345523 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

笹本敦史のブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

ニューストピックス

プロフィール


ももたろうサブライ

フリーページ

コメント新着

笹本敦史@ Re:風と共に去りぬ(06/27) コメントをいただいたのに気づかずにすみ…
とおりすがり@ Re[1]:風と共に去りぬ(06/27) 石崎徹さんへ 「風と共に去りぬ」は1939…
とおりすがり@ Re:風と共に去りぬ(06/27) ビビアンリーの魅力もあって、この映画は…
石崎徹@ Re:風と共に去りぬ(06/27) かなり、厳しいですね。
ももたろうサブライ@ Re[1]:芸能人が発言するのもしないのも自由だ(05/13) 石崎徹さんへ 実際には発言の中身が気に入…

お気に入りブログ

ホテルグランヴィア… KUMA0504さん

masalaの辛口… マサラ0517さん
ビール片手に 五右衛門802さん
たーくん'sシネマカ… たーくん.さん
巴里雀のつぶやき 巴里雀さん
2020.03.28
XML
カテゴリ:TV
TBS系ドラマ「テセウスの船」を録画で観た。
最終回の視聴率は20%近くと好調だったが、特に原作マンガのファンからは不満の声が多くあったらしい。
原作は読んでいないのだが、ドラマは原作と同じ設定ながら、ストーリーは別物とのことなので、原作のファンが不満なのは当然と言えば当然ということか。
ただ、不満の多くは「原作と違う」というだけではなく、結末(要は謎解き)の妥当性にあるようだ。
確かに、あやしい動きをする登場人物が多すぎること、真犯人につながる重大な情報を主役が忘れている不自然さ、などミスリードが露骨で、騙され方が気持ちよくないと感じた。
ただそれは演出過剰のため目立ってしまっただけで、ミステリーの手法としてはよくあることだと思う。
終わってみれば、ミステリーであることよりも家族を描くことに重点があったのだろうと感じた。その点で鈴木亮平と榮倉奈々が好演だったと思う。






最終更新日  2020.03.28 07:41:40
コメント(0) | コメントを書く
[TV] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.