さ」を・・・

そんなのただの偶然だわ、アホらしいわ、この手のこと信じる人まじ嫌いだわ、と思うか。 
おお! それこそ「トイレ掃除」や「片付け」や「日々の心がけ」の賜物だよっ! と思うか。


そう思うか思わないかは・・・自分次第。 そして、  まさに あなた次第っ! (笑)




さて。



例年に増して早く。 秋の服のことを あれこれ考えているのは・・・

ここのところの「普通の夏」っぽい気温を、
秋が来たのだ (*゚▽゚*) キラーン! と すずひが 完全に「勘違い」しているからです。
31°とか、いやぁ、涼しいわぁー!って。  すっかり秋めいてきたわぁーって(笑)
8月末〜9月いっぱいは 再び地獄の暑さが戻ってくるでしょう、と言われているのに、ね。



今日は今日とて。 秋冬に想いを馳せながら、靴について考えています。


カジュアルな服を着た時。
歩きやすさだけを重視しすぎた靴を履いてしまうと、全体の姿が一気に「おばさん化」するのが
40代後半です。 
もうおばさんなのだから、そんなのもうどうだっていいじゃないか、とも思うのですが、
本当にただただ歩きやすい靴を履かなければならない齢が現実的に迫ってきていると思うと・・・

あと もう少しだけ。  
あともうちょっとだけ「一気におばさん化」をできれば逃れたい 回避したい、という気持ちが
往生際悪く沸き起こるのも・・・ 我がことながら、致し方ないようにも思うのです。



歩きやすい靴は、大好きです。 大切なことです。

でも。 靴には。

いかにもそう見える靴と。 一見するとそうは見えない靴とが ある。

そういう靴を 探しに探し、吟味に吟味を重ね・・・ 今、 わたしは 履いています。

そして 常に「状態の良い靴」を履くことを 心がけています。
画像に撮った靴の状態こそ、他人さまの目線。 
どう撮ってもキレイにうつらなくなった靴というのは、それが現実。 汚いのです。

雑誌などのモデルさんのスタイリングが、何気無いものであっても素敵なのは・・・
みんな 靴が「新品」であるところが大きい。 
ボロっこい靴が誌面を美しく飾ること、スタイリング全体を美しく見せることは、まず、ない。
                             (逆は、ものすごく、ある)





パンプス&バッグ。 黒のセットは、わたしの手持ちのどの服の時にも、これでいける。






パンプスは、大嫌いな靴でした。


初めてパンプスを履いたのは、大学の入学式の日のこと。

入学式用に買った淡い色のスーツに合わせた、オフホワイトの5cmヒールのパンプスでした。
その日、悲惨な靴擦れに見舞われたことで・・・ もう 完全に「パンプス・トラウマ」に。

入学式の写真は。 出発前に家の前で撮ればよかったです。
もう、現地に着いた頃には・・・1歩も歩けないくらい かかとが痛くって、血が滲んで。
泣いたような顔の 苦悶の表情の写真ばかりになってしまったことを思い出します。
いやもう 写真の一瞬さえも笑えないんだってば。傷の小ささからは考えられない程の激痛で。


そんな「パンプス、怖い」な わたしが 再びパンプスを履くようになったのは、
それも「普段」に。そういう入学式や冠婚葬祭だけではなく、日常的に履くようになったのは、
実は つい ここ3〜4年前から、です。

30代〜40代前半の頃、わたしの周りには。 
子育て時代を共にしたお友達の中に、日常的にパンプス履いている人はとてもとても少なくて、
てか、ほぼ皆無で、
そんな中でパンプスなんて履いてると「今日はどうしたの?」「あれ?どっかお出かけ?」みたいに なんか「浮く」感じもあった。  そういうのもあって、つとめて 履かなかった。




けれど。 

カジュアルな格好の時こそ、そう「日常」にこそパンプス履かないと、どうもおかしくなってくるのが40代後半、です。

いや、違うな。 

パンプスさえ履けば、いつもの格好が何割か増しに「いい感じ」に見えるのだ、ということに
40代半ば頃 はたと 気づいた。



足に合うパンプスを そこから探すのが大変だったのだけれど・・・
ちゃんとつま先が程よくとがっていて。 なおかつ歩きやすいのを、見つけた。






日常的に履くようになって一番よかったことは・・・いざという日に 靴擦れしないってこと!







何がダメなんだろう。 それまで似合っていたカジュアル服が 突如 似合わなくなった時。
全身を鏡に映して考え込むことが よくありました。  

服の組み合わせばかり見ていた。 でも 「靴」が原因であることも 実際には 多かった。

服を捨てるのではなく、靴を変えることで解決することも きっと、往往にしてあるのです。

ただの おばさんカジュアルになるか。 ちょっとだけ小綺麗な大人カジュアルが実現するか。


人生において。  まあまあ大事な分かれ道、と 言えましょう。

そういうことは完全に気にしない!という強靭な女性以外は。 
自意識の強弱にかかわらず 多少なりとも気になる分かれ道、と言えましょう。


先の丸い靴が  軒並みダメになったのは 40歳 のことだ。

先の丸いパンプスを 初めは買ったんですよ。

そしたら、見事に 似合わなかったです。服にも、顔にも、足の甲の40代の皮膚の感じにも。
靴と「顔」、靴と「皮膚」なんて、合うとか合わないとかそれまで考えたこともなかったのだけれど・・・

服と同じで、どんな靴でもなんでも似合うのは 「若いうちだけ」なんだ、と知りました。





スニーカーも。履いていて心地よいブランドが突如変わってきたのが40代、でした。





あと10数年もしたら。 



とにかく歩きやすさを重視した、足にひた優しい、ゆったりとして、なおかつ安全な
そら豆みたいな靴、コンフォートシューズ、もっとヒールの低い靴しか履けなくなるだろう。

というか、そうしないと、ほんと いよいよ危ないでしょう? 
転んで怪我して痛い思いはしたくないし、周りに迷惑もかけたくないです。




だから、今が 40〜50代までが、最後のお楽しみかなー なんて思ってる。



若き頃は「あし」って言えば 主に長さとか太さとか、すなわち「太もも」のイメージでしたが、

今は、なんか、膝から下こそ「あし」って気が。 
太ももさらけ出すことなどもうないし、だから「かかと」とか、スネの皮膚(笑)とか、
それこそ 靴に包まれる部分こそ「あし」。

47年の人生を共にしてきた・・・ もう決して若くはない わたしの「あし」。

コンプレックスだらけの 年齢を重ねた そんなわたしの「あし」でも。
少しでも綺麗な形に見せてくれる靴は・・・ 確かに、ある。  そういう靴を履きたい。


足元は。 見られています。  ものすごく。  前から? いいえ、 後ろからも。 






このサンダルは、見かけによらぬ奇跡の歩きやすさ&どっこも痛くない!もう本当に好き!






