ジョンリーフッカー

2007.11.01
XML
カテゴリ:きのこ
冷蔵庫に入ったその後のマツタケのお話です。

なまじ採った事がないものだからそりゃあ冷蔵庫から出したり引っ込めたりと未練たらたらの
マツタケとの語らいの日びが続いています。

ン?具体的にはどういう食べ方をしているのかって?
一挙にガバーと食うのではなくてちひぢびと食べているのですよ。
例えていうならカラスミを食べているような感じです。
押し頂くというのか〔けち臭い食べ方です〕ちょっとだけ汁の具に入れたりして香りを楽しみながら食べているのす。
日本酒ともあいます。

明日でいよいよそのマツちゃんもラストって所まできています。
もう、ほとんど永谷園の乾燥マツタケ状態であります。
それでも香りと食感は別次元の味です。
最近はやりの賞味期限からいうとあきらかに反則水域に入ってますね。
それ程ジョンリーにとっては貴重な食べ物なのです。
食べるたびにあの時の光景が浮かびます。
そして食べながらニヤッっとしております。
それがまたやりたくてしようがないのです。
困ったもんです。
自覚症状のある病気ですからヤバイです。

キコねえさんが冷蔵庫からきのこを出したりしまったりして眺めているという話を
していただいた時その気持ちのレベルにジョンリーは到達していなかったのだなぁという事が
今はよくわかります。
なぜなら同じことをやっていたからです。

コメツガさんはどうやって食べているのでしょうか。
次回お会いした時聞いてみようと思います。
マツタケハンターのヤマネコさんにも聞いて見たい所です。
復活されていると思いますので是非聞いてみたい所です。
なんか昨年も同じような質問をした事思い出してきました。
天目さん。
やっぱりマツタケは病気になりますよ。
自力で採る!
ここに最大のキーワードがあります。
わかってらーという声が響き渡りますが、あえて書きます。
きのこ採りに行って羨望と嫉妬をカン!! (⌒▽⌒)ジルきのこってマツタケがやはりヒエラルキーのトップだと思います。コウタケもマイタケも自力で採った事はありませんがマツタケ程トリタイー病には今の所及んでいません。
これはあくまでジョンリーの私観です。

土曜日は富士山のきのこ採りどうなるか楽しみです。
日曜日は浮気をしてブログで知り合った方と多摩の奥地にクリタケ見にいってきます。
ムラサキシメジが採れるような予感もしています。

園児の遠足状態でわくわくしながら燃えています。
後一日の我慢です。
土曜日ふらふら天目さんと歩いていますので行かれる方はお電話でも下さい。
では・・






最終更新日  2007.11.01 23:45:05
コメント(28) | コメントを書く
[きのこ] カテゴリの最新記事


PR


© Rakuten Group, Inc.