113738 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

荻野都 「おぎのおとのおと」

全582件 (582件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 59 >

2018/11/06
XML
カテゴリ:音楽


 一応、言っておくと、
表題は、「明日に向かって撃て!」という映画のモジリである。

最初、「さびしい」というタイトルにしたのだが、
なんか、本当にさびしくなってしまうので、変えてみました。

さて、何がさびしいかって、ライヴが終わって
次のライヴの予定がないことである。
ライヴは、年々、色々な意味で、やるのも、大変、
聞いて頂くことも大変、情けないことに身体もしんどい、
しかも、自分にできることは、ささやかであり、
ライヴを続ける意味すら自問してしまう昨今であるが、
にもかかわらず、何日かすると、また、
ライヴをやりたい思いが ふつふつと湧いてくるのである。
我ながら、不思議だ。

それから、ライヴの翌日の昨日は、JAZZのジャムセッションに行ったのだが、
弾いていて、指のまわり具合や、音に対する反応が、我ながら違うのである。
以前も、リハーサルをやって帰ってくると、テレビの音の聞こえ方が違ったり、という経験があり、
なんか、ちょっと、集中して音楽をやるだけで、音に対する感覚が違ってくるのを感じる度、いつも、演奏している人の感覚は、いかばかりか、と、思うのである。
また、同時に、普段、いかに演奏してないか、ということも感じるのであるが。

まあ、幸い?脳の情動分野は、比較的最後まで健在らしいので、
私の音楽も進化する余地は、まだ、あるわけだ。
世の中の片隅で、人に顧みられることなく音楽を続けることの是非を問うより、
好きなことを好きと言って、自分の想う音楽を音にする、過程も含めて、その喜びを
発信していきたいと思う。







最終更新日  2018/11/06 03:34:26 AM


2018/11/05
カテゴリ:音楽

○ひなうゆじ = じゆうなひるま

に、いらしてくださったみなさま!

なってるハウスの小林さん
共演の中村さん 
対バンのお二人

そして、対バンかつ、今回の貴重な機会を作ってくださった
RIQUOさん、本当にありがとうございました!

いや、そもそも、このライヴの直接のきっかけが
とあるライヴで、そこに私が出演させていただいたのだが、
聞きに来てくれた友人は、「こういうのは、ちょっと。。」と、言って、
休憩時間に帰ってしまい(それでも、来てくれたことと正直な感想、ともにありがたかった)
その、同じ演奏を聞いたRIQUOさんが、「おぎちゃん、もっと、即興やんなよ!」
と、言って、今回の機会を作ってくださったのである。
RIQUOさんには、本当に本当に感謝感謝である。
また、同じものを聞いても、人によって反応が違うことも改めて実感した。
どちらが良いとか悪いとかいうことでなく、
同じものを聞いても、感じることは、人によって違う、と、いうことだ。
(あれ、この話、前に書いたっけ?重複してたらすみません。)

それでもって、やんなよ、と、言ってもらった時、
「でも、私が自由なのは、ひるまだけなんだよ?」
と、言って、ひるまのライヴが実現し、そして、
イベントタイトルも、「じゆうなひるま」って、どう?
と、なり、最初は、色々な外国語で、何かしっくりくるの。。を
探したりしたのだが、
ふと、じゆうなひるま をさかさに読むと、まるひなうゆじ
まるひってのが、なんかおもしろいじゃん、
それで、「〇ひなうゆじ」という、イベント名がつけられたのでした。
お互いに、じゆうなひるまに自由な音楽を!やって聞く人にお届けしようじゃないの。
。。というライヴでした。

お聞き下さったみなさまの耳には、どのように聞こえたでしょうか?

このライヴを成立させてくださった全てのみなさまに
心から感謝いたします。








最終更新日  2018/11/11 02:49:47 PM
2018/11/02
カテゴリ:ライヴ情報
​​11月3日は、あなたと一緒に、○ひなうゆじ を もてたらうれしいです。

ご来場、心よりお待ちしております。

私のテーマは、楽しむこと 音楽すること です。
そして、それを人ともわかちあえることができたら、なお、うれし。

なんか、その場の音を(貪欲に)楽しむこと
っていうのは、人生にもつながるものがあると、
この頃、とみに思います。
人生の局面で、色々な状況におかれても、いかに楽しめるか、
いかに楽しさを見いだすか、と、いうことが大事、というかね。
まあ、人生においては、どうにも楽しめない状況、楽しんでいられない状況もあるけど。
音楽においては、いかに楽しむかが、
音楽の幅とも、つながって、とても重要な気がする。

