51222685 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

暇人主婦の家庭菜園

PR

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

春菊・菜の花

2020年09月29日
XML
カテゴリ:春菊・菜の花
​​​おはようございます。

プランター菜園&畑による家庭菜園を楽しんでいます♬
我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

​☆~ナバナ~☆​

春の訪れを感じさせる菜の花。
菜の花は、なばな(菜花)、花菜(はなな)とも呼ばれる
アブラナ科の野菜で、若くてやわらかい花茎や葉、つぼみを食用にします。

一足早く春の訪れを知らせてくれる
​「春の妖精=菜の花」​は、
柔らかい茎や葉、蕾を食べる「花野菜」としても人気で、
蕾の時だけの一瞬を楽しめる季節限定の贅沢さと、
春野菜ならではの独特なほろ苦さが魅力です♪



一般的な旬の時期は、以前は2月~3月頃でしたが、
最近では出荷時期がどんどん早まり
今では、12月~3月と長い期間、楽しめるようになりました。



日本では、大きくわけて~3つのナバナが栽培されているようです。
<日本従来種>
古くからあった和種系のアブラナで、つぼみ付きのナバナとして栽培。
<西洋種>
洋種系のアブラナで、茎葉を利用するナバナとして栽培。
<中国種>
中国系のアブラナで、年内採り可能で、
蕾・茎・葉を利用するナバナとして栽培されています。

お好みのナバナを見つけて~種まきしてみませんか~?


☆~タネを知ろう~☆

一般的な「葉の花(ナバナ・ハナナ)」の種まき時期は9月~11月頃で、
ちょっと種まき時期がずれてしまうと年を越してから~翌年の収穫となってしまうので、
年内採りを目指すのなら~8月から9月下旬までに種まきするが1番!



<食用菜の花>
寒咲き性で、短期にトウが立ち収穫できる!
・耐寒性が強く、早生で寒咲き性の菜の花。
・晩夏~秋まきで短期にトウ立ち・収穫できる。
・苦みの少ない黄葉系で、菜の花漬に利用できる




<秋華>
摘み菜用に育成した一代交配種で、トウ立ちが早い、年内どり主力の早生種。
●生育は旺盛で、株張り・株ぞろいがよく、栽培は容易。
●蕾は濃緑、色ツヤ良好で、粒ぞろいがよい。
そのうえ日もち性にもすぐれるので、市場性が高い。
●密植栽培により、切り花用としても使用できる。




<【極早生花菜】早陽一号>
夏まき、秋~冬どり用に適する花菜で、家庭菜園でもつくりやすい品種です。
生育旺盛で早どりができ、株のそろいがよく、長期間安定して、たくさん収穫できます。




<中国野菜 コウサイタイ >
●アブラナ科の中国野菜で、赤紫色のトウを食べる。
●強勢で病害虫にも強く、ごく作りやすい。
●葉脈は赤紫色で葉に光沢があり、葉縁は大きく切れ込み、
 株は大きく分岐して非常に大株となる。
●トウは、熱を加えると鮮緑色に変わり、
 油炒めや煮食、糠漬などに広く利用できる。




<中国野菜 早生系サイシン(菜心)>
●アブラナ科の一種で、トウを食べる中国野菜。
●暑さに強く、比較的に短期間で生育し、真夏でも旺盛にトウ立ちして
栽培は容易であるが、寒さには極端に弱い。
●濃緑の卵形葉や間引き菜も利用できる。
トウは油炒めや煮食、漬物その他と用途が広く、家庭菜園にうってつけ




<アスパラ菜 >
●アスパラ風味の薹を食べる野菜
●春から秋までいつ蒔いても収穫でき、
また採った後も次々とわき芽が出てくるので長期間利用できます。

*アスパラ菜は暑さに強い「菜心(サイシン」と、
寒さに強い「紅菜苔(コウサイタイ)」をこう配させ育成された新しい品種




<オータムポエム>
●抽だい茎菜(とう)と花をたべる「紅菜苔」に似た品種で、
茎葉が鮮緑色の新しい野菜、葉軸や葉も甘味があり、かき葉としても利用できる。
●主茎を収穫後、わき芽が2番、3番と順次伸びてくるので
次から次と長期間収穫ができる。
●耐寒性は「紅菜苔」よりやや劣るが、パイプハウスを利用すれば厳寒期の栽培もできる。

*オータムポエムという名称は「サカタのタネ」が販売している名称



<愛味菜(マナミナ)>
○中国野菜の一種で、花が咲き始めの頃のやわらかい花茎と蕾を摘んで
食用にします。収穫した鮮緑色の花茎は風味と歯触りがよく、
甘みがありアスパラのような食感で美味です。
○生育が旺盛で作りやすく、よく揃うので一斉に収穫できます。
また花茎の伸長が早く、2番目、3番目の側枝(脇芽)が旺盛に発生します。
○秋まきでは播種後50~60日で主茎(1番花)が収穫できます。
その後2番目、3番目の側枝が順次でてくるので長期収穫ができます。



​☆~タネをまいてみよう~☆​



<種まき>
・種まき後、発芽したら間引きをして、
・本葉4~6枚で1箇所1本になるよう間引き、植えつけます。
・植え付け後は、防虫ネットを被せておきましょう。
・追肥は1回目は本葉と5~6枚の頃に、2回目以降は半月に1回程度。



<栽培のポイント>
・日当たりのよい暖かい場所を好みます。
・水やりは、乾いたらたっぷり与えましょう。
・土量が多い方が生育旺盛です。
・少し密集させて育てるほうが、やわらかい葉茎で美味しいです。
・秋に入るまでにできるだけ生長させておくことが、
 太くやわらかい良質の花蕾を収穫するポイントです。


<収穫時期とタイミング>
収穫時期: 12月~4月
*花蕾が大きく膨らみ、開花直前(花が咲く前に収穫)の頃、
 茎葉を摘み取ります。
*収穫は主茎が30cmくらいに伸びた時に頂花蕾を摘みとり収穫します。



蕾を発見したら~要注意!!
2~3日で開花してしまうので、収穫適期を逃さないようにしましょう。
*1番最初に着いた蕾、頂花蕾は早めに収穫して、
わき芽の生長を促しましましょう。


頂花蕾を摘み取った後、
わき芽から側枝がどんどん伸びてきます。



小さな(細い)側枝は早め早めに切り取り収穫して、
太い側枝を成長させて花雷をつけさせてから収穫を楽しみましょう。
こうすることで、収穫量も多くなり
収穫期間も長く楽しめるようになりますよ♪( ̄ー ̄)bグッ!!


四つ葉菜の花☆簡単からし和え四つ葉
菜の花☆簡単からし和え
食事詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…


葉物野菜の種まきが始まると~
いよいよ冬が来るんだなぁ~って感じますね。
今年の冬はどんな年になるのかしら?
ぽっバイバイ



「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
毎日のブログ更新の励みとなっています


人気ブログランキング


にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪


花   花   花   花   花


















Last updated  2020年09月29日 10時00分05秒
コメント(8) | コメントを書く


2020年09月25日
カテゴリ:春菊・菜の花
​​​おはようございます。

プランター菜園&畑による家庭菜園を楽しんでいます♬
我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

​☆~シュンギク(春菊)~☆​
(キク科)

お鍋にはかかせない~名脇役、春菊?!
独特の香りが魅力の春菊は、真夏を避けたほぼ1年栽培でき~
連作にも強く、病害虫にも強いので、完全無農薬栽培もOK♪
さらには、さほど手間をかけなくても
簡単に育てられてられるので、家庭菜園向きの野菜なんです☆



じつは、春菊(シュンギク)、葉の切れ込み程度により、
「大葉種」「中葉種」「小葉種」​に分類されています。

皆さんは、普段 春菊の葉っぱの切れ込みの違いに気が付いていましたか?
w(☆o◎)wガーン知らなかった!

全国的には風味が強く、
葉の切れ込みが深いギザギザした中葉種が主流で、
大葉種は、主に九州地方で栽培されているようで、
関東ではあまり見かけない品種です。
*残念ながら~「小葉種」は、最近は栽培されていないようです?!


​☆~シュンギクの品種を知ろう~☆​

​<大葉種>​


​<中葉種>​


​<サラダ用?>​

​<サラダ用?>​



​☆~種まきしてみよう~☆​

​<発芽適温>​
15~20℃で、比較的低めの温度を好み、
35℃以上の高温、10℃以下の低温では発芽が著しく悪くなります。
​<生育適温>​
15~20℃で冷涼な気候を好み、30℃を超えると生育が阻害されます。
​<土壌酸度>​
土壌が酸性になると生育が悪くなるので、pH6.0くらいを目標に酸度を矯正します。


*日当たりを好みますが、半日陰でも十分育ちます。



<種まき方法>
*バラ蒔き、すじ蒔きどちらでもOK。直まき・ポットまきでもOK。
*光によって発芽が促進される「好光性種子」のため、
タネが隠れるくらい薄く土をかぶせるようしましょう。
*種まき後は、防虫ネットを被せておきましょう。



<1回目間引き>
1回目:本葉1~2枚頃
*成長の悪いものや葉の形の悪いものから間引き、
葉が触れ合わない程度(2センチほど)の間隔に、最初の間引きを行います。



<2回目間引き・追肥>
2回目:本葉4~5枚頃
1回目と同様に間引き、間隔を6~7cmほどに間引き、
株が倒れないよう土寄せする。その後、追肥をします



*残暑が厳しい時は、ポットまきをすれば~管理しやすいかもしれませんね♬



<収穫時期>
葉7~8枚、草丈が15cm以上~25センチになったら収穫可能です。
根ごと引き抜くか、根元から収穫をします。
この際、4枚ほど葉を残し、主枝を手で折るか、
ハサミで切って収穫しましょう。
この方法だと、何度も収穫を楽しむことができますよ♪

写真: 春菊栽培6

葉を残して摘み取ると~
すぐに「わき芽」が伸びて何度もと収穫を楽しむことができます。

その後、肥料や液肥を与えて、
残った株を大きく育て、瑞々しい葉を収穫できるようにしましょう。
また、十分な水を与えてください。
生育状況が良くない時は1週間に1回、液肥を施します

写真: シュンギク4

プランター栽培ならば・・
「摘みとりながら~収穫」または「摘芯収穫」も可能!
直まきなら、タネまき後40~50日で収穫可能に。



大きく育ったものから順に収穫でき、
何度も収穫が可能なので、菜園にあると絶対に、重宝しますよ~♪


​☆~おススメレシピ~☆​

一般的には~さっと茹でて、
胡麻和えや白和え・お浸しなども良いのですが~
「大葉種」タイプのシュンギクならば・・
是非、サラダに!!

