1237131 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

☆poco a poco☆

全49件 (49件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

旅・東海 静岡&岐阜&名古屋

2018.11.07
XML

​​​​​​​​​​​​​​
建築家、隈研吾さんの設計である COEDA HOUSE を訪れたのち、

アカオ ハーブ&ガーデン で金木犀をはじめとする9月中旬頃の花々を楽しみました。


花アカオ ハーブ&ローズガーデン花
静岡県熱海市上多賀1027-8


熱海のホテル「ニューアカオ」の系列の庭園です。

20万坪もの広大な敷地にある庭園は、丘陵地にあり、自然の地形を活かし、庭が点在。

バスで頂上にある COEDA HOUSE の最寄りのバス停で下車し、

点在する庭園を散策しながらなだらかな丘を下り、スタート地点である入口まで戻る。

楽しい散策コースです!


バラの花は咲いとらんかいね?と写真映えしそうなバラを探すが、

ちょうど狭間の時期なのかしら?バラは直ぐには見当たらず。時期が少し遅いのかな?

 

バラ以外のお花も楽しめます!

 

緑豊か。自然をそのまま活かした丘陵地であることがわかる眺め。

高低差がイイね!とても心地よい。気に入りました♪

 

金木犀の香りはすぐわかる!今シーズン最初の金木犀。

 

ダリアがちょうど見頃をむかえていました!でっかい造りのお花、好みだわ♡

 

じっくり巡れば半日以上楽しめそうよ。カップルや家族連れ、

多くの方々が訪れていましたね。



花を求め小道を分け入る。楽しい。

  

最後にバス通りのバラを撮影し、出発地点へ戻る。

 

 COEDA HOUSE を目当てに訪れましたが、

アカオ ハーブ&ガーデン は見晴らしも良く、想像以上に心地の良い場所で、

ついつい長居して楽しみたくなる、魅力的な庭園でした♪

思い出に、ショップでバラ柄のハンカチとバラの香りのするのお香を買いました。




*****
熱海の保養所の翌日にもう1泊楽しむ。

前回は同じ静岡県内の日本平に宿泊をしたので、今度は北上してみようかねスマイル

山梨県にする?それとも長野県まで行っちゃう?

長野県に決まりかけているところで私は提案した。そうだ、長野県に行くなら

行きたい場所があったんだ!栗で有名な、小布施

そんな思いつきの様な提案に優しいダンナはのってくれ、この時すでに宿を予約済。

でもね、地図を見ていない私。遠いから無理だと止めて欲しかった。

だって無茶苦茶遠いの、熱海から。わざわざ熱海からではなく、自宅のある東京から

向かった方が近いかも~笑

キャンセル料が発生しちゃうから、もう宿のキャンセルは出来ないよね?等を

確認しながら、長野県の北の方へと向かう。車で4時間以上。

お腹が空いてきたけど、お昼は移動中に食べることにし、早く移動しましょ。


お次は、初めて訪れた小布施です!


★ご訪問頂きありがとうございます☆=゚▽゚)ノ


人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村​​​​​​​​​​​​​​​​​​​







Last updated  2018.11.09 13:43:57
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.05

​​​​​​​​​​​​​​​​​​
テレビでお見掛けする機会の多い、今とても人気の建築家、隈研吾さん。

熱海にカフェコーヒーとして利用できる、COEDA HOUSE を設計されたと聞き、

熱海の保養所への宿泊時、お茶をしてきました♪


カフェとして単独で営業されている店舗なのかと思えば、

アカオ ハーブ&ローズガーデン内にあるカフェ。

お茶だけの利用は出来ず、入園料を支払い、園内バスで COEDA HOUSE まで行く。


花アカオ ハーブ&ローズガーデン花
静岡県熱海市上多賀1027-8


COEDA HOUSE の第一印象は、意外と小さいのね、と思った。

テレビの映像で見たイメージではもっと迫力がある建物のように思ったのですが、

こじんまりと、海を背にその場の雰囲気に溶け込んでいました。


●COEDA HOUSE●


隈研吾さんらしい、木をふんだんに使った美しくぬくもりを感じる建築です。

店内も暗く、たくさんのお客さんで内部がまったく見えませんが(私の撮影が悪い)、

中心部にキャンプファイヤーの様に木を積み上げた柱で屋根を支え、

壁となる周囲をガラスで囲む。まるで1本の木で支えている様に感じられます。



  

店内にあった説明書きによりますと、

「建物の構造を支える柱は、樹齢800年のアラスカヒノキを使用し、49層積み上げ、

長短さまざまな木を1,500本も使用しているそうです。

木材に鉄筋を通して樹脂で固定することで耐力を発揮する拡張樹脂アンカー工法。

そのおかげで建物内に釘が見えない。

木の構造を縫うようにカーボンファイバーロットを通すことで、建物の耐震強度を

高める役割を果たす最先端の工法を使用。

床は天然のアフリカケヤキ。切り出した木をそのまま使用(無垢材)。」

以上のような特徴があるそうです!


