1881248 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

My Secret Room

My Secret Room

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2022年08月
2022年07月
2022年06月
2022年05月
2022年04月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2010年10月24日
XML
テーマ:Jazz(1898)
カテゴリ:JAZZ(Far North )
Everything Happnes To Me/Lasse Tornqvist / Jan Lundgren



この季節、黄昏ときになると隣の家の西側の壁に、ブナの樹の影がとても綺麗にうつるのです。
お隣は若いご夫婦で、赤毛のアンのイメージのお家に住んでます。
白い壁が黄昏色に染まって、そこに写るブナの影。。
もの想いの迷路に迷い込みそうな時間なのですが、浮き世のことは忘れてぼんやり眺めちゃう。

秋ですねぇ。。切ない感じが秋ですねぇ。
人生が長くなってくると、秋は今までの人生を慈しんでくれるとともに、長い夜には、この先に続く残りの人生への不安が押し寄せてくる季節でもありますよね。そんなときには、すべてを柔らかく暖かく包み込んでくれる毛布にくるまるのが一番。そんなアルバムが、この2人のデュオです。

Sweet Jazz Trioは、スウェーデンのコルネットのLasse Tornqvist、ギターのMats Lasson、ベースのHans Backenrothのちょっと変わったトリオ。この手の編成は大好き。静かでジェントル、オーソドックスな感じで日本的な情緒にもぴったりで人気。
Lasse Tornqvistのコルネットはまさに、誠実、そして、優しい。尖ったものがまったく無い感じがする。
その彼が、デュオのお相手に選んだお相手は、やはり、スウェーデンのピアノ貴公子といわれたヤンラングレン。北欧的な透明感と、アメリカのジャズへの敬愛も強く感じる素敵なピアニスト。このブログには、いろんなアルバムが紹介されてます。オーソドックスなピアノトリオが多かったので、ACTに移籍したときは、びっくりしました。
と、どうやら、何年こしの想いが通じての逢瀬のようで、それはそれは心がホッコリするアルバムになってますよん。

幕開けはタイトル曲。ラングレンの美しくも哀愁のあるピアノに導かれるようにトゥーンクヴィストがメロディを丁寧に吹き上げる。それは、ほんとうに歌うようで、ほとんど原曲のメロディをそのまま。優雅なラングレンのピアノも深く心に沈む。テンポよくThanks A Million は、はずむようなたのしい会話。
そして、この時期、ベタベタな枯葉。でも、ゆっくりとテンポで、人生を振り返るようなコルネットの音色はもう涙が出そう。百恵ちゃんの秋桜じゃないけど、近頃涙もろくなったわたしにはやばいな。呟くようなコルネットの会話に、それは誠実なバックをつけていくラングレン。ソロも情感がこもった良い演奏。互いを尊重しあう感じが、また、思わず、ぐっと来ちゃう。

コルネットの音をたとえるなら毛糸のセーターかな。ざっくりした空気、ほんわか柔らかな色合い、暖かな音。ベタだったかな。(^_^)

I'm Confessin' は、方を寄せてとうとう語り合うように。
古い曲でLittle Man You've Had A Busy Day。きっと曲を聴けば、あぁ、、って、思うはず。
素朴なメロディと柔らかなコルネットの音色がぴったり。甘く、柔らかく、時間が止まってしまいそうな静かな時の流れ。。歩き出して、Moon Light Becomes You。
北欧情緒たっぷりのDanny's Dream。少し影のある二人の演奏が心に余韻を。。
わたしが時々口ずさむThe Very Thought Of You 。トゥーンクヴィストもちょっとハスキィーボイスで。(^_^);

唯一のオリジナルJill。トゥーンクヴィストの奥さまのお名前。これがとても美しいバラード仕立てで、素直な慈しみの気持ちが伝わってきます。(涙)We Fell Out Of Loveは、ライナーで始めて知りました。イギリスのトランペッターの曲だそうですが、これがまた素敵なメロディ。これでもかと、続くロマンティックなナンバー。。 My Queen Is Home To Stay。。しっとりと秋の景色。とハートウォームでエレガントなラングレンのピアノ。
終演は、Vidarna Sucka Uti Skogarna スウェーデンの古い民謡だそうですが、淡々とした中に何ともいえない哀愁が漂うメロディ。二人の会話は、ほんとうに静かで静かで、暖かな暖炉の前で、昔の想い出を浮かべるようです。静かに終演。

独りで、二人で、、何処か寄り添う心を求めて。
特別な事は何もないのですが、心のこもった演奏をお聴き下さいね。
そう、優しさには、特別な事なんて求めてないものなんだな、って、かんじかなぁ。。


1. Everything Happens To Me
2. Thanks A Million
3. Autumn Leaves
4. I'm Confessin'
5. Little Man You've Had A Busy Day
6. Moon Light Becomes You
7. Danny's Dream
8. The Very Thought Of You
9. Jill
10. We Fell Out Of Love
11. My Queen Is Home To Stay
12. Vidarna Sucka Uti Skogarna / The Winds Sigh In The Wood

Lasse Tornqvist (cor)
Jan Lundgren (p)

朝の一番は、町内の下水掃除&ゴミ拾い&草むしり。
今年、最後の町内の清掃でーす。
冬を迎える準備がぼちぼち始まります。

休日が終わりますね。ゆっくりできしたか?
いよいよ、10月もおしまいの週になりましたぁ。
秋は駆け足、って、ほんとうですね。
クリスマスも駆け足で近づいてきます。(汗)

ごはんです。。
んじゃ、退散♪






最終更新日  2010年10月24日 19時54分50秒
[JAZZ(Far North )] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.