2468001 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

全445件 (445件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 45 >

政治

2022.03.12
XML
テーマ:核兵器禁止(11)
カテゴリ:政治
1952年(昭和27年)頃からアメリカやソ連の水爆実験が行われるようになった。
水爆の威力は広島に投下された原爆の1,000倍と言われており、一発東京に投下させれば日本全土は勿論お隣の韓国も吹き飛んでしまう威力を持っていた。これだと実践に使えないので1960年代に入ると戦場で使うことを想定した戦術核とそれを運搬する大陸間弾道ミサイルや潜水艦発射弾道ミサイルの開発競争が始まった。
ロシアは近年戦術核を沢山作り周辺国を威喝する戦術をとってきた。水素爆弾は使えなくてもそれより破壊力の小さい核爆弾なら実践で使うぞと脅しをかけているのである。
今度のウクライナとの戦争でもNATOや米軍が加勢してきたら核を使うぞと脅し、彼らが手出しできないようにしてウクライナを蹂躙している。プーチン氏の頭の中には脅しだけでなくいざとなったら実際に戦術核を使う選択枝も入っている。
戦術核と言っても北海道とか四国位なら一発で吹き飛ばす威力を持っており、2発、3発落とせば日本は全滅するので水素爆弾とあまり変わらない。
プーチン氏がもし核を使うとすれば最初は海に向かって発射すると思われる。「本気だぞ」と思わせてウクライナを屈服させる手段として使うことが考えらえる。それでも降伏しなかったら今度はウクライナ本土を狙って撃つだろう。そうなったら広島、長崎の何倍もの死傷者が出る。海に発射した段階で人類は最大危機を迎えることになる。そうなる前に世界は停戦に向けて最大努力しなければ地球が危ない。






Last updated  2022.03.13 10:21:34
コメント(4) | コメントを書く


2022.03.11
テーマ:韓国!(15300)
カテゴリ:政治
韓国大統領選で保守系野党の元検事総長のユンソクヨル氏(61才)が僅差で革新系与党の李在明(イジェンミョン)氏(57才)を破って当選した。48.56%対47.87%の激しい接戦でユン氏が辛くも逃げ切った。
選挙公約を見ると与党のイジェンミョン氏は現政権の文在寅(ムンジェイン)大統領の流れを引き継ぎ親北朝鮮、親中国、反日路線を継続し日本が歴史認識を改め補償すべきことを主張していくとしている。ロシアのウクライナ侵攻はウクライナが政治の素人を大統領にしたことが外交の失敗につながりロシアの侵攻を招いたとウクライナ側に非があるように述べていた。
対するユンソクヨル氏は米韓日の同盟を強化し日本とは歴史問題の追及は継続しつつ未来を見つめて実利を得る関係を築いていきたいとしている。北朝鮮の核は断固認めることは出来ないとし、対北朝鮮の防衛を強化すると述べていた。ロシア対ウクライナ戦争については暴力に訴えたロシアが悪いとして即時撤兵を主張していた。
両者の言い分を比較するとイジェンミョン氏は反日強硬路線で親ロシア派で北朝鮮との友好を推し進める政策だがユンソクヨル氏は未来志向で日本との諸問題を協議しながら是々非々で付き合っていきたいとしており、より進歩的な人だと思えた。
大統領が変っただけで日韓関係が直ぐ改善していくものではないと思うが極めて僅差でもこのような考え方のユンソクヨル氏が5月から大統領になるので岸田首相も対決するだけでなくよく話し合って未来志向の新しい日韓関係を築いて頂きたいと願う。