履いている靴が(そしてかかとが)ひどく残念な 同世代女性は・・・ 意外と 多いです。 
勿体無いなあと思ってしまうのです。 ああ、とても綺麗な人なのに・・・と。 


ほっとけ! と 言われてしまいそうですね。  大丈夫、もちろん ほっときますよ。


追いかけて行って あなた、その靴 変ですよ!!
かかと割れちゃってますよ!ガッサガサですよ! なんて言ったり 絶対にしませんよ(笑)


心の中で。 ちょっと思うだけ、です。  (それもやめたほうがいいですか・笑!?)


  ↓ 努力のいらない努力。 履いているだけで、かかと、しっとりと潤ってきます。







今、わたしの靴は 5足。  
  (今日の記事に4足しか写真がないのは、ビルケンが完全に玄関履きに陥落してるから)


無理に着飾ることは 余計に老けて見えるだけなのだ、と気づいたのが 40代。

ただただカジュアルでは、顔や雰囲気や動作が置いていかれると 気づいたのも 40代。

もうすぐわたしは50代だけれど。 40代半ば頃に気付いた、服や靴に関する様々なこと。

カジュアル一辺倒な姿で のろのろ歩いていると、なんかどんくさい人に成り下がるけれど、
パンプスだと・・・何故か「ゆったりと落ち着いた人」に見えるのは もはやマジック(笑)

靴がキレイだと、立ち姿や歩き方もキレイに見える 不思議。


今を生きて、そして50代になっても、 
ゆっくり落ち着いた歩みで、すっと姿勢良く立っている、そんな わたしを 目指したい。


そんな願いを 少ない靴に・・・

とても少ないけれど、大好きで、大切な・・・  お気に入りの「靴」に 託して。






                                    おわり





良い靴は良い場所に連れて行ってくれる、と言う話も わたしは信じています。
良い靴は家族を毎日無事にうちに連れて帰ってきてくれる、も 信じている、永遠の中二病(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

夏休みも残りわずかとなりました。今日も長いの読んでくださって、読者さま、ありがとう。






最終更新日  2018.08.22 23:46:04
2018.07.06
カテゴリ:靴は 4足→5足
靴を買ったのです。

こんな風に「完全に新しいアイテム」として投入する格好での靴のお買い物、というのは・・・
一体 いつ以来なのか ちょっとわからないくらいです。


先代のスニーカーを買い買えたのは、このとき、でした。 
              (1年8ヶ月ぶりにスニーカー買った話 →

パンプスも、ビルケンも、傷んだ頃合いを見計らい 同じものを買い替え、常に4足の靴で、
生きてまいりました。


だから。


買い替えじゃなくって、こうして 新たに投入する「靴」って・・・
5足目の靴を買う、って・・・実に5年ぶり!くらいなんじゃあないかしら (゚д゚lll))))






このサンダルの美しさが際立つ1枚が撮れました。トウシューズのようなアンクルストラップ。




サンダルを買おう。 そう思ったのには こんなわけがありました。

サンダルは「ビルケン」があるからもういらない、と思っていたのだけれど・・・
けれど、もう これだけではダメだ、と感じる(恥ずかしい)出来事に遭遇したのです。









ビルケンは、わたしの中では 基本的には「そこらへん履き」 で・・・
まずは日常的に「玄関履き」として。
そして近所のスーパーやドラッグストア、公園、あとはモスバーガーだとかスタバ(ぎり、です)までくらいのお出かけ用の・・・お気楽な「そこらへんの範囲履き」。





加賀棒ほうじ茶フラペチーノ。この日もビルケンでした。近所のスタバは、セーフです(笑)




ところが。 この間、ちょっと うっかり「境界線」を、ボーダーを越えてしまったのです。
なんか、その日はとにかく暑くて、色合い的にはあってるし、まあいいか、ってことで・・・

上記以外のお出かけ先に そこら辺用の「ビルケン」履いて、ぺたぺた出かけてしまった。



そしたら・・・なんだか、行く先々で、とても自信の持てない気持ちになってしまったのです。


そこらへん履きを履いて、そこらへんではないところへ出てきてしまった、なんとも言えない
場違い感。 そして居心地の悪さ。 格好悪さ。



というか・・・はっきり申し上げれば、自分の足元が その場の雰囲気に全く そぐわず・・・


  つまりは、ものすごく ものすごく 恥ずかしかったのです (;_;)


完全に間違えたってコレ(汗)なんで今日これ履いてきちゃったんだろ、わたし、って(;_;)


だからと言って。その日はパンプス履くのにも ちょっと違った目的で・・・
パンプスでは ややかしこまり過ぎる。  そこまでではない カジュアルなお出かけ。
その日は なぜか無性に「サンダル」を 履きたかった。


それで、ビルケン履いちゃったら・・・ ちょっと だいぶ 間違ってしまった、というわけ。









少ない服を、「普段着」から「お出かけ着」に格上げして見せてくれるような・・・
そんなサンダルが1足要るんだな。必要なんだなあ。 恥ずかしさの中で、そう思いました。


「欲しい!」「欲しい!」ではなく・・・ 「必要」、と。









新しい靴が、特にサンダルが、これは1足必要だ、と・・・5年ぶりに思ったわけであります。





この、手描きっぽいイラストが 可愛すぎます。 しばし見入ってしまいました。




わたしの手持ちの服全てにおいて、パーフェクトに似合うサンダルだ!と 確信し、購入。



TRIPPEN(トリッペン) アンクルストラップ ウッドソール サンダル ORINOCO











この鋲の感じ。  手持ちのシルバーの小物や スタッズ付きのバッグとも よく似合う。







360°どこから見ても 可愛らしきフォルム。  サボのようなのに、シュッとしてる。
そら豆みたいに丸くなってないところが・・・ 大人が履くのに とてもいい。








つるっとコケない、底貼りが 嬉しい。







クロスした状態になるアンクルストラップは大好物! 前から見た足首も良いのですが、
後ろ姿が、何と言っても一番可愛い! もう、後ろ姿だけで生きてゆきたい(笑)!