四つ葉春菊のオニオンオレンジサラダ四つ葉

食事詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

収穫したてのフレッシュな春菊は、柑橘系のサラダに☆
生で食べる春菊は~まるでハーブのように、香り豊かで美味しいですよ~♪
(*≧m≦*)プププw
(春菊嫌いな方には~衝撃的かもしれませんね)



たくさんのシュンギクが収穫出来て~保存に、消費に困ったら、
これまた~是非とも作ってほしい・・
春菊のジェノベーゼ(春菊のペースト)!
新鮮採れたてならではの~楽しみ方を是非☆
(バジルような香りが楽しめて、パスタやお肉・お魚料理に・・)



★春菊の栄養★
春菊の独特の香りは胃腸の働きを促進して消化吸収を良くしたり、
タンを切って咳を鎮める効果があるといわれています。
春菊はのぼせを鎮めて回復力や抵抗力を高める「食べるかぜ薬」として
昔から珍重されていいます。風邪対策にオススメの食べ物なんです。


お好みの春菊に出会えますように☆
ウィンクバイバイ


25日 元台風と低気圧 局地的に雨雲発達 
北日本は暴風にも警戒
25日 元台風と低気圧 局地的に雨雲発達 北日本は暴風にも警戒

きょう(25日)は台風12号から変わった低気圧と、
西日本の南岸を進む低気圧の影響で局地的に大雨に。
東北や北海道の太平洋側では暴風や高波にも警戒が必要です
(2020年09月25日06:48)

心配された台風12号はさほど被害もなく、あっけなく低気圧に変わってしまいましたが
今度は大雨に注意?!(*□*)ビックリ!!
ころころ変化する天気に振り回されて、疲れちゃいますね。
しょんぼりバイバイ



「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
毎日のブログ更新の励みとなっています


人気ブログランキング


にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪


花   花   花   花   花
















​​






Last updated  2020年09月25日 10時00分05秒
コメント(8) | コメントを書く
2019年09月20日
カテゴリ:春菊・菜の花
​​​​​​​​​おはようございます。

プランター菜園&畑による家庭菜園を楽しんでいます♬
我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!


​☆~シュンギク(春菊)~☆​
(キク科)

お鍋にはかかせない~名脇役、春菊?!
独特の香りが魅力の春菊は、真夏を避けたほぼ1年栽培でき~
連作にも強く、病害虫にも強いので、完全無農薬栽培もOK♪
さらには、さほど手間をかけなくても
簡単に育てられてられるので、家庭菜園向きの野菜なんです☆



じつは、春菊(シュンギク)、葉の切れ込み程度により、
「大葉種」「中葉種」「小葉種」​に分類されています。

皆さんは、普段 春菊の葉っぱの切れ込みの違いに気が付いていましたか?
w(☆o◎)wガーン知らなかった!

全国的には風味が強く、
葉の切れ込みが深いギザギザした中葉種が主流で、
大葉種は、主に九州地方で栽培されているようで、
関東ではあまり見かけない品種です。
*残念ながら~「小葉種」は、最近は栽培されていないようです?!


​☆~シュンギクの品種を知ろう~☆​

​<大葉種>​


​<中葉種>​


​<サラダ用?>​



​☆~種まきしてみよう~☆​

​<発芽適温>​
15~20℃で、比較的低めの温度を好み、
35℃以上の高温、10℃以下の低温では発芽が著しく悪くなります。
​<生育適温>​
15~20℃で冷涼な気候を好み、30℃を超えると生育が阻害されます。
​<土壌酸度>​
土壌が酸性になると生育が悪くなるので、pH6.0くらいを目標に酸度を矯正します。


*日当たりを好みますが、半日陰でも十分育ちます。



<種まき方法>
*バラ蒔き、すじ蒔きどちらでもOK。直まき・ポットまきでもOK。
*光によって発芽が促進される「好光性種子」のため、
タネが隠れるくらい薄く土をかぶせるようしましょう。
*種まき後は、防虫ネットを被せておきましょう。



<1回目間引き>
1回目:本葉1~2枚頃
*成長の悪いものや葉の形の悪いものから間引き、
葉が触れ合わない程度(2センチほど)の間隔に、最初の間引きを行います。



<2回目間引き・追肥>
2回目:本葉4~5枚頃
1回目と同様に間引き、間隔を6~7cmほどに間引き、
株が倒れないよう土寄せする。その後、追肥をします



*残暑が厳しい時は、ポットまきをすれば~管理しやすいかもしれませんね♬



<収穫時期>
葉7~8枚、草丈が15cm以上~25センチになったら収穫可能です。
根ごと引き抜くか、根元から収穫をします。
この際、4枚ほど葉を残し、主枝を手で折るか、
ハサミで切って収穫しましょう。
この方法だと、何度も収穫を楽しむことができますよ♪

写真: 春菊栽培6

葉を残して摘み取ると~
すぐに「わき芽」が伸びて何度もと収穫を楽しむことができます。

その後、肥料や液肥を与えて、
残った株を大きく育て、瑞々しい葉を収穫できるようにしましょう。
また、十分な水を与えてください。
生育状況が良くない時は1週間に1回、液肥を施します

写真: シュンギク4

プランター栽培ならば・・
「摘みとりながら~収穫」または「摘芯収穫」も可能!
直まきなら、タネまき後40~50日で収穫可能に。



大きく育ったものから順に収穫でき、
何度も収穫が可能なので、菜園にあると絶対に、重宝しますよ~♪


​☆~おススメレシピ~☆​

一般的には~さっと茹でて、
胡麻和えや白和え・お浸しなども良いのですが~
「大葉種」タイプのシュンギクならば・・
是非、サラダに!!



収穫したてのフレッシュな春菊は、柑橘系のサラダに☆
生で食べる春菊は~まるでハーブのように、香り豊かで美味しいですよ~♪
(*≧m≦*)プププw
(春菊嫌いな方には~衝撃的かもしれませんね)



たくさんのシュンギクが収穫出来て~保存に、消費に困ったら、
これまた~是非とも作ってほしい・・
春菊のジェノベーゼ(春菊のペースト)!
新鮮採れたてならではの~楽しみ方を是非☆
(バジルような香りが楽しめて、パスタやお肉・お魚料理に・・)



★春菊の栄養★
春菊の独特の香りは胃腸の働きを促進して消化吸収を良くしたり、
タンを切って咳を鎮める効果があるといわれています。
春菊はのぼせを鎮めて回復力や抵抗力を高める「食べるかぜ薬」として
昔から珍重されていいます。風邪対策にオススメの食べ物なんです。


お好みの春菊に出会えますように☆
ウィンクバイバイ



クリック頂けると毎日のブログ更新の励みになります♪


人気ブログランキング


にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪


花   花   花   花   花




















Last updated  2019年09月20日 10時00分06秒
コメント(6) | コメントを書く
2018年11月26日
カテゴリ:春菊・菜の花
おはようございます
プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

☆~シュンギク(春菊)~☆
<キク科>

晩秋から冬は~1年で最もおいしい葉もの野菜の時期です!

特にこれからの時期に、お鍋にはかかせない~春菊♬
関西では「菊菜(きくな)」とも呼ばれます。
でも、ちょっぴり~ほろ苦いので・・
葉物野菜の中ではちょっと嫌われ者かな?(>▽<;; アセアセ

しかし、この春菊、なかなか侮れません。
皆さんは知っていましたか?
春菊は「食べる風邪薬」って!

シュンギク6

<春菊は食べる風邪薬>
春菊のあの独特の香りは、胃腸の働きを促進して消化吸収を良くしたり、
タンを切って咳を鎮める効果があるといわれています。
春菊はのぼせを鎮めて回復力や抵抗力を高める「食べるかぜ薬」として
昔から珍重されています。


w( ̄o ̄)w オオー!
まさに~これからの時期、
風邪対策にオススメの食べ物なんですね☆



さらに~春菊は、βーカロチンやビタミンB、C、鉄分、
カルシウムなどの栄養素を含む代表的な緑黄色野菜なんです。
特に春菊に含まれているβーカロチンは、
普段好んで食べている、ほうれん草や小松菜よりも上回っているんです。
(*□*)ビックリ!!



