1931693 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

My Secret Room

My Secret Room

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2024年02月
2024年01月
2023年12月
2023年11月
2023年10月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009年10月08日
XML
テーマ:Jazz(1957)
カテゴリ:A Merry Jazzmas
AX
新潟は台風直撃です。お出かけがキャンセルになりました。
でも、おかげさまで、、我が家は、、小屋の扉がちと、、破損しただけ。
皆さまのお家は大丈夫でしたか?

今回の台風はメーローなんだそうで。。
なんじゃ、ソレェ~~って、思わず調べちゃった。(爆)
台風に名前をつける習慣があることは、皆さま知ってると思うのですが、、
2000年以降は、「台風」はアジア諸国で持ち回りで命名してるんだそうな。(常識か??)
今回の直撃台風第18号は、マレーシアが名付け親で、Melor(メーロー)だそうです。
☆ジャスミン☆って、意味らしいのだ。。。。。うむ。。
因みに日本の順番の時は、星座から命名してる、、らしい。。。。これも、、うむ。。
だって、第15号はKoppu(コップ)、、意味はもちろん。。コップ座。。。

黄昏の国十月は、台風シーズンでもありますね。はい。
黄昏の国に入ると、、毎年、、ちょこっと焦ります。
何?って「今期のクリスマスアルバム」でしょう。。そこの。。奥さま♪
でもぉ。。最近、ボケェ。。って、してると、
それぞれのエキスパートがいろいろなクリスマスアルバムを教えてくれます。
毎年、、わたくしは新譜のことが気になりますが、去年のこんなアルバムも是非ご参考に。。


★去年こんな素敵なクリスマスアルバムにであいましたァ★



It's Snowing On My Piano / Bugge Wesseltoft
Bugge Wesseltoft (p)
「It's Snowing On My Piano」は、十年以上前に出たソロピアノのクリスマスアルバム。
ブッケは自分のレーベルから先鋭的なアルバムをだしてる。でも、これはピアニスト Bugge Wesseltoftが自身に向き合った作品。暗い、、って言えば、、暗い。非常に暗く静か。内なる自分を見つめてル。
あ!!今年はこんなセットが出ています。。CD+DVDでいつものお値段。
エェ!!って、よく見たら、DVDはNils Landgren の「Christmas Concert With My Friends」からの抜粋らしい。わたくしは、ニスルスラングレンのクリスマスのDVD持ってるから、、あわてないぞぉ。(汗)

Natt I Bethlehem/Solveig Slettahjel
Solveig Slettahjell(vo)、Tord Gustavsen(p)、Sjur Miljeteig(tp)
「Natt I Bethlehem」これも去年友達に教えてもらって、めちゃはまったクリスマスアルバム。
基本的にはTord GustavsenとSjur Miljeteigの2人の世界。
ピアノは以前からのお気に入りだけど、このヴォーカルにビックリでした。
わたくし好みの可愛い優しい声ではないのですが、何とも味わいのある深い声の魅力があって、真摯に歌う彼女に一目惚れ。ピアノはもちろん最高っす。

Jul/Olivier Antunes Jesper Lundgaard
Olivier Antunes(p)、Jesper Lundgaard(b)
「Jul」、、まったく、何をお勉強してるんだか、、「Jul」は北欧ではクリスマスを指さすのであった。
このアルバムの存在を知りながら、放置してた馬鹿者1人。。(汗)。。
このピアノも大好き。そして、ベースも大好き。大好き×大好きで、死ぬほど好き♪
ベースのルンゴーは、以前にも「ベース主役」のクリスマスアルバムをだしているくらいです。
当然ここでも、テーマも自分でピチカートしたりしておるのでありました。
我が王子様、、オリビエは本当に綺麗な音でした。

A Feeling of Christmas/John Erickson
John Erickson - piano ( keyboards tracks 2 & 9 )、Patrick Williams - acoustic bass、Tim Mulvenna - drums, percussion, ( bodhran track 6 )、Mike Austin - bodhran ( tracks 3 & 8 )
「A Feeling of Christmas」このクリスマスは今回の厳選4枚(笑)で唯一のアメリカから飛んできたクリスマスアルバムです。このすばらしいクリスマスアルバムが、オタクの道場cdbabならなんと千円強!って、すばらしいコストパフォーマンスです。
優しい人肌の隣のお兄さま的キースって、感じ。
中味の洗練された感じももちろんですが、ジャケットもシンプルで美しいですゎ。

つうことで、クリスマスシーズンにインしたすずっくのクリスマスの新譜情報。


今年こんなクリスアスアルバムが出るみたい

Carla's Christmas Carols/Carla Bley
Carla Bley(p,celeste) Steve Swallow(b,chimes) Tobias Weidinger (tp,flgh,glockenspiel) Axel Schlosser(tp,flgh,chimes) Christine Chapman(horn) Adrian Mears(tb) Ed Partyka(b-tb,tuba)
あの、、あのカーラ姐御が「現在の旦那様」と一緒にクリスマスアルバムをだすそうな。。
うむ、、HMVでは、「・(略)・・大人にも子供にも喜ばれる家族で聴くのにぴったりな愛に満ちた作品。」って、あるのです。そう。。ですか。信じて良いんだな。。。
わたくしに嘘つくと、、、こわいぞぉ。。。(きっぱり)
こんな感じのジャケットです。
どうでしょう。。やっぱ、カーラ節満載でしょうねぇ。。♪

今年も素敵なジャズのクリスマスアルバムの情報募集してまぁす!!

どうか。。宜しくぅ!
んじゃ、風と共に、、退散♪





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2009年10月08日 16時49分58秒
[A Merry Jazzmas] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.