白いブラウスに 黒いスカート穿いて。  このサンダルを 鏡の前で合わせてみたのです。
ヒールがちゃんとあるから・・・ スカートから覗く膝下が とっても長く見える。

サンダルなんだけれど。 
覆われている面積が比較的大きいから、サンダルにありがちな 足丸出し! 足指丸出し!
かかと丸出し! 全部丸見え! って感じもないのが秀逸!  奥ゆかしきサンダル(笑)






木のインソールなのに、足を入れると驚くようなフィット感があるのです。 柔らかく馴染む。

足って 甲とか、指とか、アキレス腱付近とか ものすごく皮膚が薄いから、
ちょっとでも当たると、たちまち辛い靴擦れを起こします。 痛くて1歩も歩けなくなる。
使われている皮革がとても柔らかく・・・ 新しいのに、どっこも痛く無いのが嬉しい!


タイツを合わせれば、冬に履くのも素敵。 そこも購入に踏み切った決め手のひとつ。 
夏だけのサンダルは、どうしても年間通したときの出番が少なくなってしまいますから、ね。 

チャコールグレーのタイツ履いて、冬のコートに合わせたところを想像したら・・・ キュンとなりました。
冬場の真っ黒コーディネイトにおいてこそ、この足元は いいアクセントになるぞ! って。



このサンダル履くために、これからはちゃんとフットネイルもしましょう。自分で、だが(笑)




かかとのケアも、継続的にいたしましょう。結構見られてます。てか わたしは、見てる(笑)









飾り物のように可愛いのよー。  でも履き物だなんてー。   あなた、すごいねー。


大草直子編集長が運営されている、大人気のファッションサイト「ミモレ」のニュースフラッシュでも、このサンダル、大きく取り上げられていました。(赤も超絶可愛い!→ そして も!)


このサンダルなら、意外とモダンな浴衣などにも合いそうです。 (浴衣、着ないけど)
Tシャツに古着のデニムみたいな、Rock 'n' roll な格好にも似合いそうです。(絶対しないけど)

普通の服ばっかりだからこそ ・・・ こんな「ひとくせ」ある靴が 今、とても 嬉しい。


バッグも 汎用性のあるものでなく、くせのある「カーニバル」が なぜか残ったもんな。


靴やバッグには「普通」「シンプル」だけでなく、どこか「変哲」を求める妙なところが・・・ そんな傾向が わたしには どうやら あるらしい。



ただ。 慣れますまでは。 相当ゆっくりしか 短い距離しか 歩けない予感があります。
                             (結構なヒールがあるので)
ちょっとした段差とか、ゆっくり気をつけながら よくよく見ながら歩きたい。
                             (そういう歳なので)


これ履いた日に一緒に出かける方・・・

そんなすずひをどうぞ見捨てず、ゆっくりな移動・歩行で、何卒 お願い致します ヽ(;▽;)ノ






                                    おわり






新しいサンダルのおかげで、置き画のコーディネイトがますます楽しくなりそう!
スカートにもパンツにもワンピースにもぴったり。ゴツいのに華奢。 万能サンダルだと思う!

「かかと」もですが・・・40代以降って、「ひじ」の劣化も なかなか強烈です。
腕を伸ばした状態の後ろ姿、の たるんだ「ひじ」に愕然。以来、ひた隠しに隠しています(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


雨が降り止みません。  今日も最後まで読んでくださった 読者さま ありがとう。






最終更新日  2018.07.09 14:43:36
2018.02.20
カテゴリ:靴は 4足→5足
今日は、ちょっとだけ 昨日のお話の続編です。
4足の 自分の靴の写真を見ていて・・・ しみじみ感じた お話。



昨日の日記をお読みくださった読者さまは・・・ わたし すずひの 持っている靴の「値段」そして「総額」について どうお感じになられましたでしょうか。


たった4足とか言ったって、この人、高い靴ばっかり買ってやがる。

そうお感じになられた方も もしかしたら おられたかもしれません。

特に「スニーカー」です。









ミニマリストになる前は・・・ 自分が こんな 7万円近くもするようなスニーカーを買う日がくるなんて 想像できませんでした。

わたしは 貧乏性なのです。 スニーカーに払える金額は 5000〜20000円。
わたしの かつての スニーカー限界設定 は「20000円」でした。

いやいや スニーカーだって パンプスだって サンダルだって もっともっとお高い品物は
いくらだってある。
その程度で「高い」とか言っとんなよ、あほ! と そんなお考え・そんな世界があろうことも
重々承知いたしております。

これは あくまでも わたしの価値観における 極めて個人的な見解、です。








ゴールデングースの このスニーカーを買うときには 震えました。

いろんな震え、です。 高いよー という震え。 ずっと欲しかったよー という震え。

そして わたしなどがこんな高価なスニーカーを履いてもよろしいのだろうか、という 震え。







    ※ わたしの服 全12着の一覧はこちら、です ↓
    https://plaza.rakuten.co.jp/0212minimalist/diary/201801070000/



最後の震えが 一番 悲しい。  
わたしは ちょっとお高いものを買おうとする時には、いつも大抵 その気持ちと 決闘 する。

これは 多分 一生 治らない (笑)




でも。  お高い、お高い、と言ったって。


靴を それこそ 20足も 30足も持っていた頃。 
履きもしないような靴を、毎シーズン、次から次へと買いまくっていた頃。
それらを収めるための グッズを どんどん追加して購入していた頃。


確かに。

1足1足は、今 所有している靴よりも もう少しお安いものを買っていた。
10000円前後の靴が 特に多かったように思う。
それよりも高い靴は 恐ろしくて よう買わなかった。

けれど。 総額 で言ったら どうなんだ。 
大した回数 履きもしない靴に・・・30万円とか、もっと、累積のトータルで言ったら
それ以上を費やし、散財を繰り返してきたことは 火を見るよりも明らか、なのです。