COEDA HOUSE を訪れてから、情報番組でカーボンファイバーロットを知りました。

小松精練さんの製品、カーボンファイバーロッド「カボコーマ」を補強材として

使用した建築を隈研吾さんがデザインしたと言う内容でした。


COEDA HOUSE でみた、配線だと勘違いした“あの線”が

「カボコーマ」だったのかも!つながってゆく事実に、興奮したものです♪



熱海の景色を一望できる、海と空のガーデンテラス

自然との一体感、開放感がまるでルイジアナ近代美術館みたいだ、とダンナスマイル

自分の記憶を手繰り寄せ、つぶやいておりました。







私達も店内へ。何飲む?何食べる??

私は迷わず、バラのアイスを選び。ダンナは、アイスローズヒップ&ハイビスカス

バラのアイスが人気かと思えば、アイスローズヒップ&ハイビスカスを

頼まれている方がこの時は多かったです。

艶やかなソースが美しい。バラのアイス、とても美味しかったですよ。



人気フォトスポット、空飛ぶブランコ。乗りたいお客さんが列をなす。

「まるで海の上に浮いているみたい。」だそうです。

はたから見る限り空を飛ぶ感覚が味わえそうには思えなかったのですが、

実際に体験していないので、はっきりしたことはわかりません。



COEDA HOUSE の隣には、日本庭園「天翔」

巨大な盆栽?と言って良いのだろうか。「鳳凰の松」が素晴らしかったです!!



  さてさて、COEDA HOUSE でお茶も済ませてしまったのでバスで帰ろうか。

でもせっかくなので、ハーブ&ローズガーデンを楽しみましょ!

 

次回は、ハーブ&ローズガーデン散策です!
 

★ご訪問頂きありがとうございます☆=゚▽゚)ノ


人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村​​​​​​​​​​​​​







Last updated  2018.11.05 18:44:14
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.12
テーマ:静岡グルメ(47)

​​​​​​​​​​​
最近、すっかり定番となり、楽しみにも感じる様になりました。

それは、趣味の日本国内旅行時に各地のイオン(スーパー)を利用すること~!!


イオンを利用するようになったきっかけは、

JALマイルをためるためにダンナがWAONカードをつくったことによります。

最初は地元のイオンを利用するくらいでしたが、凄いのね、イオンって!

全国に店舗があるんだもの。旅先でも利用出来ちゃう。

ここにもイオンがあるね!と言いながら利用し、まるで全国のイオン巡りを

楽しんでいるかのようです。笑


姑との静岡旅でも、姑を静岡駅で見送った帰りにイオンに立寄りました。

静岡土産を買ったり、おトイレ休憩や車で飲む用のお茶なんかを買いましたね。

お土産の定番は、地元のお酒を買うこと!今回は日本酒。


花花の舞花



聞き覚えがあるようなネーミング。似たような名前の居酒屋があったような??


我が家の好みのお酒は、まずは純米であることが大前提!

で、コチラは山田錦純米吟醸。

静岡土産なので静岡県産のお米を100%使用していることもポイントですね。

さらにこのお米、契約農家さんと共に大切に育て上げたお米だそうで、

愛情を込めてつくりあげられたこだわりの日本酒であることも、魅力だわ~☆


3月の旅でしたので、もうすでに飲み終わってしまいました。

さわやかな味わいのお酒で、飲みやすく美味しゅうございましたよ手書きハート


お次は、

以前にもご紹介しましたが、日本平ホテル売店で購入したポテトチップス

  そして、たぶんイオンで購入したやぶきた茶とサービスエリアで購入した茶飴

 

フリフリ!シェイクのかつお節ポテトチップス、いただきましたぁ!!

まずは、別添のかつお節を入れずに、わさび味を楽しむ。

思ったほど辛みは少ないな。わさび好きなのでもっと刺激があっても良いですね。

半分食べたらかつお節を入れシェイク!辛みがマイルドになるそうだけど、

辛みが足りない私としてはマイルドは求めてないかも~。

でも、かつお節が好きなので、ふたパターンの味が楽しめたのは良いですね。

 

来月ダンナの誕生日!すでにお祝い会場(レストラン)の予約済。

祝う私も食べるので今からワクワクでっせ。

その前に、姑の誕生日と義理兄の誕生日もありますの。


姑の誕生日プレゼントの希望は、数年前にもリクエストのあったピアス!

シルバーだったらお手頃価格で買えるけど、ゴールドやプラチナだったり、

デザインが素敵なものを選ぶと、ボンっとお値段がアップしますよね。

姑はどのあたりを求めているのだろうか??とダンナに尋ねたら、

「入力間違いだとは思うけど、1500円くらい。」とメールが届いたらしい!?

えっ!!そりゃ、違いなく入力間違いだね。

お手頃価格を探すのも難しいけれど、1,500円を探すのも難しそうだ。

義理兄は恒例のビールです。
​​​​​​​

★いつもご訪問ありがとうございます☆=゚▽゚)ノ♪


人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村







Last updated  2018.06.12 18:18:22
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.07
テーマ:静岡グルメ(47)

​​​​​​
静岡で肉が食べたいとなれば、​さわやか​の看板商品、

"牛肉100%炭焼きハンバーグのげんこつハンバーグランチ"!!をいただきます手書きハート


"さわやか"とは店名。静岡県内に31店舗を構えるハンバーグ屋さん。


さわやかとの出会いは、静岡出身の同僚から「静岡に行ったら

ぜひ一度は食べに行って欲しい!」と熱烈なススメ炎を受けたことから。

本人も実家に戻った時には家族で食べに行く、地元では有名なハンバーグ屋さん。

さわやかのハンバーグには特徴があり、げんこつの様に丸く大きなハンバーグを

超レアな焼き具合で提供してくれるというもの。


私たちも食べて気に入り、以後、ダンナと静岡を訪れた時や静岡を通過する時には、

機会を作っては食べに行く、お気に入りのハンバーグ屋さん手書きハートとなりました。

とくに私よりダンナの方がお気に入り。


姑との静岡旅、最後の訪問場所は、きらきらさわやかきらきらでランチです!!


