1721798 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

My Secret Room

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009年10月07日
XML
テーマ:Jazz(1617)
カテゴリ:JAZZ(Born In The U.S.A. )
AX

台風が来るそうな。
空がどんよりしている。。。

ブラッドメルドーのコンプリを目指している音狂閣下が、「耳より情報:Brad MehldauとChris Potter共演作が間もなく発売」とブログにあげて、早2年、。、でぇなくて、二ヶ月。
クリポタ参加で、メルドー参加、ドラムはロイヘインズの孫?って、話題満載なアルバムです。
ベースの眉目秀麗なお兄さまは最近のニューヨークの話題なアルバムに顔を見せることが多い。
このブログだとドラムも一緒に「Words Unspoken/Gilad Hekselman」、ブログにはあげてないけど「The Rebedy / Kurt Rosenwinkel Group」とかね。
好きな、、つうか、うまいギターリストの、、これまたいけてるアルバムに参加してる。
うまいギターに重宝されるベースって、繊細さとセンスがよくて、機敏な反応ができルと思いこんでるわたくしとしては楽しみなルバムだったんですね。
配送のタイミングが「Live At The 2007 Monterey Jazz Festival / The Monterey Quartet」に同じくらいで、ちょっと、損した感じのあるアルバム。
ジャコの曲1曲、リーダーのオリジナル曲8曲。

ベースのピチカートで始まると、思索的なメルドーのピアノが加わる、、常に個性的なクリポタのサックス。
鋭敏に反応するメルドーのピアノは硬質でシリアス。当然、クリポタのサックスも抑えた感じ。
やはりダークでビターな感じの曲から、クリポタのサックスが次第にヒートアップ。ぶち切れ感はないけどクリポタのサックスおオタク的なフレーズの連続。イェ~~イ。
続くメルドーは聴くからにスリリングでエキサイティング。やっぱ、メルドーの負けん気の強さ最高。ベースのソロのライン力強いけど陰な印象。ドラムとのバース交換なんてのもあっていたって正攻法。

ベースもドラムもモチロン悪くはないけど、サックスとピアノのやり取りは非常に面白い。
2人とも高い意識の中で、目に見えぬ火花が散ります。

3曲目のCacheは互いに素早い反応で緊張感を高めてる。いとも簡単にこなしてる感じ何だけど、そりゃ、ファンにはたまりません。ミステリアスな雰囲気のバラードA Dream。夢をさまようように淡々と。
5曲目The Balloon Songはジャコパスの曲と書かれてますが、どうも、ジャコの短い曲にGil GoldsteinとJon Davis加筆した曲のようです。ベースとバスクラのユニゾンから始まる思索的でアブストラクトな演奏。最後まで不思議感満載。
Once Before オーソドックスでストレートな演奏。クリポタのブルースフィーリングたっぷりな男気なテナーブロウ、メルドーの何処か無機質な感じのピアノ、、なんだかめちゃかっこいい。
Farは冒頭にストリングスをかぶせたような気怠い感じの曲。目を閉じて遠くをみる感じって、わかるかなぁ。。そんなトーンにまとまってるように聴こえてくるから不思議ね。

ソプラノサックスでタイトル曲、Not By Chance。ちょっと、エキゾチックな叙情的なメロディ。
メルドーの一見力の抜けたソロ。それでもメルドー節健在。全然テンパッテないけど何気に凄いよねぇ。やはり、ただもんじゃない。クリポタのソロも含めて、好きな演奏♪
終演はThe Stoic。クリポタの長尺なソロ、さらりと凄いメルドー、やっぱり、最後もそこに耳がいってしまうのでありました。。(^_^);;

全体に、このアルバムの色のようなインテリジェスたっぷりで思索的、そして、漂うような感情に支配された感じ。ジャケットをあけると、目を閉じたジョーマーティンの写真があるのですが、まさにソノ表情そのもの。
メルドーの狂気の切れ味、クリポタの怒濤の吹きまくり、を期待するはぐらかされた感じになってしまうかな。
真昼の霧中、時々、閃光。。って、感じなのですが。。。
クリポタや、メルドーの凄さを「その余裕」から感じとりませう。

1. Semente
2. In The Meantime
3. Cache
4. A Dream
5. The Balloon Song
6. Once Before
7. Far
8. Not By Chance
9. The Stoic

Joe Martin (b)
Chris Potter (ts,ss,bcl)
Brad Mehldau (p)
Marcus Gilmore (ds)

秋本番ですね。
新米炊きたて、真珠の輝き。
食べ過ぎちゃうのが、、ちと、、困ります。はい。

あ、、台風が悪さしませんように。。
皆さま、気をつけてくださいね。

では、今日も退散♪






最終更新日  2009年10月08日 09時46分59秒
[JAZZ(Born In The U.S.A. )] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.