星  星   星    星    星

共演の中村さんは、研ぎ澄まされた繊細な12弦ギターを奏でます。

対バンの りこさんが、今回の 「○ひなうゆじ」を考えてくれました。
りこさんは、いつも、さらっと、多分、その時心にひっかかったものを
テーマにしてくれますが、それが、不思議と、私自身の内面のテーマとか、
ライヴ自体のテーマにも、ぴったりだなあ、というものなのです。
さすが、そんぐらいたー。
りこさんのオリジナル曲も、楽しみです!
そして、このライヴの機会を作ってくださって、感謝感謝です。
それにこたえられるかなあ、と思うと、プレッシャーになるので、
とにかく、楽しむことを考えます。






入谷なってるハウス​ 台東区松が谷4-1-8 1F
Tel;03-3847-2113
http://www.geocities.jp/knuttelhousekappabashi/

MUSIC CHARGE 2000yen DRINK 400yen~
出演: 1st ​RIQUO(Vo,P)​  ​若杉大悟(Dr)
    2nd 荻野都(P)  中村秀則 (G)
     リコさんの中村さんについてのblog http://riquo.blog95.fc2.com/blog-entry-142.html
https://www.facebook.com/events/910283639162195/​​​​

​​






最終更新日  2018/11/02 10:51:33 PM
2018/10/28
カテゴリ:ライヴ情報
       

   〇ひなゆうじ ・・では、ほんとはなかったけど、
   気分は、少し、〇ひなゆうじ だった瞬間の 
   街路樹。今年は、色ずくのが早い気がする。
   この道は、もう少し進むと、馬さんがいます。
   馬ですよ。初めて、目があった時には、
   もう、びっくりしました。
   でも、馬と会っても不思議の無い場所。
   だけど、今まで、知らなかった場所。
   そういうところと、遭遇した時、
   ちょっと、わくわくする。
   11月3日(土・祝)午後2時半。
   入谷のなってるハウスでお会いして、
   そのような時間をあなたと作れたら。
   お待ちしています。
   〇ひなゆうじ

   




入谷なってるハウス​ 台東区松が谷4-1-8 1F
Tel;03-3847-2113
http://www.geocities.jp/knuttelhousekappabashi/

MUSIC CHARGE 2000yen DRINK 400yen~
出演: 1st RIQUO(Vo,P)  若杉大悟(Dr)
    2nd 荻野都(P)  中村秀則 (G)
https://www.facebook.com/events/910283639162195/​​​​






最終更新日  2018/10/28 04:37:09 PM
2018/10/20
カテゴリ:ライヴ情報
​​​​




【〇ひなうゆじ】 ​♡ひるまのライヴ
2018年11月3日(土・祝)
 開演 午後2時半 (開場 午後2時)
@​入谷なってるハウス​
東京都台東区松が谷4-1-8 1F
Tel;03-3847-2113
http://www.geocities.jp/knuttelhousekappabashi/

MUSIC CHARGE 2000yen DRINK 400yen~
出演: 1st RIQUO(Vo,P)  若杉大悟(Dr)
    2nd 荻野都(P)  中村秀則 (G)
https://www.facebook.com/events/910283639162195/​​​​






久しぶりにライヴができます!
ただ、ただ、うれしいです。
この喜びを音で、聞く方にお伝えできるたら、
さらに、嬉しいです。

12弦ギター奏者の中村秀則さんと、即興演奏をします。
中村さんとは、丁々発止の展開になるのが快感なのですが、
どんな展開でも楽しめる私をめざします。

対バンのRIQUOさん若杉さんDUOも、
どんな演奏を聴かせてくれるか、
とっても楽しみなユニットですダブルハート
RIQUOさんは、魅力的なシンガーソングライター&ピアニスト
なので、必聴ですよ!

ところで、みなさん、
「○ひなうゆじ」って何だと思いますか?
答えはライヴ会場で!

なってるハウスは、有名な かっぱ橋道具街に近いので、早目にいらして、散策するもよし、ですよ。

ご来場を心よりお待ちいたしております。






最終更新日  2018/10/28 04:15:46 PM
2018/10/13
カテゴリ:音楽
​              ←加藤崇之 画伯のライヴペインティングより



 色々なことがあった一日で、
 
 なんか、心が落ち着かない。

 ふと、こんな時こそ、ピアノ?