いま 所有している靴 4足の 総額を 計算してみました。


4足合わせて 約 12万円。


これを 高い、と見るか。  安い、と見るか。


わたし・・・・ 決して安いとは思いませんが、それでも「妥当」だと 思っています。


愛着度。 思い入れ度。 お気に入り度。   そして 何より 「使用頻度」。

決して 1足たりとも   無駄にしていない。  こういう お金の使い方。
どんどん 次々 欲しいとも もう思わない。  心の満足度。


ミニマリストになってからの これは わたしの1番の変化。


結果。 昔よりも ずっと「高い」上等な靴を履いているのに、 お金は、 貯まる。
無理なくたまる。 強烈な節約意識など微塵も無いのに 貯まる。  知らないうちに。


散財が減っただけ。  仕組み的には 多分、そう。


けれど・・・ 


こんな変化が起こるなんて、「捨て」の前には決して想像することは できなかった。

わたしにとって とても嬉しい 予定外の変化の一つ、なのです。





↓ にほんブログ村ミニマリストランキングに参加しています。いつもありがとうございます。
  スニーカーは 4足の中でも、わたしの暮らしの中で もっとも頻繁に履く靴。 
  ずっと愛せる、そして妥協なきものを勇気出して買って・・・よかったです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村






最終更新日  2018.02.20 17:06:29
2018.02.19
カテゴリ:靴は 4足→5足
この間、帽子遍歴 の件 で アルバム見ていて・・・ すごいことに 気づいてしまいました。

わたし。 
最後に写真に写ったの(誰か他の人に撮ってもらって写ったの)・・・
息子の中学校の卒業式が 最後だ。  もう、これ 2年前だ。 

このブログを発信させていただく上で、首から下とか 着画、とか そういう写真を、
時々自撮りで撮ることこそありましたけれど、
「誰かに写してもらった自分の写真」が もう2年近くないことに 気づきました。


被写体として 家族からも誰からも、もはや需要がないのだ、ということ、を知りました(笑)


2年ぶりに写真撮られるような場面に今後出くわしたら・・・もう 全力で逃げたい。
怖いわ。 恐ろしいわ。 2年ぶりの「現実」見ることが。 耐えられない予感しかない。
鏡は見ますけど・・・ 鏡の中の自分、というのは どちらかというと「動画」なのです。 
じっとして映っていても、やはり それは「動画」。 まばたきや、命の動きが そこに 映る。



だから 怖いのは「静止画」。  騙しの効かない、切り取られた 真実の、一瞬。



今 死んだら・・・ 2年ほど若い遺影、だな ( ̄∇ ̄)









靴は、もう ずっと この「4足」で暮らしています。
この数を死守しよう!と思っているわけではありません。 足りなければ買おうと思っています。
けれど。 かれこれ3年近く。 「足りない」と感じることは 一度もありませんでした。

ミニマリストブロガーさんの「靴の数」の記事を読むのが わたしは とても好きです。
自分以外のミニマリストな皆さまの「靴事情」というのは・・・たいへん興味深いのです。

すると。 

絞り込んだ結果の靴の数。 意外と「4足」という方が多いことに気づかされます。

ほう・・・。 なんか、嬉しいな。 女性の最低限の靴の数ってなのかもしれないです。



そうなってまいりますと。  数少ない靴で暮らす、ということを継続する、となりますと。

気をつけたいこと。 とても大切な「気をつけるべきこと」が そこにはあります。


それは その 数少ない靴が ボロっこく、貧乏くさくあっては ならない ということ。
 




ずっと愛用している ビルケンは「マドリッド」。今年 買い替えました。







「少ない服」や「少ない靴」で暮らす ミニマリストなわたしの これは ささやかなる目標。
数は少なくとも、常に手入れの行き届いた、キレイなもの、キチンとしたものを 身につけていたい、という思い。

こんな少ない服で暮らしている人って、ミニマリストって 一体 なにものなの?
そう思って 初めてここを訪れてくださった方が、

「えー・・・・」「こんなボロっこいの着てるの・・・」「ミニマリストって最悪・・・」って。


そう 思ってしまわれない 自分でいたい。 
自分さえよかったら いいじゃん、とは 思わない。 装いは「コミュニケーション」だ。
この年齢になれば なおのこと 服 = 自分。  靴も、もちろん そう。
見たままが 内面と直結する。 装いは、自分と社会とを繋ぐ 大切な コミュニケーション。
 
見たまま で 判断されることの方が 圧倒的に多いのが 世の中なのです。
内面を知ってもらうのは、そのあと、な 気がします。
見た目で「この人に興味なし」と 烙印を 拒絶反応を もらってしまったら・・・
「内面」知ってもらうチャンス、親しくなるチャンスそのもの、も 失いかねない。





パンプスも。春に向けて どちらも 同じものを新調、です。






自分は2年も写真に写らずにおいて何を言ってるのだ! と言われてしまうかもしれませんが、

わたしが思うに 「靴」の写真を撮ることは 大切です。


他人の目で、他者の目線で  自分の靴の状態を「客観視」できるから。
 




スニーカーは特に要注意です。 汚さの境界が・・・自分のものには甘くなりがち(笑)






人間は、自分の持ち物のことを「過大評価」する傾向にあります。
気に入っていたり 愛着が深かったりすると 「汚さ」も あまり気にならず、むしろ「味わい」などと思ってしまう。

そうすると、写真は正直、なのです。汚いものは 汚く。 美しいものは より美しく 写ります。


どんなにキレイに撮ろうとしても 汚かった。 


それこそが、愛用のビルケンを わたしが このたび買い直すきっかけ、と なりました。
正直もう1シーズンいけるかな!? なんて思っていたのですよ。自分が履いている分には。

けれど、どうだ。 写真に撮ったら もう 汚いのなんのって(笑)



少ない靴で暮らしていると 買い替えの時の出費の痛手も 最小限です。


「必ず履く」と わかっていますから、自信を持って買い替えることができるのも いい。


経済的にだけでなく・・・精神的にも わたしの性格に とても合致した「持ち方」なのです。




↓ にほんブログ村ミニマリストランキングに参加しています。いつもありがとうございます。
   寒さが ほんのちょっぴり 緩んできましたね。 春は、もうすぐそこ ですね ( ´▽`)♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村






最終更新日  2018.02.19 17:39:03
2017.11.22
カテゴリ:靴は 4足→5足
ミニマリストは、最低限の少ないモノで暮らすことを目指していて、買い物を嫌う、と思われがちなトコロがありますが、果たして そうなのでしょうか。