姑は肉好き。そしてその息子が気に入るハンバーグ屋さん。

コレは間違いなく姑も気に入るはずだぁ~~!と自信をもってお店へお連れし、

30分弱の待ち時間を経て、席へ案内される。


注文するハンバーグはおススメの、

"牛肉100%炭焼きハンバーグのげんこつハンバーグ(250g)ランチ"でイイよね。

3人そろってげんこつハンバーグランチです♪


鉄板の油はね防止用の紙のランチョンシートは、さわやかMAP!!

そこには、さわやかの歴史や豆知識が可愛いイラストとともに書かれていました。



以下のようなことが書かれていますよ!

・1977年創業。菊川本店。・静岡県内31店舗。
・年間来客数 約600万人(2017年実績)。静岡県の人口約370万人。
・2017年間げんこつハンバーグ約360万食。
・お客が食事をされたハンバーグ全品をげんこつハンバーグサイズで並べると、
2017年は東京IC~米原ICの距離に相当する。
・最も東のお店は御殿場インター店。最も西のお店は新居湖西店。

へぇ~そうなんだぁ!凄いなさわやか。そう思ってしまう豆知識。


セットのスープがきたよ。いたって普通の野菜スープ。そこが良いところ。



丸く大きなハンバーグは、厨房で備長炭にて表面を焼き上げた状態で

テーブルに運ばれてきます。

まずは2つのハンバーグが運ばれてきたので先にダンナと姑が。その数分後に私。

ジュージューと賑やかな音を立て目の前に鉄板が運ばれてきた瞬間が好き。

まさに今が絶頂期!そう感じる瞬間。


今回は、隣に座る姑のげんこつハンバーグで、焼き付ける様子をお伝えします♪



私たちの目の前でハンバーグを半分にカットし、



その断面を鉄板にぎゅぎゅーーっと押しつけるようにして焼き上げ、



醤油ベースのオニオンソースをかけてもらい、完成です!



コチラは私のげんこつハンバーグ!!美味しそうでしょ♡



焼き具合は超レア。牛肉100%だから超レアもアリで、

やわらかなハンバーグを味わえる。これがさわかの特徴!!



いただきま~す!!

ナイフで切り、まだ赤い断面を鉄板にジューっと押し付けて好みの焼き具合にする。

美味しい、美味しい♪

半分を超えた辺りから鉄板も常温になり、肉の追ジューが出来なくなってきた。

あれ??鉄板が常温になってしまった段階で今日はいつもよりだいぶ肉が赤い??

ちょっとレア過ぎ??少し不安になったけど、お店の特徴だし食べられるので

このまま食べきろう!そう思った少し前から姑が、

「コレ肉赤過ぎない??」を口にするようになり、いよいよ我慢できずに、

「お姉さん!これもうちょっと焼いてもらえる?」と焼き直しを頼んでました。

お店の方が「肉冷たいですか?」と質問し、「冷たくはないけど」と答えてた。

冷たかったらさすがに美味しくないので焼き直した方が良いけれど、

冷たくなかったら、超レアが特徴なのでそのままで平気ってことなのかな?

姑は焼き直してもらい最後まで食べきりました。


自分たちのお気に入りのお店だし、姑を喜ばそうと思っていただけに、

超レアで焼き直しを頼んだことで、3人のあいだに気まずい空気が流れた。。

でも、姑が美味しく食べてもらうのが一番なので、無理して食べたりせずに、

焼き直してもらって良かったです。

帰りの車の中でも「赤かったのはたまたまだと思うでぇ」と何度もフォロー

してくれていた。逆に気を使わせちゃったのが悪いくらいだ。。

実はね、私もいつもより赤みが多いなと思って食べたけど、ダンナも同じだったそう。

それも肉が冷たかったらしい。。えっ!?それは焼き直すべきでしょ~~~!!

赤みが多いとか、焼き直すとかを自分が口にしてしまっては姑を心配させちゃうと

思って、とのことから。お互いに気を使いまくったランチタイムとなりました。

う~~ん、最後にちょっと残念な出来事でした。。

もう5回くらいはさわやかを利用しているけれど、赤みが気になったのは今回が初。

もしかすると店舗や焼き付ける担当者によってバラツキがあるのかもしれません。


姑を静岡駅まで送りお別れです!姑との静岡2泊3日の旅、終了ですっ♪(* ̄∇ ̄)/

実は、今年にもう一回、姑と旅行に行きますよぉ。
​​


★いつもご訪問ありがとうございます☆=゚▽゚)ノ♪


人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村







Last updated  2018.06.07 16:40:35
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.04