葉物野菜の多くは種まき時期が、
「春まき」「秋まき」とあるのに~
このシュンギクは、真夏を除いて
ほぼ1年中栽培できるのが魅力です☆

今年買った春菊のタネ・・まだ残っていませんか?
まだまだ年末まで種まきできるので~種まきしてみませんか~?

シュンギク6



☆~春菊を知ろう~☆

シュンギクには、
「西日本産の春菊」と「東日本産の春菊」
があるのをご存知でしたか~?


(西日本産:大葉春菊)      (東日本産:中葉春菊)

違いがわかりますか~?
σ(^_^;)アセアセ...
葉の形をよ~~~く見てください!
西日本産(大葉春菊)に比べ、東日本産(中葉春菊)の葉は
茎が太く~葉がギザギザしていますね♬

全国的には風味が強く、
葉の切れ込みが深いギザギザした中葉種が主流で、
大葉種は、主に九州地方で栽培されているようです、
関東ではあまり見かけない大葉品種です。



☆~春菊のタネを知ろう~☆

じつは、春菊(シュンギク)、葉の切れ込み程度により、
「大葉種」「中葉種」「小葉種」に分類されているんです。
*残念ながら~「小葉種」は、最近は栽培されていないようです?!

*大葉種の特徴*
葉は肉厚で食味にすぐれる
シュンギク特有の香りがまろやかで、苦みがほとんどない
アクが少ないのでサラダやしゃぶしゃぶにおすすめ

<菊之助>
●丸葉系の大葉春菊
西日本でおたふく春菊と呼ばれる、
特に葉の切れ込みの少ない鮮緑の丸葉系大葉春菊。
●肉厚で食味にすぐれる
シュンギク特有の香りがまろやかで、苦みがほとんどない。
葉は肉厚でやわらかくジューシーな食感。あえ物・お浸しはもちろん、
アクが少ないのでサラダやしゃぶしゃぶにおすすめ。
●生育旺盛でそろいがよい
交配種ならではの葉ぞろい・株ぞろいにすぐれ、生育旺盛で栽培容易。





<大葉春菊>
関西以西で特に好まれている大葉の摘み取り型のシュンギクです。
(関東では中葉が商品として主に出回りますが、もちろん大葉春菊も生育可能です)
中葉シュンギクに比べ、葉色はやや淡く、葉茎は肉厚で大きく、
やわらかくて強い香りがあります。暑さ寒さに強いのが特長です。

写真: 春菊 「大葉春菊」



*中葉種の特徴*
葉は肉薄で葉の切れ込みが多い
シュンギク特有の香りが強く、若干苦みが感じられるほど。
お鍋や煮物などにおすすめ


<中葉春菊>
・側枝の分岐が少なく、茎が伸びやすい「摘み取り型」と、
・根元から株が張り、側枝の分岐が多い「株張り型」の2タイプに分類されます。
*「小葉種」:葉が小型で、切れ込みが多く、葉肉が薄い品種です。
収量も少なく、とう立ちも早いので、現在、あまり栽培されていないようです

写真: 春菊 「中葉春菊」



<菊次郎>
石灰欠乏症に強く、そろい上々の株張り中葉種!
○石灰欠乏が原因の芯腐症の発生が少ない。
○草姿立性で、分岐性にすぐれる中葉の株張り種。
○葉の切れ込みは中位。やわらかくて香りがよい

写真: 菊次郎



<スティックシュンギク >
サラダに向く新しいタイプの春菊
葉が上部に集中し「ヤシの木」の草姿となる。
葉は小型でキザミは細かい。葉色は濃くないが明るい緑色。
茎は淡緑色で真直ぐに伸び、荷姿が美しい。
高温期、抽苔期は注意を要するが生育スピードが速く栽培容易である

スティックシュンギク種子20ml入り



☆~タネまきしてみよう~☆

真夏以外、ほぼ1年中栽培できる春菊ですが~
さすがに冬場は寒いので、この時期は・・
トンネル栽培(ビニールかけ栽培)するのが成功のコツ(^^♪

写真: シュンギク

<種まき方法>
*バラ蒔き、すじ蒔きどちらでもOK。直まき・ポットまきでもOK。
光によって発芽が促進される「好光性種子」のため、
タネが隠れるくらい薄く土をかぶせるようしましょう

*種まき後は、不織布やビニールをを被せておきましょう。

写真: トンネル栽培1写真: トンネル栽培2

<防寒対策:ビニールトンネル>
市販の大きなポリ袋で、覆ってあげましょう。
蒸れ防止のために、ポリ袋の角を切って換気口を確保します。

写真: 春菊

<1回目間引き>
1回目:本葉1~2枚頃
*成長の悪いものや葉の形の悪いものから間引き、
葉が触れ合わない程度(2センチほど)の間隔に最初の間引きを行います
<2回目間引き・追肥>
2回目:本葉4~5枚頃
1回目と同様に間引き、間隔を6~7cmほどに間引き、
株が倒れないよう土寄せする。その後、追肥をします

写真: 春菊5

<収穫時期>
葉7~8枚、草丈が15cm以上~25センチになったら収穫可能です。
根ごと引き抜くか、根元から収穫をします。

写真: 春菊栽培6

また、株元から4枚ほど葉を残し、
主枝を手で折るか、ハサミで切って収穫してみましょう。

写真: シュンギク4

この方法だと、わき芽からまた新芽がでてくるので~
何度も収穫を楽しむことができますよ♪
(v^ー°) ヤッタネ ☆

写真: 春菊8

<春菊は食べる以外にも活用できる豆知識?>
つぶした春菊とそのしぼり汁を打ち身や捻挫、おできに湿布したり、
しもやけにはしぼり汁でマッサージすると症状が和らぐと、
民間療法として昔から珍重されています。
さらに、春菊の茎葉をそのまま陰干しして、
布袋やストッキングにつめてお風呂に入れると・・・
あ~ら不思議!からだを芯から温めてくれる入浴剤にもなります。
肩こり、神経痛、冷え性などにおすすめです。
また春菊の香りがここでもストレス緩和に役立ってくれます。


(ノ・ω・)ノオオオォォォ-
なんて~素晴らしい春菊なんでしょう~♬



☆~おススメレシピ~☆

一般的な中葉春菊なら~さっと茹でて、
胡麻和えや白和え・お浸しなどに・・・

四つ葉春菊の白和え四つ葉
春菊の白和え
食事詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…


「大葉種」タイプのシュンギクならば・・是非、サラダに!!
また・・収穫したての中葉種でも~十分、美味しく食べられますよ♬

四つ葉春菊のオニオンオレンジサラダ四つ葉
春菊のオニオンオレンジサラダ
食事詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…


収穫したてのフレッシュな春菊は、柑橘系のサラダに☆
生で食べる春菊は~まるでハーブのように、香り豊かで美味しいですよ~♪
(*≧m≦*)プププw
(春菊のサラダだなんて~嫌いな方には、衝撃的かもしれませんね)

フレッシュバジルソース(バジルペースト)

他にも・・たくさんのシュンギクが収穫出来て~
保存に、消費に困ったら、これまた~是非とも作ってほしい・・
春菊のジェノベーゼ(春菊のペースト)!
新鮮採れたてならではの~楽しみ方を是非☆
(バジルような香りが楽しめて、パスタやお肉・お魚料理に・・)


☆~翌春が近づいた頃…~☆

写真: 春菊1

春菊も「トウたち」しはじめます。

写真: 春菊4

o(*^▽^*)oあはっ♪
これが~名前の由来になったという、
「春に菊のような花を咲かせる春菊の花です」

今から種まきすれば~
「収穫」も楽しめて、お花も楽しめちゃいますよ☆

九州の人は~中葉春菊を・・関東の人は~大葉春菊を・・
是非、栽培してみて下さいな。
ウィンクバイバイ



「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
毎日のブログ更新の励みとなっています


人気ブログランキング


にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪


花   花   花   花   花














Last updated  2018年11月26日 10時00分06秒
コメント(19) | コメントを書く
2017年09月18日
カテゴリ:春菊・菜の花
おはようございます。

プランター菜園&畑による家庭菜園を楽しんでいます♬
我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこシュンギクひよこ
<キク科>

春菊は、βーカロチンやビタミンB、C、鉄分、
カルシウムなどの栄養素を含む代表的な緑黄色野菜です。
特に春菊に含まれているβーカロチンは、
普段好んで食べている、
ほうれん草や小松菜よりも上回っているんです。

知ってたぁ~?σ(^_^;)アセアセ...

シュンギク6

お鍋にはかかせない~名脇役、春菊☆
中でも~すき焼きには、
絶対に欲しい食材でもありますよね?

しかし、ちょっぴり~ほろ苦いので、
葉物野菜の中ではちょっと嫌われ者かな?

独特の香りが魅力の春菊は、
真夏を避けたほぼ1年栽培でき~連作にも強く、
病害虫にも強いので、完全無農薬栽培もOK♪
さらには、さほど手間をかけなくても
簡単に育てられてられるので
家庭菜園向きの野菜なんです☆
(= ̄▽ ̄=)V やったね☆

写真: マルチ実験ビ2

じつは、春菊(シュンギク)、葉の切れ込み程度により、
「大葉種」「中葉種」「小葉種」
分類されています。

皆さんは、普段 春菊の葉っぱの切れ込みの違いに気が付いていましたか?
Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!知らなかった!

