3314579 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

潮騒の唄を聴きながら…

PR

プロフィール


磯トンボ

サイド自由欄

=管理人からのお知らせ=

現在、新型コロナ感染に対する南房磯地元の方々への配慮により毎週釣行は控えております。
また「MENU」内の「釣り場(南房)」及び「釣果」の写真掲載についても、諸般の事情(NET功罪)を鑑みて公開を取りやめております。ご了承ください m(__)m

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

2020年05月26日
XML
カテゴリ:ふと見かけたもの
tonbo-anime.gif today diary

昨日、同級生(高校)からLineが入った。
実はこの同級生とは不思議な縁の繋がりがある。





実家の長男兄、自分が学生の頃に嫁さんを貰った。
嫁いできた義姉さん。大きな人で色白で優しくて力持ち。
昔から知ってるかの様に可愛がってもらった。

その義姉さん親戚筋に当たるのが同級生
偶然にも同じ高校(隣のクラス)に通っていた。
(義姉さんから教えられ 初めて知る)

母親からはこの同級生との付き合いだけは許されていた。
ところが・・・翌年の夏、
義姉さんに待望の赤ちゃんができて
家族みんなが楽しみにしていると大事件が起きた。

兄と二人 仲良く近くの黒部川へ葛葉刈りに出掛け
不慮の事故(用水路に落ち)で亡くなった。

実家にとっては過去~現在通じ未曾有大事件!!
葬儀の日、焼香する同級生を見かけたが
涙をし合掌する横顔に 声をかけられなかった。

当時、自分と母の間で あることが切欠で不仲で
そして遅めの反抗期も重なり、この事故についても
”どうして身重の義姉さんを外作業に行かせたのか”
と かなり強い口調で言い合いし怒ってしまった。

未だに封建的な風習が残る家風が嫌いだった自分、
同級生にも申し訳なくて 後ろめたくて
その後は大した交流もないままに学窓を巣立った。

卒業後、上京した年だったか 翌年だったか忘れたが
自分が乗り降りする都内JR駅ホームで偶然ばったり再会した。

上京し将来職の為、学校に通ってたそうで、
その後、資格をとり故郷に戻り
資格を生かして今日も医療業務に従事している。


卒業して十年以上経ち…初めて自分が高校同級会に参加。
そこで再会し、会場で撮った写真を送った。

そしてまた時が流れた今週末。ネットサーフィンして
同級生のblogを見つけ 連絡した。







昨日、友達申請に対しての返事が貰えその文面で
自分の父方本家筋の従妹でただ一人残っている
大姉さんが亡くなったことを知った。

大姉さん(当時、自分はそう呼んでいた)
歳は実家を継いだ亡兄とは歳が近いが、弟の自分とはひと回り離れていて
隣町の嫁ぎ先にも訪ねてなく、小学生の頃に嫁いだので
それほど鮮明な記憶はない。

世間は狭いもので同級生は大姉さんと親しかったそうだ。

想い越せば・・・本家筋には後継ぎがいなくて
大姉さんの所の子供か、それとも分家の四男の自分か
どちらかが本家に養子入りすると言う話があった。

自分は卒業後、東京に就職し故郷には戻らなかったので
その後、後継ぎ話はどう収束したかは解からないが
本家は絶えたことから…
段取り道理の様には行かなかったのだと思う。


縁とは不思議なものですね。
故郷を離れて半世紀過ぎ、
世間って狭いと感じました。











当HP内の文章及び画像の著作権は当管理者に帰属します。
無断で複写・転載・使用することを固く禁じます。
★blog等への『騙り投稿』『誹謗・中傷投稿』はお断り致します。
またblogコメント投稿者同士のやり取りも荒れ防止のため禁止致します。
それとおぼしき投稿と判断した場合は当管理者権限にて削除致します。
尚、該当者ドメインは当管理者で把握しておりますので以後、
当サイトへの投稿規制処置をさせて頂きますのでご承知おきください。

tonbo-anime.gif thank you
トンボが今は亡き大先輩から譲り受けた座右の銘
『釣りは 寂しさを感じずに 孤独を楽しめる ただ ひとつの遊びである』
当hpも掲載中!
↓

『潮騒の唄を聴きながら…』のhome topに戻ります






最終更新日  2020年05月31日 11時07分46秒
コメント(10) | コメントを書く
[ふと見かけたもの] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.