Last updated  2022.03.11 19:00:46
コメント(6) | コメントを書く
2022.03.09
テーマ:lリハビリ(79)
カテゴリ:政治
昨日8日、刑法の改正案を閣議決定して今の通常国会に提出予定とのことで成立すれば明治40年(1907年)に現行刑法が定められて以来初の刑罰変更となる。
今まで懲役刑、禁固刑の二つに分かれていたのを拘禁刑に一本化して内容を充実させるというものである。
現行の懲役刑は殺人、傷害、詐欺、窃盗、薬物中毒などの受刑者に木工、印刷、包装、等の作業業務を義務つけるもので、禁固刑は政治犯や公務執行妨害、交通違反死亡事故などの受刑者で作業業務が免除されている刑だが、2020年入所の受刑者の内禁固刑は0.3%しかおらず、懲役刑と禁固刑を合併して拘禁刑を新設してその内容を充実することにした。今回の刑法改正案では拘禁刑の目的が「改善更生を図る」と明記されており、矯正が主目的になる。
この改正の背景には出所した人の再犯率が高く仮出所者より満期出所者の再犯率が著明で刑務所生活は無意味だったのではないかとの反省がある。
勿論刑務所はその罪に対して一定の期間罰として監獄の中で暮らして労役等をしなければならない面もあるが再犯しないようにとの教育的な面もある。10年も20年も監獄に入って労務をしたり教育を受けたけれど出所したらまた罪を犯す。これは懲役刑では木工、鉄工作業など労務作業に時間をとられ矯正教育が十分出来なかったのではないかとの反省があった。
矯正教育とは宗教講話とか読書会、映画鑑賞、健康講話等だと思うが、今までの刑務所内では十分行えていなかったのではないかと思う。今度の改正案では矯正教育の規定も盛り込んであるとのことだ。
再犯が多いのは10年20年の刑を終えて出所しても住む所も働く所もなく前科者として白い目で見られ食べるものもなくやむなく再び罪を犯すケースもあるのではないかと思う。
私は今リハビリテーション病院に勤めているが退院時はケースワーカーが、退院後の家屋調査や家庭状況を調べ、家庭が無理なら入所施設を探してやるなど、退院後困らないようにあらゆる手を尽くしてくれる。刑務所も退所時にケースワーカーが自宅に帰れる場合はよいが帰る所がない人には帰る所とか働くところを探してくれると有難いと思う。
現在も出所時面倒を見てくれる人も住居もない場合が殆どなので生活場所や食事を提供して仕事に就くのを支援する厚生緊急保護期間が1年あるがこれを2年に延ばすとのことだ。
リハビリ病院のように退所した人が2年間の内に独り立ちできる支援センターを造って刑期修了者の拠り所にしてくれたら再犯率もかなり下がるのではないかと思う。






Last updated  2022.03.09 15:51:50
コメント(2) | コメントを書く
2022.03.05
テーマ:戦争反対(1146)
カテゴリ:政治
3日 ロシアはウクライナ最大出力のザポロジェ原発を攻撃して支配したと発表した。原発を守るウクライナ軍との交戦で勝利したという事だがそもそも原発を攻撃するという事が如何に危険な事かは分かっている筈である。幸い原発機本体の破壊は免れたみたいだが、本体が破壊されたら放射能汚染の被害はチェルノブイリ原発事故や福島原発事故の比ではないと思われる。原発を攻撃するとは正気の沙汰ではないと思われ、この戦争を一刻も早く終わらせなければ人類が危ない。
欧州側の経済制裁は英国石油大手のシェルやBP石油がロシアから手を引くことを決めた。自動車メーカーもGMやボルボ、ベンツなどもロシアでの販売を中止した。スーパーのイケヤもロシア店を閉鎖することにした。クレジットカードはVISAカードやアメリカンエキスプレスカードは使えなくなってしまった。市民生活は徐々に苦しくなっていくと思われる。
この戦争が長引くと生活が苦しくなった市民から反戦運動が盛り上がるかもしれないのでプーチン氏は一気に勝負をかけてくるかもしれない。世界中から支援は集まっているがここ数日のロシア側の攻撃はさらにエスカレートするかもしれず油断はならない。