全国的には風味が強く、
葉の切れ込みが深いギザギザした中葉種が主流で、
大葉種は、主に九州地方で栽培されているようで、
関東ではあまり見かけない品種です。

*残念ながら~「小葉種」は、最近は栽培されていないようです?!



☆~春菊を知ろう~☆

<大葉種>

<大葉春菊>
関西以西で特に好まれている大葉の摘み取り型のシュンギクです。
(関東では中葉が商品として主に出回りますが、もちろん大葉春菊も生育可能です)
中葉シュンギクに比べ、葉色はやや淡く、葉茎は肉厚で大きく、
やわらかくて強い香りがあります。暑さ寒さに強いのが特長です。

写真: 春菊 「大葉春菊」



<菊之助>
●丸葉系の大葉春菊
西日本でおたふく春菊と呼ばれる、
特に葉の切れ込みの少ない鮮緑の丸葉系大葉春菊。
●肉厚で食味にすぐれる
シュンギク特有の香りがまろやかで、苦みがほとんどない。
葉は肉厚でやわらかくジューシーな食感。あえ物・お浸しはもちろん、
アクが少ないのでサラダやしゃぶしゃぶにおすすめ。
●生育旺盛でそろいがよい
交配種ならではの葉ぞろい・株ぞろいにすぐれ、生育旺盛で栽培容易



<中葉種>

<中葉春菊>
・側枝の分岐が少なく、茎が伸びやすい「摘み取り型」と、
・根元から株が張り、側枝の分岐が多い「株張り型」の2タイプに分類されます。
*「小葉種」:葉が小型で、切れ込みが多く、葉肉が薄い品種です。
収量も少なく、とう立ちも早いので、現在、あまり栽培されていないようです

写真: 春菊 「中葉春菊」





<菊次郎>
石灰欠乏症に強く、そろい上々の株張り中葉種!
○石灰欠乏が原因の芯腐症の発生が少ない。
○草姿立性で、分岐性にすぐれる中葉の株張り種。
○葉の切れ込みは中位。やわらかくて香りがよい



<新しい仲間>

<スティックシュンギク >
サラダに向く新しいタイプの春菊
葉が上部に集中し「ヤシの木」の草姿となる。
葉は小型でキザミは細かい。葉色は濃くないが明るい緑色。
茎は淡緑色で真直ぐに伸び、荷姿が美しい。
高温期、抽苔期は注意を要するが生育スピードが速く栽培容易である

スティックシュンギク種子20ml入り



☆~タネをまいてみよう~☆

*日当たりを好みますが、半日陰でも十分育ちます。

写真: シュンギク

<種まき方法>
*バラ蒔き、すじ蒔きどちらでもOK。直まき・ポットまきでもOK。
光によって発芽が促進される「好光性種子」のため、
タネが隠れるくらい薄く土をかぶせるようしましょう

*種まき後は、防虫ネットを被せておきましょう。

写真: 春菊発芽

<1回目間引き>
1回目:本葉1~2枚頃

写真: 春菊

*成長の悪いものや葉の形の悪いものから間引き、
葉が触れ合わない程度(2センチほど)の間隔に
最初の間引きを行います。

写真: 春菊栽培

*残暑が厳しい時は、ポットまきをすれば~
管理しやすいかもしれませんね♬

写真: 春菊2

<2回目間引き・追肥>
2回目:本葉4~5枚頃
1回目と同様に間引き、間隔を6~7cmほどに間引き、
株が倒れないよう土寄せする。その後、追肥をします

写真: 春菊5

<収穫時期>
葉7~8枚、草丈が15cm以上~25センチになったら収穫可能です。
根ごと引き抜くか、根元から収穫をします。
この際、4枚ほど葉を残し、主枝を手で折るか、
ハサミで切って収穫しましょう。
この方法だと、何度も収穫を楽しむことができますよ♪

写真: 春菊栽培6

葉を残して摘み取ると~
すぐに「わき芽」が伸びて何度もと収穫を楽しむことができます。

その後、肥料や液肥を与えて、
残った株を大きく育て、瑞々しい葉を収穫できるようにしましょう。
また、十分な水を与えてください。
生育状況が良くない時は1週間に1回、液肥を施します

写真: シュンギク4

プランター栽培ならば・・
「摘みとりながら~収穫」または「摘芯収穫」も可能!
直まきなら、タネまき後40~50日で収穫可能に。

写真: マルチ実験3

大きく育ったものから順に収穫でき、
何度も収穫が可能なので、菜園にあると絶対に、重宝しますよ~♪
(= ̄▽ ̄=)V やったね☆



☆~おススメレシピ~☆

一般的には~さっと茹でて、
胡麻和えや白和え・お浸しなども良いのですが~
「大葉種」タイプのシュンギクならば・・
是非、サラダに!!
春菊オニオン

収穫したてのフレッシュな春菊は、柑橘系のサラダに☆
生で食べる春菊は~まるでハーブのように、香り豊かで美味しいですよ~♪
(*≧m≦*)プププw
(春菊嫌いな方には~衝撃的かもしれませんね)

フレッシュバジルソース(バジルペースト)

たくさんのシュンギクが収穫出来て~保存に、消費に困ったら、
これまた~是非とも作ってほしい・・
春菊のジェノベーゼ(春菊のペースト)!
新鮮採れたてならではの~楽しみ方を是非☆
(バジルような香りが楽しめて、パスタやお肉・お魚料理に・・)

写真: 春菊8

★春菊の栄養★
春菊の独特の香りは胃腸の働きを促進して消化吸収を良くしたり、
タンを切って咳を鎮める効果があるといわれています。
春菊はのぼせを鎮めて回復力や抵抗力を高める「食べるかぜ薬」として
昔から珍重されていいます。風邪対策にオススメの食べ物なんです。




☆~台風18号~☆

18号拡大(2017年9月18日 8時現在)
2017年9月18日 4時35分発表
大型の台風第18号の影響により、18日夜にかけて、
北日本を中心に、猛烈な風が吹き、海は大しけとなり、
大雨となる所があるでしょう。
暴風やうねりを伴った高波、大雨に厳重に警戒してください。


写真: 台風18号

神奈川県では直撃は免れたものの、
日付が変わる頃から~
台風が近付いているのがヒシヒシと感じるくらいの
強風や窓をたたきつける大雨にビビッてしまい、
昨夜はなかなか寝れず、今日はすっかり寝不足でございます。

写真: 台風18号被害

一夜明け~今では青空ですが、
まだ台風の影響か時折風が強いように感じます。
屋上菜園では台風18号の大きな被害がありませんでしたが
やはり夏野菜はコレにて終了になっちゃうかもしれません。
(。>0<。)ビェェン


台風が去った地域では、
今日は台風一過で一気に気温が上昇するようなので
寒暖の差で体調を壊さないようにしたいですね☆
しょんぼりバイバイ
皆様の地域では、台風の影響ありましたか?



<フォト蔵‏ @photozou より>
メンテナンスのお知らせ(2017/08/22)
いつもフォト蔵をご利用いただき誠にありがとうございます。
このたびハードウェア交換作業のためメンテナンスを行います


「NO PHOTO」表示に関するご報告(2017/09/15)
「NO PHOTO」表示の現象に関しまして50%は復旧確定し、
近日中に再現完了予定です。
残り50%に関しまして引き続き専門業者との提携にて復旧作業中です。
皆様にはご迷惑おかけし誠に申し訳ございません。


*8月下旬頃から始まったメンテナンスにより
それ以後、すでに1か月経とうかというのに、
まだ一部、復旧できないようです。
長いですね・・(;´д`)トホホ



「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
毎日のブログ更新の励みとなっています


人気ブログランキング

にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村


レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪




花   花   花   花   花














Last updated  2017年09月18日 10時00分04秒
コメント(22) | コメントを書く
2017年08月23日
カテゴリ:春菊・菜の花
おはようございます。

プランター菜園&畑による家庭菜園を楽しんでいます♬
我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこ菜の花ひよこ
<アブラナ科>

春の訪れを感じさせる菜の花。
鑑賞用の菜の花畑も素敵ですが・・
今回は食用の菜の花。

菜の花は、なばな(菜花)、花菜(はなな)とも呼ばれる
アブラナ科の野菜で、若くてやわらかい花茎や葉、
つぼみを食用にします。

特有のほろ苦さがありますが、
ゆでると甘味や香りが出てお浸しや和え物などにすると
おいしい食材です。

一般的な旬の時期は、以前は2月~3月頃でしたが、
最近では出荷時期がどんどん早まり
今では、12月~3月と長い期間、楽しめるようになりました。

是非~年内収穫を目指してみませんか?

写真: 菜の花6

一足早く春の訪れを知らせてくれる
「春の妖精=菜の花」は、
柔らかい茎や葉、蕾を食べる「花野菜」としても人気です。

蕾の時だけの一瞬を楽しめる季節限定の贅沢さと、
春野菜ならではの独特なほろ苦さが魅力です♪

ちょっぴり~早めに、食べられるのは、嬉しいかも☆
o(〃'▽'〃)oあははっ♪


☆~タネを知ろう~☆

一般的な「葉の花(ナバナ・ハナナ)」の種まき時期は
9月~11月頃で、ちょっと種まき時期がずれてしまうと
年を越してから~翌年の収穫となってしまうので、
年内採りを目指すのなら~
8月から種まきできる品種が、おススメです!!



