485990 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

全102件 (102件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

洋画-2007年

2011年09月23日
XML
テーマ:映画鑑賞(666)
カテゴリ:洋画-2007年
★★★+

鑑賞No:02149
製作:2007年
監督:ジョビー・ハロルド
出演:ヘイデン・クリステンセン/ジェシカ・アルバ

<9/7~ DVDレンタル開始>

亡き父から大会社を継承したクレイトンは、すぐにも移植手術が必要な心臓疾患を抱えていた。そのため、友人の心臓専門医ジャックは、クレイトンの珍しい血液型に適合するドナーを必死で探していた。その上、クレイトンには隠れた恋人サムがおり、サムからは結婚を懇願されながら身分違いの恋を母親に打ち明けられず悩んでいた。しかし、ついに意を決したクレイトンはサムと二人だけで結婚式を挙げるが、その夜、ドナーが見つかったと連絡が入り、緊急手術が行われることに・・・・。

移植手術中に覚醒し、医者たちの会話を聞きながら手術を受けるという恐怖を描いたものだが、手術そのものの恐怖を寝ながら聞いて体験するだけかと思いきや、その会話が恐ろしい。そこには手術に隠された恐るべき陰謀があり、幽体離脱したかのような主人公がその恐怖をこらえながら、何とか現状から逃げ切ろうともがく必死の姿が印象深い。
短尺ながら、見ごたえのある内容で、隠された陰謀も意外で面白かった。ジェシカ・アルバは相変わらずキューで可愛いが、その愛らしさが曲者。最後は母親の命がけの愛情に心打たれる。


「アウェイク」 予告編






最終更新日  2011年09月23日 18時05分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年04月18日
テーマ:映画鑑賞(666)
カテゴリ:洋画-2007年
★★

鑑賞No:02073
製作:2007年
監督:ジョエル・バークヴァル/サイモン・サンドクイスト
出演:サラ・ミシェル・ゲラー/リー・ペイス

<4/8~ DVDレンタル開始>

優しい夫ライアンと幸せに暮らす弁護士のジェスだったが、夫と正反対の性格を持つ粗野な弟ローマンが刑務所から出所してきて同居しだしてから二人の幸せな生活は崩れ始める。そんなある日、兄弟は一緒に交通事故に遭い、二人は生死をさ迷う昏睡状態に陥る。そして3週間後、奇跡的に弟のローマンが意識を取り戻すが、彼は自分のことをライアンだと名乗るのだった・・・・。

DVDレンタルする際に、レンタル屋さんで「シャッフル」シリーズ第2弾と銘打っていて、横に1作目としてサンドラ・ブロック主演の「シャッフル」が置いてあったけど、「2」は続編でなく、サンドラ・ブロックが出演しているわけでもなく、その他監督・キャストも違うし、そもそも1作目の1週間がシャッフルされるという、まさにタイトル通りの内容に対し、内容も別にシャッフルではなく、最後まで騙された感の強かった作品。(原題は「POSSESSION」で「占有、憑依」などの意で、原題のほうが内容をよく言い表しており、何で「シャッフル2」なのかよく分からない)
この作品では、人格入れ替えがテーマになっており(これをあえて「シャッフル」と言っている!?)、テーマ自体はたとえば邦画でも「秘密」に代表されるように、過去作に色々と扱われており、新規性には乏しい。
このテーマの見所は人格入れ替えが本当かどうかというところだが、本作はどうでしょうか・・・・。






最終更新日  2011年04月18日 19時21分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年11月21日
テーマ:映画鑑賞(666)
カテゴリ:洋画-2007年
★★★

鑑賞No:02006
製作:2007年
監督:デヴィッド・スレイド
出演:ジョシュ・ハートネット/メリッサ・ジョージ

<10/6~ DVDレンタル開始>

夏は日の沈まない白夜が訪れ、冬は30日間太陽が昇らない極夜がやってくる極寒の町・バロウ。そんな町が極夜に入ったバロウで、突然町中が停電、電話も不通になり、住民が次々と惨殺されていく。それが吸血鬼のしわざと知った保安官エバンは、生き残った住民と力を合わせて極夜が明けるまでの30日間を生き延びようとするが・・・・。

いわゆるバンパイアものだが、普通は一夜ごとの短期決戦だが、極夜で30日間夜で戦い続けねばならないという長期決戦は斬新。アラスカというある意味密室感を醸し出す土地柄もよかった。さらに本来は紳士的なイメージの強いバンパイヤだが、本作では、ゾンビのような様相と、スピーディな動きがチョット意外で目新しかった。ただストーリーはいたって単純で、謎めいたシーンはいくつも出てくるが、あまり説明はされず、消化不良感は残る。ラストの主人公の行動は、切なく悲しい。






最終更新日  2010年11月21日 09時02分09秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年10月25日
テーマ:映画鑑賞(666)
カテゴリ:洋画-2007年
★★+

