064903 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

老いも若きも健康長寿のススメ—がんに負けない

全784件 (784件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 79 >

2021.12.01
XML

これまでの疫学調査で、糖尿病、高血圧、肥満、
さらには運動不足、喫煙、睡眠不足などの生活習慣が、
認知症発祥のリスク因子であることはわかっていました。

加えて最近は、「聞きとりにくい」といった難聴についても、
認知症につながりやすいことが指摘されています。

日本人は欧米人に比べ、補聴器を使いたがらない傾向が強く、
難聴を自覚していても8割以上の方が、
補聴器を使用していないといった調査結果もあります。

→ ​難聴は認知症のリスク因子、早めに補聴器を

難聴は50歳ごろから始まっているようです。
最近は一見しただけでは補聴器とは分からないような、
おしゃれで、かつ機能も優れた補聴器がありますから、
早めに補聴器の使用を。

その際は、補聴器相談医を受診して、
処方を受けることをおススメします。







最終更新日  2021.12.01 07:30:04


2021.11.30

受験生を抱えているご家庭は、
毎晩のことだけに夜食でご苦労のことと思います。
寒くなってきましたから、体が温まるように、
また眠気を和らげるようにと、
コーヒーなどのホットドリンクを用意されるのではないでしょうか。
あるいはふうふう吹きながら食べる熱い鍋焼きうどんなども。

コーヒーや紅茶のカフェイン系はやはり飲み過ぎは禁物で、
就寝する2時間ほど前までに、ミルクをたっぷり入れて……。

それと、体の芯まで温まるようにと、
つい熱々のものを用意しがちでしょうが、
非常に熱いものを飲んだり食べたりし続けていると、
食道がんのリスクが高まることが確認されています。
ただし、65度以下なら発がんの心配はないとのこと。

→ ​コーヒー飲むなら「熱すぎず少しぬるめ」と適量がいい

それと、脳の栄養になるのは唯一ブドウ糖ですから、
集中力を高めるには、ブドウ糖補給を。

→ ​脳が疲れる前にブドウ糖でエネルギーチャージ
たとえばこちら。

森永製菓 大粒 ラムネ 41g×10袋 賞味期限2022/08







最終更新日  2021.11.30 07:30:04
2021.11.29
テーマ:手荒れ(9)

黄ばみ始めた「ゆず」が店頭に並んでいます。
このゆずを見てちょっと思い出したことがあります。

ご高齢の女性を取材させていただいた時のことです。
もう80を超えている方なのですが、
とてもきれいな手をしているのを目にして、
つい「手が荒れるなんてことはないんですか」
と、ぶしつけなお尋ねをしてしまいました。

すると、にこっとして、「ゆずのおかげなんですよ」とのこと。
詳しく聞けば、ゆずの実を焼酎につけておいて、
手荒れ止めに使っているのだ、と――。
料理をする際に市販のハンドクリームでは、
化粧品のニオイが料理にうつります。
それを避けようと始めたところ、
あまりに具合が良かったので、
以来ずっと市販のクリームは使ったことがないとのこと。
で、私もやっています。 確かにいい!!

ゆずについては、
便秘対策にいいという話をこちらで紹介しています。

→ ​「ゆずちゃんゼリー」で美味しく便通改善

今が旬のゆずは冬の料理に欠かせませんが、
コロナ対策の手指の消毒で手荒れに悩んでいる方も、
是非試してみてください。







最終更新日  2021.11.29 12:20:05
2021.11.27

起きている時間の大半を、スマホやPC画面と向き合っている、
という方は、今の時代、少なくないでしょう。

そんなある日、突然その視界に黒いものが浮かぶようになった、
あるいは糸くずのようなものがチラチラ見えるようになったら、
飛蚊症(ひぶんしょう)が疑われます。

飛蚊症は、目の中心部にある「硝子体」と呼ばれる部分、
カメラでいえばレンズにあたる部分に濁りが生じて起こる視界トラブルです。

飛蚊症は老化現象といわれたり、強度の近視が原因とも言われます。
そのうち気にならなくなる、との説もあったりするのですが、
網膜剥離(もうまくはくり)といって、
失明するリスクのある深刻な病気のサインのこともあります。

→ ​「飛蚊症」に気づいたらすぐに眼底検査を

サプリメントを摂って様子を見よう、
などと言っていないで、早めに眼科を受診することをおススメします。








最終更新日  2021.11.27 20:00:06

目覚まし時計に何をお使いでしょうか。
あのけたたましいアラーム音ではなく、
自然な太陽光に近い光なら、
心地よく起きられるし健康のためにもいいという話を、
こちらで紹介しています。