<食用菜の花>
寒咲き性で、短期にトウが立ち収穫できる!
・耐寒性が強く、早生で寒咲き性の菜の花。
・晩夏~秋まきで短期にトウ立ち・収穫できる。
・苦みの少ない黄葉系で、菜の花漬に利用できる

写真: 食用菜の花



<秋華>
摘み菜用に育成した一代交配種で、トウ立ちが早い、年内どり主力の早生種。
●生育は旺盛で、株張り・株ぞろいがよく、栽培は容易。
●蕾は濃緑、色ツヤ良好で、粒ぞろいがよい。
そのうえ日もち性にもすぐれるので、市場性が高い。
●密植栽培により、切り花用としても使用できる。

写真: 秋華



<【極早生花菜】早陽一号>
夏まき、秋~冬どり用に適する花菜で、
家庭菜園でもつくりやすい品種です。
生育旺盛で早どりができ、株のそろいがよく、
長期間安定して、たくさん収穫できます。

写真: 【極早生花菜】早陽一号



☆~タネをまいてみよう~☆

写真: 菜花

<種まき>
・種まき後、発芽したら間引きをして、
・本葉4~6枚で1箇所1本になるよう間引き、植えつけます。
・植え付け後は、防虫ネットを被せておきましょう。
・追肥は1回目は本葉と5~6枚の頃に、2回目以降は半月に1回程度。

写真: 菜の花栽培6

<栽培のポイント>
・日当たりのよい暖かい場所を好みます。
・水やりは、乾いたらたっぷり与えましょう。
・土量が多い方が生育旺盛です。
・少し密集させて育てるほうが、やわらかい葉茎で美味しいです。
・秋に入るまでにできるだけ生長させておくことが、
 太くやわらかい良質の花蕾を収穫するポイントです。

写真: 菜の花栽培7写真: 菜の花3

<収穫時期とタイミング>
収穫時期: 12月~4月
*花蕾が大きく膨らみ、開花直前(花が咲く前に収穫)の頃、
 茎葉を摘み取ります。
*収穫は主茎が30cmくらいに伸びた時に頂花蕾を摘みとり収穫します。
写真: 菜の花

花が開いてしまうと風味が落ちてしまうので、
 収穫が遅れないよう注意しましょう。
花が咲いても食べられますが、苦味が増します。
その後、花蕾が膨らみ12〜15cmに伸びた花茎を
 開花前のやわらかい時に収穫し続けましょう。

写真: 菜の花栽培8

蕾を発見したら~要注意!!
2~3日で開花してしまうので、収穫適期を逃さないようにしましょう。
*1番最初に着いた蕾、頂花蕾は早めに収穫して、
わき芽の生長を促しましましょう。

写真: 菜の花栽培9写真: 菜の花栽培10

頂花蕾を摘み取った後、
わき芽から側枝がどんどん伸びてきます。

写真: 菜の花栽培4

小さな(細い)側枝は早め早めに切り取り収穫して、
太い側枝を成長させて花雷をつけさせてから収穫を楽しみましょう。
こうすることで、収穫量も多くなり
収穫期間も長く楽しめるようになりますよ♪
(= ̄▽ ̄=)V やったね☆


四つ葉菜の花☆簡単からし和え四つ葉
菜の花☆簡単からし和え
食事詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…


ナバナは、ビタミンCが豊富で、
ほうれん草の約2倍も含まれ、
風邪の予防に効果的な野菜です。
さらに、ビタミンCはガン予防の効果も注目されていています。

カルシウムや鉄分も豊富で
栄養価の高い葉菜で、食味にくせがなく
おひたしや炒め物、あえ物やお鍋など
どんな料理にも合う万能野菜ですね。


四つ葉菜の花と白身魚のアクアパッツァ四つ葉
菜の花と白身魚のアクアパッツァ
食事詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…



一般的に菜の花というと、
春に咲く黄色い花を思い浮かべますが~
じつは菜の花はアブラナ科の黄色い花の総称で、
1種だけを限定する名称ではありません。

菜の花には観賞用のほか、
菜種油用のナタネ、食用のなばながあり、
それぞれ品種が異なります。

また、小松菜や青梗菜なども
春に花茎とつぼみが出てナバナとして食べられますが、
一般的に流通しているナバナの多くは、品種改良されたものです。



春が近く成る頃~
アブラナ科は一斉にとうたちを始めますが
それぞれの良さを感じながら、味わいたいですね☆
*(チンゲン菜やハクサイなどのとうたち菜も美味しいのでおススメです)



冬から春にかけて鮮やかな黄色の花を咲かせる葉の花。
おひたしや白和えなどの料理が食卓に並べれば、
いち早く・・春の訪れを感じることができかもよ♪
ウィンクバイバイ



「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
毎日のブログ更新の励みとなっています


人気ブログランキング


にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花

☆~黄花繋がり~☆


<からしなの種(カラシナ) 「黄花のちから」 >
イチョウ病やネコブセンチュウに効果!!
 これまで、からし菜の辛味成分でもある
アリルイソチオシアネートに植物病原菌の殺菌作用があることが
確認されていました。
 2010年に兵庫県立農林水産技術総合センターと
近畿中国四国農業研究センターが、
ハウス栽培のホウレンソウのイチョウ病を防除するのに、
からし菜の茎葉を土壌にすき込んだあとに水をためて管理すれば
殺菌効果が高まることを確認したそうです。




<緑肥景観用種 NL緑肥 黄花のちから>




初春の黄色い花って~癒されますよね~♪
畑ならば・・
緑肥で黄花って、いいかもね☆








Last updated  2017年08月23日 10時00分17秒
コメント(14) | コメントを書く
2016年12月02日
カテゴリ:春菊・菜の花
おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこシュンギク(春菊ひよこ
<キク科>

晩秋から冬は~1年で最もおいしい葉もの野菜の時期です!

特にこれからの時期に、お鍋にはかかせない~春菊♬
関西では「菊菜(きくな)」とも呼ばれます。

でも、ちょっぴり~ほろ苦いので・・
葉物野菜の中ではちょっと嫌われ者かな?(>▽<;; アセアセ

しかし、この春菊、なかなか侮れません。
皆さんは知っていましたか?
春菊は「食べる風邪薬」って!

シュンギク6

<春菊は食べる風邪薬>
春菊のあの独特の香りは、胃腸の働きを促進して消化吸収を良くしたり、
タンを切って咳を鎮める効果があるといわれています。
春菊はのぼせを鎮めて回復力や抵抗力を高める「食べるかぜ薬」として
昔から珍重されています。


w( ̄o ̄)w オオー!
まさに~これからの時期、
風邪対策にオススメの食べ物なんですね☆



さらに~春菊は、βーカロチンやビタミンB、C、鉄分、
カルシウムなどの栄養素を含む代表的な緑黄色野菜なんです。
特に春菊に含まれているβーカロチンは、
普段好んで食べている、ほうれん草や小松菜よりも上回っているんです。
(*□*)ビックリ!!



葉物野菜の多くは種まき時期が、
「春まき」「秋まき」とあるのに~
このシュンギクは、真夏を除いて
ほぼ1年中栽培できるのが魅力です☆

今年買った春菊のタネ・・まだ残っていませんか?
まだまだ年末まで種まきできるので~種まきしてみませんか~?

シュンギク6

☆~春菊を知ろう~☆

シュンギクには、
「西日本産の春菊」と「東日本産の春菊」
があるのをご存知でしたか~?

(西日本産:大葉春菊)      (東日本産:中葉春菊)

違いがわかりますか~?
σ(^_^;)アセアセ...
葉の形をよ~~~く見てください!
西日本産(大葉春菊)に比べ、東日本産(中葉春菊)の葉は
茎が太く~葉がギザギザしていますね♬

全国的には風味が強く、
葉の切れ込みが深いギザギザした中葉種が主流で、
大葉種は、主に九州地方で栽培されているようです、
関東ではあまり見かけない大葉品種です。



☆~春菊のタネを知ろう~☆

じつは、春菊(シュンギク)、葉の切れ込み程度により、
「大葉種」「中葉種」「小葉種」に分類されているんです。
*残念ながら~「小葉種」は、最近は栽培されていないようです?!

