000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

はっぴーふぇいす

PR

X

Profile


り〜の*

Calendar

Category

Favorite Blog

のんびり電車で行こ… ぴなすけ。さん
ぼちぼち hosinosihoさん
By your st… ももはは。さん
たまごから かなしゃん♪さん
ブログ リリー4635さん
わくわく日記 イデア2006さん
美肌・本・子供のピ… tokko_mさん

Comments

 り~の*@ Re:おめでとうございます(04/09) なぎたんさん わぁ~、お久しぶりです!…
 り~の*@ Re:突然(04/09) JINTAさん いつものことながら・・、お…
 なぎたん@ おめでとうございます お久しぶりです 進級おめでとうございま…
 JINTA@ 突然 いつも、ありがとうございます。 前回の…
 り~の*@ Re[1]:その後(03/29) みーゅきさん 温かいコメントをありが…

Freepage List

November 26, 2007
XML
カテゴリ:トホホです
 またもや仕事の話です。
そしてグチ日記です。気分の良い内容ではないので
スルーしてくださっても構いません。


 先日新しく移動した店舗での上司のことを日記に書きましたが。
何ていうか悪い人ではないし、意地悪をされているわけでもないので
これはもう私が感じるだけのことであって、ひどい話でもなんでもないと
思うのではあるけれど、ちょっと耐え難くなってきました。

 接客の仕事でもあるのでお客様に対する私の対応がまだまだなところもあり
お叱りを受けるのは当然といえば当然なんですけど。
 それでもお叱りの内容がちょっと受け止めにくいものになっています。
私がおぼつかないながらも必死でクレープを焼いて(クレープ屋さんなので)
そしてお客様にお渡ししたあとで
「今のあれは商品じゃないよ。
 商品とはいいがたいものを無理やりお客様に渡してしまっている。
 私だったらお金だしてあんな商品は絶対に買いたくないし、
 今のお客様だってかなり不愉快な顔をしていたんだから」
というのです。
 でも決して言い訳ではないけれど、お客様はそんな感じの表情をしては
いなかったし、それだったら作っている最中に「それは出せないよ」と
いってくれればいいじゃん、なんて思うのです。
 私からすれば必死でなんとか作っているのに、と思ってしまったり。

 そういう発言が何度もあって、そしてその度に
「多分今のお客さんはもう絶対にうちに買いにこないだろう」
と断言するのです。
 それを言われている私は平身低頭、小さくなって平謝りです。


 仕事はまだまだな部分がたくさんあるわけで、叱責を受けるのも
ある程度仕方ないと思うのです。
 それでも少しずつ雑談などもするなかで、私は悲観主義なんで
なんでも物事を悪い方に考えてしまうんですよ、みたいなことをいった時に
「あぁ、そんな感じだよね。
 だってあなたからはとっても『陰の空気』を感じるもの。
 なんていうか『マイナスオーラ』に包まれてるって感じよ。」
なんていうではないですか!

 
 悲観主義者だと自分で分かってはいるものの、直せないのが性格で
それがあろうことか『陰の空気』を感じるといわれてしまって
私ってそんなにマイナスイメージを醸し出している!?と怖くなりました。

 それに続けて
「笑顔がない」「声が小さい」「覇気がない」と続けざまにこれでもか、と
いうくらいいわれてしまいました。
笑顔がなくて声が小さいから冷たくみえるしキツくみえるそうです。
私って一体ヒトからどう見られてるんだろう??怖いです、ほんと。


 そしてどうやらその彼女の言う「覇気がない」のはかなくんの病状やら
そういった家庭の環境やらからきているのではないか、と彼女が推測して
いるらしく、多分彼女としては元気づけるためにいったのではないかと
思うのですが(極めて希望的観測ですが多分そんなことはないだろうな)
「子供さんが障碍があるとかっていうのは確かに心配なことだろうけれど
 健常児だってその時々でいろいろ不安なことや心配や悩みがつきないから
 障碍児も健常児も母親の気持ちは同じことよ」
といわれてしまいました。


 うちもかいくんは健常児です。
だけども、かいくんにはかいくんを育てていくにあたってそれなりに
不安や悩みはつきないし、それは事実です。
 でも一括りに「障碍児も健常児も育児は同じ」といいきるのはどうかな、と
思うのですがどうなんでしょう?
 
 自分だけが大変で悲劇で可哀想、なんてことは思ったことはありません。
それぞれがそれぞれにいろんな悩みを抱えているだろうし、その悩みを
大きいとか小さいとか他人が決めることではないと思います。
 でも「同じ」だといわれるとそれはやっぱり違うのではないかと思うのです。
うまくいえないのですが、障碍児を育てていくということは大きな何かを
抱えていくことに似た気持ちになるのは私だけでしょうか。


 ともかく、この一連の発言で私は私の中で彼女と一緒に仕事をしていくことが
苦痛に思えてしまいました。
悪気はないのはわかっているし、だけど悪気がないからと何をいっても
いいということではないだろうし、少なくとも私の中ではちょっと許しがたい
発言と捉えたことは確かなのです。

 自分のことをマイナスオーラが出ていると言われたことも悔しいし悲しいです。
でもやっぱりそれ以上に子供のことを言われるのはちょっと・・。
そういう子を育てているから余計にマイナス思考になっていったんでしょ、と
遠まわしに言われたときにはもうついていけないと感じました。


 今日、まったく別の会社の求人に応募してみました。
後日面接をしていただけるということですが、どうなることやら分かりません。
結局は今の仕事を続けていくことになるかもしれないし、転職することに
なるかもしれないし・・・。
 夫は「そんなことで辞めるんだったら、本人に直接反論してみたら」と
いいますが、そんなことができたらとっくにやってます。
 言われっぱなしで何もいえないのは我ながら情けないと思うのですが
やっぱり面と向かってはいえなくて・・・。
 こういうところが彼女がいわんとする「陰の空気」を持っていると
いうところなのでしょうか・・・。



 聞き苦しい内容の日記ですみません。
どこかで発散して少し気持ちを楽にしたかったので思い切って書いてみました。
こんなことくらいでへこたれずに頑張らなきゃ、と思ったり
もう辞めたいと思ってみたり、自分でも自分の気持ちを1つにできません。
 でもちょっと心の中から吐き出してみてスッキリしました。


 せめても、と思ってちょっと気が早いですが、壁紙をクリスマスに
変えてみました。
勤務しているお店がデパートの中に入っていて、今月からデバートの中は
クリスマスソングがこれでもか!というくらい流れています。
 実際にはまだ2ヶ月くらいあるのにな~と思っていたら、いつの間にか
もう1ヶ月でクリスマスになるんですね。月日のたつのは早いですね。

 明日はSTがあるので仕事は休みをもらいました。
午前中だけでもちょっとのんびりしたいな~と思っています。






Last updated  November 26, 2007 09:24:32 PM
コメント(3) | コメントを書く
[トホホです] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.