8697031 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

HIRO.F's Scrawl

PR

Free Space

Calendar

Category

Recent Posts

Comments

ひゅーすとん@ Re:ガレージハラダ 原田洋孝さんがお亡くなりになりました(04/09) 前に1984年のモトライダーの8耐の資料を無…
デビルハンターダンテ、@ Re:ロードレーサーの宇井陽一さん、レース用機材をトラックごと盗難(03/04) 何処か港のコンテナの、中ですね。💢😠💢
レースファン@ Re[1]:宇井陽一さんからのお願い、情報 茨城県方面に向かっているそうです(03/03) ご本人に、同様のメッセージを送ることが…
レースファン@ Re:宇井陽一さんからのお願い、情報 茨城県方面に向かっているそうです(03/03) 昨日朝からこの話に心を痛めておりました…
京一朗@ Re:昨年の3月2日は。。。おっ、3月2日は京一郎さんの誕生日ですね(03/02) いやいやいやいやいやいやいやぁ〜… 覚え…
HIRO.F@H/K AGES@ Re[1]:GOバイク(0120-865-819 0120865819)(05/14) Goバイク怪しいさんへ その後も、いろん…

Archives

Shopping List

星乃充電器と延長ケーブルのお得なセット!【在庫有り・即納】6V/12V切替式バイク充電器+延長ケーブル■SAE端子■【スーパーナット 星乃充電器 オプティメート4デュアル 対応】【新品】【あす楽対応】
2018年3月発売の新商品【新商品】レーダー探知機 コムテック ZERO805V+OBD2-R3セット 無料データ更新 移動式小型オービス対応 OBD2接続 GPS搭載 4.0インチ液晶
【本物】 本棚 耐震突っ張り本棚 幅60 奥行26 耐震 薄型 60 スリム 大容量 壁面収納 壁面 オシャレ おしゃれ 天井 突っ張り つっぱり オープン 転倒防止 地震対策 送料無料【本物】 本棚 耐震突っ張り本棚 幅60 奥行26 ホワイト ブラウン 木製 耐震 薄型 60 スリム 大容量 壁面収納 壁面 オシャレ おしゃれ 天井 突っ張り つっぱり オープン 転倒防止 地震対策 コミック ディスプレイラック ウォールナット 白 ラック シェルフ 耐震本棚 鉄心 鉄芯
【メール便無料】★当日発送★1.4規格はもう古い!最新規格2.0対応! HDMIケーブル 0.5m 50cm 4K 3D対応テレビ対応 19+1配線で安心のリンク対応HDMIケーブル 価格に自信有!【HDMI ケーブル 0.5m】当日発送 新規格!2.0規格対応HDMIケーブル 【送料無料】 0.5m 50cm Ver.2.0 ★1年相性保証★ 3D対応 ハイスペック ハイスピード iphone 19+1 業務用 各種リンク対応 PS3 PS4 レグザリンク ビエラリンク フルハイビジョン 金メッキ仕様 各種リンク対応
HDMIを映像はコンポ-ネントに音声はRCA(アナログ)同軸デジタル(SPDIF,コアキシャル)に変換するアダプター。プレステ等をアナログテレビに出力!TSdrena HDMI → コンポーネント(ビデオ+ アナログ音声・同軸デジタル音声) 変換コンバーター[相性保証付き] HAM-CHICA2

全320件 (320件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 32 >

H/K AGES

Apr 16, 2019
XML
カテゴリ:H/K AGES
4/16は、河島英五さんの命日です。



2001年4月16日に肝臓疾患のため48歳で急逝された河島英五さんの命日です

阪神淡路の被災者を励ますために「復興の詩」を、毎年開催
震災直後にも、被災地に飛び、ボランティアや、歌ではげましたりされていました。


ほんとうに、すばらしい唄い人でした。


魂は、私達が引き継ぎます。。。。




うちに、娘さんが撮影に来られたこともありました。

2004/04/16(金)取材 2004/04/23(金)放送 フジテレビ 「これでいいのダ!日本列島あかるいニュース」







TEN.TEN.CAFE移転オープンしてたんだよなぁ行ってみたいな。。。

私が前に行ったのは、移転直前でした

Jun 17, 2012 TEN TEN

Jun 17, 2012 TEN. TEN. ふんわりオムレツ マッキーカレー

Jun 17, 2012 TEN.TEN.Cafe二階 その2

Jun 17, 2012 TEN.TEN.Cafe二階 その3




河島英五オフィシャルサイト - ほろ酔いで夢みれば -
2013.6.27 - 河島英五ゆかりのお店「東大寺 TEN.TEN.CAFE」移転オープン!!
ロゴ.gif歌手の河島英五ファミリーが営む、カフェがワッフル専門店となって6月27日にリニューアルオープン!場所は大仏さんで有名な奈良県の観光スポット『東大寺』門前の夢風ひろば内。

素材にこだわったオリジナルのワッフルは「外はサクサク、中はふわふわ」。ソースやジャム、アイスクリームなどは全て自家製で『フルーツたっぷりのワッフル』や『夏野菜のラタトゥイユのワッフル』、ニューヨークで人気のエッグベネディクトのマフィンをワッフルに変更した『ワッフルベネディクト』(数量限定)など、ランチとしてもオススメです。裏メニューには、河島英五の好物で奈良町店でも人気だった『酒と泪と男とぜんざい』もございます!

