20385099 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Tough Boy-World of cap_hiro

2020年03月03日
XML
カテゴリ:時間考察
時間の陥穽87
 「言(ことば)はロゴス」 ヨハネ福音書は、このようにして始まります。「初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。言は神であった云々。そこには、これは普通の所謂(いわゆる)通常に使用されている語彙の「言葉」とは違うのだという思いと、それでもこれは「こ・と・ば」としか言いようのないものなのだという思いの、神の言葉の預言を其の儘に人間が解せる言葉で介在する通辞、此の「言」は初(はじ)めに神とともに在り、萬(よろず)のものこれに由りて成り、成りたる物に一つとして之によらで成りたるはなし。{起こったできごとで」、この方ぬきにおこったものは、なにひとつなかった。言によってできたものは「命」(此処に掲げられた「命」を詳細に考察すればで世界そのものと捉えられます。)であった」という訳もあります。聖書を解釈するに世界創造が神に起因する以上神を別格として世界には始まりがあり終末が神の別途に設けた世界を覗けば不可避だというわけです。結論から云えば「此の文章の文言「ことば」を「時間」に読み替えれば以外に同調するものが垣間々に見えます。人間の思考は「空間」を自分の手を持って形相して見せることが出来ます。ところが「時間」となると其の本質を問われれば時を象徴化させた時計を見せ、証として提供します。



哲学・思想ランキング






最終更新日  2020年03月03日 06時10分16秒
コメント(0) | コメントを書く
[時間考察] カテゴリの最新記事


PR

X

プロフィール


cap-hiro

サイド自由欄

カテゴリ

夢有無有

(3085)

[神]の定義・公理・定理とその証明

(1)

HINDI MUSIC

(2)

「至極の女性」

(0)

直覚知

(0)

時間考察

(427)

俳句・川柳

(51)

ABBA

(0)

絶対存在論

(87)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

楽天カード


© Rakuten Group, Inc.