​​​​​​​​
平成25年6月に富士山世界文化遺産の構成資産に登録された、

三保の松原をはじめて訪れました。


三保の松原は、約7kmの海岸に約3万本の松が生い茂り、

松林の緑、打ち寄せる白波、海の青さと富士山が織りなす風景が美しい。


はじめて訪れる場所ではありましたが、

浮世絵などを通しその風景を容易にイメージすることが出来るほど、有名な場所。


姑とダンナとの静岡旅。3日目の観光その2。

四つ葉三保の松原四つ葉
静岡県清水区三保


イメージする富士山、海、松林の風景を求め、松林を進み浜辺を目指す。

途中、姑が振り返り、「そこの松で頭をスリスリしてみ!気持ちエエよ~」と

ニタニタといたずらっ子のような笑顔で言ってきた。

素直にスリスリしてみる。思っていたほどではなかったが、悪くはない。

姑&嫁のスリスリの松下矢印



芸術的とも言えるほどの個性的な樹形の松。



おぉ凄い!松に植物が。共生する姿が美しい。



楽しみながら松林を歩いてゆくと、浜辺に到着!海を見ると嬉しくなる。





歩いてきた松林を振り返る。松林と神社。



おや?あれ?

イメージしていた風景はどこだ?どう撮影すればよいの??

浜辺を歩き回りイメージする景色を探す。


松林と富士山は撮影出来たけど、海が入らないよぉ!



歩くのが苦手な姑からすると砂浜はさらに歩きにくく大変な様子。

「もうこの辺でええんとちゃうか。」と息子と嫁に言うが、

凝り性の息子と歩くのが苦にならない嫁は、止まってはまた歩き、撮影場所を変える。


スマホで撮影する姑。日差しで画面が反射してしまい画面が見えない。

「よう見えん。富士山が写っているか見て!」と息子と嫁に確認を頼む。

何度も同じやりとりが繰り返される。


富士山にもう少し近づいてみたら、少し海が入ったぁ~!!

だいぶイメージとは違うけど。。



角度を変えてみた。松林と富士山と海。砂利とともに。



見つけられない。

イメージする景色を求めるけど、いったいどこからがベストポイントなのだろうか??

富士山と松林と海をイイ感じに撮影するには、

もしかして、ドローンを使い俯瞰して撮影しないとダメなのかも。


納得の景色を眺める事は出来なかったけど、三保の松原を訪れた達成感だけで満足♡

ささ、靴の中に入り込んだ砂を出して、帰りましょ。


おまけ。旅の恒例。マンホール撮影!

旧清水市のマンホールだそうです。中央に旧清水市の市章に周りをキリシマツツジ。



お次はランチ。 姑と静岡旅もそろそろ終わりね♪(* ̄∇ ̄)/
​​​​


★いつもご訪問ありがとうございます☆=゚▽゚)ノ♪


人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村







Last updated  2018.06.04 19:47:37
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.31

​​​​​​​​姑とダンナと行く静岡旅、3日目の観光。

絶景の日本平ホテルを後にし、同じ日本平にある久能山東照宮へ!!

コチラも十国峠と同様に、以前にダンナと訪れお気に入りとなった場所。


花久能山東照宮花
静岡県静岡市駿河区根古屋390


日本平駅から日本平ロープウェイを使い、久能山駅へ。

全長1,065m。5分間の空中遊覧。



新緑四つ葉が美しい。屏風谷、地獄谷の絶景が楽しめる。



桜の季節。新緑の中に薄ピンク色の桜が点在。上から見下ろすお花見も良いですな♪



吸い込まれるような谷間の先に海!駿河湾。



国宝・久能山東照宮とは、

元和2年(1616年)に駿府城で75歳で薨去した徳川家康公の遺言により

建立された社殿。社殿奥にはお墓がある。

当時の建築技術の粋を集めて造営された権現造(本殿、石の間、拝殿の三棟から

なる複合社殿)・総漆塗・極彩色の社殿は、日光東照宮より19年前に造られ、

彫刻、模様、組物等に桃山時代の技法をも取り入れられた、

江戸時代初期の代表的建物として、平成22年、静岡県初王冠の国宝建築物に指定。



久能山駅前に満開の桜。桜と徳川家の家紋、"丸に三つ葉葵"を撮影。



いざ、久能山東照宮へ!

昇り階段に自信のない方用に杖の貸出アリ。腰に不安を抱える姑も借りた。


そう言えば、数年ほど前に姑と日光東照宮にも訪れたことがあり、

その時だいぶ歩いた(それほど歩いたつもりはないが)せいで膝?を故障したらしく、

大阪に戻ってからしばらくは、トイレで座るのも大変だったと何度もその時の苦労話を

聞かされていた。そんな大変な事態に!すまなかったねぇ。。

で、今回、苦労話を聞いていたにもかかわらず、今度は久能山東照宮よっ!!