これは、わたし自身も実感していることなのですが・・・ 意外と「買う」と思います。
むやみやたらとモノは増やさない、というだけで、その中での「必要な買い物」を上手に楽しんでおられる方が とても とても多い。




黒い装いの増える冬に向けて、定番の黒いパンプスを 買い替えました。



無駄な持ち物が減った後は、好きなモノ・自分の好み、というのが非常にはっきりと明確になります。
「衣・食・住」の全てにおいて、自分や家族にとって必要なものか、否か、が つぶさに判別できるようになる。 それをおさめる場所も、買う時には、もう決まっている。

必要なものの種類・数量をはっきりと認識したうえでの買い物をするので、失敗が激減。
それでも時々は失敗してしまうけれど、以前の比ではない。 超・激減。


だから、買い物が  以前とくらべて むしろ充実し、とても楽しい。





先代と同じ。オデットエオディールの 4.5cmヒールです。




それに、モノが少ないと、けっこう頻繁に買う必要が おのずと出てきます。 
モノが少ないので、そうでなかった時と比べ、所持品の傷みの進みが圧倒的に早いのです。
数少ないお気に入りだけでローテーションしている = 1個1個のモノの酷使度が、高い。

それは、持ち物の全てが めでたく「ヘビロテ」になった証拠 でもあり、
暮らしの変化・転換の結果、とも言えるでしょう。





 先代(奥)、まだまだ綺麗で新しいような気持ちでいたけれど・・・・




 ぶっ。めっちゃ 型崩れしてた。 幅が、べろーんって(笑)




「最低限」という概念は、まことに人それぞれで、ミニマリストそれぞれ。
その人が暮らしやすいと感じる「適正量」というのもまた、大変に人それぞれであります。


ただ、みなさんに共通していえることは、使わないモノを買わない、ということ。
使わないモノを買わないなんて、本来なら当ったり前のことなのですが、わたしには、長い間、
それができなかった。欲にまみれ、モノにまみれ、「買い物眼」は 曇りっぱなしでしたから。 

モノを持ちすぎていると、新しく買うそれが「余計なモノ」か「そうでないか」が、本当に分からないのです。 いつもいつも 分からなかった。





買い替えたパンプスは、先代と比べますと、インソールと底張りが大きく変わっていました。 





「死蔵品予備軍」を買わない。ということが できるようになる。
使わない! 失敗した! というものも、早い段階で判断し、けっして溜め込まないようになる。



絞り込むまでは、ほとんどモノは買わないし、買うより手放す方を優先して進めたわたしでしたが、絞り込んだ後は・・・ だから、買っています。 むしろ、いつも買う準備万端!なのです。

けれど、せっかく買う気満々なのに、必要なものが過不足なく揃っていると、自分はもちろんですが、家族も「あれ欲しい、これ欲しい」を あまり言わなくなるんですね。
だって、揃っているから、ね (笑)
「欲しい」の気持ちは・・・不足感・欠乏感が根底にあってのこと、ですものね。
  


必要なものを、必要な時に、必要な数、だけ  そして、同じものを、買い替える。  
そういう「安心な買い物」が、ぐっと 増える。  


一見 なんの変化も無くてつまらない買い物のように思えますが、そんなこと、全然ないです。

お気に入りのものが 新しくなる、ということが、単純に嬉しい。 とても気持ちがいい。
「これ、使うかな、使いこなせるかな」という不安がない分、無条件に、余計に 嬉しいのです。







  ↓ 11/24 朝9:59まで「スーパーDEAL」 ポイント20% 還元中、です。





全く同じモノを買う気でいても 廃番になってしまったり、マイナーチェンジが施されたり。 
今回のパンプスのように 叶わないこともありますが。

「黒い靴」は、わたしは常に「まっ黒」でありたい。 すすけた黒は、履きたくない。
傷んだ靴は・・・ 装いの全てを台無しにしてしまう、と 思うから。

このパンプスは ついに3代目。 あれ4代目かな!?  (しっかりしろ!)
さすがにマイナーチェンジの時期ですよね。
けれど、同じ靴。 まったく同じだけれど、ちょっと違って、 わたしには、新しい。 

ミニマリストあるある。 ミニマルな喜び。  ささやかな違いに、喜び。


大きく目新しいモノや、自分以外の「誰か」にアピールするためのモノにしか喜べなかった

あの可哀相で意味不明な わたしは・・・  もう、どこにもいないのだ!






↓ にほんブログ村・ミニマリストランキングに参加しています。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村






最終更新日  2017.11.22 11:12:58
2017.07.26
カテゴリ:靴は 4足→5足
いま、わたしの所有している「ワンピース」は、たった1着だけ、です。
シンプルな 黒い お気に入りのワンピースは、着丈にとことんこだわって探した、渾身の1着。

大切だからといってしまい込んでしまわず これを普段から じゃんじゃん活用しています。
着てこその服、ですから。

昨日から始まりました ワンピースの可能性を「靴」で楽しむシリーズ 今日は、第2弾。 

本日のお題は 「サンダル」です。



第2弾  「 ワンピース + サンダル 」






昨日の「第1弾」の画像を自分で見て・・・ あわてて ブラシをかけました。
ビルケンのインソールを蘇らせる 魔法のブラシ、です。





季節の変わり目だけでなく ちょいちょいケアしないと いけませんね。
どこで急に脱ぐことになるか・・・わかりませんから、ね。









さて。

わたしは 絶対に行きませんが 真夏の海辺のリゾート を 楽しむのなら こんな格好で。
わたしは 海ではなく 近所のそこらへんを こんな感じで ウロウロしています。
近場でランチ、とかくらいまでなら・・・
地元の市内での買い物・ランチ・ラーメンとかくらいまでなら、ビルケン許容範囲(笑)と、大らかに考えています。




(N)+ ビルケンシュトック サンダル + バングル2こ + かごバッグ + ハット

※ わたしの服 全16着の一覧はこちら、です → 



昔は、サンダルも たくさん持っていました。
ヒールのあるの、ないの、黒いの、シルバーの、トングタイプの、ビーサン・・・・と 色々。


リゾートにも行かないし、ビーチなんてもっての外!!なのに、そもそも夏の外出大嫌いなのに、
サンダルそんなに買って 一体わたしは なにがしたかったのでしょうね。
両手・両足にでも履こうとしてたのでしょうか。

