117687 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

新はいじまのわがままブログ~嗚呼、素晴らしき鉄ヲタ人生~

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Category

Archives

Comments

はいじま@ Re[1]:山へ行って花粉症になって帰ってきた…(03/20) さくらさん >こんにちは。素敵な方と出逢…
さくら@ Re:山へ行って花粉症になって帰ってきた…(03/20) こんにちは。素敵な方と出逢えた様子。嬉…
ギップラー将軍@ 初めまして 初めまして&初コメントいたします。 …
はいじま@ Re[1]:4月も半ばで…(04/19) > 名無しさん 楽しそうな情報をありが…
名無し@ Re:4月も半ばで…(04/19) はじめまして。 アニメ化前のクレヨンしん…
 HN「はいじま/この車両ははいじまゆき」がお送りする、わがままなブログです。世間の出来事で思ったことや身の回りの出来事を日記風に書いてゆきます。
 前のブログへのイタズラコメントがあまりにも酷いのでお引っ越ししてきました!

累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
2017.04.18
XML
…本日、「クレヨンしんちゃん(劇場版)」最新作を見に行きました。近所のイオンモールの映画館で朝一番の上映回に行ったら、お客さんは私を含めて3組だけ(他の2組は親子連れでした)。その感想や考察はこの日記の後半に書きます。

 その前にまず本日の「はいじまゆきどっとこむ」の更新内容です。本日の更新は模型コーナー「石神井急行旅客鉄道」です、「西武線の仲間達」でこの春話題の西武鉄道の最新型通勤電車40000系を紹介しています。同時に「スマイルトレイン」30000系のページについても、これまで写真が上手く撮れていなかったので、その分の写真を差し替えています。

 では、「クレヨンしんちゃん(劇場版) 襲来!!宇宙人シリリ」の感想や考察です。
 この先の日記にはネタバレがありますので、「クレヨンしんちゃん(劇場版) 襲来!!宇宙人シリリ」をこれから見に行くから、展開を知りたくないという方はご覧にならないようお願いします。

 正直、今年も面白い作品に仕上がっていたと思います。本作では何より面白いのは、劇中の展開でしんのすけの両親が子供の姿にされてしまうのですが、それでも正確は大人そのまんまというギャップですね…途中でみさえだけが本当に子供になってしまうところでは、「外観のままを演じていたらああなっちゃうんだ」と感心させられました。みさえを演じるならはしみきさんの演技の切り替えがすごいと思いました。

 主人公しんのすけとダブル主演ともいえる、今回のゲストキャラで宇宙人のシリリというのも「成長する子供」というものを上手く描いています。最初は「野原一家に反抗的な態度」と「自分の親の言いなりな態度」を取っていた彼が、徐々に打ち解けてあるきっかけでしんのすけと信頼関係を築くようになる過程で、しっかり「自分」を掴んで最終的に親に反抗してしんのすけを助けようと立ち上がる物語なのですが、これに春日部から種子島への旅行をかぶせることで「ロードムービー」として上手く完成したと思います。この旅程の進み具合が、そのまんまシリリの成長度合いであるてところは本当に上手く出来ていると思います。

 今回の作品は「クレヨンしんちゃん(劇場版)」ではこれまでにないパターンだったと思います。多くの劇場版作品では前半で「かすかべ防衛隊」が、後半で野原一家が活躍してラストシーンでは「かすかべ防衛隊」が出ていない作品が多かったように感じます。一部作品で全編にわたって「かすかべ防衛隊」の冒険譚が描かれるケースになった場合(「カスカベボーイズ」「オラの花嫁」「B級グルメサバイバル」「ユメミワールド」等)は話は別になりますが…今作品ではこのパターンが崩れています。物語は野原一家が中心になって進み、「かすかべ防衛隊」は前半ではチョイ役でしかありません。ですが物語が中盤に差し掛かってもストーリーの合間に「かすかべ防衛隊」の面々が割り込むようになり、物語のクライマックスで「かすかべ防衛隊」が間一髪で主人公らを助けに来るという大活躍を見せてくれます。この物語展開は「かすかべ防衛隊」の面々が好きな人々にとっては注目どころだと思いますね。

 そして「クレヨンしんちゃん」ファンにとってはこの映画は「リピーター」にさせられそうな作りにもなっています。それは画面のあちこちに過去の劇場版作品のアイテムがでてくることです。一番驚いたのは「カスカベボーイズ」に出てきたマイクがそのまんま、しかも演じる声優さんが村松康雄さんで出てきたことですね。その他にも「ロボとーちゃん」で出てきた照代ちゃんも出ていたし、「ユメミワールド」でマサオが見ていた夢に出ていた漫画雑誌編集者が新幹線の乗客に混じっていたり…これらのシーンを見つけると「絶対他にもある、見落としているのもあるはずだ」と思ってもう一度見に行きたくなる…そんな仕掛けがされています。さすが25作記念ですね。

 いずれにしても面白い映画だったので、またDVDとか出たら買うと思いますね。

 今日は夏みたいな暑いです、映画から帰ってきたらあまりにも暑いので夏用の寝間着を出してきてしまいました。こういう日は冷たいコーラでも飲みながら、午後をまったり過ごしたいですね。
 また寒くなるかも知れませんから、気をつけて頑張りましょう!





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017.04.18 15:02:31
コメント(0) | コメントを書く

Freepage List

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.