家康公とご縁四つ葉があるようです。さぁ杖をもって行ってみよう~♪



家康公の御手形。

姑が手形に自分の手をかざし、あーだこーだと言っていた。内容は忘れた。



社殿が見えてきました!あともう少し。



神楽殿の前にはプラモデルが賑やかに飾られる。

静岡にはガンダムのプラモデルで有名なバンダイの工場をはじめ、世界的にも有名な

模型メーカーが多くある。その歴史をさかのぼると、静岡の浅間神社の修繕や、

久能山東照宮の造営に際し、日本各地から優秀な職人が集められたことにつながる。





静岡市清水区に本社を構える、フジドリームエアラインズ。

安全と事業繁栄を祈願し奉納したらしい。



社殿敷地内のソテツと桜の競演。なかなか見かけない取合せ。



極彩色の社殿。





唐門。



唐門から帰られたのは徳川家の関係の方。後姿を遠目からパシャリ。





小さくてよくわかりませんが、中央に司馬温公の甕割りの彫刻。

司馬温公は北宋の政治家。

大きな水甕に落ちた友達を助けるため司馬温公は石で甕を割った。父親は

大切な甕を割ったことを叱らずほめた。命の大切さを教えたと言う内容らしい。





迫力あるぅ~!このアングルが素敵。







「金の成る木」について。

家康公が家臣たちに、3本の木を描き、以下のように仰せられたとのこと。

「よろず程のよ木」「志ひふかき(慈悲深き)」「志やうぢ木(正直)」と書かれ、
「これを常々信用すれば必ず富貴が得られよう」



姑が、この家康公の教えを書き留めようと手帳を開き、

「ようやくこの年齢になってこう言った教えに関心をしめせるようになった」

と言っていた。ようやくですか?と嫁に言われ、

息子にはスマホで撮影しておけば、なんて言われてました。


家康公の教えを心に刻み、帰ります。





ふたたびの日本平ロープウェイ。日本平駅へ戻る。



さきほどより天気が良くなり、青空に桜が映えます!



日本平駅にお姫様とお殿様の衣装が置いてあった。

自由に着物を羽織り撮影することが出来る。我がグループからは姑が代表で羽織る。

羽織った画像の代わりに、東照宮社殿で見かけた椿の花をアップ。

そのお姿は、それはそれは椿の花のように美しかった、かな。



以上、久能山東照宮観光を終わります。

姑と静岡旅。3日目の観光その1も元気に終了。姑の足も腰も問題ナシ~♪(* ̄∇ ̄)/
​​​​


★いつもご訪問ありがとうございます☆=゚▽゚)ノ♪


人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村







Last updated  2018.05.31 18:32:49
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.28

​​​​​朝が来た!!

姑とダンナとの静岡旅。3日目の朝。日本平ホテル客室からの富士山。

赤く染まる空。富士山のシルエット。美しい。



街の明かりが消え、さらに夜明けが加速する。



東の空が徐々に明るくなり、そろそろ日の出の時刻。



来た~~~っ!!

と声を出してしまうほど、太陽が顔を出す瞬間が好きだ。



全体が明るくなり、富士山がかすむ。



夕焼け空のように真っ赤に染まる。





年末年始とこちらのホテルに宿泊出来たら最高ね!

お部屋から初日の出を拝む。



すっかり朝だ。



朝食は、ブッフェ食事

朝食はブッフェか和食のどちらかが選べました。

私は和食が良かったのですが、姑の「ブッフェ!」の一言で決定。

ブッフェって対象範囲が広い分、こだわり料理でない事が多くあまり好まない。でも、

昨夜のフレンチがめちゃめちゃ美味しかったので期待!


姑もダンナも私も良く食べる。気兼ねなく盛り付けましょう♪



駿河湾と言えば、シラスと桜えび!

シラスと桜えびはご当地メニューでしたが、それ以外はよくある料理かしら?

 

お気に入りの料理は、シラスと桜えびとキノコやチーズの全部入りのオムレツ!!

美味しかったわぁ~♪

美味しかったので家でもシラスのオムレツを何度か作った。

桜えびは手に入らなかったけどね。。醤油とケチャップの両方をかけてみた♪

醤油の方が合うね~!



食後にヨーグルトとワッフル!

姑が「それぞれで選ぶものが違うね。」と言っていたが料理は決まっているので

同じでしょう?と言ってみたら、姑は最初にヨーグルトを食べたらしく、

食べる順番を言っているようです。食後もシリアルを入れた私のヨーグルトをみて、

そう言うのもアリか!と言いまたよそって食べてたけど。

食事の初めにデザート??ヨーグルトは食前に食べるのが良いのだろうか?

はっきりとストレートに言わないけどいつも何かを言いたげな姑です。

 

昨夜のフレンチディナーと同じレストラン。今日は青空と富士山が見えます。



周りは台湾からの旅行者で満席。

台湾からこのホテルに宿泊しにくるってだいぶ裕福な人たちだと姑がつぶやき、

料理はあまり取らないとチェックもしていた。


ところで皆さん、

ブッフェでお替りをするとき、トレーはそのままテーブルに置いていきますか?

私もダンナも片づけをされるスタッフの方がトレーがあった方が片付けやすいので、

食べ終わったお皿を乗せたままのトレーをテーブルに置いていきます。

でも姑は、トレーから皿をテーブルに移し、同じトレーをもって料理を取りに行くと

隣の台湾人の方がそうしていたらしく、そうすべきでないかと主張していた。

正解はどちら??

ま、正解を突き詰めることはせず、次回もトレーは置いてくけどね。


この話の流れで姑が私に言ってきた言い方が印象的でした!