→ ​目覚ましの「音」でだめでも「光」でなら起きられる

そして最近、光とアラーム音の両方がセットされた、
いわゆる「目覚ましライト」の、
「ルルド サンアラーム」が発売されたことが、報じられています。

起床時間の30分前、20分前、10分前のいずれかを選ぶと、
その時間からライトが徐々に明るくなり、
光を浴びた状態でアラームが鳴るのだそうです。

そのアラームは電子音と小鳥のさえずりから選択可能、
音量も5段階で調節可能というスグレモノです。
これなら1日を心地よくスタートでするのではないでしょうか。







最終更新日  2021.11.27 07:30:04
2021.11.26
カテゴリ:カテゴリ未分類

新型コロナウイルスに感染しているかを調べる、
「抗原検査キット」の利用促進を図ろうと、
厚生労働省が薬局での陳列販売を認めて2カ月余りになります。

ただ、購入時には薬剤師から使い方の説明を受けることや、
説明を受けた後に規定の書類に署名するなど、
結構厄介な確認作業があり、
普及はいまいちの状態でした。

→ ​抗原検査キットは「医薬品」表示を確認し購入を

そこで厚生労働省は、これまで認めていなかった広告として、
薬局内でこのキットを取り扱っていることを掲示することや、
ホームページやチラシに記載することを認める方針に切り替えました。

ただし、市中に出回っている「抗原検査キット」のなかには、
厚生労働省が一般への販売を認めていないものもありますから、
くれぐれも購入は慎重に。







最終更新日  2021.11.26 07:30:05
2021.11.25

乳がんが増えています。
正確な統計値はまだ出ていませんが、
2018年の段階で、2020年には日本人女性の9人1人が、
生涯に一度は乳がんを経験するだろうと予測されています。
乳がんの発症リスク要因は多々ありますが、
その一つに「夜間勤務」があるのをご存知でしょうか。

普通なら睡眠しているはずの夜間に起きて活動していると、
「メラトニン」と呼ばれるホルモンの分泌量が低下し、
そのことが乳がんの発症に働くのだそうです。

→ ​夜間勤務は乳がん発症リスクを高めるって本当?

夜間も強い光を浴びていることが原因ですが、
だからといって暗い中で作業するわけにもいかず……。
だったら、メラトニンを増やすように、
食事の工夫をしようということになり、
植物性たんぱく質を意識して多く摂るのがいいようです。







最終更新日  2021.11.25 07:30:04
2021.11.24

ビタミンB1不足によって起こる「脚気(かっけ)」という病気があります。

栄養状態が良くなった現在の日本では、
ほとんど心配ないと思われがちです。

実際、普通に食事をしているぶんには心配ないのですが、
コンビニなどのおにぎりだけで食事としている方、
あるいは主菜といわれるご飯や麺類、パン類等の糖質をたくさん摂っている方、
また、飲酒量の多い方のなかには、
潜在的なビタミンB1不足の方が多く、
脚気予備軍の状態にあると言われています。

→ ​今もあったビタミンB1不足による「脚気(かっけ)」

それと、激しい運動をする方にも、予備軍は多いようです。
エネルギー不足でどうも元気が出ないという方は、
食生活を見直してみてはいかがでしょうか。







最終更新日  2021.11.24 07:30:04
2021.11.23

新型コロナ対策の、
外食にまつわる行動制限が緩和されたのを受け、
深夜まで街に繰り出している方が増えているようです。

つい食べ過ぎて、飲み過ぎて、というのも心配ですが、
外食料理は、味をよくするために、
どうしても塩分が多くなっています。

友人や会社の同僚との会食の席では、
自分だけ減塩食を頼むわけにもいかず、
また、食べないでいるのも場がしらけて……。

そんなときは、カリウムを意識して多く摂るという手があります。

→ ​高血圧の改善に減塩を助けるカリウムを!!

カリウムの含有量が多いのは野菜や果物類です。

それも、カリウムは水に溶けやすいうえに熱にも弱いため、
手っ取り早く、ブロッコリーやミニトマトなどをそのまま食べる、
というのはいかがでしょうか。







最終更新日  2021.11.23 20:00:06

料理研究家のリュウジさんがツイッターで、
電子レンジ調理にまつわり、
根拠のないクレームが届いたとして苦言を呈しています。

私も、その手のブログ記事、
つまりマイクロ波という電磁波の害を紹介して、
「電子レンジに子どもを近づけるな」といった類の記事を、
何度か目にしています。
「電子レンジでチン」すると栄養価がずっと落ちる、
といった記事も見かけます。

でもそれは、使い方の問題でしょう。

→ ​電子レンジは正しく使えば健康被害の心配はない

電子レンジを毛嫌いする方は高齢者に多いと思っていたのですが、
そうでもないようで、若い世代にも、
その手のデマを信じて、根拠のない話を拡散している方が多いとか。

そもそも、本当にそんな健康被害があるなら、
国が規制をかけるはずでしょうし、
新しいタイプの電子レンジが、
次々と売り出されるはずないと思いませんか……。







最終更新日  2021.11.23 07:30:04

全784件 (784件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 79 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.