 とか、思い立って、

 今日、一日のことを、最初から最後まで、

 こんなことがあって、こういう風に感じて、、

 それから、さらに、こんなことがあって、こんな風に思って、、

 と、思ったままに、ずっとピアノを弾いていった。

 そう、まさに、ピアノで綴る日記である。

 思った以上に、心が落ち着いた。

 また、面白いことに、弾いている自分を見ている自分もいて、

 あ、こういう表現は、このキイでしか弾けないみたいだ、

 あ、この気持ちを表す表現を、よく、他でも使っているぞ、

 まだまだ、表現できる幅が少ないな、なんて、同時に思っていたりする。

 自分の日記なので、好きに弾きたいように弾けばいいし、

 一方で自由に弾いていると、その「自由」の幅も見えてくるので、

 音の日記も、意外に勉強になる。


 以前、トロンボーン奏者で友人だった人が、

 どんな時も、楽器を手にするのだ、と、言っていた。

 時には、調子の悪い時も、あるけれど

 そういう時は、それなりに、その時々の音を吸い取ってもらうのだ

  ・・と、いうようなことを言っていた。


 なんか、本当にそうだ。

 やっぱり、ピアニストは、ピアノを弾いてなきゃ。。

 と、あたりまえのことを改めて思ったのでした。

 そのあたりまえのことがあたりまえにできてない私ではありますが。


 








最終更新日  2018/10/20 11:20:21 PM
2018/10/05
カテゴリ:音楽
某月某日(この日記の日付と合ってないんだけど)

久しぶりに、即興ワークショップに参加した。

その日のワークショップでは、
進行の方が指揮をして、その指示に添った音を皆が出す。(指示に添っていれば、具体的な音は自由)というのをやっていた。

指示に添った音を出す、
ということと、
それが音楽的な音か、
と、いうこととは、
別の問題である。
これは、楽譜のある曲や、コード進行や小節数の決まった曲を演奏する場合にも通じることだけど、
指示(または楽譜やコード進行など)を守ることだけに一生懸命になりすぎると、全然音楽的な音が出てこない。

それから、こういう試みは、自分の出す音だけでなく、その場で、今、どんなことが行われているか、その場全体の音楽を感じないと、全くその面白さが理解できなくなる。指示された音が集まってできた音楽の中から、指揮者の意図を感じることもできない。

つまり、耳と頭と感性の訓練になるってことだ。漠然と即興やっているより勉強になるかもしれない。

私は、簡単な指示にも関わらず、結構、指示を理解して音出すだけでいっぱいいっぱいになりがちだったので、そもそも指示された音を出すということが好きではないし苦手とはいえ、我ながら苦笑モノだった。

でも、その後で、
「即興演奏を2人ずつ5分位の時間で交代しながら演奏し、演奏者は交代しても、一貫性を保ち全体で一つのアルバムを作るような気持ちで」
と、いうものをやった時
には、トータルな流れを自然と意識したし、

数人で行う即興演奏の時には、このメンバーで行う演奏で(期待される(?))私の役割とは何だろう?という発想から演奏してしまった。

いつもは、基本的に、まわりの音を聞いたり感じたりして、自分の出したい音を感じて出していく感じで、「集団の中での自分の役割」なんて発想を、あまり意識してしたことがなかった。

まあ、即興は、基本的に自分の感じた自分の出したい音を出せば良いと思うんだけどね。
あんまり、期待される役割、なんて考えてたら、きっと、少なくとも私の場合、面白い音は出てこないから。

ただ、自分の出す音のことばっかり考えるのじゃなくて、
その場の音全体をもっと、きちんと意識して感じていくこと、
音を見渡す感じ、
というのは、常に必要だな、
と、いうことを改めて意識させてもらった即興ワークショップでした。


もっとも(ここからは、余談だけど、)
「即興演奏を2人ずつ5分位の時間で交代しながら演奏し、演奏者は交代しても、一貫性を保ち全体で一つのアルバムを作るような気持ちで」というテーマの時に、
私の演奏順が、最後から2~3番目だったので、
アルバムの終りの方って、一曲、静かなバラードみたいな曲が入ってたりするよね、と、すると、私の演奏は、アルバムの中で、そんな位置かな?とか、
演奏者が代わっても、一貫性が保たれた感じって、一番簡単な表現方法は、前の演奏者の演奏の一部分を繰り返したり、とか、そういう感じ?。。それも、居残る人じゃなくて、交代して消えていく人のを踏襲すると、わかりやすいよね。。なんて、全くもって安直なことを考えていた。

しかし、実際には、静かどころか、後で、知り合いの参加者から言われたように、「ピアノ線は切れなかったけど、かなり激しかったね」ということになり、
去りゆく演奏者を踏襲したかというと、記憶にない。。
音楽的には、その場での音楽が即興演奏なのだから、考えてた通りに弾く必要はないし、むしろ邪道かもしれないのだけど、理性がぶっとんでる状態なのは、いただけない。

