000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JE2LUZ・熊野

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

世の中

2019/11/09
XML
カテゴリ:世の中
今日の良い天気でした。
 本当に「天高く」という感じです。
 「天高く」と言えば「馬肥ゆる秋」と言われますが、この辺では「馬」は馴染みがないです。
 畑が無いのと、平坦な道が無いからか。「農耕・も「荷役」も昔から「牛」が使われてきていました。
 私が子供の頃は百姓の家には「牛」が居ました。
 今まで言う「黒毛和牛」で、「但馬牛」でした。
 「博労」という家畜商がまだ活躍していた時代です。
 子牛と靑牛を交換して回っていました。
 大きく育つ子牛は高いですし、「雄牛」は安かったようです。
 雄牛は気が荒いので、去勢・きんぬきをして居ましたね。
 田んぼで使った牛は大きくなったら卜選ろうが引き取るのですが、連れて帰って「肥育」して「肉牛」になるのですからそこでも「雄牛」は安いですからね。
 しっかり、丁寧に育てた牛は「松阪牛」になって居たようです。
 
 荷車引きも牛だったようです。
 戦前や戦時中は材木運びも「牛車」だったそうです。
 「評議越え」「八丁坂越え」なども牛車だったそうで、馬は使われていませんね。
 荷馬車専用の牛では、赤毛の牛も使っていたようで「朝鮮牛」なんてのを効いたことありますが、私の時代にはトラックになって居ましたね。
 牛は賢いので帰りには飼い主が寝ていてもちゃんと家に帰ってくれたそうです。

 家族のように可愛がって育てて、一緒に働いた牛との別れはその先が見えているのでつらかったようです。
 お袋などは博労さんとの商談が決まると引き取られるまで大泣きして居ました。
 牛も気配を察して鳴いていました。
 機械の自動車でさえ廃車にする時は寂しいのですから・・・
 百姓ってそんなことを乗り越えて生きてきたんですね。








最終更新日  2019/11/09 05:33:16 PM
コメント(2) | コメントを書く


2019/04/15
カテゴリ:世の中
今日は新聞休刊日です。
 年に何回かある「なんだか物足りない日」です。
 テレビはあるし、NETもあるし、新聞が無くても不自由の無い時代なんですけどねえ・・・
 子供の頃は「毎日新聞」、東京に出て以来こちらに帰ってからも「朝日新聞」です。
 世の中で言う「赤い朝日」を長年撮ってきたので赤くなっちゃったのかも知れませんね。

 古い新聞が出てきました。
 何かをくるんでいたものでしょうね。
 昭和24年9月28日木曜日・1949年ですからほぼ70年前、戦後4年ほどしか経っていません。
 まだ紙の無い時代ですから二面までで文字も小さいです。



 二面の記事ですが、満州からとソ連によるシベリア抑留者の帰還が載っています。
 その続きに記事では、まだ、満州には満蒙開拓団の未帰国者が5万人という記事があり、ようやく聞き取り調査が始まったのだとか・・・
 記事では分からない程度のふれ方ですが、シベリアからの引き揚げ者が赤旗を振って騒いだこともあったそうです。
 私が小学校に入った頃の日本はまだこんな状態だったのですね。
 大学に入った頃でも、東京都庁には「引き上げ援護局」みたいなのがあり、一杯職員が居ましたからね。

 この記事の隣には「原虫対策を急げ」という寄生虫対策に関する記事が出ています。
 薬が高くて手が出なかったとか・・・
 私が小学生の頃に、回虫駆除と称して「海人草」という煎じ薬を学校で飲まされましたね。
 まだ、人糞が肥料として普通に使われていましたから、回虫を持った人が多かった時代です。
 でも、一説には「回虫を駆除しちゃったのでアレルギーが増えた」とか言いますね。

 昔、畳を上げて大掃除をした頃には、敷いてある古新聞を読みふけって仕事にならないなんて話もありましたね。
 一年か二年前の新聞でも結構面白いものなんですね。
 この新聞ほど古いと記事の内容はピンと来ません。
 と言うより、私が幼すぎる時代の記事で実感が無いのです。

 一面トップ記事は「歳出五千六百九億円 貨物八割以上値上げ 大蔵省案」とあります。
 次の見出しは「問題は公共事業費と補給金」とあり失業給付金が公共事業費に入っているような書き方です。
 「失対事業」なんてのが私が東京に出た頃にも行われていました。
 東京の歩道の舗装なんてその事業で年中やっていました。
 今は失対事業みたいな救済処置は無いようです。
 世の中変わったようで問題はあまり変わっていない感じもします。
 「山谷」「釜が崎」なんて底辺を支えたドヤ街、労働者の町も呼び名も変え、高齢化で姿を消したとか・・・