とくに「トングタイプ」を履いて歩くことは わたしは大の苦手でした。
履きなれていないからでしょう。 すぐにトングの当たるところの「指の股」が擦れて・・・

もう、 痛いのなんのって (´;ω;`)ウゥゥ

1歩も歩けなくなりますね。  靴ズレと一緒の種類の激痛。 苦しみ。

トングタイプは 裸足でしか履けないから 履ける季節も ごくごく限られます。


ソックスと合わせ、冬にも履けるサンダル「ビルケンシュトック」は やはり 偉大なサンダル。






さまざまな形・色のラインナップ・バリエーションがありますが・・・


わたしは もう 何年も この「マドリッド」一筋。
あらゆるビルケンシュトックのなかで、断トツに女性らしく 美しいかたちだと思う。
足幅を もっとも細く華奢に見せてくれるビルケンだと思う。





2本・3本ベルトのタイプは どうもわたしには似合いません。
履くと、なぜなのでしょう、男の人の足みたいになります。 そして、コケる。 つんのめる。
「アリゾナ」のホワイトが爆発的に流行した年、インスタ見てすぐ飛びついて、お洒落な人のサンダル・ライフを真似して まっしぐらに買って・・・ 


一瞬で後悔をしたのは 言うまでもありません。


その年の「アリゾナ・ホワイト」は信じられないほど品薄で・・・大変な苦労の末に手に入れたのに、ほぼほぼ新品の状態で 手放しました。  ←こんなことばっかりしていた (´;ω;`)


自分に似合うものをせっかく見極められたなら 
うっかり離れたり 簡単に影響を受けたり 夢見て冒険しては・・・  ダメですね(笑)



インスタグラム奴・・・ あな あな 恐ろしや。




昨日(7/25)すずひの3パターンの靴日記・第1弾をお読みくださいましたみなさま、そしてバナーからの応援を下さいました 586名のみなさま 沢山のクリックをありがとうございます。
明日は「ワンピース+靴」シリーズの、いよいよ最終回。 少々 毒吐く予定、です (えっ!?)


↓ にほんブログ村・ミニマリストランキングに参加しています。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村






最終更新日  2017.07.26 10:44:48
2017.05.11
カテゴリ:靴は 4足→5足
なんにもない 玄関に・・・・




毎年 この時期から・・・ ひとつだけ、モノが 増えます。



変装道具。  サングラス (笑) 



さて。


服の完全なる「少数精鋭化」を本気で目指し・・・現在邁進中のウチのミニマリストお父さん。
いよいよ最終局面に突入している「服」と並行し、こちら「靴」の見直しにも 余念なし!です。

「服」のゴールに先駆けて、ついに、このたび辿り着いた模様です。

お父さん・初の「少数精鋭靴」・・・・「靴」のゴール! おめでとう!最終着地点!




「靴は4足」に落ち着いて以来 2年近く全く増減無し、という境地に一足早くたどり着いたわたしとは異なり、お父さんの靴は、今年に入ってからも、増えたり減ったり、減ったり増えたり、していました。

そんな中、お父さん曰く・・・ 「もう、こういうこと、終わりにしたい・・・」

本当に納得のゆく必要最低限の「靴」を揃えて・・・こういう買い方を 自分も卒業したい、と。


お、お、お父さん・・・ (´;ω;`)ウゥゥ
わたしみたいな そんなことしなくていい。お父さんは好きに買ったり手放したりしたらいい。
わたしは4足で足りている。 けれど、お父さんの適正数は、わたしにはわからない。
服も靴も、お父さんはこれからも、自由に買ったり手放したり 楽しんでちょうだいな。

そう思っていたのに・・・・


ただ欲しかっただけ。高かったから持っとくだけ。そういう靴は、もう買わないし、要らない。
そう決心し 考え抜いたのだそうです。 手に入れるもの、手放すもの。残すもの。捨てるもの。


すずひ家 ミニマル・夫婦の辿り着いた究極の「靴箱」。お父さんの「少数精鋭靴」。


今、ここに・・・ ここに、完成です (´;ω;`)!




じゃん。  じゃじゃーん!!  コンパクトでミニマルな 4段靴箱。


【 すずひ靴箱アパートメント1F・・・ ブーツのフロア 】



  左:オールデン ストレートチップブーツ  右:チャーチ スウェードデザートブーツ






【 すずひ靴箱アパートメント2F・・・ スニーカーのフロア 】



左:golden goose (お父さん) 中:new balance(お父さん)右:golden goose (すずひ)


【 すずひ靴箱アパートメント3F・・・ パンプスのフロア 】



  左:オデットエオディール ブラック   右:オデットエオディール グレー




【 すずひ靴箱アパートメント最上階 特選フロア・・・ ドレスシューズのフロア 】 



  左:チャーチ レースアップシューズ  右:クロケット&ジョーンズ BELGRAVE




あとは・・・・



お父さんの ウォーキングシューズ と すずひの ビルケン マドリッド。


靴の所持数・・・ 合計 お父さん 7足  わたし 4足  合計 11足


「もう、靴のこと考えなくていい!買わなくていいー!」って、お父さん すこぶる喜んでます。


あれれ、買うの 楽しかったんじゃなかったのかな?


そうなんですよね。「靴」の買い物って、楽しいんだけど・・・ ストレスでもある。
迷って、悩んで、選んで、探して、試着して、買って・・・ 
けれど、本当に自分の足に合っていて なおかつ ワードローブにも合っていて、大成功!
っていう納得の一足を見つけることの・・・・ なんと厳しく難儀なことか (´;ω;`)

買ったけれど、履かなかった。 買ったけど、履いたけど、4時間くらいで足が痛くなった。
真剣に選んで買ったのに、なぜかそうなっちゃう「靴」の・・・なんと多いことか (´;ω;`)

高価なものであればあるほど・・・ ちょっと立ち直れなくなる。 ショックで寝込める。

だから、怖い。 
お買い物って、楽しいんだけど、そういう「手に入れた後の未来」のことが自分でもわからないところ、予測できないところが・・・ 本当に、とても怖い。


そう、怖いんだ。


わたしが 「靴は4足」での暮らしに落ち着いてから 毎日心おだやかで幸せなのは・・・
もう あの怖い思いをしなくていいから、なのかもしれない。


買い物は、「戦い」だ。   戦いの無い毎日は・・・平穏で いいな ほんとに、いいな。


靴を買う「戦い」から解放された お父さん・・・・ 
「買い物」という 楽しみ・刺激を失って、気持ち的に淋しいのかな、と思いきや・・・
いいえ、むしろホッとしたような、穏やかで満ち足りた表情。 こないだから、本当に嬉しそう。