しかも、前日、指の爪が割れたので、今日は、間違っても、鍵盤を叩きつけるようなラフな演奏はしないゾ、と、思っていて、コレである。。






最終更新日  2018/10/08 10:14:48 PM
2018/08/22
以前、勉めていた職場は、やたら、パスワードが多かった。
私は、そのパスワードが覚えられず四苦八苦していたが、
なぜか、パスワードのことを考えずに、キーボードに手を置くと、
自然に、パスワードを入力することができた。
でも、考えるとダメ。途中で、えっと、なんだったっけな?と思ってもダメ。
何も考えずに、その画面を使おうを思ってキーボードに手を置いた時だけは、
画面を開くことができた。
でも、そのパスワードが何か自分でわからない。
手で打ったパスワードを言うことも、書くこともできない。

似たようなことは、音楽でもあって、
即興演奏などで、共演者が出している音を聞いて、
この音とユニゾンの音を出そうと思って弾くと
その音を弾くことはできるのだが、
その音がドレミでいうとなんだかわからないし、
何の音かと考えると、もう、弾けなくなってしまう。
とにかく、考えると、
タイミング的にも間に合わないし、
わからなくなってしまう。
考えたらダメで、
ひたすら、感じるのだ。
そして、感じたまま、音にする。

で、そんな自分を、もしかして天才型?(決して本当の天才ではない。あくまで天才型)
と、密かに思ったりしていたことがあったのだが。。

認知症 という症状と 近しく接する機会が増えて考えが変わった。

認知症は、昔は、痴呆 とか、言われていたこともあったのだが、
知れば知るほど、特に初期、中期は、痴呆とは違う。
忘れるというのとも、若干違って、
というか、忘れる、というと、記憶が無くなってしまうみたいだが、
(後期の場合は、結局そうかもしれないけど)
記憶は、脳の中にあるのだけど、
脳の中の記憶をしまった場所に、いきつくことができない。
脳の中の記憶をしまった場所から、うまく取り出すことができない、
そういう状態なんだなあ、
で、なんかのきっかけ(感情の記憶が多い)で、
とんでもないところから記憶がひっぱり出されて
違うものと、結びつけられたりする。
まさに、脳の中が、私の部屋(=汚部屋)状態!
あまりにも乱雑で整理整頓ができてないので、
部屋の中にあるはずのモノにたどりつけない!
という感じなのだ。

私の頭も、もしかすると同じで、
私の脳は、必要な時に、意図した時に
パスワードや音符の名前を記憶してある脳の部分に行くことが
できないのではないか?

つまり、天才型というより、脳の老化型。。

ただ、人間の脳は、使えなくなった部分を
他の部分が補って働く場合もあるそうで、

きっと、私の場合も、多分、脳の中の動物的なところ、
条件反射的な部分が働いて、
パスワードや音を出しているのだろう。
小脳、だろうか?
考えるとダメというのは、
前頭葉?とか、そこは、機能不全なもんで、
普通の人間が使う脳の部分をショートカットして、
手に信号がいっているのかも。

近い将来、認知症になっても、ピアノが弾けるためには、
頭(前頭葉かな?)を使ってピアノを弾いているレベルじゃだめで、
もっと、頭を使わなくても弾けるレベルにもっていかないとだめって
ことだろうな、がんばれ、自分、あんまり、時間は残されてないぞ、
って感じである。

それにしても、脳って面白い。
一度じっくり勉強してみたい。。






最終更新日  2018/08/22 02:45:31 AM
2018/08/18
○ひなうゆじ ♪
   ○ひなうゆじ ♪
      まるひなうゆじ ♪


   友人がgoogleの翻訳サイトを教えてくれて、
   簡単な同じ言葉を世界の言語で色々聞いているだけで、
   曲が作れそうだ と、言ったのに、触発された。

   確かに 世界の色々な言葉で、
   例えば、「自由」と 言うだけでも、何か楽しい気がする。

   言い方でも、色々なニュアンスが生まれそうだ。
   言語によって、違うサウンド、リズムも楽しい。

   しかし、翻訳ってそう簡単でないことが、実際に検索してみてわかった。
   日本語の「自由」を 英語に訳すと 「free」
   そこまではよいのだけど、
   それをインドネシア語に訳すと、「gratis」となった。そして、
   念のためにそれを、日本語にもう1度訳してみたら、「無料」になった。
   
