1751154 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

全9件 (9件中 1-9件目)

1

楽しかったこと

2018.07.06
XML
テーマ:七夕祭り(6)
カテゴリ:楽しかったこと
祭りで綿あめを買って喜ぶ子供達

九州や近畿地方など記録的な大雨で避難勧告が出ていて皆さん苦しんでいるのにたまたま甲府は雨が降っていないからといってお祭りなどに行っていいものだろうかと少し気が引けたが、アメリカから来た子供達にとっては毎年楽しみにしている行事なので行ってきた。七夕の短冊に少年はアメリカに一人残っているパパに会いたいと書いた。少女は何を書いたか誰にも教えないで書き終えたら私に誰の目も届かない一番高い笹の葉に巻き付けてと頼んできた。私も世界平和のことや災害のことを書こうとしたがそこに置いてあったボールペンのインクがなくなっていたので諦めた。子供達は母親から600円ずつもらて好きなものを買ってよいと言われまず二人は300円で綿菓子を買って食べた。続いて少年は300円でメダカ掬いをして、店のおばさんに教えてもらったりまけてもらったりして6匹掬って大満足だった。少女は300円で景品付きのくじを引いて指の上で回す平らなコマみたいなものをゲットして半分満足のようだった。年々大人になるので来年はどんなものに興味をもつかなと思った。それにしても大洪水のニュースがずっと放送されている。被害に遭われた方々の一刻も早い安穏を願っている。今日はオーム真理教の松本​智津夫​被告らの死刑が執行されたという大ニュースがあったが大雨情報のニュースの陰に隠れてしまった。サリン事件を起こすような人間は二度と現れないことを祈る。​​






Last updated  2018.07.07 22:26:17
コメント(6) | コメントを書く
2018.03.17
カテゴリ:楽しかったこと
今朝病棟のロビーで右手、右足が動かず口もよくしゃべれない男性患者さんが少し動く左手でおいしそうに缶コーヒーを飲んでいた。「おいしいですか?」と聞いたら、「おいしいです。これが私の楽しみです。こういうことがなければ・・・」と笑いながら答えてくれた。病気で色々なことがあり、この楽しみがなければ生きていけないという意味だったのだと思う。
私にもいろいろなことがあり辛いことばかりである。それでもささやかな楽しみがあり、それが生きがいになっている。
まず朝7.30から朝食を食べながらテレビの朝ドラマを観る。それから出勤途中にラジオ朝8時からの「話題のアンテナ日本全国8時です」を聴く。月曜は松井宏夫さんの医学情報、火曜日は毎日新聞記者の国際情報、水曜日は森田さんの天気情報、木曜日は月尾嘉男さんの自然科学、歴史、将来予測などの話、金曜日は赤坂さんのスポーツの話題である。木曜日が特に楽しみだ。夜は日曜夜の大河ドラマ西郷どんを観るのが楽しみで、野球が始まればそれを観るのが楽しみである。それからお相撲を観るのも楽しみである。また夕食を食べながらの晩酌も楽しみの一つである。
楽しみがあるかと思うと嫌なこともある。ピアノレッスンである。今日それがあり、すごく練習していったのにそれは全く評価してくれず、なにやら難しいことを熱心に教えてくれる。こちらはさっぱりわからずとまどうばかり。嫌ならやめればいいのだがなかなかやめられない。嫌なことは好きなことで埋め合わせていくしかない。明日はまた当直である。これも大変なことだが好きなことで埋め合わせていこうと思う。






Last updated  2018.03.18 09:13:59
コメント(4) | コメントを書く
2017.06.18
カテゴリ:楽しかったこと
ジャングルジム内をくるくるめぐる子供
今日は今アメリカの小学校が夏休みで甲府に来ている孫たちと甲府にある科学館とそ
れに隣接する子供の国に行ってきた。科学館でははがき大の大きさの用紙に自由に絵
を書いてそれをトースターみたいなものの中で熱を加えると縮小して消しゴム位の大
きさになり、オリジナルのキーホルダーになる教室とやはりはがき大の塗り絵用紙に
ある部分は色鉛筆で、他の部は特殊な絵の具で色を塗って乾かし外に出ると紫外線が
当たって絵全体のイメージが変わる教室に参加して喜んでいた。その後は子供の国で
すべり台やジャングルジム、ブランコや綱渡り、ボート乗りなど思う存分飛び回って
楽しんだ。日ごろ日本の学校での授業が厳しく宿題もいっぱいあってうっぷんが溜
まっていたと思うがそれが晴らせたのではないかと思った。
Today I went to the science hall and children’s world in Kofu with my
grandchildren who are coming to Kofu during their summer vacation of the US.
In the science hall, they wrote a picture freely on a paper of the size of
postcard size and applied it with heat in something like a toaster it was
reduced to the size of the eraser and became the original key holder, and
next they painted some parts with colored pencils, other parts painted with
special paint on the another paper, and when they went out, the image of the
whole picture changed by hitting ultraviolet rays.
After that, they enjoyed sufficiently in kids' world playing sliding and
jungle gym, swing and tightrope walking, boat riding, and so on.
Since every day they were severe at Japanese schools and there were plenty
of homework, I thought they had been exhausted, but they cleared up today.