買い物から解放されたいひとって・・・ きっと 沢山 沢山 いるんだろうな。




昨日(5/10)すずひのぺチパンツ日記をお読みくださいましたみなさま、そしてバナーからの応援を下さいました 593名のみなさま 沢山のクリックを、ありがとうございました。
ナチュラル服時代に苦労したこと。「ぼろ布感」以上に わたしを悩ませたこと。それは「丈」。
身長の高いわたし。既成服のスカートやチュニックの丈が足らないことが とても多かった・・・


↓ にほんブログ村・ミニマリストランキングに参加しています
( ゆえに、服の「着丈」には並々ならぬこだわりが。ワンピース探しは、特に命懸け・笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村






最終更新日  2017.05.11 11:06:39
2017.03.26
カテゴリ:靴は 4足→5足
この様子をみて・・・
まさかわたしが「只今かかとケア真っ最中!」だとは 道行く人・すれ違う人 誰も気づかまい。




かかとが「鬼瓦」になってしまい、生まれて初めて見るよな自分のかかとの様子に驚き、
たいへんな有様にショックを受け、これ、イカンよ なんとかせねば!と 思い立ったとき、
わたしの頭に真っ先に浮かんだのは・・・ アレ でした。
CMや広告で見かけて、以前から知っていた、アレ。
電池式ローラー?みたいな、かかとを、角質を「削ってしまう」道具。


けれど、あのローラー買わなくて、良かった。 かかと削ってしまわなくて 良かった。
自分の水分で自分を潤すこの靴下に かかとを託して・・・ 本当に良かったです。



↓  ハイソックスも出た! 欲しい!





2足購入し、まいにち代わりばんこに履いていますが、2ヶ月近くが経過し・・・
さすがに ちょっと毛玉ができてきちゃいました。





毎日気持ちよく履けるよう 毛玉のケア。 ぐんぐん取れる!「テスコム」の ACアダプター式。




春は すぐそこ。 やわらかいかかとで春を迎える準備・・・万端です! よし、間に合いそうだ!





さて。


今日は シューズボックス・・・「靴箱」のお話です。
この日の記事 から 約3カ月の月日が経過いたしました。


その後、すずひ家の「がらーん靴箱」の内部は どんな様子となっているのでしょうか。
靴の総数は 増えてる? 減ってる?  さあ、どうでしょう・・・!?


まずは、下の2段。




すずひグース・お父さんグース。
お父さんトリッカーズ・お父さんチャーチ・お父さん new balance。  計 5足


続きまして 上の2段。




お父さんクロケット&ジョーンズ サイドゴア・お父さんチャーチ レースアップシューズ。
なんか、お父さんの靴って・・・改めて見たら ものすごいラインナップだな!(怖)

すずひパンプス くろ・ すずひパンプス グレー。          計 4足



さあ、全貌です。





ああ~ 9足!! 靴の総数、残念ながら 変化なしー (´;ω;`)!!

減ってはいませんが、増えてもいませんでした。 これはすずひ家に於いては 凄いことです。
かつては 夫婦そろって靴を買うことが大好きで、止められなくて、
この小さな靴箱に・・・ 靴 16足くらい ぎゅーぎゅーに詰め込んでいたのですから。

便利グッズを駆使して。 または 靴を立てたり寝せたり、底を合わせて組ませたり工夫して。


そんな工夫の甲斐もなく その頃の「靴箱」の見た目は とても雑然とし、見苦しかった。
無理に突っ込まれた靴は 型くずれを起こし、甲が潰れたり。 サイドが擦れて汚れたり。

ついにはここに収納すること自体を断念し、
廊下に・・・ 禁断のシューズラックを、スタッキングするシューズラックを置いていました。


靴が多い、ということは、 
ただそれだけで 管理・維持がとても大変だった、ストレスだったことを 思い出します。


当時は どの靴も「絶対に要る!!」と 強く思い込んでいて、数を、総数を減らすという発想は、まったくありませんでした。
何とか収めよう。収納しよう。 収納グッズを買い足そう。もう1つ 追加しよう。
もう1つ・・・ あと もう1つ・・・ 


その時たくさん買ってしまった「スタッキングラック」・・・  愚行の名残・・・・

今は 息子のクローゼット内や

 


シンク下での収納に・・・・




今のところは まだ捨てないで(笑)  
この通り、己への警鐘・戒めのシンボル?として 「家庭内再利用」に努めております。







昨日(3/25)お父さんの「メゾン・タヌキ」日記をお読みくださいましたみなさま、そして下のバナーから応援のクリックを下さいました 685名のみなさま ありがとうございました。
週末の貴重なお時間に わたしの長い長いブログを最後までお読み下さった お一人お一人の
みなさまに・・・ 感謝の気持ちでいっぱいです。

↓ にほんブログ村・ミニマリストランキングに参加しています
     (今日のバナーは・・・ぽかぽか日和の訪れを待つ ハット&サンダル!)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村






最終更新日  2017.12.22 15:48:19
2017.03.21
カテゴリ:靴は 4足→5足
わずか4足の靴のうちでも、とくに出番多き1足であった スタンスミスのスニーカーを 手放し、
2足歩行になって以降の人生において、恐らく、初めて
「スニーカー」を1足も持たないという(少々不安な)状態で暮らした・・・空白の時間。
昨日まで わたしの靴の総数は「3足」でした。 靴、たったの3足で暮らしていました。


手放したスニーカー。1年8ヶ月もの間 毎日のように履いた「スタンスミス」。
わたしなりに丁寧にケアし、靴底もきれいに拭き上げ、ちょうど「買い取り20%UP」の
キャンペーン中だった 近所の大手リサイクルショップさんに持ち込んでみましたところ・・・


なんと、まさかの「1800円」に! 


1800円 の20% UPで・・・ 2160円 の査定額になりました。
とても有り難く 喜んで買い取っていただきました。

そして・・・! 

実に 1年8ヶ月ぶりに、わたしは・・・すずひは「靴」を、買いました。
新しいスニーカーを・・・・買ったのです!