「あんたのダンナ、トレー置いていっちゃうのね」と言ってきた。

"あんたのダンナ"。。

このよそよそしい言い方にちょっと驚きながらもこれは瞬時に返さなくてはと思い、

「あんたの息子、トレーを置いていっちゃうのね」と言ってみた。笑

言い方は違うけど対象者は同じ。

姑も「あ、そやね」と驚きながらも笑っていた。


可愛い息子。大事なわが子。今回の旅行中もあちこちで息子への愛情を感じるけど、

名前で呼ばずに"あんたのダンナ"。

子離れしているってことかな?それか姑が息子の不可解だと思う行動の理由は

いまの習慣にあるって意味なのかな??


まもなくチェックアウト。

最後にふたたびお部屋から撮影。素晴らしい眺めをありがとう!



ロビー。





エントランス。



日本平ホテルに泊まったぞ!の証となる撮影スポットはないかと姑。

あったあった。駐車場に荷物を置きっぱなしにし、ふたたび入口に戻り撮影。

日本平ホテル。お世話になりました!!



お次は観光♪(* ̄∇ ̄)/


★いつもご訪問ありがとうございます☆=゚▽゚)ノ♪


人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村



日本平ホテル







Last updated  2018.05.28 19:49:50
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.24

​​​​​
満足のフレンチディナー。充実した時間でございました手書きハート

姑とダンナとの静岡旅。2日目の夜月日本平ホテルのレストランで食事。


キラキラ光を反射するガラスのお皿が美しい。気持ちが上がる上向き矢印

 

お客様は少なめ。静かなレストラン。静かな姑。

 

飲み物は、いかがなさいますか?の問いに、

お酒が弱い姑が意外なことにワインをご所望。「甘い赤ワインはあるかしら?」

(そうそう姑は砂糖が入った甘いワインが好きでした。)

あいにく甘いワインはございませんがグラスワインで飲みやすいのがあると勧められ、

それ選ぶ。

予想外だった。堂々と自分の希望を伝え、やり取りする姿が。

普段、ナイフやフォークを使う食事をしたり、ましてやフレンチを食べに行く機会は

少ないだろうから(私たちも似たようなものだけど)、息子に任せるわ~と

お願いするかと思ってた。

でも元来、子供達よりも社交的な性格だから、話しかけられればそりゃー話すわよね。

このやりとりをついうっかりカッコいい?頼もしい?と思ってしまいました。笑


私はまずは白ワインから。次は姑が選んだ赤ワインにしようっと♪

 

キラキラのお皿にお料理が!

●アミューズ・ブーシュ●

一口大のオードブル。パクっと一口で行かせて貰いました♪

美味しかった記憶はありますが、何だったっけなこれ?チーズスフレに生ハムかな?



●ホタルイカと旬の貝類をクスクスのサラダと共に●

ホタルイカと言えば富山!姉の住む富山に思いをはせながら味わう。



パン。オリーブオイルとスパイスが添えられています。

味コッテリ系がお好みの姑はバターをたっぷりつけていただきます。

 

●5種類のキノコを使ったクリームスープ●

深い味わい。5種は何か確認しちゃった。即座に答えてくれました。



●駿河湾産 本日の鮮魚 ふきのとうのソース●

このお魚も確認したはずだけど思い出せない。皮目でわかる人にはわかるはず。



姑が先程頼んでいた赤ワイン。私も飲みますよ~!



この辺でパンを食べ終わってしまった姑がそわそわ。息子に、

「パンのお替り頼んでや。よう言えん。」とお願いしていた。聞かれれば堂々と

答えるだろうけど自ら声を発するのは気恥ずかしいようです。

●国産黒毛和牛サーロインのグリエ●

もう幸せの一言です。

お魚とお肉の両方を頂く満足感。それぞれが適量で最後まで美味しく頂けました♡

 

姑が若かりし頃、独学でテーブルマナーを学んだ話や医療費の話や

健康診断の結果の話や仕事の話や今後のことなどを話してた。

お酒が弱い姑は赤ワイン1杯だけでしたが、すべて飲み切り、適度な酔いで

ご機嫌さんに見えました。私もひさびさ姑が女子友に思えたっけね。


ガラスに映る店内。煌びやか。



●苺のムースとピスタチオのクレーム 桜とフロマージュブランのソルベ●

苺と桜の季節ですからね。照れくさくなるような可愛さね。

もうちょっと大人っぽい盛付けの方が好みだわ。でも美味しいのでOKです。



●一つまみサイズのチョコと紅茶●

 

以上!満足のフレンチディナーです。

キラキラと輝く優雅な雰囲気のレストランで美しく美味しい料理と穏やかな会話。

気持ちも安らぐ平和な夜でした。


3人ほろ酔い気分で部屋に戻る。窓から広がる煌めく街の夜景星

こんな贅沢な夜でも、やっぱりテレビっ子のダンナと姑の行動は同じです。

テレビをスイッチオン!なのね。

チャンネル争いに勝った姑が番組の説明をし始める。確か秘境に住む女性の家を

訪ねる話だった。ベッドに横たわりながらテレビを楽しむ。

気が付けばふたりともテレビを見ながら眠ってる。

カシャーン!とうたた寝する親子画像を撮影!食事が終わって1時間後に就寝です。

テレビっ子達から引き継いだニュース番組を見ながら私もいつの間にか眠ってた。


最後にピンボケですが夜景。



前回の食事前の夜景写真との違いは、庭園の木々のライトアップが消えてます。


明日のお天気も晴れ晴れの予報。

目覚めればまた富士山が目の前に姿をあらわす。なんと幸せな事だろうか。


姑とダンナと静岡旅。2日目も楽しく終了。満腹満腹~♪(* ̄∇ ̄)/


★いつもご訪問ありがとうございます☆=゚▽゚)ノ♪


人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


日本平ホテル







Last updated  2018.05.24 15:59:18
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.23

