1142223 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

my chatterbox

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Comments

flamenco22@ Re:31日の日記(12/31) New! 不安定な天気続きで油断できないです。 い…
flamenco22@ Re:30日の日記(12/30) New! 動画は再生できませんでした(゚o゚;;
flamenco22@ Re:29日の日記(12/29) New! がんばれ はぶらしハーマンかわいいです…
flamenco22@ Re:29日の日記(04/29) New! こんばんにゃん^^ 今日は竜巻ゲリラ雷雨…
harmonica.@ Re[2]:10日の日記(07/10) New! 大好きゆずるくんさんへ スクール水着は多…

Calendar

Favorite Blog

庭がスッキリ New! あみ3008さん

残念 New! feela11さん

全て無くなるのか?… New! 歩世亜さん

そこ優先座席ですが… New! dokidoki1234さん

バイト 7月24日 New! ララキャットさん

Headline News

Profile

harmonica.

harmonica.

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

設定されていません。
2023年11月20日
XML
カテゴリ:ニュース
​​





子どもの1%が「聞き取り困難症」 
発達障害との関連も、大規模調査



子どもの約1%に、聴力検査では異常がないのに、
聞き取れない、聞き間違いが多いといった
「聞き取り困難症(LiD)」の症状があることが、
日本医療研究開発機構(AMED)研究班の調査でわかった。

国内初の大規模疫学調査で、国際雑誌に論文が掲載された。


LiDは、耳から入った音の情報を脳で処理して理解する際に、
なんらかの障害が生じると考えられている。

単語が言葉として入ってこない、
耳で聞いただけでは理解できないといった症状がある。

騒がしい場所や複数での会話、電話、接客、授業
といった場面で自覚しやすい。

 海外では人口の0・2~5%に症状があるという報告がある。

国内ではあまり知られていなかったが、
ここ数年、SNSなどを通じてその存在が知られ、
診断を求める人が増えてきた。  研究班は2021~22年、
関西の小・中・高校9校に通う計4350人の子どもと、
その保護者を対象にアンケートを実施。

「『佐藤』を『加藤』など聞き間違いが多い」
「『なに?』と聞き返しが多い」
といったLiDに関する質問のほか、
「学習などで集中を続けるのが難しい」
といった発達に関連する質問について、
それぞれ743人から回答を得た。  その結果、
LiDの症状を自覚する頻度が「若干高い」は12・4%、
「中程度」は2・8%、「かなり高い」は0・8%だった。

学年が上がるにつれ割合が高くなる一方で、
保護者は症状を過小報告する傾向にあり、
周囲が気づきにくい構造も明らかとなった。  さらに、保護者の10%が子どもに発達上の問題があると回答し、
LiDの症状が重いほど発達問題のスコアも高い傾向がみられた。

LiDを自覚する人の34%にADHD(注意欠如・多動症)
があるという国内の先行研究もある。  研究責任者の阪本浩一・大阪公立大准教授
(耳鼻咽喉〈いんこう〉科)は
「少なくとも症状の頻度が
かなり高い0・8%はLiDと診断される可能性が高い。
聞き取りに困難があると、子どもの学習や言語習得に
悪影響を及ぼす可能性があり、
早期に診断を受け、対策を取ることが必要だ」
と話す。


​​​朝日新聞社

​[YAHOOニュース]​​​








就学時検診で視力検査はあっても、

聴力検査まではないし、

果たしてあっても、

情報処理能力までは把握できないのが現状でしょうね。


朝日デジタル上では有料記事ですが、

ヤフーでは全文掲載の稀な記事です。​​​





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2023年12月29日 01時45分31秒
コメント(0) | コメントを書く
[ニュース] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.
X