5351607 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

狂人ブログ ~旅立ち~

PR

サイド自由欄

bn_120x120.jpg



 全人類待望のDVD

 『マイマイ新子と
 千年の魔法』


 

 絶賛

 発売中!

 


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

プロフィール


100SHIKI

フリーページ

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

 100SHIKI@ Re:おねがい(03/22)  ふじき78さん、いつもありがとうござ…
 ふじき78@ おねがい 最初のシェリル・ノームのライブ映像を佐…
 100SHIKI@ Re:TB、ありがとうございました。(03/14)  sakuraiさん、返答が遅れて大変申し訳ご…
 sakurai@ TB、ありがとうございました。 だいぶ、落ち着いてまいりました。 気持…

ニューストピックス

December 22, 2010
XML
W&オーズ.jpg
 夏の「戦隊ヒーロー&仮面ライダー」に続き、年末の恒例となりつつある仮面ライダークロスオーバームービー。


 まずは1本目「仮面ライダースカル メッセージforダブル」

 鳴海荘吉仮面ライダースカルを主人公に、10年前に風都で起こった最初のドーパント事件と、スカル誕生秘話を、娘・亜樹子の視点を通して追うハードボイルドアクション。
 
 テレビシリーズの流れを踏襲する「探偵×変身ヒーローもの」で、なかなか悪くない出来。吉川晃司氏演じる鳴海荘吉のダンディズム全開の言動と立ち振る舞いが文句なしにカッコよく、Wコンビとはまた違った、いい意味でのビターテイストでよかった。
 ぶっちゃけ、スパイダー・ドーパントの正体は、観る前から何となく察しがついてしまっていたり、尺の関係でやや飛ばしすぎに感じたり、そもそもチビッコ達に理解できるのか?と思う箇所が多々あったりと、惜しい点もそれなりに見受けられるが、それを補って余りある、愛と哀しみを背負う男の背中にシビれる事ウケアイ。
 
 
 続いて2本目「仮面ライダーオーズ ノブナガの欲望」

 鴻上ファウンデーションが、メダルの力で現代に甦らせた織田信長と、火野映司仮面ライダーオーズとの友情を軸に描かれる、愛と欲望の物語、…なんて書くと随分な傑作のような雰囲気だが、実際、1本目とは打って変わってかなりユルユルの出来。
 内容はとにかく荒すぎ、端折りすぎで、まとまりもヘッタクレもなく終始ゴッチャゴチャ。わざわざノブナガを登場させた必然性もあまり感じられず、超高額で落札した茶碗、記憶に関する設定、ついでに火野くんとおそろいのパンツ等の伏線や小道具も、まったく生かしきれてないまま放置。ある意味井上俊樹脚本らしさが前面に出た、投げっぱなし観全開の30分だった。
 特にクライマックス、何故かバレリーナの踊りをバックに、オーズ信長が直接対するという、特撮史上類を見ない意味不明にしてシュール、且つナンセンス&最低最悪のシチュエーションには、開いた口が塞がらないという他、適切な表現が見当たらなかった。

 もちろん映画、あるいは物語とは、スタッフの意見を参考してチームで作り上げていくものであり、脚本家一人を攻撃するのはそれこそナンセンスの極みだが、それにしたって、どうやったらこんな酷い出来になるのか。
 前にも何かで書いたが、おそらく本作のスタッフの誰もが、この物語の作品世界、もしくは設定を、充分に使いこなせていないのではないだろうか。無欲な男が欲望渦巻く戦いに巻き込まれるという、ともすれば今までのどのライダーよりも爆発力を秘めた基盤があるものの、今のところ、そのほとんどがマイナスにしか作用していないように感じられる。
 
 誤解を恐れずに言えば、電波を受信できる環境があればタダで見られるテレビならまだしも、わざわざ金を払って観に来た客に観せるだけの代物には、正直ほど遠い。これが一本の映画として上映されたのなら、小生は迷わず星1つ!を付ける。


 ラスト「MOVIE大戦CORE」

 ノブナガの体内から排出された黒いコアメダルと、メモリーメモリの力が一つとなり、強大な敵・仮面ライダーコアが出現。全てを破壊し尽くさんとするコアの暴挙を阻止すべく、オーズダブルがタッグを組んで戦いを挑む。
 …とまあ、前二本の集約話的な内容ながら、こちらもまた蛇足というか、必然性をほとんど感じられない出来。
 例えば、スパイダー・ドーパントの中の人の、スカルに対する嫉妬や憎しみをコアメダルの力で具現化させた、とかなら話しは分かるが、何故あのメモリーから仮面ライダーが出てくるのか、いまいち納得できない。

 強いて長所を上げるなら、バーズタジャドルコンボがテレビより早めに登場した点ぐらいで、ならいっその事三分割などにせず、スカルをメインに1時間半撮った方が、遥かにマシな物が出来たような気がする。

 
 総じて。スカルだけは良かったものの、あとは正直、映画館まで足を運ぶまでもない出来。春にはまた「電王」をやるそうなので、制作スタッフの皆様には今回の反省点を充分に踏まえ、より良い作品作りに臨んでいただきたい。


 そんなわけで、小生の、この映画に対する評価は…、

 ☆☆★★★+

 内訳:スカルに3つ。オーズに1つ。コアに2つ。平均点に、ED曲のかっこ良さをプラスして、オマケの星2つプラス!!



CD+DVD 10% OFFDaikichi~大吉~ / HEART∞BREAKER 【CD Maxi】

【送料無料】仮面ライダー×仮面ライダーオーズ & ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE オリジナルサウンドトラック 【CD】


仮面ライダー×仮面ライダーW(ダブル)&ディケイド MOVIE大戦2010【Blu-rayDisc Video】






最終更新日  December 22, 2010 10:22:06 PM
[映画レビュー(☆☆★★★)] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.