落ち着いた雰囲気の店内には、河島英五が使用していたギターやステージ衣装、写真などが展示されています。
季節ごとに行われる奈良公園でのイベントに併せて、店内でもライブや落語会などが開催されます。






Last updated  Apr 16, 2019 07:46:23 AM
コメント(0) | コメントを書く
Apr 6, 2019
カテゴリ:H/K AGES
4月6日 21:41
まだ選挙運動してるけど、マイクやスピーカー使ってないから、許したる

むしゃくしゃすることばかりで、叫びに来ました!





選挙運動は、タイムリミットの23:59分までしっかりやってて

ちょっとだけ話して。。。

勝ってほしかったけどなあ。。。

残念。。。






Last updated  Apr 10, 2019 01:23:08 AM
コメント(0) | コメントを書く
Feb 20, 2019
カテゴリ:H/K AGES
太陽の破片

昨晩 眠れずに 失望と戦った
君が 悲しく見える 街が悲しいから
昨晩 一晩中 欲望と戦った
君を包むもの全てが 僕を壊すから

すり変わってゆく 現実との はざまに描いた夢が
愛を傷つける 暮らしはただ 街明かりに照らされ
何を信じるの どこへ向かうの 僕の手も握らずに
消えるのは何故

誰も手をさしのべず 何かにおびえるなら
自由 平和 そして 愛を何で示すのか
だから 一晩中 絶望と戦った
僕はただ 清らかな 愛を信じている

目をつぶってみる 涙がほら 渇くまでの間に
忘れられるさ 破れた約束の前で 人はいつも
偽りつづける だけど 君を もう欲望の果てにただ
奪われたくはない

君を守りたい 悲しみ こぼれぬよう
あわれみが 今希望の内に生まれるよう
もし君が 暗闇に光を求めるなら
ごらん 僕を 太陽の破片が 頬をつたう
昨晩 眠れずに
昨晩 眠れずに






Last updated  Feb 20, 2019 12:40:50 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:H/K AGES
太陽の瞳

太陽が沈もうとしている夜が 唸りをあげて暴れている
心が釘打たれるような 傷みを感じている
何も失わぬようにと だからこんなに疲れている
僕はたった一人だ 僕は誰も知らない
誰も知らない僕がいる

こんな仕事は 早く終わらせてしまいたい
まるでぼくを殺すために 働くようだ
それでなければ 自由を求める
籠の中に閉じ込められてる 夢も現実も消えてしまえばいい
僕はたった一人だ 見知らぬ人々が
僕の知らない僕をみてる

一人になって 罪を消そうとしても
自分の戒律の罪は消せない
人は誰も罪人だから 覚えてきたものに捕まえられている
一人になりたくない 争い合いたくない
僕はたった一人だ
僕は僕と戦うんだ
誰も知らない 僕がいる






Last updated  Feb 20, 2019 12:39:59 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:H/K AGES
理由

さみしさは 誰もかくせない
君のやさしさの 嘘が繰り返してる
だまされてる 訳じゃない
生活の上 こぼれるから

甘さにすりかえている
互いの言い訳すら

こんなにも 生きる為に
いくつもの 光りが並ぶ
いつも見てたはずの君に
いくつもの 影がおちる

僕さえも 忘れていた
すりかえてる 足りない暮らし

君の優しさが バランスにかくれて
涙はこぼれて 愛に溺れてく

この傷の上に 生きて欲しい
傷を癒すように

僕は君を 守るのに
僕は君の 理由を奪う






Last updated  Feb 20, 2019 12:36:04 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:H/K AGES
原色の孤独

名もない都会の空 虚しい光の色
嘘だらけの言葉に 張り裂けそうな俺の心
また同じように 風が激しく叫んでる
誰もが皆 力に押され変わってゆく
得意げに嘘やデマを口にする奴がいる だけど
真実など知る奴がいるはずもないだろう
舞台裏のルーレットはいつまでも回っている
破れた夢買い占めるようにコインが ほら 積まれてく

白昼夢の中で 弄ぶ慰安の歌
まるで生と死彷徨い 踊る原色の彼女
むき出しのみじめな 欲望にルールは無い
街は今夜も誰かを ほら燃え上がらせている
彼女の肩や首筋に くちづけるだけで
何故人々が くるい出すのか 分かる気がする
心が壊れてく 俺にも分からない
鏡の中の俺は 今日も惨めに ほら吠えている