鑑賞No:01993
製作:2007年
監督:トム・ケイリン
出演:ジュリアン・ムーア/スティーヴン・ディレイン

貧しい家庭に育ったバーバラは、幼い頃から金持ちの男と結婚することが夢で、その夢が叶い、大富豪ブルックスと結婚し、息子のトニーをもうける。上流社会の一員として認められたくて必死に努力するバーバラだったが、努力すればするほど逆に階級の違いが目立つ結果となっていた。やがて夫にも愛想をつかされ若い愛人と去られてしまうと、取り残されたバーバラは息子とニーとの間で禁断の関係に・・・・。

実際に起こった息子による母親殺害事件を題材にした映画。
実話なんだろうけど、淡々と描かれていて盛り上がりには欠ける。この家庭を見ているとトニーに同情はするが、どうも殺人に至るまでの動機が見えてこない。タイトルにある「美しすぎる母」もこの映画を観る限り、全く結びつかない。「美しすぎる」と「ジュリアン・ムーア」は結びつかないし、「美しすぎる」と殺人もどうも結びつかない。
最終的に母親と息子の禁断の関係が描かれ、その歪んだ関係のなれの果てが母親殺しになったんだろうと思われるが、全編通してこの家庭は異常で歪んでおり、あまり感情移入できない内容である。






最終更新日  2010年10月25日 19時42分57秒
コメント(3) | コメントを書く
2010年10月06日
テーマ:映画鑑賞(666)
カテゴリ:洋画-2007年
★★

鑑賞No:01962
製作:2007年
監督:フランソワ・ジラール
出演:マイケル・ピット/キーラ・ナイトレイ/役所広司

19世紀のフランス。青年エルヴィは製糸工場を営むヴァルダヴューから蚕卵の買い付けのためアフリカ行きを依頼される。そして、苦労してアフリカから蚕卵を持ち帰り、大金を手に入れたエルヴィは美しい女性エレーヌと結婚、幸せな日々を送る。しかしアフリカから持ち帰った蚕が病気にやられ、再度ヴァルダヴューから買い付けの依頼が来る。しかし今度の行き先は遙か遠い日本だった・・・・。

ストーリーに全然起伏がなく、淡々と(悪く言うとだらだらと)進む展開に、どうしても退屈感を覚えずにはいられなかった。映像的にはとても美しく仕上がっており、出番は少ないながら役所広司や中谷美紀は存在感のある演技で、日本的には面目躍如の映画と言えなくもないが、全体的には分かりにくいというか、これと言って面白味はない映画だった。主人公は何度もフランスと日本を行き来するが、フランスから見れば世界の果てのように描かれている日本を意外とあっさり往復するくだりも距離感が感じられず、ここでも表現の淡白さが露呈した形でインパクトに欠ける要因となっている感じ。






最終更新日  2010年10月06日 19時32分48秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年09月22日
テーマ:映画鑑賞(666)
カテゴリ:洋画-2007年
★★

鑑賞No:01978
製作:2007年
監督:ジョン・アヴネット
出演:ロバート・デ・ニーロ/アル・パチーノ

<9/3~ DVDレンタル開始>

ニューヨーク市警のタークとルースターは20年以上コンビを組んでいるベテラン刑事。ある時、犯罪者ばかりを狙う殺人事件が発生する。捜査を進めていくうちに、犯人像は、自らの手で犯罪者に制裁を加える警察官との見方が強くなり、疑惑の目は無謀な捜査をするタークに向けられていく・・・・。

ロバート・デ・ニーロとアル・パチーノの共演というと真っ先に思い浮かぶのが「ゴッドファーザーPARTII」だが、多くの俳優から共演を熱望されてきたこの二人。この二人がタッグを組んだ作品なので見逃せない!・・・・と思ったが、いざ蓋を開けてみるとガッカリ。さすがに演技に貫禄はあるものの、緊張も興奮もなく、スピード感もスリルもなく、ストーリーは陳腐そのもので、早くから結末が読める。期待しただけにかなり残念な作品。






最終更新日  2010年09月22日 21時17分54秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年06月15日
テーマ:映画鑑賞(666)
カテゴリ:洋画-2007年
★★★+

鑑賞No:01926
製作:2007年
監督:ピーター・チャン
出演:ジェット・リー/アンディ・ラウ/金城武

中国・清朝末期。太平天国の乱で敗軍の将となった清将軍のパンは、リィエンという女性に助けられ、一夜を共にする。さらに立ち寄った町で盗賊の青年ウーヤンと出会い、彼の村に招かれる。しかし、村のリーダーでウーヤンの兄であるアルフは、パンが官兵と知って受け入れを拒絶する。さらにそこにはリィエンがいて、リィエンはアルフの妻だという・・・・。


