175138 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

食とサプリの健康情報館 ☆Information For Healthy Life And Diet☆

2019.02.18
XML
カテゴリ:ヘルシーライフ
以前、アメリカでマクドナルドにばかり通ってダイエットに成功したという女性の記事が何かのサイトに出ていた。​

〇マクドナルドでダイエットできるかもしれない

マクドナルドは、どちらかと言えばカロリーが高いコレステロールが多そうなどの不健康なイメージを持っていたので、その記事を見て一瞬驚いたが、よく考えてみれば確かにダイエット出来ないわけではなさそう。

なぜなら、ダイエットが成功するかどうかは摂取エネルギー(カロリー)と消費するエネルギーのバランスにより決まるもので、マクドナルドにあるメニューをうまく組み合わせて1日の摂取カロリーをコントロールすれば、当然ダイエットはできる筈である。​​

〇マクドナルドの「栄養バランスチェック」を使ってみる​

そこで、McDonald Japanのサイトを覗いてみたら、「栄養バランスチェック」という頁があった。

そこにはメニューの写真があるので、例えばビッグマックマックフライポテトのMコカ・コーラのSを選んでクリックして、性別、年齢、身体活動レベルをチェックし、「栄養バランスをチェックする」をクリックすると、各栄養成分の1日の摂取量に対する比率のスターチャートが出てくる。

これを見れば、栄養バランスが一目でわかる。

結果はどうであったかというと、脂質が1日量の80%に達しており、ビッグマックとポテトフライはかなり高脂肪であることが分かった

そして、摂取総カロリーはビッグマックとポテトフライ、コカ・コーラの組み合わせで1024Kcalとなった。​

〇メニューを変えてチェックしてみた

​​そこで、ビッグマックを普通のハンバーガーにし、ポテトフライをサイドサラダにし、コカ・コーラをコカ・コーラゼロ(S)にして同じように栄養バランスのスターチャートを出してみると、なんと脂質の摂取カロリーは1日量の20%に下がり、摂取総カロリー266kcalと前の組み合わせの4分の1にまで減少した。

毎日これでチェックしてメニューを選べば、確かにダイエットできないわけではなさそうだ。

ただ、これが健康的かどうかと言えば、ちょっと疑問はある。特にサイドメニューの野菜系はサラダとスイートコーンしかないので、食物繊維は極めて少ないなどが問題となる。

結局、マクドナルドだけで食生活をしてカロリーを調節できないわけではないが、栄養バランス的には不足分を何かで補っていく必要があるのではないだろうか。​

マクドナルドの栄養バランスチェックへ
​​






最終更新日  2019.02.25 06:18:26
コメント(0) | コメントを書く


PR

カテゴリ

フリーページ

サイド自由欄

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.