   例えばですよ、インドネシア語で、「自由な昼間」と、言ったつもりで、
   実は、「無料の昼間」と、言ってしまったとしたら、ぜんぜん意味が違ってしまう。

   色々な言語に訳していく時に、ニュアンスが少しずつずれる可能性もあるということか。
   音楽もそうだけど、言語もひとつひとつの言葉にバックボーンがあるから、
   簡単に置き換えれば済むというものではないんだなあ、と、変なところで感心し。。

   さて、色々なことに触発される気分であるのは、

   そうなんです! ライヴが決まったのです!
   ライヴがやれることになると、いつも、気分が高揚して舞い上がってしまう。

   家族の歩行介助の時だって、東京音頭を踊ってしまい、笑われるし、

   もう、気分は、はっぴーぱらだいす♪♪

   これが、ライヴが近づくと、どーんと落ち込む。
   理由も決まっていて、自分には力が足りない、
   お客様も聞きに来てくれないかもしれない。
   宣伝しなくてはと思うけど、自信が無くて宣伝しづらい。
   ああ、辛い、もうだめだ。。
   毎回、飽きずに、よく同じことを繰り返せると自分でも思う。

   が。今は、ライヴが決まったところなので、
   とっても、幸せ。

   11月3日(祝・土)の午後2時からです。
   詳細、決まったら、お知らせさせてください。
   できたら、ぜひぜひ、聞きに来ていただけると嬉しいです。
   ライブ直前は落ち込むことが多いから、
   風呂敷は、早いうちに広げておくに限る。

   キイワードは、

   ○ひなゆうじ です。 

   このなぞの言葉の意味は、当日明かされるでしょう。
   え、もう、わかったって?

   それを、音楽で、ぜひ、聞いてください♪
 
   今日は、偶然にも、もうひとつのキイワードとも出会いました。

   unique ユニーク あなたも、私も、誰もが唯一無二の存在

   私ができるとしたら、私自身の音楽をお伝えすることだけなのですが、
   
   もし、よければ、ぜひ、それを聞いてみていただけると嬉しいです。






最終更新日  2018/08/18 11:54:05 PM
2018/08/12
夏休み と、いえば、宿題。
そして、夏休みの宿題、と、言えば、いつも、8月31日に悲鳴をあげながらやっていた。
まともに終えたことは、一度もない。
そして、前にも書いたことがあるが、
私は、いいかげんな性質の上に、変に真面目な性格がのっかっているので、
どうも、宿題もできてないのに遊びに行くのは、気が引けて、
かといって、宿題をやるわけでもなく。
そうなのだ、夏休みといえば、
やらなきゃ、やらなきゃ、と思いながら、宿題をやらない長い日々と、
ぎゃ~~と心の中で叫びながら、朝から夜まで、宿題に追われる8月末の
二種類しかない、つまらない過ごし方しか記憶がない。
で、人生、ずっとこのパターンである。

ところが、今日、「アメリカには宿題がない」と、テレビで言っているのを聞いて、
目から鱗が落ちる気分を味わった。
私をトラウマに陥らせている「宿題」が無いところがある!

もし、「夏休みの宿題」が無いところにいたら、
私は、宿題トラウマにも夏休みトラウマにも、無縁じゃないの!

少し冷静になって、アメリカなどの国々は、年度の始まりが9月なので、
夏休みは、年度替わりの休みで、日本の春休みに相当するから、宿題がなかったのだな、
と、思い出した。

でも、何がいいたかったのか、何が目から鱗なのか、というと、
私が自分で、「○○すべきなのに、できない」と、悩んでいる○○というものが
必要ない、とか、○○しなくてよい、ところもあるかもしれない、ということ。

もしくは、自分で、
「○○しなくてもいいや」
「○○できなくても、いいや」
と、思ってしまえば、それで済んでしまうことも、
あるかもしれない、ということに
ふと、気づいた、ということだ。

あくまで、世間的に、ではなく、
自分的に、、というところが、ミソだが。

それに、世間的な価値観も、人や場所や場合、時代で変わってくる。
と、いうこともある。絶対的な価値観なんて、どれほどある?

自分だけで「こうしなくちゃだめ」、と、思い込んでないか?

無用な思い込みで人生をつまらなくしてはいないか?

自問してみることも必要かもしれない。

まあ、意外と思い込んでることって自分じゃ気がつかないものなんだけど。

人生は、思ったより短いので、
何を捨て、何をとるか、というのは、
結構大事なことかもしれない。






最終更新日  2018/08/18 11:53:32 PM

全582件 (582件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 59 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.