​​​​
日本平ホテルの庭園を散策後、売店で調達した安倍川餅を部屋で日本茶日本茶と頂く。

 

姑と静岡旅。2日目の夕方星


せっかくなので、ホテルの喫茶店でティータイムをしたかったのですが、

リッチなホテルだからねぇ。姑もいるし、ここは慎ましく。

結果としては、夕飯前にケーキセットを食べてうっかりお腹がいっぱいになり、

夜の食事に支障をきたすよくある事態に陥ることもなかったし、

富士山が眺められる素敵な部屋での寛ぎ時間が増えたので、良かったです!


「濃さがちょうど良いかわからんで」と言って姑がお茶日本茶を入れてくれました♪


お茶が入ったテーブルを、3、4人掛けのソファーとエキストラベッドと

1人掛けのソファーで囲む。さて、どこに座ろうか?迷う??

姑は奥の3、4人掛けのソファーに座っている。ダンナはまだ席についていない。

1人掛けはダンナが座るのが良いだろう。

ならエキストラベッドか??いやいや、ここはダンナのベッド。

椅子として座っちゃ悪いわね。それなら姑の3、4人掛けだ!と考え行動に移すと、

向こうに座れみたいに言われたよ。

3人掛けが狭くなるから?でも1人掛けとベッドを消去したので、

あと残るはオットマンしかない!!いやこれは1人掛けとセット利用が良いかと。。

結局、ココしかないからと強引に3、4人掛けに座らせてもらいました。

様々なところで小さな気遣いが発生するものです。


お土産売り場でよく目にする安倍川餅。美味しいのねコレ。

きな粉と餡子の2種が味わえ、やわらかく美味。

サスガお茶どころ静岡!ホテル備え付けの深蒸し煎茶がカナリ美味しかったです。

帰りにお土産に買いました。



お茶会もおわり、ふたたびの撮影。

相変わらずのダイナミックな眺めが素晴らしい!



このUの字に窪みが何気に気に入っています♡



街の明かりが灯り、夜を迎えます月

ホテルのお庭もライトアップ。



すっかり日も暮れ、煌めく清水港の工場夜景。



フライング気味にトイレを済ませレストランへ行く準備を整えた姑。

レストランの予約時間はまだだよ~の息子の声にふたたび席に着きテレビを見始める。

その気持ちわかります。私も楽しみですもの。


 お次はディナー。期待で胸が躍る~♪(* ̄∇ ̄)/


★いつもご訪問ありがとうございます☆=゚▽゚)ノ♪


人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村



日本平ホテル







Last updated  2018.05.23 15:23:03
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.18

​​​​
喜びと幸せ♡を感じた日本平ホテル客室からの絶景。

絶景は、富士山、静岡市の街並み、そしてホテルの広大な庭園からなる。


姑とダンナとの静岡旅。2日目のお宿、日本平ホテル。

花日本平ホテル花
静岡県静岡市清水区馬走1500-2


部屋での撮影を一通り済ませると、お次は広大な庭を散策してみたい♪(pq゚∀゚*○)

嫁の要望で3人で庭をお散歩。もしかすると姑は面倒だったかもしれませんが。


ロビーからの眺め。庭園、富士山がお出迎え。

素晴らしい眺めを活かした大きな窓、吹き抜け、開放的な空間。見惚れてしまう♡



庭園へ出る♪ 庭園からホテルを見上げた。

ガラスをふんだんに使用した明るくやわらかい印象の建物です。素敵!

左から私、ダンナ?姑?



ダンナと姑の順番が逆かもしれませんが、ま、問題ないでしょう。

宿泊の領収証発行について話し合っていた時の様子。笑


富士山と街並みの眺めは、高さがあった分、客室から見た方が迫力ありますね!



 

自分が子供だったらこの芝生を走り回りたい!

そう思うような、広くって気持ちの良い庭園です。







端から端まで歩き回り探索したい気分でしたが、姑と一緒なのでざっくりと。

梅と富士山。



桜と日本平ホテル。

の季節。オオシマザクラとカンザクラ。





あの遠くに見える老木も桜か?? (「  ̄ー ̄) ホテルへの戻り際、気になった。



けれどダンナと姑はもうホテルに向かい歩き始めている。

ちょっと距離があるので迷ったけれど、悔いのないように、一人走って確認です!



さくらでした!!

樹形も独特。多分この木はヤマザクラ。まだまだつぼみは硬い。



日本平ホテルは、地元の方には馴染みのある場所のようで、

宿泊に限らず訪れる場所のようです。カメラ持参で景色を撮影に来られている方も

いらっしゃいましたし、お庭で過ごされる家族連れもいらっしゃったことと思います。

日本平を訪れ、日々自分たちが暮らす街並みを見渡す。何だか素敵な時間。

客観的に日常を見つめられそうで、気持ちがリセットされるかも。


もうじきホテルでディナーですが、スイーツでも頂きながらお茶したい。

1階にカフェコーヒーあり。富士山に面して開口のある建物なので、

やはりこちらも富士の絶景が眺められる。訪れたが待ちあり。残念!