*大葉種の特徴*
葉は肉厚で食味にすぐれる
シュンギク特有の香りがまろやかで、苦みがほとんどない
アクが少ないのでサラダやしゃぶしゃぶにおすすめ

<菊之助>
●丸葉系の大葉春菊
西日本でおたふく春菊と呼ばれる、
特に葉の切れ込みの少ない鮮緑の丸葉系大葉春菊。
●肉厚で食味にすぐれる
シュンギク特有の香りがまろやかで、苦みがほとんどない。
葉は肉厚でやわらかくジューシーな食感。あえ物・お浸しはもちろん、
アクが少ないのでサラダやしゃぶしゃぶにおすすめ。
●生育旺盛でそろいがよい
交配種ならではの葉ぞろい・株ぞろいにすぐれ、生育旺盛で栽培容易。





<大葉春菊>
関西以西で特に好まれている大葉の摘み取り型のシュンギクです。
(関東では中葉が商品として主に出回りますが、もちろん大葉春菊も生育可能です)
中葉シュンギクに比べ、葉色はやや淡く、葉茎は肉厚で大きく、
やわらかくて強い香りがあります。暑さ寒さに強いのが特長です。

写真: 春菊 「大葉春菊」



*中葉種の特徴*
葉は肉薄で葉の切れ込みが多い
シュンギク特有の香りが強く、若干苦みが感じられるほど。
お鍋や煮物などにおすすめ


<中葉春菊>
・側枝の分岐が少なく、茎が伸びやすい「摘み取り型」と、
・根元から株が張り、側枝の分岐が多い「株張り型」の2タイプに分類されます。
*「小葉種」:葉が小型で、切れ込みが多く、葉肉が薄い品種です。
収量も少なく、とう立ちも早いので、現在、あまり栽培されていないようです

写真: 春菊 「中葉春菊」



<菊次郎>
石灰欠乏症に強く、そろい上々の株張り中葉種!
○石灰欠乏が原因の芯腐症の発生が少ない。
○草姿立性で、分岐性にすぐれる中葉の株張り種。
○葉の切れ込みは中位。やわらかくて香りがよい

写真: 菊次郎



☆~タネまきしてみよう~☆

真夏以外、ほぼ1年中栽培できる春菊ですが~
さすがに冬場は寒いので、この時期は・・
トンネル栽培(ビニールかけ栽培)するのが成功のコツ(^^♪

写真: シュンギク

<種まき方法>
*バラ蒔き、すじ蒔きどちらでもOK。直まき・ポットまきでもOK。
光によって発芽が促進される「好光性種子」のため、
タネが隠れるくらい薄く土をかぶせるようしましょう

*種まき後は、不織布やビニールをを被せておきましょう。

写真: トンネル栽培1写真: トンネル栽培2
<防寒対策:ビニールトンネル>
市販の大きなポリ袋で、覆ってあげましょう。
蒸れ防止のために、ポリ袋の角を切って換気口を確保します。

写真: 春菊

<1回目間引き>
1回目:本葉1~2枚頃
*成長の悪いものや葉の形の悪いものから間引き、
葉が触れ合わない程度(2センチほど)の間隔に最初の間引きを行います

写真: 春菊2

<2回目間引き・追肥>
2回目:本葉4~5枚頃
1回目と同様に間引き、間隔を6~7cmほどに間引き、
株が倒れないよう土寄せする。その後、追肥をします

写真: 春菊5

<収穫時期>
葉7~8枚、草丈が15cm以上~25センチになったら収穫可能です。
根ごと引き抜くか、根元から収穫をします。

写真: 春菊栽培6

また、株元から4枚ほど葉を残し、
主枝を手で折るか、ハサミで切って収穫してみましょう。

写真: シュンギク4

この方法だと、わき芽からまた新芽がでてくるので~
何度も収穫を楽しむことができますよ♪
(v^ー°) ヤッタネ ☆


写真: 春菊8

<春菊の効能>
春菊は、実に様々な効能を持ち、古くから漢方薬の原料として使われていて、
「食べる風邪薬」の異名を持つほどです。
性味は寒熱の偏りがない平性で、脾、胃、心、肺、肝に通じると言われ、
気滞、水毒、瘀血を改善します。
あの独特の香りで、気を巡らせ、精神を安定させるので、
月経前の感情の乱れにもおすすめできる食材です。
胃腸の働きを良くし、胃もたれやお腹のはり、
食欲不振を改善する作用もあるとされています。
また血液を流れやすくする力や、痰を切れやすくする力、
そしてたっぷりと含まれるベータカロチンやカルシウム、
ビタミンCのおかげで美肌対策にも効果的です。



☆~おススメレシピ~☆

一般的な中葉春菊なら~さっと茹でて、
胡麻和えや白和え・お浸しなどに・・・

四つ葉春菊の白和え四つ葉
春菊の白和え
食事詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…


「大葉種」タイプのシュンギクならば・・是非、サラダに!!
また・・収穫したての中葉種でも~十分、美味しく食べられますよ♬

四つ葉春菊のオニオンオレンジサラダ四つ葉
春菊のオニオンオレンジサラダ
食事詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…


収穫したてのフレッシュな春菊は、柑橘系のサラダに☆
生で食べる春菊は~まるでハーブのように、香り豊かで美味しいですよ~♪
(*≧m≦*)プププw
(春菊のサラダだなんて~嫌いな方には、衝撃的かもしれませんね)

フレッシュバジルソース(バジルペースト)

他にも・・たくさんのシュンギクが収穫出来て~
保存に、消費に困ったら、これまた~是非とも作ってほしい・・
春菊のジェノベーゼ(春菊のペースト)!
新鮮採れたてならではの~楽しみ方を是非☆
(バジルような香りが楽しめて、パスタやお肉・お魚料理に・・)


☆~翌春が近づいた頃…~☆

写真: 春菊1

春菊も「トウたち」しはじめます。

写真: 春菊4

o(*^▽^*)oあはっ♪
これが~名前の由来になったという、
「春に菊のような花を咲かせる春菊の花です」

今から種まきすれば~
「収穫」も楽しめて、お花も楽しめちゃいますよ☆


九州の人は~中葉春菊を・・
関東の人は~大葉春菊を・・
是非、栽培してみて下さいな。
ウィンクひよこ
*ただいまフォト蔵はメンテナンス中です。
ご迷惑をおかけいたしますが、今しばらくお待ちください。
(2016.12.2 10:00現在)




「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花

<新しい仲間>

<スティックシュンギク >
サラダに向く新しいタイプの春菊
葉が上部に集中し「ヤシの木」の草姿となる。
葉は小型でキザミは細かい。葉色は濃くないが明るい緑色。
茎は淡緑色で真直ぐに伸び、荷姿が美しい。
高温期、抽苔期は注意を要するが生育スピードが速く栽培容易である

スティックシュンギク種子20ml入り


春菊について~いろいろ調べてみると、
脇役にするにはもったいないぐらい栄養豊富で美肌効果もばっちり!
鍋に入れるもよし、お浸しにするもよし、また、しぼり汁は打ち身や捻挫に、
さらには~陰干ししてお風呂に入れると、
体の芯から温まる入浴剤にもなるという脇役どころか、主役級の優れものだったんです。


<春菊は食べる以外にも活用できる豆知識?>
つぶした春菊とそのしぼり汁を打ち身や捻挫、おできに湿布したり、
しもやけにはしぼり汁でマッサージすると症状が和らぐと、
民間療法として昔から珍重されています。
さらに、春菊の茎葉をそのまま陰干しして、
布袋やストッキングにつめてお風呂に入れると・・・
あ~ら不思議!からだを芯から温めてくれる入浴剤にもなります。
肩こり、神経痛、冷え性などにおすすめです。
また春菊の香りがここでもストレス緩和に役立ってくれます。


(ノ・ω・)ノオオオォォォ-
なんて~素晴らしい春菊なんでしょう~♬
冬場に欠かせない食材ですね。








Last updated  2016年12月02日 10時09分54秒
コメント(15) | コメントを書く
2016年09月23日
カテゴリ:春菊・菜の花
おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこコウサイタイひよこ
<アブラナ科>

春を告げる野菜として思い浮かべるのは何でしょうか?

ふきのとうにタラの芽?・・は山菜ですが・・
野菜と言ったら~菜の花やナバナ・・アスパラガス?などかな。

でも・・じつは他にもたくさんあるんです(^^♪
それが・・中国系野菜の「紅菜苔(こうさいたい 」!!

花は菜の花にちょっと似ていて
和名は紅菜花(ベニナバナ)で、
その名のとおり~茎が鮮やかな赤紫色(アントシアニン)で美しい野菜です。

晩秋~春どり可能な中国系ナバナの1つでもあります。

写真: コウサイタイ2

日本では、大きくわけて
3つのナバナが栽培されているようです。
<日本従来種>
古くからあった和種系のアブラナで、つぼみ付きのナバナとして栽培。
<西洋種>
洋種系のアブラナで、茎葉を利用するナバナとして栽培。
<中国種>
中国系のアブラナで、年内採り可能で、
蕾・茎・葉を利用するナバナとして栽培されています


☆~タネを知ろう~☆


<中国野菜 コウサイタイ >
●アブラナ科の中国野菜で、赤紫色のトウを食べる。
●強勢で病害虫にも強く、ごく作りやすい。
●葉脈は赤紫色で葉に光沢があり、葉縁は大きく切れ込み、
 株は大きく分岐して非常に大株となる。
●トウは、熱を加えると鮮緑色に変わり、
 油炒めや煮食、糠漬などに広く利用できる。

写真: 中国野菜 コウサイタイ タキイ



<中国野菜 紅菜苔(こうさいたい >
ハナナと同じ仲間で、花蕾と茎(トウ)を一緒に食用にします。
名前のとおり葉の根元やトウは赤紫色ですが、熱を加えると濃い緑色になります。
甘みと特有の風味があり、栽培も簡単です。 
収穫期間は非常に長く、わき芽が次々に採れる。 
うまくいくと一株から50本位収穫できる。
○9月中旬~10月上旬に播種すると良い

写真: 紅菜苔(こうさいたい)



<コウサイタイ(紅菜苔)>
繊維少なく快い香を有し、油炒め、ぬか漬け、中華料理におススメです。
トウ立ちした茎と若い花蕾を食べる、中国野菜です。

写真: コウサイタイ紅菜苔  ウタネ


☆その他の中国系ナバナの品種~☆
ちなみに・・コウサイタイの他にも、中国系ナバナの品種があります


<中国野菜 早生系サイシン(菜心)>
●アブラナ科の一種で、トウを食べる中国野菜。
●暑さに強く、比較的に短期間で生育し、真夏でも旺盛にトウ立ちして
栽培は容易であるが、寒さには極端に弱い。
●濃緑の卵形葉や間引き菜も利用できる。
トウは油炒めや煮食、漬物その他と用途が広く、家庭菜園にうってつけ

