000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PR

全55件 (55件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

アート&コミュニティ

February 4, 2017
XML
昨年、ハギレでカバーした袖口が、また傷んできたので
ダブルガーゼで補修。毎年替えるのもいいかもしれません。
  • P1220808_R.JPG

「簡単クラフトの日記」

  






Last updated  February 4, 2017 07:00:11 AM


January 23, 2016
部屋着にしているフリースコートの袖口が傷んできたので、
ブックカバーを作ったあとのハギレでちくちく。
  • P1180707.JPG
いましばらくは愛用できそうです。

「簡単クラフトの日記」

 






Last updated  January 23, 2016 08:13:07 AM
October 31, 2015
もうひとつハギレのセットが届き、薄手のローン生地があったので
ハンカチを作ってみました。
  • P1170625.JPG
  • 有輪さんのローン生地と、以前、購入した椿柄のダブルガーゼでも。
  • P1170666.JPG
  • P1170667.JPG
  • P1170668.JPG
  • P1170669.JPG
有輪さんの綿混キャンバス生地のハギレセットは気に入ったので
50センチ単位でも注文してみました。

「簡単クラフトの日記」

 






Last updated  October 31, 2015 07:11:05 AM
October 30, 2015
有輪さんのハギレセットが届いたので、ショルダーバックなどを。
  • P1170615.JPG
  • P1170616.JPG
  • P1170618.JPG
  • P1170622.JPG
  • P1170623.JPG
荷物が軽くコンパクトにまとまるようになり
旅先でも快適に過ごせました。

「簡単クラフトの日記」

 






Last updated  October 30, 2015 07:28:46 AM
October 29, 2015
図書館の単行本を読むために、ブックカバーと書見台を作ってみました。
  • P1170602.JPG
  • P1170604.JPG
  • P1170608.JPG
  • P1170612.JPG
ハギレは近隣の100円ショップさんのもの。

文庫本サイズのブックカバーはこのお店にも沢山あって
愛用しているのですが、単行本サイズのものは見当たらないので
数十年前の本を借りたときなど、包装紙などでカバーしていました。

9月の楽天フェアで、有輪さんのハギレセットを注文、それを待つ間に
ちくちくしたくなり、花柄とギンガムチェックを購入。

ついでに、以前より懸案していた書見台も。牛乳パックを積み上げてハギレを貼って完成。
長時間の重めの単行本の読書で肩、首の負担が、少し軽減されました。

さらに、ハギレをそのままのサイズで四枚つなげて、テーブルクロスも。
素材がポリエステルでほつれてこないので縁かがりは省略。ちょうど良いサイズでできました。

「簡単クラフトの日記」

 






Last updated  October 29, 2015 07:08:34 AM
July 25, 2015
ヨガマットが簡単に出来たので、勢いづいてトートバッグも作ってみました。
  • P1160835.JPG
  • 端の処理をなるべく少なくするため、
    110センチの幅に合わせて布をカット、
    手持ちのバッグを参考に、マチを10センチほど取って、
    縦:横=3:4になるように縫い、ずっと以前に購入していた
    持ち手を付けて完成。

    椿柄の布はバッグにするには柔らかかったので裏布を当てたのですが、
    くたっとした仕上がりに。

    どうしようかなと思っていましたら、ちょうどダンナさんが出かける先に
    大きな手芸店があり「行ってみたら?」と言ってくれましたので、久しぶりに訪問。

    カバン用の布が安価に買えましたので、裏布の上から縫い付け、持ち手も補強。
    自立するトートバッグに仕上がりました。
  • P1160838.JPG
季節は少し外れてしまいましたので、バッグの方は
寒くなる頃、また使いたいと思います。

「簡単クラフトの日記」

 






Last updated  July 25, 2015 07:08:10 AM
July 24, 2015
椿柄のダブルガーゼでヨガマットを作ってみました。
  • P1160824.JPG
  • 110センチ幅のダブルガーゼと、
    50センチ幅の生成りの布(100円ショップで購入)を合わせて袋に縫い、
    端を縫うだけの簡単なもの。
  • P1160829.JPG
  • P1160830.JPG
  • P1160834.JPG
ついでに椿柄の別布で簡単に収納袋も。

久しぶりにミシンを出して勢いがついたので
バッグも作ってみることにしました。

「簡単クラフトの日記」

 






Last updated  July 24, 2015 07:41:03 AM
January 21, 2011
ふわふわ毛糸をスポーツタオルサイズに編んで
ごく簡単にネックウォーマーを作ってみました。