人気ブログランキング






最終更新日  2019/04/15 05:40:05 AM
コメント(2) | コメントを書く
2017/05/19
カテゴリ:世の中
随分昔・・・
 「アンタッチャブル」なんてテレビドラマがありました。
 あのドラマでFBIがすっかり日本人になじみ深くなりました。
 1959年10月16日から1963年5月21日までだそうですから半世紀前ですね。
 そして同時に馴染みになったのが「アル・カポネ」ですね。
 典型的悪と正義の塊・・・

 急にFBIが脚光を浴び出しましたね。
 「警視庁特捜部」より、権限も強そうだしかっこよさそうです。
 今の対極は見掛けもごろつき的なプレジデントみたいです。
 ごり押しへっちゃら・・・
 お仲間と家族がごちゃ混ぜ・・・
 弾劾もあるのでは無いかとか・・・

 この前お隣でも「弾劾」があったばかり。
 お友達への利便図りすぎ・・・
 ???
 日本も同じ図式が起きているの???
 火のないところに何とやら・・・
 目茶目茶「忖度」があっても犯罪じゃないの?
 特区を作ってあげても問題ないの?
 なら、政治家も役人もやり放題でしょう。
 にしても・・・
 同じパターンがあるなんて、それもご夫婦で・・・
 お隣さんを笑えませんね。
 
 「テロ等何とやら法」が施行されたらこんな事書いたら大変ですね。
 ???
 もう、公安警察のリストに入って居るかも知れませんね。
 Not only in Japan , but also in North Korea. かも知れません。
 夜は浜に出ないようにします。


下のランキング、ポッチよろしく・・・
     

人気ブログランキング






最終更新日  2017/05/19 06:40:04 AM
コメント(0) | コメントを書く
2016/05/20
カテゴリ:世の中
 私の地方政治家の一人です。
 政治団体も持っています。
 毎年決算報告も出しています。
 お金も動いています。
 市民の皆さんの会費と寄付などで賄っています。
 「清流」の発行費用が全ての支出です。
 とても家族で旅行に行くほどの金は出て来ません。
 それ位の金を集めるようでないと大物では無いのでしょうね。

 県議とかになれば活動費で毎週温泉に行くほどあるようですね。
 市議会でもたっぷり出る大きな町もあるようです。
 熊野市の議員活動費では「清流」の発行も認められないくらいです。
 昨年度(27年度)から出て居るのですが、私は使いませんでした。
 広報広聴を議員活動と認めないのなら意地でも使いません。
 それほど「清流」が憎いのでしょうかね?
 かなり当局の味方しているのに…
 当局と言っても、市民のために働く現場の職員寄りの味方かな?
 トップに胡麻をすらないと駄目なの???
 意地悪されるのですから「小者」なんですよね。
 でも、その方が自由に生きられます。

 最近、ワインだとかうちわだとかの話が聞こえなくなりましたね。
 芸能界のスキャンダル張りに次々に話題を提供してくれる政治家が居るので話が移っちゃうのでしょう。

 都知事って良いですね。
 三重県知事など自分の不祥事でなくても辞めることになりましたからね。
 そのこと自体、皆さん忘れたでしょうけど…

0520看板_1720-blog.jpg
 この看板…
 せめて中身がわかるようにと言う風に、役所から主催者サイドに連絡したそうです。
 新宮市内のには「自転車レース」の文字がありましたからね。
 熊野市は場所を貸すだけ???
 なめられたかな?
 熊野市も小者???

     
人気ブログランキングへ
  ↑↑↑ 一日一回ポチッと押してください↑↑↑
       
熊野市周辺地図です






最終更新日  2016/05/20 05:45:33 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/06/04
カテゴリ:世の中
 天安門事件から25年だそうです。
 遠く中国で起きた事件ですが、議員としての私と無関係ではありませんでした。
 私は当時、当選一期目、二年目の新人議員でした。
 年齢は今より若く、46歳だったはずです。
 所属は無所属
 柄にもなく、「自由民主党地方議連」なんてのに入り、「日中友好議員連盟」なんてのにも入っていました。
 今以上に血の気の多かった私だったので。「天安門事件」の中共のやり方はは許せませんでした。
 すぐ後に「日中友好議員連盟」の三重県支部大会があったので、ここ熊野市議会の支部長に抗議の意を示すように要求しました。
 しかし、何もしない三重県支部に腹を据えかね、熊野市の議員でこの会に入っていたメンバーに諮って、中国の領事館宛に抗議文を送付し、連絡係に支部長だけ残し全員「日中友好議員連盟」を脱退しました。
 新人議員の発議でも、筋の通らないことには皆さん立腹し、この行動になりました。
 地方議会議員も正義感に燃えていたのです。
 でも、こんな事には全く目もくれない国相手ですから・・・