上の階にもバーを兼ねたカフェがありましたが、明るい時間帯には立寄りにくいかな。



売店でお菓子を買い、お部屋でお茶コーヒーをする事に致しましょ♪

ついでに売店でお土産プレゼントも買っちゃおう。

姑は会社用のお菓子。私たちも珍しいポテトチップスを我が家用に。



もうひとつダンナと姑が、お茶缶を気に入り買うことに。

デザインはどれがいい?とダンナが私に質問してきた。3種はあったかな??

買うのなら私はコレ!迷うことなく決まっていました。

そうしたらダンナがコレでしょ?と自信ありげに言ってきた。ビックリ!!

 (・ω・ノ)ノ 正解よ。それがコレ下矢印



ダンナも同じ柄が好みだったらしい。姑の好みは私たちとは違う柄だった。

売店で動揺しちゃったわよ~!好みを当てたことと好みが一緒であったことに。

日々一緒に暮らしていると好みが一緒になるのかな?

ここ2日、ダンナと姑を見ては親子だなぁと感じる行動が多々あったのに。。

例えば、食べ物をシャクシャクシャーク!と良い音を響かせて食べるところや、

テレビっ子なところとか。

でも、日々一緒に暮らすと血のつながりはなくとも似通ってくるものかしらねぇ。


さ、お次はお部屋でお茶会ね!(o´∀`o)ノ



★いつもご訪問ありがとうございます☆=゚▽゚)ノ♪


人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村



日本平ホテル







Last updated  2018.05.18 17:56:51
コメント(0) | コメントを書く

全49件 (49件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

PR

Calendar

Profile


ibuki☆

Category

カテゴリゴリ

(0)

食・祝☆誕生日&記念日&感謝祭に食事会~♪

(34)

食・東京うまいもの☆昼

(17)

食・東京うまいもの☆夜

(49)

食・東京&近郊で出会った☆麺

(25)

食・東京&近郊で出会った☆甘味・カフェ

(64)

食・平日お気軽ランチ

(58)

散策・東京のイイトコ☆自然&観光スポット

(39)

散策・職場が近いだけの東京ミッドタウン

(47)

旅・北海道

(33)

旅・東北 岩手&宮城&山形&秋田

(31)

旅・甲信越 長野&新潟&山梨

(59)

旅・北陸 姉が住む富山

(14)

旅・北陸 石川&福井

(26)

旅・近場の関東 神奈川&千葉&栃木&茨城&群馬

(45)

旅・東海 静岡&岐阜&名古屋

(49)

旅・近畿 美味しい淡路島のある兵庫

(32)

旅・近畿 フナ寿司大好き滋賀

(35)

旅・近畿 大阪&京都&奈良

(29)

旅・中国 鳥取&島根&岡山&山口&広島

(34)

旅・四国 徳島&香川&高知&愛媛

(22)

旅・九州 熊本&鹿児島&福岡&佐賀&長崎

(42)

旅・憧れの沖縄

(12)

巡歩・富士登山&尾瀬ハイキング

(2)

旅・海外 マレーシア

(1)

旅・海外 デンマーク

(0)

旅・海外 タイ

(0)

旅・海外 シンガポール

(0)

旅・海外 バリ島

(10)

旅・海外 香港

(1)

旅・海外 ハワイ

(5)

旅・海外 スリランカ

(1)

旅・海外 オーストラリア

(21)

旅・海外 ベトナム

(19)

旅・海外 南米

(16)

旅・海外 スペイン

(4)

旅・海外 台湾

(4)

暮・楽しむ

(56)

暮・つまらない話ですがどうぞ♡

(34)

暮・おススメ商品

(75)

暮・花&庭&畑

(37)

暮・うちごはん

(80)

暮・お酒

(24)

祝・贈☆誕生日&記念日のプレゼント♪

(45)

趣味・陶芸&その他

(40)

趣味・本&映画&演劇&美術館

(49)

甥っ子&姉&義理兄★富山

(46)

姑☆大阪

(20)

旦那★海外&国内からコンニチハ

(38)

Free Space

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆

ご訪問ありがとうございます!

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援して下さるとカナリ喜びます☆=゚▽゚)ノ



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

更新の励みになります!ありがとうございます♡

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆

★ダイナミックな景色が楽しめるお宿が好きです。
いつまでも景色を眺めていたくなる素敵なお宿でした★



ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ


日本平ホテル

★姑が気に入ったお宿!今でも時々思い出すそうです★


オーベルジュ オーパヴィラージュ

★良さげ!姿勢を守るクッション★



★ブログで紹介した商品のその後。。
使うたび、美しさに惚れ惚れ。高いけど納得のコンロ★





★(今のところ)カメラを買うならライカ。
ショップですすめられたライカQ2にするつもり★


新商品のライカV-LUX5も良さげです



★アクションカメラ GoPro なるものを知った!
楽しそう!旅行時に使えそう!だけど、
撮影となると直立不動の私には静止画像で十分か?★


★marutaで味わった初めてのジン。美味しかった♡
柑橘類のフルーツが爽やかな味わいです♪★



Rakuten Ranking


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.