Last updated  2017.06.18 23:53:04
コメント(4) | コメントを書く
2016.11.06
カテゴリ:楽しかったこと
本日はわが自治会内の一人暮らしのご老人に対するふれあい食事会だった。私はご老
人たちを朝と午後送り迎えした。送りと迎えの間の時間に、妻が携帯電話を壊してし
まい修理でなくアイフォンに変えたいというので電話ショップに行った。最初は自分
の携帯電話を変えるつもりは全くなかったが、(妻があまりに言うので)遂に私も変
えることになってしまった。古い携帯電話から新しいiPhoneに情報を入れ替えるのに
1-2時間待たなければならないとのことだった。我々はお年寄りを会場からお家まで
お送りした後新しい iPhoneを受け取るために再度電話ショップに行った。それから
帰ってきて、先週東京で受けた高齢者の病気に関する研修内容を職場の皆様に伝える
ための伝達講習会で話すためのスライドの準備をした。今日は久しぶりにそれほど忙
しくない日曜日であった。

Today was a contact luncheon party for the old singles in our community. I
took an old singles to and from the party place in the morning and
afternoon. During the time between the time of pick up the guests, I went to
the telephone shop for my wife who broke her cell phone and wanted to change
an iPhone not to repair the cell phone. I had no idea to change my cell
phone first, but I had to change my cell phone too at last. We must wait one
or two hours to install the information to the new model from the old cell
phone. We had to go to the telephone shop after committing the old persons
to their house from the party place again to receive the new iPhone. After
came home, I readied the slides for the communication lecture of the
workshop about the old person's disease which I had last Sunday at Tokyo.
It was not so busy Sunday after a long separation.








Last updated  2016.11.06 23:02:42
コメント(2) | コメントを書く
2016.07.07
カテゴリ:楽しかったこと
FJ3104030001.jpg

今日、7/7は七夕である。甲府の中心街で大きな七夕祭りがあった。アメリカから
夏休みで我が家にきていた孫たちも祭りに参加して金魚すくいやスーパーボールすく
いを楽しんだ。人が多すぎてまともに歩けなくらいだった。家に帰ったら、明日の朝
までに仕上げてくれと求められている仕事をしなければならない。
今日はすごく忙しかった。午前中13人の胃カメラ検査を行い、午後は20人以上の外来
患者さんを診て、夜は七夕祭りに行った。そしてさらに夜明けまでに病院の仕事を片
付けなければならない。

Today 7/7 is the Star festival.
There was big Star festival at the center of Kofu.
My grandchildren also attended the festival and enjoyed catching
goldfish or scooping up super balls.
As a lot of people gathered there, we couldn’t walk smoothly.
When I come home , I have to do some paperwork which is due tomorrow
morning.
Today was a very busy day , I had to examine 13 patients by the
gastroenterological endoscopy in the morning, attended about 20 out
clinical patients in the afternoon, and went to the festival at night.
I must also do some paper works from the hospital until dawn.










Last updated  2016.07.10 16:34:24
コメント(4) | コメントを書く
2016.03.05
カテゴリ:楽しかったこと
滋賀県から息子家族と愛犬コロがやってきてそれに家内の兄夫婦と家内の弟夫婦が加
わって滋賀の孫娘の高校合格を祝してパーティを行った。
私は少し飲み過ぎたかもしれないが3月3日の当直、4日、今日5日の激務から解放され
て何故かすごく楽しかった。たまにはこういう時もないと人生やっていられないと
思った。

My son family and pet dog Koro came from Shiga Prefecture .The party of
celebration of senior high school pass of Shiga's granddaughter attending
with my wife's elder brother couple and my wife's younger brother couple was
opened.
I might be a little drunk too much. But as I was released from the hard work
of duty on March 3, and 4, and 5 today's works, the party was so fun. I
thought I couldn’t live my life if I have a such joyful time occasionally.












Last updated  2016.03.06 00:35:37
コメント(10) | コメントを書く
2015.01.03
カテゴリ:楽しかったこと
images (2).jpg

My son family brought the puppy of the toy poodle from Shiga on December 30.
They have him from last October. He didn’t bark yet for puppy aloud and
came to us unknowing persons standing with hind legs and scratching by
forefeet and licking our hands. He was really lovable and smart . The
performances for waiting and sitting were possible. He ate anything and ate
apples also well. Family of my son had watched trouble really well, but there was the aspect that they were healed themselves. I thought that the disposal of excrement
was great, but they had watched trouble diligently .They were not worried
about such a thing because he was so pretty. He was picked up on the car
again and returned to Shiga today. We were healed also during he stayed.

