000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

イルカみたいに生きてみよう~心の力を抜いて楽しく生きていきませんか

イルカみたいに生きてみよう~心の力を抜いて楽しく生きていきませんか

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2024年04月12日
XML
カテゴリ:Oの人生論


「ヤギーず出版」を立ち上げることにした。
OfficeOharadaの出版部門。
電子書籍を作る。

基本的には自分の著書を出す出版社。
ぼくは人とのコミュニケーションがあまり上手ではない。
編集者と意見を交わしながら作る方がいい本ができるのはわかる。
でも、苦手だ。
一人であれこれ考えを巡らせながら文章を綴っていくスタイルが心地いい。

いい本ができるに越したことはないが、
売れる本とか、
できのいい本ではなくても、
自分が「これでいいや」と思えるもので十分なのだ。

ただ、一人だけ忌憚のない意見を言い合える編集者はいるから、
彼も定年間近なので、
あと数年のうちに、彼と一緒に一冊は作ってみたいと思っている。

そういうタイプだから、
電子出版はありがたい。
自分でいいと思ったらそれでいいのだ。

第一作は、
ぼくの山梨移住体験、ヤギとの暮らしをまとめた、
『ライター、ヤギ飼いになる~田舎生活で元気もりもり六八歳』(仮)。

東京から山梨へ移住した経緯と、
山梨での3年間の生活の一部をまとめた。
やっとのこと、原稿を仕上げて、
電子出版のノウハウを教えてくれる方に送った。
5月か6月には発売できると思う。

この原稿をもとに、
レクチャーを受けて、
自分でも作れるようにする。

頭の中には、
いろいろな企画がある。
どんどん出していこうと思う。

もっともやぎ飼いの話は半年もかかっているので、
簡単に「どんどん」というわけにはいかないだろうが、
できるだけスピードアップしていかないと。

10年間、原稿を書き続けるとして、
年5冊だと50冊か。

貝原益軒は、
70歳から著述業に専念するようになって、
84歳で亡くなるまでに200冊以上の本を書いたそうだ。
その中に、有名な「養生訓」もある。

そんな大層な人を目標にするつもりはないし、
歴史に残るような名著は望めないけれども、
とにかく、
電子出版というありがたい手段があるのだから、
できる限り、
自分の思いを書き続けたいと思っている。

題材はいっぱいあるのだから、
上手に料理しないと。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024年04月12日 17時58分31秒
コメント(0) | コメントを書く
[Oの人生論] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

さそい水

さそい水

Calendar

Favorite Blog

豊田市 京町区民会館… New! kopanda06さん

業スーで買ったミル… New! ハピハピハートさん

親の負担を減らし子… 情緒発達さん

院長9988さん

ジャガイモが大豊作… あんずの日記さん

Comments

さそい水@ Re:ありがとうの思いを現実化するのがお金の役割(12/12) 大谷君は、 野球が好きで好きでたまらなく…
ハピハピハート@ Re:娘の結婚式(03/12) 美しい花嫁さんですね🌸
さそい水@ Re:本当の自分?(12/27) いろいろな自分が同居しているんじゃない…
ハピハピハート@ Re:本当の自分?(12/27) 興味深いお話しですね✨ わたしは女を演じ…

Freepage List

Headline News


© Rakuten Group, Inc.