Image6197.jpg

リンクさせていただいている方が、素敵なマフラーを作っていらっしゃったので
ここ数年、寒いと喉が不調になってしまうことから、私も編んでみたいなと思っていたのですが
先日、夫と100円ショップに立ち寄った際、可愛らしい毛糸が沢山あったのをみて
愉しく選ぶことに。

ポコポコの毛糸にするか、ふわふわにするか迷ったのですが、
編みやすそうなふわふわの方に決定。
パステルカラーをお奨めになっている美輪明宏さんのお言葉も思い出しながら
2玉購入しました。
 
家にある8号のかぎ針を使って、鎖編み15目、立ち上がり3目の長編みを開始、
夕食のクラムチャウダーの火加減をみながら、ざくざく編んで
1時間半ほどで幅20センチ×長さ110センチのネックウォーマーが完成☆
ふんわりと柔らかく暖かく、首にすっきりと巻けるサイズに出来ました。

地味になりがちなアウターの差し色としても使えそうです。

「アート&コミュニティの日記」









Last updated  January 21, 2011 11:13:32 AM
September 1, 2010
敬老の日に子供達の絵手紙を届ける会も今年で6回目。

参加して下さったのは、子ども会さんから小学生のお子さんとそのお母さま方、
地域でお手伝いをしてくださる方々合わせて約30人。
貴重な休日を使ったこの会のために地域の集会所にきて下さいました。

絵手紙は、画仙紙という和紙製の絵手紙用のはがきに、
「いつまでも お元気で」との言葉を添えて、
好きな絵を自由に描いてもらいます。

筆を使う絵心を忘れている私は、切り絵を用意。
手触りのよい和紙を3回ほど折って自由にはさみを入れるというクラフトで、
花火や草花にみたてたり、自由な発想で使っていただきます。

さて当日、すでに何度も参加している子供たちなどは、
開始の合図の前から描き始めてくれていて、ほどなく作品が出来上がってゆきます。

今年は、昨年もお手伝いしてくださった方がお孫さんと作ったという、
可愛らしい動物などの切り絵をたくさん持ってきてくださいましたので、
和紙の切り絵と合わせて、さまざまなコラージュもできあがりました。

いきなり絵を描けないというお子さんやお母さま方も、切り絵を使えば
手軽に作品が作れるので、そこからまた発展して絵の具を使って描いたり…などと
それぞれの形で楽しんでいただけたらいいなと思います。

絵の具や色鉛筆、フェルトペンやスティックのりと夢中になって遊び、
まだまだ出来そう…というところで、100枚以上の作品が完成。

今年は80歳以上の方々90人ほどに切手を貼ってお届けするのだそうで
お子さんたちはそれぞれの作品を一枚ずつ、おみやげにすることができました。

Image5078.jpg Image5079.jpg Image5080.jpg

みんなで片付けをし終わってから、恒例の手作りゼリーのおやつタイム。
子供たちと、お手伝いしてくださる役員さんに心からの感謝を。

この絵手紙をお届けするようになってから、地域の高齢の方が集まる会にも
参加する方が増えたそうで、地域の奉仕活動もより活発化、さらに
独居世帯や夫婦世帯で暮している方々の安否も以前より把握しやすくなっているよう。

地域活動に参加することは、防災、防犯の面からみても我が身にとっても大切なこと。
これからも、お手伝いを続けてゆけたらよいなと思っています。

「アート&コミュニティの日記」

   






Last updated  September 1, 2010 08:51:25 AM
April 2, 2010
地元のお花見のおでん用に、これから甘味噌を作ります。

各地には様々な味のものがあるようですけれども、
当地のおでんには、豆味噌にお砂糖やみりんなどを入れた
甘味噌ともに食べることが多いよう。
お花見会場で約100人分、用意していただくおでんには、
ほぼ全ての方たちが、このお味噌を上からかけてゆかれます。

甘味噌に出会ったのは、小学生のときの給食。
大きなボールになみなみと入った黒っぽい液体をかけると
甘く香ばしくなって、子供の舌にもとても美味しく。

家でおでんを食べるときには、この味噌をかけたことはなかったので、
母に頼んでキッチンに立たせてもらって、見よう見まねで作り、
これまでそれほど気にかけていなかったおかずが
好きなもののひとつになったのでした。

今年で8回目を迎える地元のお花見には、ここのところ
所用があって当日には行くことができないのですけれども、
皆さまを笑顔にするこのお味噌作りには
変わらず参加させていただいています。







Last updated  April 2, 2010 09:26:14 AM
このブログでよく読まれている記事

全55件 (55件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.