 私が、時たま「自国民を戦車
でひき殺す国」と書くのは、いまだにあの行為が許せないからです。

 いつまで経っても大人になれません。
 なりたいとも思いませんけどね。
 あと少しですから、青年の気持ちのままで生きたいと思います。
 この鐘の音と共に過ごした青春時代のままで・・・

  • 大隈講堂066-2-blog.jpg


    
        
人気ブログランキングへ
  ↑↑↑ 一日一回ポチッと押してください↑↑↑
    






最終更新日  2014/06/04 07:53:11 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/05/22
カテゴリ:世の中
  • 映画広告054-blog.jpg

 これは昭和24年9月25日(1949年)の新聞広告です。
 新聞は新宮で発行されていた「紀南新聞」です。
 まだ、木本の「吉熊」とか「南紀新報」は出ていなかったのかな?
 物置を片付けていたら額の裏紙として使われていた物です。
 映画の広告です。「ルイ・プラス」はフランス映画  「失恋四人男」はハリウッド物です。
 「幽霊列車」は邦画ですが。なんと、柳家金語楼・花菱アチャコ・横山エンタツなんて喜劇の大物勢揃いです。
 ここまでは新宮の映画館ですが、次の激闘「海のターザン」は木本の「明治座」です。
 出演はもちろん「タイロン・パワー」です。
 ほとんど見えないけど写真まで載っています。
 トップ記事から最後まで記事には写真が無いんですからすごい広告です。
 「大冒険映画」とサブタイトルが付いています。
 まだ、ターザンの認知度もそんなに高くなかったのかな?

 もっとすごいのは・・・
 一面の下の広告なんです。
 新宮警察の庁舎完成記念で「記念興行」なんてのがあったんですね。
 時代が解りますね。
 出し物は日本舞踊みたいですが「日の出館」を二日間占領しての興行ですからね。
 主催「新宮市警察署」となっています。
 まだ、国警と町警があった時代でしょうね。
 今の人には「国警」とか「町警」なんて警察が二つあったなんて言っても解らないでしょうね。
 まだまだ、戦後すぐの時代のローカル新聞です。

 明日は、これに載っていた大きな問題を取り上げます。
 でも、押しつぶされたんですけど・・・

 本日。17時28分頃 888.888番を通過しました。
 10年と3ヶ月です。
 ありがとうございました。

    
        
人気ブログランキングへ
  ↑↑↑ 一日一回ポチッと押してください↑↑↑
    






最終更新日  2014/05/22 07:46:07 PM
コメント(0) | コメントを書く
2007/04/23
カテゴリ:世の中
 実に何年ぶり?何十年ぶり?かで東京の街をさして用も無くうろつきました。
 水曜日に秋葉原・御徒町・上野と歩き回り、土曜日には池袋から雑司が谷・面影橋・早稲田と歩き回りました。
 水曜日は雨模様で写真はほとんど撮らずじまいでしたが、土曜日は晴天に恵まれたので、カメラを肩に歩けました。
 東京と言う町はどんどん大きくなってしまったのでそれに比例するように地下鉄網が発達していっています。
 しかし、ある地点から目的があって直行するにはそうした路線も役立ちますが、何かを探すとか言う事となると広い分歩く距離も長くなります。まして、写真を撮ろうなどと考えると大変な町です。 都会の人は本当に良く歩きますね。



 土曜日の夕方と言うこともあり、普段の日の夕方の人の流れよりはずっと緩やかな速さで動いていますが、それでも田舎流に比べると流れは速いようです。
 この辺りでほぼ一時間ほど街行く人を眺め、スナップを撮っていました。
 池袋と言うこともあり、さほどファッション性の高い町ではなく、目を引くほどの女の子もあまり通りませんでした。
 カメラバッグの上に載っての撮影は問題が無いのですが、バッグに腰掛けてのアングルでの撮影は、今流のミニの女の子を今流の盗撮していると疑われるぎりぎりの高さになってしまいます。
 大きな古いカメラを構えての撮影ですから隠れようも隠しようも無いので盗撮にはならないでしょうね。