写真: サイシン



<アスパラ菜 >
●アスパラ風味の薹を食べる野菜
●春から秋までいつ蒔いても収穫でき、
また採った後も次々とわき芽が出てくるので長期間利用できます。

*アスパラ菜は暑さに強い「菜心(サイシン」と、
寒さに強い「紅菜苔(コウサイタイ)」をこう配させ育成された新しい品種

写真: アスパラ菜



<オータムポエム>
●抽だい茎菜(とう)と花をたべる「紅菜苔」に似た品種で、
茎葉が鮮緑色の新しい野菜、葉軸や葉も甘味があり、かき葉としても利用できる。
●主茎を収穫後、わき芽が2番、3番と順次伸びてくるので
次から次と長期間収穫ができる。
●耐寒性は「紅菜苔」よりやや劣るが、パイプハウスを利用すれば厳寒期の栽培もできる。

*オータムポエムという名称は「サカタのタネ」が販売している名称
写真: オータムポエム(サカタ)



<愛味菜(マナミナ)>
○中国野菜の一種で、花が咲き始めの頃のやわらかい花茎と蕾を摘んで
食用にします。収穫した鮮緑色の花茎は風味と歯触りがよく、
甘みがありアスパラのような食感で美味です。
○生育が旺盛で作りやすく、よく揃うので一斉に収穫できます。
また花茎の伸長が早く、2番目、3番目の側枝(脇芽)が旺盛に発生します。
○秋まきでは播種後50~60日で主茎(1番花)が収穫できます。
その後2番目、3番目の側枝が順次でてくるので長期収穫ができます。



☆~タネをまいてみよう~☆

我が家では毎年、「食用菜の花(ナバナ)」を栽培するので~
差別化を考え「コウサイタイ」を選んでいます☆

写真: コウサイタイ6

菜の花と比べると~同じ「春を告げる野菜」といっても
全くの別物に見えるでしょ♬

写真: コウタイサイ

栽培方法は、菜の花やナバナと一緒です。

<間引きと追肥>
*本葉5~6枚、草丈10~15センチで1本立ちにする。
*植え付け2週間後から追肥をスタートします。

写真: コウサイタイ1

茎と葉脈は鮮やかな赤紫色。
ビタミンAとB、鉄分を多く含んでいるので、
疲れのたまっている方、貧血気味の方にもおすすめの野菜です。

とう(茎)と花蕾を一緒に食べると~特有の甘みや風味があり、
茹でると赤紫色がぬけて、少々ぬめりがあって美味しいんです

コウサイタイ7コウサイタイ8

<収穫のタイミングと方法>
収穫時期は主茎が伸びて、花が1~2輪咲い頃!
茎を長さ20cmくらいのところから折り取って収穫します。
*収穫は開花が始まる前、脇芽を伸ばすため主茎は摘み取って収穫します。

頂花雷を取った後、 側花雷(わき芽)が出てきて、次々と収穫が楽しめます。
1株から~50本くらい収穫できます。

写真: コウサイタイ9

とうは、独特の甘味と風味、粘り気があります。
(*□*)ビックリ!!

写真: コウサイタイお浸し

さっと熱湯を通すと鮮やかな緑色にかわります。
これがまた~癖になるほど、美味しいんです♬



是非・・菜の花とは違う
春を告げる野菜の味を楽しんでみて☆
ウィンクバイバイ






「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花


☆~のらぼう菜~☆
江戸時代から栽培されている関東の伝統野菜!
*中国系ナバナではありませんが。


関東多摩川流域の地域で、江戸時代より、
春を告げる味覚として栽培されてきた野菜です。
草丈50センチ位になるアブラナ科の野菜で、三倍体のため、
他のアブラナ科と交雑しません。
畑に点播きし、適宜間引きして、最終的に株間40センチになるように栽培します。
芯つみ菜の場合、春先に次々にトウ立ちする花茎を摘み取り、利用します。
くせのない甘さ、美味しさで、茎立ち菜類の中でも一番旨いといわれています。
お浸し、胡麻和え、天ぷら、炒め物などにどうぞ。


<まき時 >
芯つみ菜の場合9月~11月、抜き菜の場合は厳寒期・真夏を除き周年
<栽培方法>
・レタスと同じように育てます。
・ビニールポット(苗床)に3~5粒まきし、土を5mm位かぶせます。
・毎日水かけし、本葉が2~3枚の頃1ポットにつき1本残し、残りは抜き取ります。
・本葉が4~5枚の頃、プランターや畑に30cm間隔で植え付けます。













Last updated  2016年09月23日 10時02分24秒
コメント(15) | コメントを書く
2016年08月29日
カテゴリ:春菊・菜の花
おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこシュンギクひよこ
<キク科>

お鍋にはかかせない~名脇役、春菊☆
中でも~すき焼きには、絶対に欲しい食材でもありますよね?
関西では「菊菜(きくな)」とも呼ばれます。

しかし、ちょっぴり~ほろ苦いので、葉物野菜の中ではちょっと嫌われ者?
(>▽<;; アセアセ

でも~春菊は、βーカロチンやビタミンB、C、鉄分、
カルシウムなどの栄養素を含む代表的な緑黄色野菜なんです。
特に春菊に含まれているβーカロチンは、
普段好んで食べている、ほうれん草や小松菜よりも上回っているんです。

独特の香りが魅力の春菊は、真夏を避けたほぼ1年栽培でき~
連作にも強く、病害虫にも強いので、完全無農薬栽培もOK♪
さらには、さほど手間をかけなくても簡単に育てられてられるので
家庭菜園向きの野菜なんです☆

シュンギク6

じつは、春菊(シュンギク)、葉の切れ込み程度により、
「大葉種」「中葉種」「小葉種」に分類されています。

皆さんは、普段 春菊の葉っぱの切れ込みの違いに気が付いていましたか?
Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!知らなかった!

全国的には風味が強く、
葉の切れ込みが深いギザギザした中葉種が主流で、
大葉種は、主に九州地方で栽培されているようで、
関東ではあまり見かけない品種です。

*残念ながら~「小葉種」は、最近は栽培されていないようです?!

☆~春菊を知ろう~☆

<大葉種>

<大葉春菊>
関西以西で特に好まれている大葉の摘み取り型のシュンギクです。
(関東では中葉が商品として主に出回りますが、もちろん大葉春菊も生育可能です)
中葉シュンギクに比べ、葉色はやや淡く、葉茎は肉厚で大きく、
やわらかくて強い香りがあります。暑さ寒さに強いのが特長です。

写真: 春菊 「大葉春菊」



<菊之助>
●丸葉系の大葉春菊
西日本でおたふく春菊と呼ばれる、
特に葉の切れ込みの少ない鮮緑の丸葉系大葉春菊。
●肉厚で食味にすぐれる
シュンギク特有の香りがまろやかで、苦みがほとんどない。
葉は肉厚でやわらかくジューシーな食感。あえ物・お浸しはもちろん、
アクが少ないのでサラダやしゃぶしゃぶにおすすめ。
●生育旺盛でそろいがよい
交配種ならではの葉ぞろい・株ぞろいにすぐれ、生育旺盛で栽培容易


<中葉種>

<中葉春菊>
・側枝の分岐が少なく、茎が伸びやすい「摘み取り型」と、
・根元から株が張り、側枝の分岐が多い「株張り型」の2タイプに分類されます。
*「小葉種」:葉が小型で、切れ込みが多く、葉肉が薄い品種です。
収量も少なく、とう立ちも早いので、現在、あまり栽培されていないようです

写真: 春菊 「中葉春菊」





<菊次郎>
石灰欠乏症に強く、そろい上々の株張り中葉種!
○石灰欠乏が原因の芯腐症の発生が少ない。
○草姿立性で、分岐性にすぐれる中葉の株張り種。
○葉の切れ込みは中位。やわらかくて香りがよい


<新しい仲間>

<スティックシュンギク >
サラダに向く新しいタイプの春菊
葉が上部に集中し「ヤシの木」の草姿となる。
葉は小型でキザミは細かい。葉色は濃くないが明るい緑色。
茎は淡緑色で真直ぐに伸び、荷姿が美しい。
高温期、抽苔期は注意を要するが生育スピードが速く栽培容易である
スティックシュンギク種子20ml入り



☆~タネをまいてみよう~☆

*日当たりを好みますが、半日陰でも十分育ちます。

写真: シュンギク

<種まき方法>
*バラ蒔き、すじ蒔きどちらでもOK。直まき・ポットまきでもOK。
光によって発芽が促進される「好光性種子」のため、
タネが隠れるくらい薄く土をかぶせるようしましょう

*種まき後は、防虫ネットを被せておきましょう。

写真: 春菊発芽

<1回目間引き>
1回目:本葉1~2枚頃

写真: 春菊

*成長の悪いものや葉の形の悪いものから間引き、
葉が触れ合わない程度(2センチほど)の間隔に最初の間引きを行います。

写真: 春菊栽培

*残暑が厳しい時は、ポットまきをすれば~
管理しやすいかもしれませんね♬

写真: 春菊2

<2回目間引き・追肥>
2回目:本葉4~5枚頃
1回目と同様に間引き、間隔を6~7cmほどに間引き、
株が倒れないよう土寄せする。その後、追肥をします

写真: 春菊5

<収穫時期>
葉7~8枚、草丈が15cm以上~25センチになったら収穫可能です。
根ごと引き抜くか、根元から収穫をします。
この際、4枚ほど葉を残し、主枝を手で折るか、ハサミで切って収穫しましょう。
この方法だと、何度も収穫を楽しむことができますよ♪