Last updated  2022.03.05 10:47:08
コメント(10) | コメントを書く
2022.02.27
テーマ:戦争反対(1146)
カテゴリ:政治
今やロシア軍はウクライナの首都キエフを包囲し政権転覆を図ろうとしている。
今朝のテレビの解説者の話だとアメリカのバイデン大統領は何があっても武力行動はとらないと明言しNATO指導者も武力行動はとらないと断言したのでプーチン氏は鬼の居ぬ間の洗濯で安心して侵攻したのだと思われると述べていた。
又プーチン氏の狙いは現政権を転覆して親ロシアの政権を立てると同時にウクライナ人をポーランドその他の近国に難民として追い出し、ウクライナを親ロシアの人達で過半数にしようと狙っているとのことだった。
プーチン氏は何としてもウクライナを手に入れようと軍事行動に出たが自身や国の財産は凍結され自由に使えるお金はない。今後どうやって国民の暮らしを守って行けるのであろうか。目先の利益に目がくらみ取り返しのできない行動に出てしまったが今後国民の暮らしはどうするのかよく考えてもらいたい。






Last updated  2022.02.27 14:08:34
コメント(2) | コメントを書く
2022.02.25
テーマ:戦争反対(1146)
カテゴリ:政治
水曜日の「英雄たちの選択」で千利休を観た。天下人豊臣秀吉の茶の湯の師匠であった千利休が秀吉に切腹を命じられて死亡した消息については数多く語られているが、おそらくそれらは秀吉と利休の仲たがいの原因についての数々のエピソードの一つだと思われ、真因は利休が秀吉に忖度しなかったということだと思われる。
利休は博学で朝鮮や大陸についの知識も秀吉よりは豊富であった。秀吉が朝鮮出兵を計画しているのを聞いて利休は止めたと思われる。秀吉は思いあがっており学問的に上の人にも尊大で異を唱えられたことに立腹したことが仲たがいの最大要因だと思われる。朝鮮出兵には反対意見の武将も大勢いたと思われるが時の最高権力者秀吉に忖度して殆どの人が秀吉に従った。
しかし利休は従わなかったので秀吉は様々な理由をつけて利休を蟄居させた。蟄居の間に秀吉に詫びを入れて「秀吉様に従います」と言えば蟄居も解けて切腹もなかったと思われるが利休は詫びを入れないで切腹を選んだというのがあらすじであった。
茶道でも学問でも、人間道でも秀吉より上の存在だった利休も秀吉に従っていれば重用するが、例え師匠でも逆らうことは許せなかったのだと思われる。
その結果朝鮮戦争で敗北し、天下は徳川家康にとって代わられてしまった。利休のような知恵も人間道にも優れたものの言うことを聞いて将来設計したなら豊臣政権はもっと長く続いたかも知れない。天才、神の子、努力の子として輝いていた秀吉もそれだけの人物だったということだと思う。
ロシアのプーチン大統領の指示でウクライナ攻撃が始まった。反対する人もいたと思うが皆が絶対権力者プーチン氏に忖度して戦争賛成に回って戦争が始まってしまった。今はロシアが圧倒的に優勢だが今後は外国の援助なども加わってウクライナが反撃してくる可能性もある。正しいことをいう人を殺したり閉じ込めるのでなく、意見を聴いて自分なりに考え、第3者の意見も聞いて判断すべきである。今度の戦争をプーチン氏は局所的と思ったかもしれないが世界戦争に発展する可能性もあり、大変なことを引き起こしてくれたものだと危惧するものである。