こちらです!!





スニーカーが好きだから、 ものすごくたくさん履く、ということが わかっているから、
すずひ お得意の「妥協」を 今回は、今回こそは 決して致してしまわぬよう・・・
心して、気を引き締めて、覚悟を決めて 「お買い物」をしました。

生きている間に、あといったい何回「靴」を買うことができるかどうかなんて、わからないんだ。
それなのに妥協品を買ったり 履いたりしていたのでは・・・
時間が、人生が、妥協品のために支払ったお金が、 何もかも 全てが もったいない。





いつかは・・・ そして 次こそはきっと!と ずっとずっと思いを温めてきたスニーカー。
「GOLDEN GOOSE(ゴールデングース)」の まっ白スニーカー「STARTER(スターター)」。


GOLDEN GOOSE の スニーカーのラインナップには、初めから USED処理をされたタイプや、
わざと汚れやほつれを施したタイプのものが圧倒的に多く たいへん人気が高いのですが・・・

わたしは・・・ この 「まっ白」が 欲しかった。









ああ、刻印 !! 右足にだけ刻まれた この文字。  こういうディテールが、たまらない。


GOLDEN GOOSE は・・・
わたしが もう2年以上も前から恋焦がれておりました 憧れのスニーカー、なのでございます。

それを、まさかの お父さんに、ウチのミニマリストお父さんに 先に買われて・・・
 
  ※ それはないよ、お父さん! すずひ家夫婦バトル勃発!? の 日記 ↓
     https://plaza.rakuten.co.jp/0212minimalist/diary/201612270000/

すっかり困ってしまいました。 すっかり途方に暮れてしまった すずひだったのです。
新しく、ほかのターゲットを探す、ということだけは ぜったいに嫌でした。
ほんとうはこれが欲しかったのに、妥協して他のスニーカーを探すことが、どうしても嫌でした。


だってそうでしょう!? 最初にこれに決めていたのは このわたし、なのだから ヽ(`Д´)ノ!


はっ・・・!  いけません、失礼いたしました。 またも 取り乱すところでした。


だからと申しましても、 お父さんと丸っきりのお揃い、というのも、なんだか気恥ずかしい。
同時に履かないように気を付けよう、とか・・・そんなことを考えなければならなくなる。

だから・・・

だから、どうか見てください。
お父さんの買った「STARTER」と わたしの「STARTER」は ちょっとだけ、違うんです。




それは、かかと! バックショット!




  
そう。「シルバー」なんです。 メタリックシルバーに、GOLDEN GOOSE の 星。


シルバーカラーの金具のバッグやアクセサリーが、とても とても大好きなわたし。





あああ、この通り、とてもぴったりなのです (´;ω;`)ウゥゥ !


その日に身に着ける金属部分(アクセサリー・バッグの金具・服のジッパーなど)を、
なるべく統一したい、揃えて着用したいという偏執狂な、わたし。

 ※ ゴールドカラーのバングル。捨てようかと思ったけれど 捨てたらアカン!の 日記↓
    https://plaza.rakuten.co.jp/0212minimalist/diary/201701180000/

靴 4足しかないのに、スニーカーは この1足でやってゆくというのに、
こんな個性的な「かかとシルバー」のスニーカーにしちゃったりしたら 
この先、バッグの金具やアクセサリーが「ゴールドカラー」の時に、 困るのでは・・・?



ところが、大丈夫なのです。 すずひは、困らないのです  (ニヤリ)


このスニーカー、かかと(バックショット)は このとおり「シルバー&ブラック」なのですが


甲は・・・  前から見た時の 「甲」のところのロゴカラーは・・・





ああ、なんということでしょう! ゴールドーっ! 
こ・・・ こんなことって そうそうありうることでしょうか (´;ω;`)

わたしのワードローブとのコーディネイトに必要な「白」「黒」「シルバー」「ゴールド」。
その望み通りの「4カラー」が たった1足の中にきちんと混在し・・・それでいて 白い。 
スニーカーとしては、白い。 間違いなくまっ白。
 
わたしが求めていた、ずっと欲しかった・・・ 白い 白い「GOLDEN GOOSE」のスニーカー。


おかげさまで・・・  こうです。




なるだけ「ゴールドカラー」に揃えたいような日であっても・・・
 ほら、このとおり。 偏執狂すずひ的にも、これならひと安心&大満足 (´;ω;`) 


靴は4足。 手持ちの数に・・・ 所有数に、変わりはありません。
けれど、なんだろう、この気持ち。 
靴を10足も20足も持っていた時には 決して感じたことのなかった、この気持ち。


履いてみたんです。 まずは室内で。 そして、すぐ翌日に、外で。

むかしは、こういう時、大切すぎて 履かなくて(履けなくて)・・・
せっかく新しいのを買ったのに、それを下ろさず、古い方のばかりを 履き古している方の靴を
その後もずっと 履いていた。


もう、そんなこと、しない。
いや、もしもスタンスミスが手元にあったら・・・また性懲りもなく、そうしたかもしれない。

だから、先に 手放したのです。 

自分の性分を、貧乏性を、悲しくなるほど、もう嫌というほど 解かっているから。


だから、すぐに履けた。しまい込んでしまうことなく 買ってすぐに。その翌日に。


うれしかった。  とても。


たくさん、たくさん・・・ 
手放した「スタンスミス」がやきもちを妬くくらい・・・ たくさん履こう、と 思っています。


【すずひ・鬼瓦かかと 続報】
たくさんあった かかとの「白い亀裂」が・・ついに、ゼロに!
ぱっくりいきそうなほど 深いひび割れもあったのに。信じられない!うれしい (´;ω;`)
かかとケアソックス毎日履いて・・新しいスニーカーにふさわしい「かかと」を、目指します!








昨日(3/20) すずひの無印良品生活の記事をお読み下さったみなさま。
そしてバナーから応援クリックを下さいました「517名」ものたくさんのみなさま、ありがとうございました。
新調した「フィルターケース」。狭い隙間にスッと立てて差し込むことができるようになり、
しわにもならず・・・なかなか良いです!

↓ にほんブログ村・ミニマリストランキングに参加しています
     (今日のバナーは・・・ design letters  すずひのイニシャル枕!)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村






最終更新日  2018.07.06 14:06:40

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.