個性の違う3人ががっぷり四つに組んだ作品で見ごたえのある作品に仕上がっていく。最初は目的を同じくしてそれに一致団結していく3人の様は、さながら三国志の桃園の義以降の劉備・関羽・張飛を彷彿させるが、勢力が拡大していくにつれ、次第に3人の関係に微妙な変化がおき、やがて対立を生んでいく。理想と権力と、そして女性がうまく絡まりながらストーリーは展開していき、ラストに向けて緊張と興奮と、そしてやるせなさが入り混じる良品。






最終更新日  2010年06月15日 21時09分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年03月07日
テーマ:映画鑑賞(666)
カテゴリ:洋画-2007年
★★★★

鑑賞No:01889
製作:2007年
監督:ビリー・レイ
出演:クリス・クーパー/ライアン・フィリップ

FBI訓練捜査官のオニールは、ある日上司のバロウズに呼び出され、定年間近のハンセン特別捜査官の下について、彼を密かに監視するよう命じられる。しかしハンセンには怪しいところはなく、逆にハンセンとオニールの間には信頼関係が生まれ家族ぐるみで付き合うようになる。ハンセンの監視に疑問を持ち始めたオニールは上司を問い詰めると、ハンセンには長年にわたるスパイ容疑があるとのことだった・・・。

アメリカで実際に起こったロバート・ハンセンによるスパイ事件を基にしている。
謎の多いこの作品だが、そんな謎解きが目的ではない、ハンセンとオニールとのわずか2ヶ月のやり取りが非常に重要で、この映画の出来を良くしている。
ともかく、ハンセンを地味ながら(地味だからこそ20年以上もスパイ活動できたのかもしれないが・・・)クリス・クーパーが見事なまでに好演していたことだろう。そしてそんなすごいスパイが、あんな若造訓練捜査官だけはなぜか最後まで信用し、結局それが逮捕に繋がってしまうという悲しさ。オニールも言いようのない複雑な気持ちだったことを良く演じていた。派手さはないものの結構見ごたえのある佳作。






最終更新日  2010年03月07日 06時49分19秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年02月10日
テーマ:映画鑑賞(666)
カテゴリ:洋画-2007年
★★★★

鑑賞No:01879
製作:2007年
監督:ジェームズ・マンゴールド
出演:ラッセル・クロウ/クリスチャン・ベイル

<11/20~ DVDレンタル開始>

妻と二人の息子と暮らす牧場主ダンは、地主から借りた金を返せずに土地からの立ち退きを迫られていた。ある日、ダンは強盗団のウェイド一味が駅馬車を襲う現場を目撃する。そして町へ出たダンは、ウェイドが逮捕される現場に偶然立ち会い、彼を護送する仕事を志願するが・・・。

1957年製作の「決断の3時10分」のリメイク。
西部劇は、日本で言うと時代劇のようであまり好んでは観ませんが、最近の邦画での時代劇も感じが変わっていい作品が増えてきましたが、この西部劇も昔ながらの西部劇とはチョット違った、現代風にアレンジされていてとても観やすかった。もともとオリジナルのストーリーがいいのかもしれませんが、なかなかの傑作です。クリスチャン・ベイル演じるダンとその息子との関係もドキドキしながら観れますし(私にも2人の息子がいるため)、親として男としての生き様を見せ付けられます。そしてラッセル・クロウ。強盗団のボスという悪役ですが、ストーリーが進むにつれ、どんどんかっこよくなってきます。この2人が絡み合いながら護送を続けるという展開ですが、最後はどうなるのか、本当にドキドキ、ハラハラしてしまう映画です。






最終更新日  2010年02月10日 20時22分45秒
コメント(4) | コメントを書く
2009年12月28日
テーマ:映画鑑賞(666)
カテゴリ:洋画-2007年
★★+

鑑賞No:01858
製作:2007年
監督:デニス・デューガン
出演:アダム・サンドラー/ケヴィン・ジェームズ

消防士のチャックとラリーは親友同士だが、生活は正反対。チャックは、独身を満喫する生活を続けているが、ラリーは、妻を亡くし、子供達と、堅実に暮らしていた。しかし、ラリーは自分が死んだときの子供達のことが不安で、なんとか子供を年金の受取人にできないか模索していた。そんな時、パートナー法を知ったラリーは、ゲイに成りすましてチャックと結婚することを思いつく・・・。

ゲイものということで、どうしても感情移入できなかった作品。
ゲイに成りすまして偽装結婚というのは日本では発想できない設定だが、それ以外はありきたりな内容で、観ていてちょっと退屈。
アダム・サンドラーの作品はここ数年、何本か観ていますが、コメディ作品としてもアダム・サンドラーの良さがあまり出てこない、よく言えば真面目すぎて面白さに欠けていた。(もうちょっとバカやっても良かった?)






最終更新日  2009年12月28日 09時01分13秒
コメント(2) | コメントを書く

全102件 (102件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

PR

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

X-MEN:アポカリプス New! おいら♪♪さん

ダイエット hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.