Last updated  2022.02.25 13:16:37
コメント(8) | コメントを書く
2022.02.21
カテゴリ:政治
確定申告の季節になった。入院している86才の患者さんが確定申告しなければならないので今月中に退院させてくださいと言ってきた。税務署には行かないで自分でパソコンに入力して来たとのことである。私は今までは税務署に行って申告してきたが、税務署からの通知で80%の人が自宅でEtaxで申告していると買いてあったので自分も自宅でやってみようと思った。
昨年マイナンバーカードを作れば確定申告が簡単だと言われたので苦労してそれを作ってあったので今年は活用してみようと思っていたのでそれを使用しようとしたがとても難しくてかなり時間をかけてからかったが途中で諦めて従来の方法で入力した。
マイナンバーカードをスマホで読み込みそれをパソコンに送ると言うものだが初めての人には無理の様に思われた。考えてみたらマイナンバーカードは確定申告にも使えないとなれば何の役にも立たない無用な長物のように思えた。
従来法での入力では勤務先などの源泉徴収票による収入と年金の収入を合わせての合計金額に対するあらたな税額が計算されて出てくるが370万円新たに支払うことになりますと出てきて驚いた。勤め先では税金を払ってくれているので年金の収入分に対する税金が主になると思うが、もう一度確認したら年金収入の一枚の桁が間違っていて入力し直したら追加税金100万円前後になった。これでも今迄の確定申告の時よりかなり高額だ。
前年までは病院に勤めていたので年金はカットされて少額だったが一旦勤めを辞めた時に年金が復活した分収入が多くなってしまったのだと思った。また勤め始めたので年金はカットされたが一時増えた時の収入の関係で税金が多くなったのだと思ったが、勤め先では源泉徴収として税金を払ってくれているが年金は一切源泉徴収税を払ってくれてないのでその金額が全て確定申告時の税金に反映してくるので大変だなと思った。
東日本大震災に対する復興特別税も収入に応じて数字が示されて出てきたが来年からはコロナ特別税が復興特別税の数倍の値でかかってくるのだろうなと思った。
昨日は午後から夜まで税金入力で費やしてしまい、宣伝の割にはマイナンバーカードが全く役に立たずいまいましいと思った。






Last updated  2022.02.21 13:53:17
コメント(8) | コメントを書く
2022.02.12
カテゴリ:政治
昨日の新聞のオピニオン欄に「生活保護は機能不全なので制度を解体して使いやすくした方が良い」という貧困問題専門家の岩田正美さんへのインタビュー記事が載っていた。岩田さんは昨年11月「生活保護解体論・セーフティネットを編みなおす」を出版した人である。
生活保護制度は憲法25条の「生存権」の理念に基づき「健康で文化的な最低限の生活」を保障する制度として1950年に制定された。菅前総理はコロナで極限まで生活に困った人は生活保護制度があるのでそれを利用すればよいとの発言をしていたがそれ程簡単なものではないと思われる。
どんなに生活に困っても「生活保護だけは嫌だ」と思っている人は多い。社会の最下層として差別視されることも多いし本人も社会から全面的に面倒見てもらうことに負い目を感ずることもある。
生活保護は「国が定める最低生活費」を収入が下回る場合に市町村の福祉事務所に申請して審査に通れば支給される。
支給されるお金は食費や光熱水費などの「生活扶助」、家賃に当たる「住宅扶助」、義務教育の学用品などの「教育扶助」、病気になった時の「医療扶助」、介護費用の「介護扶助」、出産費用の「出産扶助」、就労に必要な技能習得費などの「生業扶助」、「葬祭扶助」の8種類がありこれが一括されており生活保護がもらえたら必要に応じてこれら全てが扶助してもらえることになっている。
岩田さんは「生活保護の根底には戦前から続く貧困救済の考え方が残っていて生活に困った最後の最後の段階で受給されるという事が強調されており生活に困った人が手軽に使える制度ではないので、8つの扶助を分解して必要に応じて扶助するようにした方が利用者が増え社会の偏見も少なくなる」と述べていた。
例えば住宅扶助はもらうが医療扶助はなく健康保険料を払ったり医療費を窓口で払ったりする分割した扶助にした方が良いとの考え方だ。
「生活保護」と一括りにすると生活困窮のため衣食住を丸ごと保証されているとして周囲から特別な目でみられる事があったが単品のみであれば他については税金を払っており、負い目を感ずることもない。生活に困っている人がもっと気楽に使えるようにするには8つの扶助をそれぞれに分割して必要に応じて使って貰うようにした方が良いとの主張だった。
自由主義社会では富裕層、中間層、貧困層、極貧層が生じる。極貧層はその他の層の治める税金で生活していくことになるが、極貧層として決めつけるような制度ではなく他の層も含めてだれでも生活に困った時には気軽に利用できるような制度にした方が良いとの考えには私も同感である。
それと同時に高齢者対策や年金問題なども含めた社会保障制度の充実、発展を生活保護の再検討と並行して協議してもらいたいと強く望むものである。