息子家族が12月30日に滋賀県からトイプードルの子犬をつれてやってきた。昨年10月から飼っているとのことである。子犬なので大声で吠えることもなく、我々知らない人間の所にも後ろ足で立って前足でひっかいて手をペロペロなめた。彼は実に可愛くて賢かった。待てやお座りができた。何でも食べてリンゴもよく食べた。息子の家族はよく面倒をみていたが、彼ら自身が癒されているようだった。私は排泄物の処理が大変だろうと思っていたが、彼らは実に細やかに処理していた。犬があまりに可愛いので彼らはそのようなことは気にならないようだった。子犬は今日また車に乗せられて滋賀県に帰って行った。その犬がいた間我々も癒された。







Last updated  2015.01.03 21:52:08
コメント(6) | コメントを書く
2014.10.13
カテゴリ:楽しかったこと
s-CIMG0750.jpg
小樽の石原裕次郎記念館前の裕次郎が愛用したヨットの前で

s-CIMG0760.jpg
函館の五稜郭

s-CIMG0770.jpg
昨夜見てきた函館山からみた世界三大夜景の一つの函館の夜景

小樽、札幌、洞爺、函館に行ってきて今帰ってきました。台風が来ているので天候や交通事情を心配しましたが旅行中は快晴に恵まれ、特に昨夜は快晴の中で函館の夜景を見ることができて幸運でした。何回行っても曇りや霧や雨で夜景が見れなかったという人が多い中で最初の函館訪問で夜景がバッチリ見れて幸せでした。すごい夜景で噂に違えないと思いました。函館山の展望台周辺は人、人、人で、足の踏み場もないほどでした。タクシーの運転手が言うには殆どが中国人か韓国人とのことでした。両国の国力、経済力の向上で活力がみなぎっており、北海道内の観光客の大半は彼らとのことでしたが、私も行ったところ全てで中国語の激しいやり取りを聞きました。日本もバブルの頃、世界中に日本観光客が押しかけて日本パワーを見せつけていましたが今は至るところで中国パワーを見せつけられているのだなと思いました。

タクシーを利用することが多かったですが、運転手さんの親切な案内には感銘を受けました。山梨県から来たというと実に丁寧に様々なことを説明してくれました。日本中で北海道の運転手さんが一番親切ではないかと思いました。ホテル(旅館)や寿司屋さんでも熱きもてなしの心が感じられ、北海道は日本最北ですが、日本で一番人情が厚いのではないかと思いました。今回の旅行で一番強く感銘を受けたのはあちこちで受けた温かいおもてなしの心でした。

肝心の同級会ですが22人集まりました。卒後45年でみなさんおじいさん、おばあさんになっていました。最初は誰が誰だかさっぱりわかりませんでした。名簿と照らし合わせて見ていくうちに少しずつ面影が浮かんできてわかってきましたがどうしてもわからない人もいました。各々大学教授になったり、大病院の院長などになったりして活躍していました。すでに4万部も売れている「高血圧はほっとくのが一番」という本を書いた同級生の講演もあり、大変楽しいひと時を過ごしました。彼の著書や講演内容については次回北海道旅行報告2として詳しく書くつもりです。






Last updated  2014.10.13 22:30:29
コメント(6) | コメントを書く
2014.03.28
カテゴリ:楽しかったこと
家と勤め先の途中にあって比較的近いところにある石和健康ランドという入浴所に行ってきた。中に入って驚いた。牛乳風呂みたいな炭酸ガスによる白い風呂や、薬草風呂、信玄の隠し湯、昔懐かしい樽風呂など20個も風呂があり、数分ずつ入ってみたが、なんとも贅沢な気分になった。

2階にはマッサージルームやテレビ休憩室、囲碁や将棋をする部屋もあり、1階にもスロットルやパチンコみたいなゲームがあり、食堂も充実していて注文するとすぐ運ばれてくる感じで至れりつくせりでお殿様になったような気分になった。食事やマッサージなどは別料金を払わなければならないが24時間どの風呂に何時間でも入って休憩室で何時間でも休憩してよい入場券は1995円である。入浴料としては少し高いかもしれないが贅沢な気分になれてリラクゼーションもできて最高だと思い、また行きたいと思った。

石和にはこのほかに瑰泉という同じような温泉場がある。通勤途中にあり、広い駐車場は昼も夜も朝もいっぱいである。24時間営業で健康ランド同様休憩室もあるらしいので皆さん24時間楽しんでいるのではないかと思った。こちらのほうにもいつか行ってみたいと思った。

いずれにしても大変な殿様気分が味わえてこの世の春を経験してきたが、現実に戻ると厳しい。今日の外来も入院などがあり、パニックになりそうになった。昼御飯が食べられたのは2時半を過ぎていた。明日はまた死の当直である。健康ランドで頂いた生気も使い果たしてしまいそうである。でも苦しい仕事のなかで却ってエネルギーを生み出す人もいるので、厳しい状況の中でもパニックになりそうになったら深呼吸してエネルギーを入れながら生き生きと仕事して行こうと思う。






Last updated  2014.03.28 22:01:41
コメント(0) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.