 カメラは センチュリー・グラフィック+バウシュ・アンド・ロム88mm

↑↑よろしければ一日一回ポチッと押してください






最終更新日  2007/04/23 10:49:24 AM
コメント(9) | コメントを書く
2007/01/23
カテゴリ:世の中
 古い体質が残っていても当たり前の団体ですが…
 横綱審議会の委員長人事が新聞の片隅に小さく出ていました。
 新委員長は『えびちゃん』です。
 どうせなら可愛いエビちゃんならいいのですが、あの『海老沢さん』です。
 確かに、相撲協会からNHKを抜きにした経営は考えられないでしょう。でも、・・・
 『でも』なんです。この人って問題があってワンマン会長を下ろされたわけでしょう?そして、顧問に座ろうとして世間の目が厳しくてやめたんでしょう?
 なのに・・・NHK代表のようにして審議会には居座り、はては委員長に…
 これは肩書き大好きの『えびちゃん』のせいではなく、相撲協会とか横綱審議会の体質の問題ですね。
 昔は。この協会はまともに暴力団とつながっていた訳ですから…
 どうも、ついて行けませんね。
 大相撲の斜陽に対する危機感などまるで無いのでしょうね。
 あまり大っぴらに掛けないからか新聞記事は物凄く小さかったですね。


↑↑よろしければ一日一回ポチッと押してください






最終更新日  2007/01/23 06:22:13 PM
コメント(2) | コメントを書く
2006/12/09
カテゴリ:世の中
 経済人は利に聡くなくちゃあいけないそうですが・・・
 どうも、目先の利にばかり目が行く人が多いようです。
 『成果主義』っていうのでしょうかね、当期の利益が最優先って感じですね。
 前にも書きましたが、日本一、いや世界一のデジタルカメラメーカが、言う寝れば倒産しかけています。
 ニコンでもキャノンでもペンタックスでもオリンパスでもありません。
 その企業はサンヨーです。
 一時はここで日本のデジタルカメラの6割が作られていたと言うのです。これは前にも書きましたが、サンヨーの名前で出てるカメラなんてほとんどの人は見たことないでしょうが、安いコンパクトデジタルカメラを見たらサンヨーだと思えば良いほどだったのです。
 作ってくれと言われりゃあ、どこのでも作り・・・まさに安請負をしたのです。
 この影響でフィルムカメラの世界を破壊しただけではなく、写真と言うものをも破壊して来たのです。猫も杓子もパチリとやって、写真を撮ったつもり・・・でも、実際は残っていない…
 売れるんならどんどん作っちゃえ・・・
 挙句の果ては、自分ところが立ち行かなくなり、発祥の地の工場も立ち行かないとか・・・
 市場を育てるのではなく、やっつけ仕事で、目先の利だけを追った結末です。
 この影響は一企業の業績悪化にとどまらないのですがね・・・

 百年の計とまでは言いませんが、もう少し長い目で・・・
 日本が一人前になって、ようやく半世紀ほどです。
 何もかも、人材までも使い捨て的な発想でやっているようですが、振り返ったら、歴史の中で本の一瞬だけ日本が一流ぶっていただけで、日本自体が使い捨てられた・・・なんてことにならなきゃあ良いのですが・・・


↑↑よろしければ一日一回ポチッと押してください






最終更新日  2006/12/09 08:07:00 PM
コメント(2) | コメントを書く
2006/12/03
カテゴリ:世の中
 立法・行政・司法
 三権分立とは、この三つがそれぞれ干渉されること無く独立して機能することであると習いました。民主主義法治国家の大原則で日本国憲法もこれを保障しているはずです。
 わざわざこれを書いたのは・・・
 高等裁判所の裁判官の方が自殺なさったそうです。
 『住基ネット』が違憲である、従って、抹消を申し込んだ住民の登録を消去するように命ずる判決を出した裁判官です。
 大きな判決を出し、国の施策に駄目を出し。行政の暴走に待ったをかけたのです。
 この自殺に大きな影を感じない人は少ないのではないでしょうか。

 この自殺の真相を究明することが日本国憲法を守る上でも、我々国民の利益を守るためにも重要なことだと思うのですが・・・
 裁判官の方のプライバシーもご家族の方のこともあるでしょうが、それこそ三権分立の基本にかかわる可能性もあるのですから・・・

 時代が逆行しつつある中での事件です。
 ロシアの特務機関の人の死亡以上に大変なことかもしれません。
 こうしてことはおそらくまともに捜査される事もないし、マスコミも保身のために動かないでしょうね。同様に野党もね・・・命が欲しいでしょうから…
 NHKに放送命令を出す政府ですから…

 一人の裁判官の死が日本の三権分立の死の始まりでなければ良いのですが・・・


↑↑よろしければ一日一回ポチッと押してください






最終更新日  2006/12/03 08:42:06 PM
コメント(6) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.