Last updated  2022.02.12 14:44:31
コメント(4) | コメントを書く
2022.02.03
カテゴリ:政治
今日の新聞に法政審議会が妊娠・出産時の嫡出推定制度を見直す民法改正の要綱をまとめて今月中旬に法務大臣に答申することになったと出ていた。
現法律では離婚から300日以内に生まれた子供は元夫の子供と推定されていたが見直し案では離婚後再婚した場合は再婚後の夫の子供と見なすことにする。現法律では離婚後100日間は女性の再婚が禁止されていたがそれは撤廃するとのことだ。
この改正は再婚後生まれた子供が父親が誰だか分からないという事で無戸籍になることが多かったことを解消するためだとのことだ。DNAは異なるかも知れないが離婚後再婚して新しい夫と家庭を持った後に生まれた子供は全て新しい夫との子供とすることは無戸籍を無くすためには非常にいいことだと思う。
法律でそのように定めてくれると結婚後この子は先夫の子供だなどと思わなくて済むし愛情も湧くと思う。法務大臣に答申後国会でも審議されると思うが私はこの改正案に賛成である。男女平等の世の中で男性は良いのに女性のみ離婚後100日間は再婚禁止と言うのも不公平だ。この改正案が国会を通ってくれることを願っている。






Last updated  2022.02.03 20:43:24
コメント(8) | コメントを書く
2022.01.08
カテゴリ:政治
文春デジタル版で次期総理と5年後の総理には誰が相応しいかのアンケートを政治、経済関係の記者123人に行って順位を決めてその解説を載せていた。
私は一時は若くて弁舌達者で行動力のある小泉進次郎氏に心酔し次期総理に熱望していた。しかし次第にその能力や人間性に失望することがあり、今では推薦していない。
次は安倍政権のごまかしや隠ぺい姿勢に堂々と対決していた石破茂氏を推薦し、石破氏の総理総裁を夢見た。しかし石破派は崩壊し党内で石破氏支持者がどんどん減っている現状をみて石破氏の総理総裁は無理だなと思い始めている。
絶大な力をもつ安倍政権に断固とした姿勢で対決するのはいいが、それを支える人がいないという事は戦いには勝てないのではないかと思った。我が郷里の武将武田信玄の強さは群を抜いており信長も家康も尻尾を巻いていた。その強さの秘密は武田24将という優秀で力強い部下がいたからである。彼らは命をかけて信玄を守り、攻める時には勇猛果敢に戦い我先にと手柄を立てていた。石破氏には24将がいないのである。24人いなくてもいい、数人でもいいから命にかけて石破氏を首相にすると献身する人達がいれば可能性があるが、今の所は武田24将に匹敵する人達はいないようだ。
文春アンケートで次期首相第一位は林芳正外務大臣だった。経済、外交、通商、農林あらゆる分野に通じており、語学も堪能で日米に信頼関係のある友人も多数いて次期総理に相応しいとのことだが実際になれるかどうか分からない。武田24将のように林総理実現のために粉骨砕身努力してくれる人たちがいるかどうかだと思う。
5年後の総理一位は元総理福田赳夫氏の孫であり、元総理の福田康夫氏の子供である福田達夫氏が選ばれた。昨年の総裁選で「党風一新の会」を立ち上げて90人以上の同調者を結集し岸田内閣で党の重要役職の総務会長になった手腕と人望と手練手管が評価されたものだと思われるが5年後となれば今後の活動や学習努力によっても状況は変わってくると思う。これからも熱烈に支持してくれる力強い味方がいるかどうかが鍵だと思うが、この5年間で総理になった時の明確な政策ビジョンを確立することも極めて重要と考える。






Last updated  2022.01.08 13:26:25
コメント(8) | コメントを書く

全445件 (445件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 45 >


© Rakuten Group, Inc.