写真: 春菊栽培6

葉を残して摘み取ると~
すぐに「わき芽」が伸びて何度もと収穫を楽しむことができます。

その後、肥料や液肥を与えて、
残った株を大きく育て、瑞々しい葉を収穫できるようにしましょう。
また、十分な水を与えてください。
生育状況が良くない時は1週間に1回、液肥を施します

写真: シュンギク4

プランター栽培ならば・・
「摘みとりながら~収穫」または「摘芯収穫」も可能!
直まきなら、タネまき後40~50日で収穫可能に。
大きく育ったものから順に収穫でき、
何度も収穫が可能なので、菜園にあると絶対に、重宝しますよ~♪
(= ̄▽ ̄=)V やったね☆


☆~おススメレシピ~☆

一般的には~さっと茹でて、
胡麻和えや白和え・お浸しなども良いのですが~
「大葉種」タイプのシュンギクならば・・
是非、サラダに!!
春菊オニオン

収穫したてのフレッシュな春菊は、柑橘系のサラダに☆
生で食べる春菊は~まるでハーブのように、香り豊かで美味しいですよ~♪
(*≧m≦*)プププw
(春菊嫌いな方には~衝撃的かもしれませんね)

フレッシュバジルソース(バジルペースト)

たくさんのシュンギクが収穫出来て~保存に、消費に困ったら、
これまた~是非とも作ってほしい・・
春菊のジェノベーゼ(春菊のペースト)!
新鮮採れたてならではの~楽しみ方を是非☆
(バジルような香りが楽しめて、パスタやお肉・お魚料理に・・)

写真: 春菊8

★春菊の栄養★
春菊の独特の香りは胃腸の働きを促進して消化吸収を良くしたり、
タンを切って咳を鎮める効果があるといわれています。
春菊はのぼせを鎮めて回復力や抵抗力を高める「食べるかぜ薬」として
昔から珍重されていいます。風邪対策にオススメの食べ物なんです。




☆~台風10号~☆

大型で非常に強い台風10号は、
30日にも、東北の太平洋側に上陸するおそれがある。
一方、西日本では、28日から局地的な大雨が続いている。
(フジテレビ系(FNN) 8月29日(月)6時20分配信)

台風10号 あす北日本や関東に接近のおそれ 警戒を

台風対策☆やっておきたい10のポイント
<家庭菜園・ベランダ菜園編>


詳しいチェックポイントは
★コチラ★




大きな被害がありませんよう~に☆
しょんぼりバイバイ





「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花









Last updated  2016年08月29日 10時00分11秒
コメント(17) | コメントを書く
2016年03月05日
カテゴリ:春菊・菜の花

おはようございます

プランターによる家庭菜園☆我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこシュンギクひよこ
<キク科>

春の菊と書いて・・シュンギク♪

なんとな~く日本の野菜のイメージが強いですが、意外にも
原産地は地中海沿岸で、日本には17世紀に伝わったとされています。
日本をはじめ東アジアの地域で食べられていますが、
じつは・・・ヨーロッパでは観賞用、クラウンデイジーとして親しまれている。

(*□*)ビックリ!!

名前の由来は、春に花が咲く菊ということから~「春菊」。
関西では、菊の葉に似ていることから「菊菜」と呼ばれることもあります。
他にも別名~「高麗菊」といった名前もあるようです。

独特の香りが魅力の春菊は、真夏を避けたほぼ1年栽培でき~
連作にも強く、病害虫にも強いので、完全無農薬栽培もOK♪
さらには、さほど手間をかけなくても簡単に育てられてられるので
家庭菜園向きの野菜なんです☆

シュンギク6

ところで~シュンギクに「種類」があるのをご存知でしたか?

ヾ(°∇°*) オイオイ 春菊って、葉っぱがギザギザしたものでしょ。。
な~んて思った方は、関東の方から東日本の方?!

春菊(シュンギク)は、葉の切れ込み具合により、
「大葉種」「中葉種」「小葉種」に分類されています。

皆さんは普段食べる春菊の
葉っぱの切れ込みの違い に気が付いていましたか?

Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!知らなかった!

切れ込みの浅い春菊は「大葉種」で、切れ込みの深いものは「中葉種」、
葉が細めで切れ込みが深いものは「小葉種」になります。

全国的には風味が強く、
葉の切れ込みが深いギザギザした中葉種が主流で、
葉の切れ込みが浅い葉のものが大葉種で、
主に中国地方や九州地方で多く栽培されているようで、
関東ではあまり見かけません。
小葉種は現在あまり栽培されていないようです


(大葉種)           (中葉種)

比べてみると~ぉお!!(゚ロ゚屮)屮
葉っぱのギザギザが全然違いますね♪


☆~シュンギクの品種を知ろう~☆
<サカタのタネ 編>


<春菊 「中葉春菊」 >
キクナ(菊菜)とも呼ばれるようにキク科特有の香りがあり、
鍋物やおひたしなどに風味を添えます。

生長が早く、病気にも強く、次々に伸びてくる枝を摘みとって利用します。
写真: 春菊 「中葉春菊」


<春菊 「大葉春菊」 >
関西以西で特に好まれている大葉の摘みとり型のシュンギクです。
中葉シュンギクに比べ、葉色はやや淡く、茎葉は肉厚で大きく、
やわらかくて強い香りがあります。
暑さ寒さにも強いのが特長です。
写真: 春菊 「大葉春菊」



<生でもおいしい春菊 「きくまろ」>
株張り型の中大葉シュンギクです。
マイルドな香りと柔らかい葉が特長です
火の通りが早いので鍋ではさっとくぐらせるだけでOK。
生でサラダにしてもおいしいです
写真: 生でもおいしい春菊 「きくまろ」


<どっさり春菊 「さとにしき」>
病気や暑さ寒さに強い株張り型の中葉シュンギクです。
葉色が濃く、そろいがよく収穫が容易です
石灰欠乏症が出にくく、香り、食味もよく、品質がすぐれています。
写真: どっさり春菊 「さとにしき」


w( ̄o ̄)w オオー!
姿は同じようなシュンギクでも、種蒔き時期など違うんですね~!

普段、中葉種の春菊を食べている方は~大葉種を、
また大葉種の春菊を食べている方は~中葉種を栽培してみると、楽しいかも☆


☆~品種が決まったら、種まきしてみよう~☆

*生育適温は15~20℃。冷涼な気候を好みます。
*日当たりを好みますが、半日陰でも十分育ちます。

写真: シュンギク

<種まき方法>
*バラ蒔き、すじ蒔きどちらでもOK。直まき・ポットまきでもOK。
*光によって発芽が促進される「好光性種子」のため、
タネが隠れるくらい薄く土をかぶせるようしましょう。

写真: 春菊

<間引き・追肥時期>
1回目:本葉1~2枚頃
成長の悪いものや葉の形の悪いものから間引き、
葉が触れ合わない程度(2センチほど)の間隔に最初の間引きを行います。

写真: 春菊2

2回目:本葉4~5枚頃
1回目と同様に間引き、間隔を6~7cmほどに間引き、株が倒れないよう土寄せする。
その後、追肥をします

写真: 春菊5

<収穫時期>
葉7~8枚、草丈が15cm以上~25センチになったら収穫可能です。
根ごと引き抜くか、根元から収穫をします。

写真: 春菊栽培4写真: 春菊栽培5


この際、4枚ほど葉を残し、主枝を手で折るか、ハサミで切って収穫しましょう。
この方法だと、何度も収穫を楽しむことができますよ♪

写真: 春菊栽培6

<長く収穫を楽しむ方法>
葉を残して摘み取ると~
すぐに「わき芽」が伸びて何度もと収穫を楽しむことができます。
その後、肥料や液肥を与えて、
残った株を大きく育て、瑞々しい葉を収穫できるようにしましょう。
また、十分な水を与えてください。
生育状況が良くない時は1週間に1回、液肥を施します

写真: シュンギク4

プランター栽培ならば・・「摘みとりながら~収穫」または「摘芯収穫」も可能!
直まきなら、タネまき後40~50日で収穫可能に。
大きく育ったものから順に収穫でき、何度も収穫が可能なので重宝しますよ~♪

写真: 春菊1

しかし~秋頃に種まきした春菊は・・
春が近づくと~とうたちし始め~花芽がついてきます。

写真: 春菊4

o(*^▽^*)oあはっ♪
これが~名前の由来になったという、
「春に菊のような花を咲かせる春菊の花です」

こうなってしまうと~春に花が咲くまで成長した春菊は
硬くスジっぽく、香りもなくなってあまり美味しくないので終了のサインです。

春菊オニオン

自家製春菊の摘みたてなら~生の春菊でサラダだって美味しいんです☆
嘘だとおもうでしょう?
生で食べる春菊サラダ~最近人気なんですよ?!
是非・・確認してみてくださいな♪
ウィンクバイバイ





「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています



プランター菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花











Last updated  2016年03月05日 10時03分03秒
コメント(22) | コメントを書く

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.