521981 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ファーマータナカのデイリーリポート

PR

全3件 (3件中 1-3件目)

1

研修

2010年10月28日
XML
カテゴリ:研修

10月28日(木)、大分県の要請もあり、中途半端な規模と経営内容でお恥ずかしい限りだが、これも何かのご縁ということで、韓国からの視察団30名を受け入れた。

女性の方も多く、通訳の李さんは、事前に当社のHPも見ておいてくれており、見学・説明・質疑応答もスムーズ、概ね好評に終える事ができたと思う。

隣国とはいえ、他国にまで農業研修に来るのだから、当然と言えば当然だが、非常に熱心な態度で好感が持てた。
最近はそうでもないとは思うが、日本の農業団体や、議員やお役人の名ばかりの研修旅行の中身が気になるところだ。

韓国のトマト農家を又ぜひ連れてきたいとうれしい言葉を残して、次の視察地へ向かわれた。

韓国視察団

(大型バスで次の視察地へ向かう韓国の人々)







Last updated  2010年10月30日 11時17分15秒
コメント(0) | コメントを書く


2009年03月17日
カテゴリ:研修

3/16(月)19:00から別府で開かれた食品産業クラスター協議会(正式にはあすのクラスターを構築する会の第7回目)に出席。
大分県は協議会設立がなんとブービーらしい。(ゆえに頑張りも人一倍必要ということらしい。)
産業クラスターの「クラスター」とは、「(ブドウなどの)房」、「(魚などの)群れ」 を意味する英語で、産業クラスターとは、関連する産業及び事業がお互いに結びつくこと によって、新たな相乗効果を生み出す産業・事業群の総称だ。
県の方から声をかけていただいて参加するようになったのだが、ファーマータナカが何かしら寄与できるというには当然程遠い。だが、毎回とても勉強にもなり、刺激にもなる。
今回は「地域商品ブランド化演習」ということで、6社位の新商品や開発中の商品のプレゼンがあった。
生産者しかり、加工業者しかり、皆さん動機は様々だと思うが、各々そのアイデア、姿勢は前向きで、何かしら新しい物を生み出そうとするエネルギーのおこぼれに何とかあやかりたいと思うせこいファーマータナカがそこにいるのであった。
内容については又の機会に紹介できればと思う。

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2009年03月17日 06時52分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年03月13日
カテゴリ:研修
大分県は農業県故か、農業者に対する行政サービスは手厚いと思う。
標記の研修会の案内があり、参加。内容は食品表示適正化と、農商工連携促進がテーマ。
後半の講師は村ネットワークの小原氏で、興味深い話が何点かあった。
事業費1億5000万円のプロジェクトだそうだが、プランはお酒を飲みながら出た話で、わずか3ヶ月で構想が出来上がったとは驚きだ。あとは走りながら修正を加えていったという。
また、事業を起こすに当たって、基本的に過疎高齢化なので、例えば絶対労働力が不足しており、そんな所に企業が進出してくる事はありえないので、最初から競争相手がいない強みがあるという捉え方は、逆転の発想というか、日頃ついつい愚痴が出てしまうファーマータナカにとっては、痛い指摘だ。
それから取引先に媚を売らないというか、例えば、契約条件はこちらに合わせてもらうとか、出来ない事は出来ないと無理をしないとか、後発でも(大きな)取引先を選別するとか、ファーマータナカがやっている事と正反対の事をやれば成功するという事だ。
妙に納得するファーマータナカであった。






Last updated  2009年03月13日 07時47分33秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.