約束とは常識を 隠すためのメッセージ
破られた常識に ボロをだす人間の弱さ
恍惚と罪を犯すそれが 全てなんだぜ
本当のことを俺が ほら言っているんだぜ
孤独さ ありきたりの矛盾に 身を任せなよ
そいつを卑しむことなど ないんだぜ
サイコロは振られたぜ 命まるごと賭けろよ
生きている奴らは みなイカサマな賭博師さ
サイコロは振られたぜ 命まるごと賭けろよ
生きている奴らは みなイカサマな賭博師さ






Last updated  Feb 20, 2019 12:32:41 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:H/K AGES
贖罪

静かに佇む色褪せた街並み
すこしづつ言葉を無くして行く僕がいる
日常僅かな仕事でつなぎ止め
無表情な人波に紛れ込み凍えてる
何を待ち続け何を求めるの
名もない日々が 訳もなく微笑む

時の流れすら見失いそうになる
凍えた日差しに怯えてるそれだけさ
孤独なのか安らぎと呼べるのか
この暮らしに名を付けるというならば
何処へ行くのだろう 何処へ辿り着く
名もない日々が訳もなく微笑む

僕は知っていた これが僕の暮らしだと
偽りを知る度 真実に戸惑う
風は柔らかに時を運んでゆく
寂しい心を優しくそっと包むから
何を待ち続け 何を求めるの
名もない日々が 訳もなく微笑む






Last updated  Feb 20, 2019 12:30:31 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:H/K AGES
風の迷路

行き交う人波の中 思い描く全てに
壊れそうな心を 抱いてしまうのは何故だろう
そっと瞳閉じるように 心の痛み隠して
ひとにぎりの幸せすら 奪われてしまい悲しみは何故
永遠という名のもとに忘れてしまいたいよ
こんな胸の痛みは背負いきれるものでもない
光が眩しすぎる 誰のせいでもないのさ
ふっと迷い込んだ 風の行方の迷路
さぁもう深く眠ろう 真実よ 安らかに
今夜も憂鬱な気持ちにくるまりながら

まだ先のことなんか 何も見えやしないから
やっぱり今日も同じこと 繰り返してしまうだろう
何を探し求めるのか 見つける術もないのに
悲しみの行方に流されてしまいそうさ
真実の名のもとに暮らして行くならば
どこかにあるのだろうか 人の心の安らぎが
いつか振り返る時に 傷跡すらも笑顔で
受け止められるだろうか 悔やむこともないままに
ああ時は流れてく 真実よ安らかに
今夜も素敵な夢と戯れるだろう

愛という名のもとに 人が誓うものは何
心はどこかに閉じ込められてしまいそう
信じてもいいのか その言葉のあるがまま
けれど涙がこぼれる 虚しさの中
さあ明日の姿を 真実よ安らかに
夜空に浮かべて眠ろう静かに






Last updated  Feb 20, 2019 12:29:27 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:H/K AGES
レガリテート

暗闇の中ひと粒の 光の様にたたずんだ
震えた体を纒ってる 心を無くした僕がいる
欲望の渦に巻かれ 君を失いそうになる
意味のない答えだけが 僕を強く祈らせた
心がざわめく何故こんな風に
あてもない夢の中 ただ彷徨うだけなの

厳しくなびく風が 僕の体殴りつけ
まるで永遠に続く 解けぬ答え追うようだ
ひとつの叫びが生まれ 時代は形を変える
愛は何時も永遠に足りぬ平和数えてる
教えて明日を呼ぶ声の意味を
だけどただ眩しさの中 意味など見つからずに

君を愛と呼べるのか 愛は何処へ行くのか
君の愛がなければ僕はもう生きられない
君の愛の意味だけが明日の答え映し出す
幻の声が僕を少しずつ作り上げる
誰もが偽りの世界を彷徨い
何時かしら 心すら失ってしまうのか

心を暖めて欲しい 愛と神秘の力で
凍えた世界の心 真実で守っていこう
まどろむ愛の世界の中で生まれた真実
何時しか君と分け合おう 自由な愛の姿を






Last updated  Feb 20, 2019 12:27:42 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:H/K AGES
置き去りの愛


夕暮れが落とす影 枯木を揺らす風
遠く離れた君の事 失った愛の傷
もしもあの日に戻れるならば もう一度やり直せたら
探していたもの それが愛だと 伝えられるのに
もう帰らない



心を体の 温もりで確かめてた
だけどそれはただの愛の影 つかめるはずもない
いつも君が包んでくれた 僕の心の痛みを
背伸びもせずに見ていた夢も あの頃の二人は
もう戻らない



自分を責めて 暮らしていると 風の便りに聞いたけれど
二人が費やした汚れのない 愛に今ひざまずく
もう帰らない






Last updated  Feb 20, 2019 12:25:53 AM
コメント(0) | コメントを書く

全320件 (320件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 32 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.