095805 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

一竿風月

一竿風月

2020.09.06
XML
カテゴリ:タイラバ
舞鶴でアマダイを狙ってきました。



流行りはタイラバでアマダイを狙うアマラバ。

タイラバって何でも釣れるんですね。

冠島の近くで、何が正解なのか分からないまま、巻き上げて、落としての繰り返し。

潮が速くて、しかも二枚潮? 落ちていく向きと、巻き上がってくる向きが違います。

生体反応を感じることができないままポイント移動。

移動先の潮はさらにぶっ飛んでいるようです。

これは難儀しそうと様子を窺っていると、怪しい雲の塊がみるみる近づいてきて、、、

いきなり土砂降り。

仕掛けを降ろすことなく船内に避難。

日が暮れたらイカを狙う予定でしたが、潮が速すぎて釣りにならないだろうと、このまま撤収することに。。。



豪雨ゾーンから抜けた帰港途中のポイントで、ダメもとの竿出し。



なんと、なんと、本命のアマダイが釣れちゃいました!



やっぱ、エサ釣りだな!うん。



40cm弱ってとこかな?

標準和名、アカアマダイ。 ブランド名、若狭ぐじ?


アマダイの炙り


クロムツっぽい柔らかさですが、なんだろ?美っ味~い!

わさび醤油よりもネギポン酢だね。そしてポン酒だね。


アマダイの鱗の素揚げ


すき引きした鱗を素揚げにしてみました。

塩をパラリ、胡椒を少~し振ってます。

これはビールだな。


アマダイのすまし汁


霜降りした中骨をじっくり弱火にかけたらこんなに脂が浮いてきました。


アマダイの酒蒸し


頭は兜割りして酒蒸しに。

身はもちろんのこと、とにかく皮が美味い。


アマダイの松笠焼き


どうしても鱗が立っちゃう。

結果的に松笠焼きになっちゃいました。






最終更新日  2020.09.06 16:43:43
コメント(0) | コメントを書く
[タイラバ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.